民主党から参院選大阪選挙区に立候補するタレント・岡部まり(50)の事務所開きが6日、大阪市内で行われ、4日の同党代表選で菅直人氏(63)に敗れた樽床伸二・衆院環境委員長(50)が選対本部長としてあいさつした。

 同党関係者から「大阪で一番、総理に近い男」と紹介され登場した“時の人”樽床氏。まずは「代表になり損ねましたが…」と笑いを誘ったが、すぐに表情を引き締め「気分一新、岡部さんを大阪の立役者にしたい。ピンチをチャンスに変え、新しい流れをつくり出していきたい」と声を大にした。

 援軍を得た岡部は「激流の中、大阪が元気になって、難破しそうな日本を救っていきたい。この日が船出です」と決意表明。「政局の変化には、まったく揺れておりません。私の覚悟、決意をお一人お一人に街の中で訴えていきたい」と誓った。

 また、岡部とABCテレビ「探偵!ナイトスクープ」で共演していたタレント・立原啓裕(56)も応援に駆けつけた。

 【関連記事】
橋下大阪府知事、樽床衆院議員と同席も発言に距離感
樽床氏「ゆっくり眠れた」
民主党代表選に樽床氏と菅氏が届け出
樽床氏が代表選出馬、七奉行の1人も無名の存在が新首相に名乗り
民主党 大阪選挙区 岡部まり を調べる

雑記帳 鍋やおたまとファッションが融合(毎日新聞)
3歳長男に暴行、容疑の母親逮捕(産経新聞)
<南アW杯>関連ビジネスへ期待高まるも治安などで振るわず(毎日新聞)
【沈む島の真実 キリバスから】“落とし物”のワケは…(産経新聞)
首相は続投を=岡田外相(時事通信)
 株式会社スポーツニッポン新聞社の取締役会が28日、東京都江東区越中島の同本社で開かれ、役員人事を内定した。6月25日の株主総会で正式決定する。代表取締役社長には森戸幸生氏(非常勤取締役、毎日新聞社取締役東京本社代表)が就任。加藤信夫取締役が常務取締役に昇任する。清水光雄氏が常勤監査役に就任、山本進代表取締役社長は相談役に就き、堀省三取締役、勝屋憲二常勤監査役が退任する。担務は次の通り。

 代表取締役社長 森戸幸生▽専務 管理統括、グループ政策担当、経理本部長、福岡総局担当、北海道総局担当 柴田幸嗣▽常務 東京本社代表、システム担当、システム本部長、東京本社営業統括、東京本社工程・印刷担当 小室進▽同 大阪本社代表、大阪本社営業統括 藤原健▽同 広告担当 加藤信夫▽取締役 大阪本社編集、総務、工程・印刷担当、名古屋総局担当 森本康夫▽同 労務担当、不動産担当、広報担当、人事・総務本部長、東京本社総務・経理局人事・総務担当局長 北條茂雄▽同 メディア担当、マルチメディア事業本部長 重光正則▽同 取違孝昭、石原俊爾、朝比奈豊、観堂義憲、山崎一夫▽常勤監査役 清水光雄▽監査役 高梨一夫

 ▽森戸幸生氏(もりと・ゆきお)京都大卒。1973年毎日新聞社入社。00年生活家庭部長、05年出版局長、08年常務執行役員中部代表、09年取締役東京本社代表、61歳。

<防空識別圏>与那国の設定変更 台湾寄り洋上に…政府方針(毎日新聞)
<パトカー事故>不審車を追跡中に縁石に乗り上げる 浜松(毎日新聞)
警察庁「即遮断」、総務省「条件付き」 児童ポルノブロッキング手法で対立(産経新聞)
口蹄疫 「拡大不安」全国で警戒(産経新聞)
郵便不正・村木公判 最後のヤマ場、調書の採否を決定へ(産経新聞)