パラノーマルロマンス

テーマ:

何から読もうか・・・

最初は翻訳されているものということで

満月と血とキスと (集英社文庫)/シャーレイン ハリス
¥750
Amazon.co.jp

この本を読みました。

読んでみると結構ググッと来るものがありました。そもそもヴァンパイア自体が架空なのでファンタジーの感覚。でも本の中の世界に浸るには持ってこい。 ヒロインのスーキーとヴァンパイアのビルの間柄もまぁいい感じだし。

 

ただ、ヒロインの周りで起こる悲しい出来事があっさりしているかのような展開がちょっと腑に落ちなかった。翻訳者の感性かもしれないのでスルーして、さらさらと呼んで終了。ちなみにコレはお風呂本。温泉


翻訳されているのは一冊だけで原書は5巻まで。

続きを読むかどうかはまだわかりませんかおはてなマーク


昔、「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」という本を読んだ。その頃の私にはどうもしっくりいかなくて途中で投げたので、初体験も後味も悪かった。 後に映画にもなり トム・クルーズ、ブラッド・ピットが出演していたのに、本が合わなかったので映画にも期待できずに断念した。


そんなこともあって、ヴァンパイアは食わず嫌いだったようである意味妙にはまってしまった。


それが今読み進めているシリーズ、ヴァンパイア・ハンター。


作品の舞台はセントルイス。ヴァンパイアだけではなく、人狼や人鼠といった獣憑きが普通に生活している。


宝石ブルー   宝石ブルー   宝石ブルー

主人公のアニタ・ブレイクはアニメーター(蘇生師)で使者をよみがえらせて遺産相続の揉め事なんかをクリアにしている。警察からも頼りにされていて、殺人事件の捜査にも協力している。

また、何人ものヴァンパイアを殺しているので処刑人とも呼ばれている。


女性が主人公のこの手のお話の中では、皆さん背が高いのが当たり前になっているけれど、アニタは小柄。160cmはない感じで好感もてるし、タフなふりをしているけれどそこはやっぱり女性なので趣味はペンギンのぬいぐるみ。(その影響で私もブログペットをペンギンにしましたペンギン

登場人物も多種多様で目が離せないけれど、注目はジャン=クロード。ヴァンパイアのリーダーでアニタとは切っても切れない仲になりそうな予感。 超美系のイケメンですドキドキ (で、ペットの名前がジャン・クロードペンギン













AD

本日発売本、2冊買いました。

多聴多読は毎号買っているのでとりあえずゲットして、

CNNはちょっとご無沙汰してました。


今、Re-Stは聴くに専念してます。

ピーナツをやっているので、書くのはお任せで耳を慣らしてます。

で、感じたこと。



『原書で読む世界の名作』ってNHKラジオの、聴いてみて

なんだか朗読が早回し?と思うほど早く聞こえる。

ホント、笑っちゃうくらいに。


Re-Sは何度も聞いているせいか、ゆっくりのせいか聞き取れるのですが・・・


一応PBも対応のものを買ってトークマスターに録音して聴き読みしていますが

一冊終わるまでが長い!

10月19日まであるので、続くかどうかわかりませんが

耳慣らしにやってます。


で、話は長くなりましたが

そんなわけでちょっとお耳も柔軟にしようと思い

CNNをポッドに入れて聴こうかなぁと軽い気持ちで。


多聴多読マガジン 2007年 04月号 [雑誌]
CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2007年 04月号
Jane Austen
Pride and Prejudice (NHK edition)
AD

多読の楽しみとレベル

テーマ:

9日が集計日ということで・・・・


先週~今週は本を読んだり実家に行ったりいろいろでさぼり気味。

今度の3連休で足並みを揃える予定でいますが・・・


1周目はとりあえず今月中に終わらせたく、復習はぼちぼち気合入れてやらないと。


ハリーポッターが最終巻が7月に発売が決まって、

それまでに多読をガッチリーーーと思っていますが

6巻の翻訳にはまって、併読で連続ものを 読み始めちゃったから始末に悪い。

(ハリポタは原書発売直前に読んだほうが、流れがスムーズでよかったかも知れないーちょっと失敗爆弾


以前の多読セットは見つからず、仕方なくまた購入しないとならないので

多読ビンボーにまた突入かな?



