2011年5月13日、韓国紙・朝鮮日報は、記事「日韓が観光ビザの規制緩和へ=中国整形旅行客を懸命に誘致せよ」を掲載した

中国経済の成長にともない、中国人の海外旅行客数は爆発的な成長を見せている。サムソン経済研究所が先日発表した報告書によると、20年には年間延べ1億人が海外旅行する見通し。そのパイをどれだけ引き寄せられるか、各国は争っている。

10年に韓国を訪問した中国人旅行客は200万人近い。連続で2桁成長を続けている一方で、悩みもある。中国人旅行者はリピート客(3年以内に2回以上韓国を訪問)が40.8%と外国人全体の平均43.7%を下回っている。また満足度調査でも39.6%が「普通」、21.6%が「あまり満足ではない」と回答している。

日本など他国も中国人旅行客誘致に力を入れる中、韓国も他国との差別化戦略を打ち出す必要がある。美容整形旅行客の誘致やITを生かした旅行紹介などが候補となっている。(翻訳・編集/KT)

日光宿泊 日光イン 浜岡原発 赤坂居酒屋 赤坂居酒屋 鉄なべ餃子 鉄なべ餃子 会津若松居酒屋 郡山居酒屋 仙台居酒屋 吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋 新宿居酒屋 町田居酒屋 いわき居酒屋 伊勢崎居酒屋 前橋居酒屋 高崎居酒屋 本庄居酒屋 横浜居酒屋 川崎居酒屋 厚木居酒屋 相模原居酒屋 関内居酒屋 藤沢居酒屋 平塚居酒屋 大和居酒屋 上野居酒屋 池袋居酒屋 中野居酒屋 自由が丘居酒屋 目黒居酒屋 下北沢居酒屋
AD
東日本大震災から1カ月以上がたつが、東京近郊の高級住宅地、千葉県浦安市では依然数百人の住民が下水道を利用できない状態にあり、市長は国や県の対応の遅さに激しいいら立ちをみせている。

 浦安市は東京駅から電車で20分ほどの場所に位置している。ニューヨークで言えば、ウェストチェスター郡に相当する。東京ディズニーランドがある町として知られ、都心への通勤圏でありながら、住宅価格は都心ほど高くない。

 だが、面積の75%が埋め立て地であるため、3月11日に発生した地震では瞬く間に地盤がゆがみ、あちこちで泥が吹き出した。その後、人口16万5000人のうち数万人が水道やガスが使用できない状態に置かれた。

 今も市内には砂ぼこりが舞い、家は傾き、道路はゆがみ、地面からはマンホールが突き出ている。13日現在、浦安市では下水道管の破裂や詰まりで約300世帯が依然シャワーやトイレを使用できずにいる。

 浦安市は、震源地からは約300キロメートル離れているため津波は免れたものの、地盤の液状化によって著しい被害を受けた。液状化とは地震などの圧力によって地盤が緩む現象で、軟粘土質の土壌や埋め立て地では圧力が増幅される場合がある。

 だが、浦安市では地震によるマンションの崩壊はなく、死亡者は出ていない。東京ディズニーランドは震災後、駐車場の浸水や停電などで臨時休園していたが、15日に営業を再開する予定。

 市内で美容院を経営する女性は、水が使用できない生活は大変だが、東北地方の被災者に比べれば大したことはないとしながらも、「東京のすぐ隣なのにまさかこんなに遅れるとは思わなかった」と述べた。

 浦安市の松崎秀樹市長はインタビューで、「国や県に足を引っ張られた事実はある。被災地でありながら計画停電を3回受けた。彼らには痛みが見えないし、分からない」と述べ、液状化による広範な被害を修復するには国や県からできる限り支援を得る必要があるとした。

 松崎市長によると、基本的なインフラの修復費用は少なくとも734億円に達し、市の年間予算611億円を上回る見込みだ。また、下水道設備の緊急復旧作業は15日までの完了を目指しているが、インフラの完全な復旧・向上には3年以上かかるだろうとした。

