平野博文官房長官は9日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が12-14日に訪米し、ワシントンで開かれる核安全保障サミットに出席することを正式に発表した。首相は同サミットで「核兵器なき世界」の実現を訴えるオバマ米大統領への支持を重ねて表明する方針だが、公式の日米首脳会談は見送られる。首相は晩餐(ばんさん)会などの機会に非公式会談を行い、米軍普天間飛行場の移設問題の検討状況を説明する考えだ。

 首相は同サミットに参加する中国の胡錦濤国家主席とも個別に会談する予定で、中国製ギョーザ中毒事件の全容解明や、進展が見られない東シナ海の石油・ガス田開発問題の早期解決を求める見通しだ。

【関連記事】
小沢幹事長の「訪米計画ない」 米国務省  
首脳会談先送り 国益を損なう異常事態だ
米財務長官が緊急訪中、中国副首相と人民元問題協議か
小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か
アフガン大統領の訪問中止も 米政府、敵視発言に不快感
「中国内陸部の資源事情とは…?」

阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)
「米国に過剰に遠慮」=普天間移設、政府を批判-社民・照屋氏(時事通信)
「円谷ッター」エイプリル・アワード堂々の1位(産経新聞)
中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)
AD