2017-01-13 15:49:48

【旅日記】沖縄旅行 with Brompton 3日目

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

>>2日目より

 

 

明けて翌日、今日もいい天気です。

暑くなりそうです。

 

 

今日はサイクリングです。
地元サイクリングクラブに混ぜてもらい、初詣ライドに参加します。

 

 

恩納村にあるカフェをスタートし、金武町のほうに行きます。

 

 

 

歩道の車止めがシーサー。

 

 

沖縄ならではでしょう。

 

 

マングローブ。

見たことのない景色に感動。

 


天気は最高で、最高気温は25度を記録してました。


これだけ暑いとお正月感は全くないですね。

空と海が見たことのない青さで写真では伝わらないと思います。
ぜひ実際に見てもらいたいです!

 

サイクリングが終わって友人と合流。
沖縄といえばステーキだろ!

ということで「ジャッキーステーキハウス」へ。

 


人気店らしく、店の外で待ってる人がうじゃうじゃ。
外国人観光客のほうが多いんじゃないかな?というくらいです。


30分ほど待った後店内へ。
注文したのは「テンダーロインステーキ」のLサイズ(250g)。

 


サラダとスープもついてます。

 

 

ミディアムレアで焼いてもらった肉々しい赤身。

霜降りの脂の甘みを感じる肉とは違い、食べごたえ十分で、結構ペロリといけました。


旨かった。
ご馳走様でした。

 

食後はブラブラして那覇空港へ。

 


気温差が20度ある関西へと戻ります。
…戻りたくねぇ…

 

飛行時間2時間ほどで無事伊丹に到着。

外気温は5度だそうで…

 


寒さに震えながらの帰宅でした。
今回の沖縄旅行はこれで終わりです。


さて次はどこへ…?

 

>>旅好きならBrompton! 1台いかがですか?

>>今なら期間限定お得なキャンペーン中!

 

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-12 16:10:29

【旅日記】沖縄旅行 with Brompton 2日目

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

>>1日目より

 

 

明けて元旦。

今日もいい天気です。


今日は首里城へ向かいます。

 

首里城は2000年12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群
として世界遺産に登録されています。


首里城公園は、琉球王国時代の姿を復元し、整備されており、標高120メートル~130メートルの小高い丘の上に立地しています。
那覇の町が見下ろせる高台にあり、この首里の丘は聖地的な存在だったそうです。


標高はそんなに高くはありませんが、なかなかの急こう配。
登りの苦手なブロンプトンでは一苦労です。

 

途中でノニジュースの販売所が…

 

 

まあ、元日なんで閉まってましたが。

 

そんなこんなでようやく首里城公園に到着。


流石に観光客の数がすごいです。
駐車待ちの長~い自動車の列をしり目に駐輪場を探します。


係りの人に駐輪場を訪ねると何故か英語で返されました。
そうとうテンパってました。
この人の数を捌くのは一仕事でしょう。

 

駐輪場は原付やオートバイと同じ場所に並べて置く感じでした。

カギのかけ方には十分注意が必要です。

 

駐輪場から城内へ移動します。
周りから聞こえてくるのは外国語ばかり。
日本じゃないみたいです。

 

 


石垣の組み方も面白く、内地の石垣とはかなり違います。

 


入場料を支払い、いざ。

 

 


極彩色に彩られた正殿が。
昔台湾に旅行したことがありますが、それによく似た印象です。

 

 


中には説明文が細かくあり、見ごたえ十分です。

 

 

復元模型もありました。

 

内部の作りもやはり独特です。

非常に興味深いです。

 

 

 

入口付近には世界遺産の碑が。

 

 

 

普段目にするお城とは違い、色とりどりで面白かったです。
ここも100名城に違わぬ素晴らしい城(グスク)でした。

 

>>3日目へ続く

 

>>旅行好きにBrompton、いいと思います。

>>ただいま期間限定お得なキャンペーン中!

