オーストラリアの小学生統一テスト

NAPLANの3日間もやっと終わり

Year5でNAPLANを受けなきゃ

いけなかったケイも一安心。

初日には知恵熱を出してました。

テストに慣れてないのね…。

事前に一応問題集をやってたのですが

その時のつぶやきで

英語で東西南北を覚える言葉が

あることを知りました。

それは

Never(North)

Eat(East)

Soggy(South)

Weet bix(West)

上から右回りだそうです。

「腐ったウィートビックス(シリアル)は

絶対食べるな」

先生が教えてくれたらしいです。

面白いなー。

大きくなっても彼は忘れないでしょうね。



兄にスティッカーをつけられた妹

何をされてもニコニコの

みーちゃんです。
AD

日本の小学校へ体験入学

テーマ:

今回の帰国は日本の春休みにかぶったこともあり

 

小学校への体験入学は3日間でした。

 

兄ケイちんは既に小学校3年の時に3週間行っていたため

 

手慣れたものでしたが、当時キンディさんだったレンレンは初めて。

 

ドッキドキです。帰国前まで

 

「僕は学校いかなくてもいいんだけど・・・」

 

と言ってましたがこれも経験だからと送りだしました。

 

初日ガチガチに緊張しているレンレンでしたが

 

迎えに行くともうお友達を何人か連れていて楽しそう。

 

た給食もおいしかったと満足気。

 

学校に書類提出に行った日はノリノリ

 

微妙な表情の初日

 

楽しくて良かったね。

 

心配していたカタカナや漢字もなんだかやる気が出たらしく

 

漢字ドリルをシドニーに買って帰ると言い出しました。

 

すごいな。

 

刺激になったんでしょうね。

 

ケイはもう初日から行き帰りとも友達と歩き、

 

放課後はどこかで遊んでおり日本の小学生満喫。

 

給食時には美味しすぎておかわりを何度も(!)したらしく

 

ニックネームがおかわりくんだったそうです。

 

それはどうなのよ・・・。

 

行った小学校は小学5年から英語の授業が始まったらしく

 

最後の日になんと英語の授業があったそうです。

 

ただおかわりばかりするにやけた怪しい小学生が

 

この授業でカナダ人の先生と普通に話したことで

 

「あいつ本当に英語の国に住んでいるらしい・・」

 

と認識してもらえたらしく、帰りに先生に挨拶に行くと

 

大人気になってました(笑)良かったね。

 

ただママが歯の治療を受けるため日本に帰ってきたと

 

話しただけらしいですが・・。

 

近所の剣道のお稽古にも参加させてもらったのですが

 

二人とも厳しさにびっくり。ふふふ、それを知ってほしかったのだよ。

 

オーストラリアの先生の優しさはそれはそれでありがたいのですが

 

日本の剣道の全てにおいてピシッとしているところも

 

見てほしかったのです。

 

一番心に響いたのは、最終日帰る時にケイのクラスの男子から

 

「ねーケイ君のお母さん、もっと若くなかったっけ?」

 

と言われたことでしょうか・・・。

 

出産もしたし、だいぶんボロボロでございますが。

 

子どもは正直ですね(泣)

 

 

 

AD

2年ぶりの日本

テーマ:
日本一時帰国より帰りました。

ただいまです。

みーちゃんのパスポートも問題なく

機内でも5時間ほどバシネットで

寝てくれたので良かったです。

疲れましたが…。

メインは私の歯医者だったこの帰国。

歯科治療も行きつけの歯科に

母が話をつけてくれていたので

着いてすぐ歯科でチェックアップ後

帰国までに終わるように

スケジュールを立ててくれました。

おかげさまで神経治療も型取りも

問題なく終わり感謝。

料金はオーストラリアの10分の1くらい。

助かります(T_T)いやもっとお得かも。

夫ご両親とうちの両親にもみーちゃんを

抱っこしてもらい良かった。



ケイちんとレンレンもプロ野球観戦に

連れて行ってもらったり、



ガンダムバーに行ったり

ウクレレ教室に行ったりと

かなり楽しんでました。

短い滞在でしたが小学校に3日間

通いました。

とっても楽しかったようです。

次回書きますね!

帰ってきた時のイミグレーションで

パスポートの顔写真を一人ずつ

合わせて確認するときに

オフィサーの女性が

「みーちゃん?so cute.」

「ケイ?very handsome.」

「レン?very handsome too」

と優しく確認していたのですが

私の時には

「usato? good...」

で、残念でした(笑)

当たり前か。

しかしオーストラリアは

イミグレーションもフレンドリー♪


※地震の地域に入っていたため、親子で初めて震度5を体験しましたが、福岡中心部は揺れるだけで特に問題はありませんでした。揺れる前の地響きや続く余震を初めて体験し今まで災害に遇われた方々や現在まだその場所にいらっしゃる方々の恐怖を知りました。地震が早く落ち着き、必要な物資が迅速に届くようお祈りしています。

AD