 浦安市に13年住む米国人マジシャンのスティーブ・マーシャルさん(45)は、震災後すべての仕事がキャンセルされたため、日本人の妻と二人の子どもを連れてフロリダに戻ることを検討しているという。「黒い泥が吹き出してくるのを見たとき、何かおかしいと思った。異様な光景だった。余震が来るたびに、心臓がどきどきし、アドレナリンがわき出てくる」と、マーシャルさんは述べた。

 町を離れる決意をしたのはマーシャルさん一人ではないようだ。地元の不動産会社によると、韓国人と中国人の住民からいくつか賃貸契約解約の申し出があったという。両者は浦安市在住の外国人、3800人の最大部分を構成している。

 専門家は、液状化の後遺症として、もう一つ考えられるのが不動産価格の下落だとしている。浦安市は、地盤が柔らかいことは知られていたものの、常に最も人気の高い住宅地域にランクされており、特に若いカップルや比較的裕福な世帯に支持されていた。みずほ証券の不動産アナリスト、石澤卓志氏は、3月~9月にかけて浦安市の土地価格は前年比で約10%下がるとみている。2010年は、日本全体で住宅地域の土地価格が2.7%下がったにもかかわらず、浦安市は1.1%上昇していた。

 完全な復旧までの道のりは長くなりそうだ。震災直後、千葉県の多くの地区では電力やガス、水が遮断された。土木技師によると、マグニチュード9.0の地震に加え、繰り返される余震で液状化の拡大が加速している。

 地盤工学が専門の東京電機大学の安田進教授は、液状化に対応した下水道設備に関する基準が日本に導入されたのは1981年で、1964年着工の浦安市など古い埋め立て地はそうした基準が適用されていない。

 やはり液状化による被害を受けた千葉県習志野市では、住民に対して少なくとも6月までは水道水の使用量を通常の75%に抑えるよう要請しており、洗い物を減らすために皿にラップをかけることなどをアドバイスしている。

 習志野市職員は「できるだけお金がほしいところだが、色々基準があるのでそれをクリアしないといけない」と述べる。また、現在割り当てられている復興費用は、インフラを改善させるためではなく、震災前の状態に復旧させるためにのみ使用が可能で限りがあるとした。

おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車 仙台中古車 福島酒通販 福島野菜通販 栃木測量 栃木建築設計 会津若松歯医者 郡山歯医者 ランジェリー ペットシッター 住宅リフォーム マンションリフォーム 新築マンション 中古マンション 中古住宅 新築一戸建て 会津若松賃貸住宅 郡山賃貸不動産 仙川賃貸物件 仙台賃貸物件 吉祥寺賃貸情報 宇都宮賃貸物件 新宿賃貸 町田賃貸 本庄賃貸物件 伊勢崎賃貸 高崎賃貸 横浜賃貸 川崎賃貸 前橋賃貸 水戸賃貸 調布賃貸 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル
AD
ミネラルウォーターが売れている。いや、売れすぎているというべきか。店頭ではペットボトルの水が品薄になり、宅配サービスのホームページにはアクセスが集中するなど、人々が飲料水を求めて奔走している。

3月11日に発生した東日本大震災。激しい揺れとその後の大津波の影響で、東京電力福島第一原子力発電所が甚大な被害を受け、放射性物質の漏えいが起きるなど切迫した事態が現在も続いている。3月23日には東京都の金町浄水場で厚生労働省が定める乳児の摂取基準を超える放射性物質を検出するなどの事態が発生し、首都圏でも飲料水への危機感が一気に高まった。そして、瞬く間にミネラルウォーターが店頭から姿を消したのだ。

水道水の放射性物質はすぐに数値が下がり、事態は沈静化した。しかし、原発の危機的状況は依然として続いており、飲料水に対する消費者の意識は高い。ミネラルウォーターの需要は急激に高まっているのが現状だ。天然水宅配の「Frecious(フレシャス)」を運営するファインスプリングス株式会社の青木康時代表に、震災前の状況を含めた最近の飲料水事情について伺った。