 

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-11 12:30:00

【旅日記】沖縄旅行 with Brompton 1日目

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

年末年始の休みを使って沖縄旅行をしてきました。
勿論ブロンプトンも一緒です。

久々の飛行機輪行です。

 

今回は伊丹空港から飛びます。

いつも通りCバッグに荷物を詰めて、出来る限り少ない荷物でいきます。

 


いつも思いますが、尼崎から伊丹空港までは意外と移動が不便です。
何故リムジンバスがないのでしょうか?
神戸空港のほうがまだ楽かも。
結局大阪まで出て阪急→モノレールのパターンに。

 


空港に着いたらまずはチェックイン。
自転車を預けます。


LCCですと追加料金が必要になりますが、ANA,JALなど大手航空会社なら無料でいけるのが殆どだと思います。
折りたたみ車なら輪行袋でそのまま預けてもらってOKです。
「破損の保証はありません」の許諾サインをします。
タイヤの空気はあらかじめ抜いておいてください。

これ重要。


ちなみに海外に行かれる場合ならハードケースは必須です。
ぶん投げられて壊れますよ。

 

2時間ちょっとのフライトで那覇空港に到着しました。

 

 

さすが沖縄。

気温差がすごいっす。

そして日が長いです。


係員さんから自転車を受け取り、空港を出ます。

 

まずはタイヤの空気の充填。
ブロンプトン付属の携帯用空気入れで頑張ります。
前後タイヤを入れるとさすがにしんどいです。
腕パンパン。


ライトを付けて市内へ向けていざ出発。
今宵の宿へと向かいます。

さすがにしまってる店も多いのでコンビニで食料を調達。
オリオンビールで乾杯し、新年を迎えます。

明日からが楽しみです。

 

2日目に続く

 

>>2017 Brompton New Model!

>>ただいまBromptonは期間限定お得なキャンペーン中!

 

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-25 11:24:01

【旅日記】尼崎で四国麺紀行 with Brompton

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

夏休みに行った四国は楽しかったなぁ…おねがい

旨かったなぁ…おねがい

 

>>四国旅行


しかし、ひょいと行くには遠すぎる…泣き3


ということで尼崎市内で四国麺紀行をしてみました。

 

まずは王道さぬきうどん。

 

まずは当店から程近く。

三和商店街の中にある「本格讃岐うどん 穂乃香」へ。

 


本場と同じセルフ方式のお店です。
注文したのは肉ぶっかけ冷を2玉で。
サイドメニューの天ぷらも。

 


エッジのきいた強腰のうどんは店名の通り、王道の味。
太めの麺が好きな人には堪らないと思います。
口の中で踊ります。

というか暴れます。

 

温かいうどんは口当たりがやさしくなります。

お好みで。


ちなみに1玉300gあるので注意してください。
ご馳走様でした~合掌

 

続いては進路を北に。


阪急塚口駅南側さんさんタウン2番館内の「うどん工房悠々」。

 


人気店らしく、少し時間を外したのに店内はいっぱいです。


鳥天ぶっかけをオーダー。

 


コシの強さはもちろんありますが、ノビもあり、優しい感じ。
するする入っていく麺が好印象です。


ムネ肉の天ぷらもあっさりしてて美味。
ご馳走様でした~合掌

 

続いては進路を西に。西昆陽に向かいます。


171号線にある「ラーメン東大 尼崎店」。

 


徳島市に本店のある茶色系徳島ラーメンのお店です。


徳島ラーメン肉増しとライスを注文。

 


テーブルにある生卵は無料です。
甘辛く煮込まれた豚バラが旨みを出しています。
この肉と生卵ををライスの上に乗せて卵かけごはんにして食べるのが好みです。
ガッツリ食べたい時には堪りません。
ご馳走様でした~合掌

 

最後は再び2号線へ。


尼龍」。店主が高知出身というだけですが…

 


スタンダードな醤油ラーメン。

 


丁寧に作られてます。
うまい。
写真はありませんが、唐揚げも絶品です。
夜営業だけになりますので注意してください。
ご馳走様でした~合掌

 

たまには愛車でちょっと足を伸ばしてみては?

 

>>2017 new Brompton

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-05 12:10:22

【旅日記】しまなみ海道!U2宿泊 サイクリング ~後編~

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

どーも、どーも!ブログ担当のコシカワです!

わたくしの「旅日記」後編です、ご覧あれ~

 

★「前編」を読む >>

 

<前回までのあらすじ>

ロード初挑戦のワイフを連れて、しまなみ海道制覇を目指しひた走る。

おっしゃれ~な宿泊施設おのみちU2をスタートし、伯方島で昼食をとり、伯方の塩ソフトクリームにご満悦のワイフ、まだまだ先は長いぞ!本番はこれからだぜ!果たして無事今治へとたどり着けるのか!?

