民主、国民新両党による菅連立内閣が8日夜、発足する。菅直人新首相は17人の全閣僚を既に内定しており、同日午後に首相官邸で新内閣の閣僚の呼び込みを行った後に記者会見し、政権運営の基本方針を説明する。その後、皇居での首相任命式、閣僚認証式を経て同日中に新内閣が正式に発足。菅氏は第94代、61人目の首相に就任する。

 国会が開会中であることから、米軍普天間飛行場移設問題を担当する岡田克也外相と北沢俊美防衛相をはじめとする鳩山内閣の閣僚11人を再任させる。

 新任の閣僚6人のうち財務、農林水産両相には、野田佳彦、山田正彦各副大臣が昇格し、官房長官には仙谷由人氏が国家戦略担当相から横滑りする。

 行政の無駄を削減する「事業仕分け」に取り組んだ蓮舫参院議員は行政刷新担当相に就任する。菅氏側近の荒井聡氏は国家戦略担当相に就き、経済財政、消費者行政の担当を兼務する。また、政府と党の「政策一元化」を担保するため、民主党の玄葉光一郎政調会長が入閣し、公務員制度改革や少子化対策などを担当する。

 組閣に先立つ8日午前、菅氏は民主党の役員会に出席し、枝野幸男幹事長らと国会対応や参院選への取り組みについて協議した。

 菅氏は4日に衆参両院で首相に指名されたが、人選を慎重に進めるため、組閣を先送りしていた。この間、同日午前に総辞職した鳩山内閣が5日にわたり職務を執行していた。

【関連記事】
規律派集合、増税に勢い 菅体制、陣容固まる
「安定した人が入閣」 新政権へ宮城知事
菅新体制スタートも小沢氏は雲隠れ 「脱」一色の両院総会
支持率の急回復に沸く民主党 早期選挙論も党内抗争の兆し
産経・FNN合同世論調査 新首相支持率57.3%
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

米、新首相に「同盟修復」を期待 (産経新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相
スーパーカブなどに不具合、ホンダがリコール(読売新聞)
鳩山総理、辞意表明 「クリーンな民主党に」(レスポンス)
<鳩山首相退陣>表明から一夜、気分は「今日の天気のよう」(毎日新聞)
AD