前編の『銀座 あさみ ◆◇◆◇◆旬の食材に舌鼓◇◆◇◆◇』はコチラ→☆



前半は夏の暑さも忘れてしまう、数々の涼を感じるお料理を堪能しました。

ココからは正反対の”温”なお料理です。




まずは、鮎の塩焼き。

料亭の夏というと焼き物はこちらですね( ´艸`)


小ぶりな鮎に身も脂も凝縮して美味しかったです。

無言になって夢中で食べたのは言うまでもありません。







こちらは、魚そうめんとハモの小鍋。

一人ひとりにグツグツと煮立った小鍋が出てきます。

魚そうめんは普通のそうめんよりもしっかりしているので、

食感が変わることがありません。

お出汁のきいたお汁は最後まで残さずにいただきました。





さてさて~・・・

次は、『銀座 あさみ』の名物料理『鯛茶漬け』で~すヘ(゚∀゚*)ノ


多くの有名人や著名人を唸らせた鯛茶漬け。

兄も「いつになったら鯛茶漬けが出てくるのか・・・」と、ソワソワしていました(笑)




まずは厚みのある鯛のお造りと胡麻だれをご飯と一緒に。
胡麻だれの味が濃厚で、これだけでも御飯がすすみます。


・・・・・・・






ですが、ココに熱々のお茶をかけると、

お造りの表面がしまり、歯ごたえも良く食べ応え抜群!

最高級のお茶漬けの出来上がりで~すヘ(゚∀゚*)ノ








最後は、わらびもちです。


出来たてのようにぷるんぷるんしたわらびもち。

黒蜜はやさしい甘さでしつこくありません。

・・・・・



しっかり冷えた器とわらびもちは、

美味しいお料理に酔いしれて、我を忘れていた自分を、

現実に引き戻してくれたようでした(笑)






旬の高級食材をふんだんに使ったお料理ばかりでしたが、

個室だったのでかたっ苦しいことはなく、リラックスして味わえました。

お店の方にお料理の質問をすると、すぐに板前さんに聞いて教えてくれたり、

ちょっとしたことの気配りが嬉しかったです。


お店を出た後、いつまでもおかみさんと修行中の料理人さん達がお見送りをしてくれました。

振り向くとまだお店の前に立ち挨拶をしてくれて・・・・・・「早く角を曲がってあげようよ。」と、

思わず口にしてしまいました(爆)


これもお客様への最後のおもてなし。

すべてに関して言うことなしの完璧なお店でした。

AD

コメント(1)