 

 

マリンオアシスはかたでエネルギーを補給し、クイーンステージと呼べる、最難関!大島へと向かい走る!自転車

 

大島は他の島とは違い、海沿いを走るのではなく、中央突破な道なので、ひたすらアップダウンを繰り返す難コースが続く。

 

★木造建築だけど「石のカフェ」>>

 

大島には「石のカフェ」という素敵なカフェがあったが、昼食でまったりし過ぎたため、断腸の思いでスルー涙

 

なんとか、足を止めずに走っていると、にしまなみ海道のラスボス!くるしま海峡大橋が現れる!

 

 

全長4キロ以上の大橋!見ためのスケールもデカいが、永遠と続くと錯覚してしまう橋を渡るのは、なんとも気持ちがよい。

 

 

これを渡ればゴールの今治だと思うと軽快に足も動くもの。

あとは難なくゴールの今治さサイクリングターミナル さんらいず糸山に到着!

 

なんやかんやと言いながら、登りでも結局一度も足を付くことなのかったワイフ、あっぱれである!お疲れさま~

 

さて、帰りは高速バス(おのみちバス)で、一気に尾道まで戻ります。(車内爆睡中・・・)

 

 

日も暮れ、尾道U2に戻り、お待ちかねのディナーを食べる。

 

 

ディナーはちょっとリッチに尾道U2内にあるレストラン(THE RESTAURANT)で。

雰囲気もナイスで、ゆっくりのんびり今日のサイクリングトークをしながら食べる。

 

旨いっ!

 

尾道の新鮮な食材、旬の食材を使った料理に幸せになれます~爆  笑

 

 

キノコのパスタ!

 

 

チキンのグリル!

 

 

紅茶にデザート!

 

サイクリング後の食事はまた格別 OK

 

その後、尾道の夜の街を散策し、ふかふかのベットで就寝です・・・ZZZ

 

 

 

しまなみ海道をはじめ、尾道はとても自転車に優しい街だ。

フェリーに乗っても、バスに乗っても、自転車を積むことが出来、その扱いはとても丁寧で、好感が持てます(自転車がオーナーにとって貴重なものと理解しているから)。

 

何度でも来たくなる所以(ゆえん)は、そんな心遣いを地域ぐるみで取り組み、成功しているからだとつくづく思った。

 

我々自転車販売店も、これからは販売するだけでなく、いかに自転車に気持ち良く乗ってもらえるかというソフト面にもっと目を向けなければならない。

そういう環境作りに業界全体が取り組まないと、この先の自転車は文化として根付かないと思う。

 

しまなみ海道は素敵な体験が出来る場所です。

 

サイクリストのみなさん、是非ライドオン!です。

 

もっともっと自転車が好きになりますキラキラ

 

おしまい。

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-02 12:10:00

【旅日記】しまなみ海道!U2宿泊 サイクリング ~前編~

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

どーも、どーも、ブログ担当のコシカワです!

せんえつながら、今回はわたくしのサイクリング旅日記をお送りします!

 

定番ではありますが、サイクリストの聖地とも称されるしまなみ海道へ、うちのワイフ(とはいつも呼んでませんが、便宜上そう呼ばせていただきます)と走ってきました自転車

 

実はしまなみ海道に一緒にいくのは、これで二度目。

前回は尾道から多々羅大橋まで(全長の約半分)だったので、今回は後半戦ということで、多々羅大橋から今治まで走り、制覇するのが目標。

 

★尾道U2 >>

 

お宿は、前回泊まって、その圧倒的なオシャレ感にぞっこんになった、尾道U2

サイクリストに優しい宿泊施設になってるんで、愛車も部屋に飾ることができる。

(愛車を眺めながら寝れるわけですね~ハート①)

 

 

 

また、レストランやカフェ、GIANTストアも併設してるので、何とも便利で快適キラキラ

なんともラグジュアリーで贅沢なひと時が過ごせるんです~

 

 

もちろん、サイクリストではなく、一般の旅行客や外国人の方も泊まっていて、いつも大盛況です。

 

でわでわ話をサイクリングへと進めましょう!

 

 

 

行程は、まずは尾道からフェリーに乗り、生口島の瀬戸田港へワープ。

その後、大三島~伯方島~大島~今治というコース。

今治からは高速バスに乗り、尾道まで一気に帰ってきます。

全長約47KMほど。

 

うちのワイフがロード初挑戦なので、どの程度のペースでいけるのか、予測不可能ではありますが、まずはU2の中のカフェでエネルギー補給し、いざ、フェリーで瀬戸田港まで!

