韓国の大学の、学食事情を大公開。

今父親がリビングで、海外にいる母親と初めてLINEを使って通話しながら、


「なんでこれタダなの!?
ねぇ、なんでこれ、タダなの!?
誰が・・どうして・・
何の為にタダなの?」

「ラインを引くの?
通話できるようにラインを引くってのは
大変なの?難しいの?
そのラインってのは家電コーナーで売ってるものなの?」

という、LINEの事をまるで何もわかってない
わけのわからない言い争いに発展しています。





うるさいので、部屋のドアを閉め切って、Blogでも更新しましょうか。





------------------------------------



 



昔の写真を漁っていたら、
主に大学1~2年生の頃に撮っていた学食の写真が沢山出てきました。


韓国で1人で暮らしていたので、当時日本にいた両親を心配させまいと
毎日毎日朝昼晩食べたものの写真を撮って
「ちゃんと食べてます。元気です。」ってメールで送ってました。






写真、撮っといて良かった~。
今見返すと、当時の記憶が蘇ってきて懐かしくなります。


そして、こうして皆様にも紹介する事ができますね。








それでは、突然ですが、


私の出身校である韓国の延世大学の、
学食事情を写真と共に紹介したいと思います。






延世大学は総合大学なのでほぼ全ての学部があります。

一つの山を切り崩して建てた大学なので、
敷地も広大です。

敷地内に学部ごとの建物が無数にあり、学食も沢山あります。











私が一番よく食べていたのは、工学部の大学院の建物の地下にある学食の
(「の」多いよ)

スンドゥブチゲ定食

値段は250円くらい。
安いのにとても美味しくて人気があります。




 

全く辛くないコクのあるスープでお馴染みの
ソルロンタンスープ

280円くらいだったかな。






 

私はソルロンタンよりも、こちらの
ユッケジャンスープ
を好んで食べていました。









サイドディッシュとして人気が高かったのは、

韓国式餃子のマンドゥ

これは揚げたタイプでカリカリしていて美味しかったです。









 

毎日は無いけれど、たまに出てくる準レギュラーの

カムジャタン

学生達に大人気でした。








 

夏は絶対これ。

ビビン冷麺

本当に大好きで、毎日食べても飽きませんでした。







 

学食の場所によっては、ちょっと違かったりして。








 

勿論、

辛くない普通の冷麺もあります。


冷麺は300円くらいだったかな。










 

たまに学食に飽きると、
敷地内にある付属病院のセブランス病院に行って、



 

500~600円くらい出して

韓定食

を食べていました。










 

授業が朝からびっしりと詰まっていて、ランチの時間を取れない日は

のり巻き を売店で買って授業に持って行き、

授業中に食べてました。

100円くらいです。



たまに授業にうどんとか持ってくる子もいて、
お昼時は授業がまるで教授を囲んだ食事会みたくなってました。










 

そう、韓国では、うどんが大人気!!

こちらはうどんを韓国風の味付けにした

キムチうどん

200円くらいです。

手軽に食べれて、とても美味しくて、
ランチと夕飯の合間の間食とかにもよく食べてました。








 

こちらは他の学食の、普通のうどんと、おでんが入ってるうどん。



私、今日の夕飯にうどんを食べました。
大好きです。

小さい頃はうどんのこと、「つるつる」って言ってました。
うどんがつるつるしてるから・・・。

「おふくろ!われ、今夜はつるつる食べたいよ!」と。

(絶対おふくろとか言わないだろ)








さて、韓国料理以外のものも紹介しましょうか。

大学の学食には、韓国料理とそれ以外の料理が半々くらいの割合であり、
どちらもとても人気があります。




 

こちらは、

韓国式パスタ

味付けがとても辛くなっていて、韓国人が好む味です。
韓国料理によく使われているようなソースに、パスタを絡めました。

私は更にここにタバスコをかけまくって食べてました。
凄く美味しかったです。

300円くらいです。









 

そば

もあります。

250円くらい。

日本の本格的なそばとは歯ごたえや食感が違っていて、
江戸っ子の私からしたら「なんじゃこりゃー」
ちゃぶ台ひっくり返したいくらいの衝動に駆られましたが、

食べてくうちに癖になり、結局好きなメニューとなりました。

これ、知らない学生も結構いましたが、
実はおかわり自由なんです。
私はいつも2笊食べてました。










 

