自動車愛好家でつくる市民団体「日本EVクラブ」(東京)は23日、途中で充電せずに電気自動車で1003.184キロを走ることに成功した。無充電の走行距離の世界記録は現在、同クラブが持つ555.6キロで、ギネスブックへの登録を申請する。記録への挑戦は、茨城県下妻市のオートレース選手養成所の楕円(だえん)形コース(1周689メートル)で実施。車両はダイハツ工業の軽自動車「ミラ」を改造。三洋電機製のリチウムイオン電池8320本(360キログラム)を搭載した。同クラブは昨年11月に東京から大阪まで公道555.6キロを完走してギネスに認定されている。今回も同じ車両だが、公道ではないため加速や減速をせずに済むことから距離を伸ばした。

【関連ニュース】
【写真特集】EV参入続々 競うベンチャー
【写真特集】ギネスに挑戦!フェラーリ・フェスティバル
【写真特集】三菱のEV「アイーミーブ」
トヨタ:米テスラ・モーターズと提携 EV共同開発へ
ゴーン日産社長:13年にEV8車種…「量産で低価格に」

違法薬物「RUSH」9千本販売 無職男を逮捕(産経新聞)
元部下の調書など却下=「取調官が誘導」―厚労省元局長の公判・大阪地裁(時事通信)
「代替休暇制度」創設でどうなる? 長時間労働抑え、多様な働き方推奨(産経新聞)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(2)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)
調査捕鯨妨害のSS元船長、傷害罪のみ否認(読売新聞)
AD