 

 

 

しまなみは、フェリーの移動も醍醐味のひとつ。

瀬戸内海の島々を眺めながら潮風に揺られます。

 

さあ!今治まで出発だ!

 

ついてこいよ、我がワイフ(ロート初挑戦中)!

 

 

 

天気は薄曇りで、時より太陽が顔を覗かせます。

風もそんなにきつくなく、登りで軽く汗ばむ程度の良い気候。

 

 

順調にペースを守りながら、橋を渡って走ります。

橋を渡る前の登りにも負けずにワイフも走っております。

 

 

そこそこ走り、伯方島で昼食をとる。

マリンオアシスはかた (道の駅)。

 

★マリンオアシスはかた >>

 

 

ガッツリと食べたかったので、今が旬のカキフライと鯛めしを頂きました~

やはり地元飯に外れなし!

 

 

そしてここは定番、伯方の塩!でお馴染み、塩ソフトクリームをデザートに食べ、糖分補給も完了!

 

さあ!まだまだ走るぞダッシュ

 

つづく

 

★「後編」を読む >>

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-31 10:55:36

【旅日記】富山旅行 with ブロンプトン その4

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

その3より

 

2日目はサイクリング。
富山市スタートで滑川市まで行きます。


富山駅北口からほど近い富岩運河環水公園をスタート。

 


運河沿いを北上します。
途中からは一般道に。
道路の白線と合わせて青い線が引かれているので迷うことはありません。
親切。


分岐点の看板を目印にサイクリングロードへ。

松並木の中を走ります。

 

 


海沿いの絶景が広がります。

 

 

 

 

久しぶりに日本海とご対面。
10月中旬ですが、汗ばむ気候です。


20㎞ほどで滑川市にあるホタルイカミュージアムへ。

 

 


残念ながらホタルイカの旬からは外れているので実物を見ることは出来ませんでしたが、詳細な説明で飽きることなく見学できました。
併設されているお土産物屋ではホタルイカの加工品を買うことが出来ます。


元来た道を戻ります。

 

富山市に戻り、時刻は11時半。
腹も減ったので昼食にします。
目指すは富山に行ったらこれを食え!と評判の「麺専門店アラキ」へ。

 


人気店らしく、すごい行列ができてます。

写ってませんが、駐車場もエライことになってます。
券売機で食券を買うのも長い行列が。
選んだのは「ホルモン中華」

 

\680!


行列は強烈ですが、お客の回転がめちゃめちゃ早い!

 


10分もしない内に席に案内されました。

待つこと数分。
通称「ホル中」が来ました。

 


…大盛り頼んだっけ?と焦るくらいの麺の量。
ホルモンと言ってますが、豚のモモとバラを甘辛く炊いた肉がゴロゴロ。
大盛りを頼む場合は注意してください。
見た目とは違い、あっさりしたスープが麺によく絡み、肉は非常にボリューム満点。

 

うまい!


次の機会があればうどんやそばも食べたいです。
ご馳走様でした白いごはん

 

富山駅に戻り、帰り支度です。
お土産を物色し、残りの滞在時間を楽しみます。


駅建物内の飲食店で名産の氷見うどんセットを注文。
白エビの天ぷらや鱒寿司も付いた定食。

 


富山名物がセットになって、お得度が高いです。
ご馳走様でした白いごはん


魅力いっぱいの楽しい富山旅行でした~キラキラ

 

おわり

 

2017 New! Brompton Black Edition!

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-29 11:56:46

【旅日記】富山旅行 with ブロンプトン その3

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

その2より

 

美術館を後にし、あいの風とやま鉄道高岡駅に移動。
駅北口には「ドラえもんの散歩道」なるオブジェが。

 


すぐ近くには大伴家持の像もありますが、注目度は断然こちらでしょう。

 

 


藤子・F・不二雄先生の偉大さがよくわかります。
こちらの像は見慣れたドラえもんのキャラクターがずらり勢揃い。

 

 


これはテンション上がります。

高岡は見どころが多く、楽しめました。


続いて県庁所在地の富山市まで輪行します。

20分くらいの移動です。

 

富山駅到着、まだ陽も高いので観光します。

 

 

市内各所で見かけたレンタサイクル

登録が必要です。

最近色んな観光地で見られますね。

 

 


駅から南に位置する富山城址公園へ。

 


富山藩前田家の居城・富山城の城跡に整備された公園で、模擬天守内には郷土博物館もあり、桜の花見スポットとしても有名なようです。


大手門から進むとカギ状に曲がる虎口が。

 

 

 

石垣には鏡石と呼ばれる巨石が!

