必殺技はデバイスドライバー

Web製作・読書・音楽・いきる知恵


テーマ:
ギター・ベースのネック交換はよっぽどの事が無い限り行わないだろうが、トラスロッドの限界が来た場合や、ネックがねじれてしまい交換を余技なくされるケースもあるだろう。

コスト的な事を考えると、ネックの単体販売をしているのはStewMac、Warmoth、USACG、国内ならヤマ楽器とかその辺りくらいしかないだろうと思っていたが、割とリーズナブルに交換可能なメーカーを発見した。

その名もAtlansiaである。ご存知の方もいらっしゃるだろうが、あの超変わった形のベースメーカーである。果ては一弦ベースや二弦ベースなど、とにかくファンタスティックな楽器作りをされているメーカーだ。

どうもFenderのネック製作を下請けでしている実績があるらしく、ギター用が12000円くらいでベース用が18500円くらいと非常にリーズナブルである。

StewMacから取り寄せるとFenderネックが届くらしいが、送料等考慮するとStewMacよりアトランシアから取り寄せる方が価格的にベターな気がする。ナイス値段設定である。

また木部に関しては三年間保障であったり、アトランシアのネックはなんとトラスロッドが入っていないのだが、その事からも木の品質には相当自身ありげである。ただ、パドルヘッドつってヘッドの整形は自分でしないといけないけど。

マイJazzBassのフレット消耗が激しく、そろそろロッドが厳しいなとも思う今日この頃、ネック交換を考えていたところAtlansiaを発見したのだが、この価格であれば試しに取り寄せてみてもいいかなと思ったのだ。

色々と調べているとどうもAtlansia、形は変わっているがすごく普通に良い音がするらしく興味しんしん。海外では評価が高く、Foderaとならんで売っていたりもするそうだ。たしかにハイレベルな木工品である。また、ブリッジやPUなども自社で開発するというハイレベルな物づくり魂。

ガキの頃はあんな変な形の楽器なんて、と正直思っていたが、この年になるとちょっと欲しいなと思わせるぶっ飛んだオーラを発しまくっている。

ていうかAtlansia、ホームページがチープ過ぎるので私達にWeb製作させてくれないだろうか。お安くしちゃう。なんなら楽器一本でひきうけてもいいくらいだ、と思わせてくれる位あの楽器達にぐっと来た。

他に欲しいベースとしては、OvationのMagnumなんてのもいいかも。それでレゲエとかしたい。

話戻るがネック。ネック交換可能なメーカーを知ってる限り一覧にしますね。

■国内
アトランシア
ヤマ楽器
TCTギターパーツ

※TCTに関してはUSACGやMusikraftの輸入代理みたい。

■海外
StewMac
Warmoth
Warmoth

まあ英語がわかるなら海外からも手だけれども、季節間違うと動いちゃうそう。やっぱこの手のサイトを見ていると自作熱が盛り上がってくるのであります。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「音楽」 の記事

[PR]気になるキーワード