zantetuken_00の放射能関連ブログ

福島に生きる私の個人的な認識や思ったことをブログにして紹介して行きたいと思います。


テーマ:
私は今、調べるものより当時の自治体の動きを調べなおしています

私の最近までの調べで面白いことがわかりました。

それは今年になってから中間指針を作った厚生労働相に電話をしたことが発端です。

当時、国は私の住む辺りは自治体に避難させるように促していたことです。

避難を促していた地域は次の通りです。

飯舘村
川俣町
福島市飯野町
伊達市月舘町

国は最低でも上記に上げた自治体には避難を促していました。

飯舘村は皆さんがご存知の通り国の意見を受け入れ避難しました。

川俣町はかなりの噂があります
川俣町長が何度も首相官邸に出向き全町避難はやめてくれと懇願したこと、2回目に行った時は国道349号線と国道114号線の交差地点までを避難と国が指定して来たが、それでは避難区域になるところに町の浄水場があるからそれも拒否したと…

それで避難区域は山木屋だけになってしまったという町長の判断があったと聞いてます。

伊達市月舘町も川俣町や飯舘村と同じで避難対象でしたが、市長が月舘は安全と早々に宣言し、ほっとかれた状態に…
しばらくしてから避難干渉地点を渋々受け入れあえて避難させないという暴挙にでたなど…


表に今まで出てこなかったことを厚生労働相の原発ナンタラ担当が話し始めました

残念ながら録音できてないのですが、話しは事実だと思います。

自治体を訴えたい私にとってすごい材料になりえると思ってます

厚生労働相のあとに経産省内資源エネルギー庁にも似た内容を聞いてます


国は最低でも避難させようと動いていたことがわかりましたが、やはり福島県や当該自治体が避難区域になりたくなかったと言う事がよく分かりました
 
それに、なぜ未だ中間指針のままなのかおかしいと思いますが、もう厚生労働相内で原発事故はかなり風化しており避難区域に隣接している街の名前さへも知る役人がいないという…
こちらとしてみればとてもやり切れません

どうかこのブログを読んでくれる方々、お力をお貸しいただけませんでしょうか?

裁判をやろうとしても弁護士も知りません

何かしら知恵をお貸しください
 
それといろいろな情報を提供願います
今さら避難したいとはあまり考えてはいませんが、避難区域に隣接する避難していない住民に避難区域と同等の権利を勝ち取りたいと考えてます
  
1人では太刀打ちできません
自治体と戦いたいです
力を貸してください
 ヨロシクお願いいたします
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。