 

 

 

でかい!見ごたえがあります。

実際はカットしたものをはめ込んでいるようです。

 

天守内は博物館になっており、詳しい説明がなされていて理解しやすいです。

 

公園内には富山藩2代目藩主前田正甫像が。

 

 

 

なぜ2代目?と思ったら説明文に富山の売薬を広めた方なのだとか。


公園内を散歩している人も多く、ここも憩いの場として市民に利用されているようです。

素晴らしい。

 

日も傾いてきたのでホテルにチェックイン。

腹も減りました。

 

富山に来たからにはやはり寿司でしょう!

と、見つけた寿司屋へ入ってみます。
刺身の盛り合わせと日本酒3種飲み比べセットを注文。

 

 


鮮度が違います。
旨くないわけはありません。


続いて地ビールと寿司とゲンゲ(幻魚)の天ぷらをオーダー。

 

 

 

 


思わずにやけてしまいます。
ご馳走様でした白いごはん

 

その4へ続く

 

2017 New! Brompton Black Edition! 

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-27 12:20:12

【旅日記】富山旅行 with ブロンプトン その2

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

その1より

 

「高岡古城公園」を後にし、腹も減ってきたので昼食に。


富山といえば有名な「富山ブラック」というラーメンがあります。
選んだ店は「らーめん誠や」

 


公園から北に少し移動したところにあります。


醤油チャーシューメンをオーダー。

 


スープはまさしくブラック。
恐ろしく濃厚なスープの色合い。
醤油の香りが素晴らしい。
食べごたえのある太麺との相性も良く、あっさりと完食。
ご馳走様でした~白いごはん

 

腹が膨れたところで次なる目的地の高岡市美術館へ向かいます。
この中には藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーがあります。

 


ここ高岡市は藤子・F・不二雄こと、藤本弘さんの出身地です。
初期作品から後期長編ものの原稿など、ずっと見ていたい展示がずらり。
オリジナルアニメの上映もありました。
館内は著作権の関係上、撮影は禁止です。


唯一可能なのがこの初期ドラえもん像

 


今の姿とは違うので違和感があるかもしれませんが、公式プロフィールの


身長 129.3cm
体重 129.3kg
バスト 129.3cm
ウエスト 129.3cm
ヒップ 129.3cm


という数字からいえばこの姿が正しいのでしょう。
ギャラリー内のお店で「アンキパン」を模したラスクとマグカップを購入。
童心に帰り、尚且つ新しい発見もあった、非常に楽しい時間でした。

 

その3へ続く

 

2017 New! Brompton Black Edition!

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-25 11:45:32

【旅日記】富山旅行 with ブロンプトン その1

テーマ:旅日記

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

 

連休を使って富山県に旅行に行ってきました。
まずはお馴染みサンダーバード1号に乗り金沢まで。

 


金沢からは北陸新幹線に乗り換えます。
真新しい新幹線はさすがの乗り心地。足元も広いし、快適です!

 

 


…といっても次の新高岡駅で下車。
20分ほどの乗車でした。

 


新高岡駅では前田利長の兜を模したオブジェが出迎えてくれます。

 


ブロンプトンを組み立て、さっそく市内へ移動します。
まずは「高岡古城公園」へと向かいます。

 


高岡城は先ほど名前の出た加賀藩2代目藩主前田利長により築城されました。
設計は高山右近とされています。

大手口入口付近には高山右近像があります。

 

 

 

横には説明文が。
中に入るとまず右手に「護国神社」、正面に「射水神社」が見えます。

 


春なら桜が、秋なら紅葉が綺麗でしょう。
紅葉には少し早かったのが残念です。
射水神社右手には土俵が。

奉納相撲でもあるんでしょうか。

 

 

 

神社を後にし、本丸広場に進みます。
広々とした公園の向こうに前田利長の像が見えます。

 

 


1615年の一国一城令により廃城となったため、お城の遺構は石垣が残るくらいです。

 


平日の昼間ですが、多くの人が公園内で過ごされてました。
憩いの場として機能してるのが印象的でした。

城としての遺構が少ない城跡てどないやねんと思ってましたが、気が付くと1時間以上経ってました。


日本100名城の名に違わぬ公園でした。

 

★その2へ続く

 

◆サービス ◆東館 ◆本館 ◆西館 ◆アクセス ◆お客さんの声 ◆営業時間

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。