● ウォーターサーバー方式が果たす二つの役割

今回の震災にかかわらず、自宅や会社にウォーターサーバーを置き、日常的にミネラルウォーターを飲む習慣が浸透しはじめていたという。おいしい水、健康的な水を求める多くの人が、宅配の飲料水を愛用しているのだ。

そして、震災で人々はウォーターサーバーのもうひとつの役割を知ることとなった。それは飲料水における危機管理という側面だ。容器に詰められた水は安全が確認された水だということ。これが自宅や会社に常備されることで当面の水不足や不測の事態にも対処することができるのだ。また、水の注文も定期配送やスポット配送が利用できる※ので心強い。
※対応は業者によって異なる。

これまで水の宅配で不便だったのは、「ガロンボトル」と呼ばれる配送時の容器のやりとりだと青木氏は話す。ウォーターサーバーでは、容器を業者で回収・交換するツーウェイ方式が主流だ。何時に来るか分からない業者からの配送を待っていないといけなかったのだ。しかし、「フレシャス」を含む最近の水宅配サービスは宅配業者を利用したワンウェイ方式と呼ばれるスタイルが登場し、日時指定配達が可能となったことで飛躍的に利便性が高まっているそうだ。

日常生活で安全で健康的な水が提供され、かつ万が一の災害や水不足の備えにもなるのであれば、普段からウォーターサーバーを置いて水の宅配を利用するというスタイルも今後普及する可能性は高いと言えよう。

● 知っておくべきミネラルウォーターの基礎知識

青木氏によると、ひとくちに"ミネラルウォーター"といっても正確には4種類に分類されるという。天然水と呼べる『ナチュラルミネラルウォーター』と『ナチュラルウォーター』は特定水源から採取されるもの。そしてミネラル入り地下水である『ミネラルウォーター』、水道水や RO 水など人工的につくられる『ボトルドウォーター』だ。おいしくて健康的な水を求める場合は、この4分類のそれぞれの違いを理解しておくと良いと同氏は話す。なお、「フレシャス」のウェブサイトではこの違いを紹介するコンテンツを公開しているという。宅配水に対する放射能の影響に関しても、天然水、RO 水の業者ともに独自の調査報告を発表しているので、各社のホームページなどで確認して頂きたい。

また、ミネラルウォーターは妊婦や乳児に与えないほうがよいと言われるが、このときの水はミネラルを豊富に含んだ「硬水」のことを指す。ミネラルウォーターの中でも富士山の天然水(超軟水)を扱う「フレシャス」のように「軟水」であれば乳児のミルクに使っても問題ないそうだ。

青木氏によると「フレシャス」の水は富士山の標高1,000メートルにある開発限界区域で、地下273メートルから採取した地下水を、ろ過と非加熱処理だけで加熱処理をせずにパック詰めしているという。富士山の地下水は何層もある玄武岩層によって数十年も数百年も磨ぎ澄まされてきた水で、健康によいとされるバナジウムも含まれているそうだ。

● 新規申し込みの急増に「Frecious」はどう対応しているか

現在、飲料水の宅配業界は殺到する問い合わせや新規契約に追われている。想定外の契約数増加で、水はともかく、ウォーターサーバーの生産が追いつかない状況なのだそうだ。比較的順調に生産対応をしている「フレシャス」でも、配送までの期間に通常より1週間~10日ほど余分に時間がかかっているという。

そのため、「フレシャス」では新規契約者にウォーターサーバーの設置に先だって天然水をプレゼント(4月15日まで/先着1000名限定)することで急な水需要に対応している。「安全な水を必要としているお客様に、少しでも早く水をお届けしたい」と青木氏。生活に欠かせない飲料水を供給する現場は、消費者のニーズに応じようと必死で対応しているのだ
AD