水戸市の千波湖畔に造られた映画「桜田門外ノ変」=10月公開予定=のロケセットの一部が記念展示館として改装され、29日のオープン以来来館者でにぎわっている。映画を企画した市民団体「『桜田門外ノ変』映画化支援の会」のほか、市や県も出資。ロケセットとともに新しい観光スポットにし、映画成功と地域活性化の一挙両得を狙う。

 桜田門外の変は1860年3月、江戸城の桜田門外で、水戸藩の浪士らが幕府の大老・井伊直弼(なおすけ)を暗殺した事件。ロケセットは当時の桜田門や大名屋敷などを再現している。このうち江戸城内部のセットが展示館に改められ、撮影風景写真のパネルや幕末の装甲車など約70点を展示。29、30日の2日間で約1500人が来館した。来年3月末までの期間限定で大人800円、子ども500円。

 映画は水戸市民らで作る「支援の会」が06年10月に企画し、製作費約5億円のうち約3億5000万円を寄付で集めた。主演は人気俳優の大沢たかおさん。地元市民ら約1200人がエキストラ参加、約600人がボランティアとして炊き出しなどに当たった。県と水戸市もセットと展示館の建設費に3000万円ずつ出資した。

 同会によると、撮影終了後の2月にセットを公開以来、延べ約7万3000人が訪問。今春の「水戸の梅まつり」の観光客も前年比2割近く増えた。三上靖彦事務局長は「今後の映画製作のモデルケースになるのでは」と期待をこめる。【山内真弓】

【関連ニュース】
スタジオジブリ:映画「となりのトトロ」主題歌の着うた初配信 3カ月で9曲
GANTZ:ヒロイン小島多恵に吉高由里子 映画版、二宮和也の恋人役
注目リリース:スーパー・ビジョン、アニメ「忍風カムイ外伝」のBD BOXを発売
堺雅人:竹内結子とトラックの中からレッドカーペットに 「ゴールデンスランバー」完成披露
ドラえもん:真矢みきが同じ30周年に「光栄」 劇場版「のび太の人魚大海戦」アフレコ

元秘書有罪「一生の戒めに」=鳩山首相(時事通信)
「民の声は天の声」 小沢氏「起訴相当」でも幹事長続投を表明(産経新聞)
「バターン死の行進」元米兵捕虜ら日本招待へ(読売新聞)
<築地市場移転>土壌汚染の除去実験に疑問 英科学誌が記事(毎日新聞)
口座詐取で道職員逮捕=「ヤミ金に譲渡」-北海道(時事通信)
AD