本日のテーマパークダンサー養成スキルアップクラスは、オグ先生のヒップホップです。(^_^)

昨日の自分担当のテーマパークダンサー養成スキルアップにも、やる気溢れる方々が、沢山みえて、頑張っていらっしゃいました。

久しぶりの方々もみえて、とても懐かしかったです。

踊ることが、本当に好きで、頑張っていらっしゃる方々ばかりだと、本当にレッスンをしていても、楽しい感じです。

(^_^)

テーマパークダンサーは、踊ってお客さまに、夢をお届けするお仕事です。

とにかく動かなければ、話になりません❗(。>д<)

テーマパークダンサーと言えども、人間です。


体調の悪い時や、疲れている時もあるでしょう。

しかし、レッスンは、毎日の積み重ねが大切です。


よくレッスンをサボるひとは、忙しい、具合が悪い、疲れている、お金がない等、色々な理由をつけて、自分を正当化して、遅刻欠席を繰り返します❗


(。>д<)

しかし、本当に、どうにもならない理由なのでしようか?

もう一度自分自身の生活を、見直していただけたらと思います。

多くの方々は、スケジュール管理、体調管理、レッスン後のアフターケア、金銭管理等が、しっかりと出来ていない場合がほとんどです❗

それを、いかにも正当理由として、あげているにすぎません❗

また家族のせい、まわりの環境のせい、他人から言われた言葉のせいと、全て回りのせいにするのもいかがなものかと思います。

今は、多少のハードルの違いは、あるにせよ、死ぬ気でがんばれば、誰でも、夢を目指せる時代です。

それを回りのせいにするのは、やはり自分自分を正当化するための言い訳です❗

本当に頑張っている人は、他のこと全てを犠牲にしてでも頑張っているのです❗

ツベコベ、レッスンをサボる言い訳や文句を考える前に、行動する習慣を身に付けていきましょう。

また、動かなければ、食った分だけ、どんどん太ります❗(。>д<)

体型管理能力も必要です❗

デブというだけで、夢は、どんどん遠退きます❗

また合格したからといって、太ればクビになります❗

(。>д<)

衣装が回せない、衣装が美しく見えない会社にとって不利益なデブは要らないのです❗

厳しいようですが、これが、現実です❗

動かない、食べる、太る、動くことが、面倒になる、だからさらに動かないという負のサイクルから、抜け出すには、どこかで、自分自身が行動していかなければなりません❗

自分の人生は、自分自身の責任です。

誰のせいでもありません!

年を重ねてから、後悔ばかりの残念な人生にならないように、ツベコベ考える前に先ず行動して、自分自身の夢を、自分自身の手でつかみとっていきましょう。

(^○^)

本日もやる気溢れる方々をキャタックでお待ちしています。

一緒に頑張って夢を叶えていきましょう。\(^-^)/




AD
本日の夜8時半からのキャタックテーマパークダンサー養成スキルアップクラスは、自分担当のジャズです。(^_^)


テーマパークダンサーにとって、体型管理は、必須です。

太っているというだけで、オーディションでは、真っ先に落とされますし、合格してからも、太ればクビになります。
(。>д<)

デブは、いらないのです❗(。>д<)

いくら美しい衣装を着ても、太れば似合わなくなりますし、他人との回しの衣装の場合、回せなくなり、会社に余計な出費をさせて、迷惑をかけることになってしまいます。
(。>д<)

美しい体型になれば、何でも着こなせるので、テーマパーク側からも好まれます。(^_^)


この仕事を、目指す以上、ゴテゴテと着飾ることにお金を使うよりも、自分自身の身体自体にお金をを使い、美しい体型を手に入れていただけたらと思います。

美しい体型が、手に入れば、服にお金をかけなくても、たとえ、白Tシャツにジーンズでも、カッコ良く見えるのですから。(^_^)

自分自身も生徒さん達に負けないように、まだまだダイエットに筋トレと日々、頑張っていきたいと思います。

本日も、やる気溢れる方々をキャタックでお待ちしています。

一緒に頑張って夢を叶えていきましょう。\(^-^)/





AD
明日の夜8時半からのキャタックテーマパークダンサー養成スキルアップクラスは、自分担当のジャズです。

(^_^)

テーマパークダンサーは、身体を使って、お客さまに夢をお届けするお仕事です。

そして、とてもハードなお仕事です。

最初のきっかけはどうであれ、踊りを好きにならなければ、なかなか続けていけるものでは、ありません❗(。>д<)

しかし、最近の方々を見ていると、踊ることが好きと言うよりも、テーマパークダンサーになりたいという気持ちのほうが強く、この人は、本当は、踊ることが、あまり好きではないのかな?と思うときがあります。

ただテーマパークダンサーになるというあこがれだけで、レッスンを受けていたのでは、実際にテーマパークダンサーになった時に、その見た目の華やかさとは裏腹に、アスリート並のハードさ、プロとしてのとても厳しい扱いに、耐えきれず、すぐに辞めてしまうのではないかと思います。

実際に毎年、そうした方々も多く、せっかく時間とお金を使って、頑張ったのに、もったいないと思われる方々が、多々いらっしゃいます❗(。>д<)

またそうした方々は、レッスンを見ていても、探究心が、あまりない感じで、上達のスピードも、自然と遅くなってしまいます❗(。>д<)

もう一度しっかりと考えて、自分は、踊ることが好きなのか?本当にこの仕事を続けていけるのか?自分自身に、問いただしていただけたらと思います。

最初のきっかけはどうであれ、踊っていて楽しい、気持ち良いと思えるようであれば、まだ続けていかれるかと思います。

とにかく、テーマパークダンサーは、ハードな厳しいプロのお仕事ということをしっかりと認識して、それに見あった頑張りをしていただけたらと思います。

明日もやる気溢れる方々をキャタックでお待ちしています。

一緒に頑張って夢を叶えていきましょう。\(^-^)/





AD