考えているうち、すこ~し知恵がついてヤフオクで探してみたら見つかったので即click.

まだ届かないけど、楽しみです音譜



みんなのレビューが気になったり欲が出たりとつい、先走ってキリン読みになっちゃうので、今回はキモニすえてじっくりレベル2~3をたくさん読もうと思います。

英語多読完全ブックガイド にも書いてあったように、もう一度このあたりのレベルで100万語。基礎を固めて、晴れてPBに望もうと思っています。
AD

読んだ本と今日のレッスン

テーマ:

◆Re-Start◆


Lesson 111,112,113,114


昨日できなかった分今日やった。


deny  発音が難しく、当然書けない

rumors 聞き取れない


Santa  こんなの今頃でてくるって、、、季節はずれ


whatever  whatとeverにわけてしまった



空耳はいつの日もあるけれど、知らない単語はいくら聞きなおしても書けない。当たり前だけど文字を見れば何の問題もなくわかるのに、音を聞いただけだとわからないことはたくさんある。

似たような発音だったりするとスペルミスというよりどの単語をここでは使うのか、全体の文章から割り出せばいいのでしょうが、実際にコレが会話をしているときだとちんぷんかんぷんになってしまう。


結局、リスニング。聞きなれれば、どんな喋りにも対応できて聞きこなせるんだと思うけど、いくら聞いても日本語圏内での生活では限りがある。う~~~ん。。。



絵本を読み始めたらはまってます。

本が読みたいから早くレッスンをやってりして(笑)


ブックガイドを熟読していたら、レベル2までで100万語読むといいと書いてあった。

私が以前多読してた頃って、そんなアドバイスは無かったみたいな気がする。

結構キリン読みしたこともあったなぁ。


以前購入した本を探したところ、一番奥の一番下のほうに入っていてとても出せそうになく、低レベルの本だと語数が少ないので結構費用がかかってしまう。。。。ブッククラブってどうなんでしょうか?



◆読んだ本◆


Cynthia Rylant, Arthur Howard
Mr. Putter & Tabby Fly the Plane (Mr. Putter and Tabby)

Sarah Stewart, David Small
The Library
Susan Varley
Badger's Parting Gifts

レビューはこちらでどうぞ

Re-Start と Mr.Putter & Tabby

テーマ:

モグラ月曜日:夕方から頭が痛くて、やっとの思いでディクテのみ

Lesson 105,106

復習はとても無理。

珍しくその日のうちにお床に入る。  ぐぅぐぅ




モグラ火曜日:記事の投稿をしようと、公開をクリックしたとたんに

パソコンがイカレテ断念。

何度か試みたけれど、昨日はダメだった。


Lesson 107,108


復習はいったいどこまでやったのか。。。。


このところのレッスンは一つの文章が長い気がする。

はじめから比べると、聞き取れるようにはなってきているけれど、

やっぱり空耳だったり、a,the なんかが抜けたりしている。


もっとも、聞いた事も無いような単語でカタカナで書いておいたものが

何でもないいつもの単語だったりすることもある。



今、通勤中は日本語の本にはまっています。


仕事中はほとんど英文を見ているので、せめて電車の中くらいは楽チンな本を読みたくなりました。

やさしい洋書を持って歩くのにはすう札必要になるし、アレを電車の中で広げるのも

ちょっと微妙ねこへび


Cynthia Rylant, Arthur Howard
Mr Putter & Tabby Bake the Cake

読みました。

やさしいMr.Putter 

おじいさんはケーキを作ってプレゼントをしようと考えます。

感想は別ブログに・・・


といってもまだスカスカ状態です。

家に帰ったらリンクします。

Re-StratとMr.Putter & Tabby

テーマ:

今日で45日目、Chapter7 も終了しました。

明日からはCDもチェンジですね。


でも、安心は禁物。復習の波が、5回目もやってきます。


◆今日までのレッスン◆

~Lesson 90  まで一回目は完了。


3回目の復習がLesson67あたりから滞っていますあせる



素敵なお話が見つかりました。

Cynthia Rylant, Arthur Howard
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)