のり巻きに親しんでる国だからか、
ロールの人気が非常に高かったです。

カリフォルニアロールとか、色んな種類のロールがありました。




これはちょっと高くて、380円くらい。

(安いよ)






 


こんなロールも。












 

ガーリックトーストは、
ちょっと小腹がすいた時とか、サイドディッシュとしてよく食べてました。







 

オーソドックスなハンバーグステーキ


文系の男の子達に人気です。










 


こちらは、チョンギョンガンという建物の1階にある食堂の

シーフードドリア

この日はチーズをかけすぎました。





 


この日はスープと一緒に。




私、このチョンギョンガンの食堂のおばさんに
物凄く好かれていました。

いや、愛されていました。


他の学生とは見た目が違うからという理由で、
すぐに覚えてくれて、
毎回話しかけてくれるようになり、仲良くなりました。


すると、こっそり私だけに、
毎回おかずを何か一品追加してくれるようになりました。






 


ここの学食のカルボナーラはとっても人気が高いです。

私がカルボナーラを注文すると、おばさんはこっそりトッポッキをつけてくれます。

食べ終わる頃に、「それで足りる?」と声を掛けてくれたりして。


卒業が決まった時に、おばさんに報告しに行って、
大学生活の事を涙ながらに語り合い、
最後に感謝の手紙を渡しました。



おばさん、元気かな。。。














 

テスト勉強とかで、朝6時半とかに大学に来る日には、

早朝から空いているカフェでこのような朝食をとっていました。

ホットサンドイッチです。









お次は、飲み物に移りましょう。



--------------------------------------





延世大学の学生達に大人気だったのが、

私達がいつもたむろっていたグローバルラウンジの中にあるカフェの

タピオカドリンク


 

バナナ味とか、ストロベリー味とか、色々とありましたが、


断トツ人気だったのが・・・



 


あれ、、これ名前なんだっけ・・・

クッキーオレオ味でしたっけ?
チョコクッキー味でしたっけ?

まぁ、そんな名前の、甘甘な味です。




斜め後にあるスタバの東京タワーのタンブラーは、
私のお気に入りタンブラーで、(元元元元彼に貰ったものです)
この日もこの中にスタバのキャラメルマキアートが入ってました。
大学の前にあるので、いつもそこで買ってきて、ちょっとずつ飲みます。











二番目に人気だったのが、正門くぐってすぐの場所にあるカフェの
タピオカドリンクです。



 

こちらはもっとシャーベット系なので、

暑い時によく飲んでいました。

ちなみにこれはマンゴー味。





 

ストロベリーミルク味もお気に入りでした。

だけど飲料が冷たすぎて、放っておくとタピオカが凍って固まっちゃうんですよ。

スピード命です。










 

大学内の売店でよく買っていたのが、こちらのヨーグルト飲料。

五色五感という商品名で、味が五種類あります。

私は特に緑とオレンジがお気に入りで、
家に持って帰って冷凍庫に入れて凍らせて
シャーベットみたくして食べたりもしていました。

これ、本当に美味しかったなぁ。。


商品名だけ見て、東方神起を思い出してしまうのは私だけでしょうか。









 

試験期間前になると、これがバカ売れします。

韓国では、長年ベストセラーを誇っているビタ500
という名のビタミン飲料です。

コンビニでもスーパーでもどこにでも売ってます。









 


私は、ハーブティーが大好きで・・・。


スーパーまで買いに行くのが面倒な時は、大学の売店で

ローズヒップティールイボスティーなどを買っていました。









そして最後に紹介するのは、最もはまっていたお菓子です。


 


チョコティンティン


薄くてサクサクしていてチョコがたっぷりついていて、
凄く美味しいんです。
裏側は全面チョコになってます


授業中に、おやつに、休み時間に、本当によく食べていました。


だけど名前が名前だけに、

友達「私売店行くけど何か買うものある?」

私「チョコティンティ~ン!」

と言うのが何か嫌で、
(日本人なら気が引けるのはわかると思います)

大体いつも自分で買いに行ってました。



あぁ、久々にチョコティンティン食べたい。






以上、延世大学の学食紹介でした