昨日のテーマパークダンサー養成クラス入門は、自分担当のジャズでした。

新しくキャタックにに入った男の子も、頑張って一生懸命やっていらっしゃいました。

見たところ、プロになれる素質は、あると思います。

あとは、本人が、あきらめずに、やるかやらないかだと思いますので、頑張っていらしてくださいね。(^_^)v

他の生徒さん達も皆さん、頑張って、回数多く通われて来ている方々なので、昨日は、それぞれに本当に、進歩が見れて良かったです。o(^-^)o


ただ、プロの世界は、毎年ドンドン層が厚くなってきていますからね。

(^。^;)

気を抜かずにとことん攻めていきましょうね。(^O^)

勝手にもう大丈夫と決めつけて、止まらないように、続ける以上、常に、進化して行かなければならないのですから。(^_^)v


今日のテーマパークダンサー養成クラス入門は、えみこ先生のジャズ、その後テーマパークダンサー養成クラスとも言うべき、タケシ先生のエンジョイジャズ中級です。(^_^)v


今日もキャタックで待ってま~す。(^_^)v
AD
1より続く


皆さんが、お客様として、パークを訪れた時のことをもう一度考えてみてください。


太いお姉さんやお兄さんを見たらどう思いますか?


ジャンルによっては、きちんとステップを踏めずにごまかしている人を見たらどう思いますか?


最近は、お客様も、皆さん目が肥えてきています。

ごまかしは、きかないのです。

f^_^;

はじめから、弱点がある、欠陥商品は、誰も欲しくはないのです。( ̄・・ ̄)


オールマイティーであればこその、価値が、テーマパークダンサーには、必要なのだということをもう一度良く考えて、時間を有効に使ってほしいと思います。

時間は、あるようで本当にありません。


今頑張るかどうかが、夏からのオーディションの結果に表れてくると思います。


あとで後悔しないためにも、今の頑張りが、必要なのです。


ちょっと痩せたみたいとか、ちょっと上手くなったとか自分自身の勝手な判断で休憩しているヒマはありません。

他人の方から言われて、初めて、お客様の目で見た時の結果が出たのです。

でもそこでも、進化を止めないでください。


みんなが、誰もが、あっと驚くような、ダントツ、一番の進化を目指しましょう。

そうすれば、おのずと良い結果は、ついてくるのですから。
(^_^)v

今日もキャタックで待ってま~すo(^-^)o
AD
昨日のテーマパークダンサー養成クラス入門は、たけし先生のジャズ、通常のテーマパークダンサー養成クラスは、よしみ先生のご都合により、急遽たけし先生のジャズ&バレエ、自分担当のタップでした。o(^-^)o


テーマパークダンサーを目指す以上、オールマイティーでなくては、生き残っていかれません。

去年の秋に、自分自身が特別講師として、講義をした高校でも、この話に非常に多くの学生さん達が、目を輝かせて、自分の講義に耳を傾けていらっしゃいました。


土曜日には、そちらの学生さんがみえて、来月からキャタックに通われるそうです。
自分もお会いしたかったのですが、テーマパークショーのリハーサルのためお会い出来ませんでした。

この講義同様にキャタックにいらっしゃる生徒さん達には、まず始めに、皆さんの目標をお聞きしています。


テーマパークダンサー、ミュージカルダンサー等プロに成りたいのか?


それとも、趣味でやりたいのか?

大きく分けて、まずは、この2つに分かれますが、圧倒的に多いのは、プロになりたいと思ってみえる方々です。


その際に、自分自身の長年やってきた経験をもとに、勝ち残って行くやり方をお話しするのですが、
その時は、納得して、頑張りますとどなたもが、おっしゃいますが、ほとんどの方々が、言ったようには長続きしません!f^_^;


ほとんどの方が、途中で、自分自身に甘くなり、まあこんな位でも自分は、やっていけるのでは、と勝手に甘く判断して、最低限のことすらやらなくなります。( ̄・・ ̄)


最初から、全てにおいて、恵まれている人、(容姿、素質、運動能力、感性等)は、なかなかいません。

普通の人が、プロになるためには、人と同じようにやっていたのでは、可能性は、ほとんど無いのです。

最初にお話しをした時に納得されて、やる気になった気持ちを忘れずに、自分自身にもっと厳しくなって、努力をし続けてほしいと思います。


自分の得意なものしかやらないとか、まあこれは、出来なくてもなんとかやっていけるのではないかとか、あとでそれはやればよいとか、体型にしても、まあこれ位ならなんとかいけるかもとか、自分自身で勝手な判断をして、レッスンをする回数やダイエット等を自分自身のできる限り、もうこれ以上は、どうやっても出来ないとはっきり言えるまで頑張って、やっていると思える方は、ほとんど、いません。

( ̄・・ ̄)
2に続く
AD