優しいレベルなのですらすらっと読めました。

ハートウォーミングなお話です。

内容の感想はこちら にどうぞ。


当面の目標はRe-Sをメインディッシュとして、

箸休めに優しい洋書をこつこつ読んで

時々大人のPBを読んでいこうかと考えています。


あっ!和書も読むつもりです。


明日から本格的に仕事、行きます。

片付けてお風呂に入ります温泉



ロマンスが気になっています

テーマ:

やっぱりスキンを変えちゃいました。

何だかいまいち気分が乗らないのに今までのスキンではちょっと・・・


今度は少し和む感じがします。


オリンピックを見たりいろいろ誘惑が多い中、電車の中の読書はかろうじて続いていますが座れると睡魔に襲われてしまいます。そんな中、"Prince Caspian"  は後半残り少なくなりました。Aslanが出てきたころからお話に入り込むことができました。(おそっ) 


まぁとりあえず映画には間に合ったのでのんびりしちゃってますが、春の予感を感じたのか(?)ロマンスが読みたくなって来ました。日本語では読まないジャンルなのでどんなものなのか・・・。


海外ドラマや映画ではベッドサイドにPBがお決まりのようにあって、しかもロマンス小説らしい。Amazonなどを覗いて見てもジャンルがとても細かく分かれていて何から読んでいいのか研究が必要かも。 まだ読む本はたくさんあるのでじっくり選んでのめりこめるものを探すつもりです。


洋書バーゲンがあったらいいのにな。そろそろ紀伊国屋あたりでやりそうなのですが、まだ情報をつかめません。去年は初日に行って数冊ゲットして遅ればせながらのカレンダーが格安で手に入りました。2~3ヶ月過ぎちゃってもお買い得でラッキーでした。 


ロマンスでお薦めがあったら是非、教えてください。できれば英語がやさしいもの希望です!!

えーっ!読む順番がちがうの!?

テーマ:

なんだか話に入り込めない。「馬と少年」

あれ?そうだ!・・・・ナルニアは発行年順に読もうと決めたのだった。。。


間違えた!


次に読むのは「カスピアン王子のつのぶえ」だったんだ。


一冊ずつでも読めるといって入るものの、私には読みにくい。そんなで昨日はハリポタを引っ張り出してきてとうとう読み始めてしまった。ナルニアの次にと思っていたのですが、読み始めてしまうとなじみのある分話に入り込みやすくてつい。


ハリーのあの厚さ、重さでは持ち歩けないのでお家専門。ナルニアは持ち歩き専門ってところでしょうか?毎回ハリーは発売前から予約しておき届くと読み始めていたのですが、今回は出遅れてしまって今まで出動していませんでした。


そんなわけで当分の間ナルニアとハリポタは併読ということになりそう。長い春。

馬と少年

テーマ:
C. S. Lewis, Pauline Baynes
The Horse and His Boy (Chronicles of Narnia 3)

まだ、ホンのちょっぴりですが読み始めました。見慣れない単語がいくつか出てきましたが今のところは大丈夫、読めそうです。 『ライオンと魔女』はすんなり話しに入れたので問題ありませんでしたが、こちらはどうでしょうか?始めなので、ナルニア国はまだ出てきていません。どんな展開になるのか楽しみです。

無事読了です

テーマ:

予定通り読み終わりました。

ナルニアは子供の頃に読んだということでもなく初めてなので、どんな展開なのかこの先とても楽しみです。今回の終わり方からは、『オズの魔法使い』がふっと浮かんできました。まだはっきりはわかりませんがそんなだといいなぁという希望的観測です。


オズは全巻日本語で読んだのですが(もう、かなり前)、これも子供の頃でもなくハヤカワの文庫で読みました。以前住んでいたところの本屋さんで全巻そろえたのですが、ハヤカワの外文を読んでいる人はインテリが多いなんて店主の方に言われて、いい気になって通った覚えがあります。  結局その本屋さんと仲良しになりバイトまでさせてもらってました。あの頃が一番楽しかったかも・・・・

ライマン・フランク・ボーム, 佐藤 高子, Lyman Frank Baum
オズの魔法使い

話はそれてしまいましたが、続けてナルニアを読もうと思っています。次は "The Horse and His Boy" で3巻目になります。私は出版年順に読んでいます。


和書も読みたい本が 積読 状態でいますのでそちらもぼちぼち