って多分、顔の中で一番重要なパーツですよね。




目が大きいと、顔全体が華やかに見えたり愛らしく見えたり…。


大きさだけが全てじゃなく 形も勿論大事ですが、
やっぱり目は大きい方がインパクトがあるので
そういう人の方が良い意味で印象に残る事が多いです。




・・・という事もあってか、

世の女性たちは目を大きく見せる為に
アイメイクに一番時間を掛けたり研究してる人が多いと思います。





私もその中の一人で、

私は顔も全身もコンプレックスの塊でどうしようもないのですが、
全部だめならその中でもまだマシな部分だけちょっと頑張って盛ってみたらどうなのかと、
悩んでばかりの子供時代を経て大人になってそう思うようになり、

日暮里駅前をスウェット姿で歩いていたら「ちょっと、外国人登録書を見せて下さい」と
ただ歩いてるだけなのに警察に止められた事があるような異国的な顔した両親が
私をパッチリ二重に産んでくれたので、
その部分だけ生かしてアイメイクには人並みにこだわりを持つようになりました。




(日暮里や上野などの、空港と直結してる場所で
外国人が小汚い(?)格好をしてうろうろしていると
色々と疑われて警察に止められることがよくあるそうな・・・)













二重幅が広めだと、化粧でかなり変われるんです。









今日は、そんな私の

確実に目が自然と大きく見える
アイメイク方法

一つご紹介させて頂こうと思います






















目が綺麗な人と言えば・・・







キーラ・ナイトレイ




彼女は、

「目以外は全部酷いけど、目だけは完璧に美しい!」


と言われ、CHANELの広告塔に抜擢されました。



(もっと違う言い方は無かったのか…)









世界基準では、キーラのような目が最高に美しいようです。
















私が個人的に、最高に美しいと思っている目の持ち主は、、、








ナタリー・ポートマン




キーラと系統は同じですが、

ナタリーの方がちょっと吊り上ったネコ目でセクシーさがよりあり、

意志の強さも感じられますよね。









じっと見つめられたら固まってしまいそうな目力を持っています。



















この2人の目と私の目とでは、比較するのも申し訳ないほど月とすっぽん的な感じなので、
まさか「この目になるぞ!」と意気込んでアイメイクをしてるわけではありません。






私が「綺麗な目だな」と思う人に共通してる点は



・目のフレームがしっかりしている

・アイホールや目頭に艶がある

・目の横幅が広い




という3点なので、この要素を取り入れたアイメイクを写真付きでご紹介します

























-----------------------------












【アイラインの引き方】









image




まず、

アイラインを引く場所は目頭側と目尻側だけで、真ん中はできるだけ引きません。

引くとしたら、極細ラインで。



アイラインは太く引けば引くほど二重幅が狭くなり、
“自然な”デカ目効果が薄まります。



なので、アイラインは濃く太くよりも、細く長く引いた方が良いです。












image




このピンクで囲った部分に、

細くラインを入れます。

目のフレームを自然とハッキリさせるためです。


太く濃く引くと不自然になります。



下は、ラインが入ってるか入ってないかくらいの薄いラインにしたほうがいいです。






image



こんな感じ。


元々?それともライン少し入ってる?くらいのさり気なさがオススメです。
















image




目尻側のラインは、このくらいのオーバーラインで。


私は目が寄っているので、目尻側のラインはいつも長めに引いています。





image



目を閉じた時に、元々の目のフレームから浮かないように、

自分の目の形をよく見ながら流れるような自然なラインを引いて目の幅を広げます。
















image



横から見ると、こんな感じ。

この丸で囲った部分のラインの角度が重要で、


化粧した感をできるだけ抑えたいなら目の形に添ったラインを。

化粧した感が強まっても気にならないなら、
跳ね上げてキャットラインにしたり、思いっきり下げて垂れ目を作るのもいいと思います。

ここのラインが、目の形のコンプレックスを変えてくれる一番の部分だと思います。






image



こんな感じ。


アイシャドウの締め色を、アイラインを伸ばした部分まで引くと

より自然と目の横幅が広がったように見えます。





















【ハイライトの入れ方】






私がハイライトを入れる場所は2箇所。







image




まずは、アイホールの中心部分。

指やブラシにハイライトカラーを取って、この部分に縦に入れます。






image



まぶたに艶と立体感が出るので、

目の印象が一気に華やかになってオススメです。














image




2箇所目は、定番の目頭に。








image




白目がより大きく、キレイに見える効果があります。



私はいつも大体、死んだ魚のような乾いた目をしていますが、

目頭にハイライトを入れると目がうるっと見えて、ヤル気の無さをごまかせます。















---------------------------------











こんな感じです。







また気が向いた時に他のアイメイク方法を載せてみたいと思います
















AD