2012年08月02日(木)

続・星守る犬/村上たかし

テーマ:動物
CA390019.JPG

「星守る犬」の続編。

本編で汚い身なりの子供が出てきました。

お父さんと犬が、この少年に出会ったのは
お店のパン売り場。

母子家庭の少年は育児を放棄され、生きる為にパンを盗んでいました。

その時、お父さんに見られてしまいますが、残り少ないお金で
パンを買って貰え、一心不乱に空腹を満たす汚い子供。

お父さんと犬と海で遊び、子供らしい楽しい思い出を作りますが
この子は母親の父親である祖父に会いたかった。
もっと幼い時に、2人で暮らしていたおじいちゃん。
この子はもう九州から遠く離れた北海道で独りで暮らす
おじいちゃんの所しか居場所がなかった。

そのためにお父さんの財布を盗む。
それが結果的にお父さんと犬のハッピーが逝くのが早まってしまう事になる。


この子が盗んだお金で電車に乗る姿のみが本編で描かれていた。

続編は捨てられていた子犬時代のハッピーの弟犬の
エピソードから始まる。

身よりもなさそうな、自ら孤独な環境を作る老婆との出会い。


箱の中の2匹の子犬。
健康な子犬はお父さんの娘が連れて帰るが、もう1匹は
生まれつき心臓が悪く、死にかけた状態で老婆と出会う。

旅の途中で、医者に掛かった時のハッピーと対照的に、
チビと名付けられた子犬は最初は病院に行って貰えない。
それでも生きている。

チビという名前も、いつ死んでもおかしくなかったからこそだ。
そのチビは孤独な老人と慎ましい暮らしをし、やがて
他人を寄せ付けなかった老人を変える。

ベタな話だが、作者はただの「犬ってすごいね」的な
浅い感動話にはしない。容赦ない。


その次は、財布を盗んだ少年のその後に移る。 <
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月02日(木)

星守る犬/村上たかし

テーマ:動物
CA390017.JPG

去年映画にもなった「星守る犬」「続・星守る犬」を読んだ。

まずリアルで泣いた。
犬が絡まなくても、悲しい…そして恐ろしい話なんだけど
その話が無邪気で純粋な犬目線で描かれているから、
余計に悲しくて恐ろしい。


ごく「普通」の暮らしをしてきた主人公一家。

お父さん、お母さん、小学生の時に犬を拾ってきた娘さん、
そして箱の中に捨てられていた、良く見かける"普通"の雑種の犬との暮らし。

犬を拾ってきた娘が、世話をしなくなるのも良くある話。
良くある結婚生活してるお父さんとお母さん。

ある日、お父さんはお母さんから離婚したいと告げられる。

お父さんが自分の意見を言わないからと。
ふざけんなと思います。
(私は書くのも遠慮したい位、色々あって
離婚したんで。あのまま結婚生活続けていたら
今、生きてないと思います)

と、私も"お父さん"も「は?」という理由で
妻子に去られ、娘の置き土産である犬と残されたお父さん。

まあ、お母さんも寂しかったんでしょうが、
"普通"の暮らしを続けてきたのは、誰のおかげなんかね(-"-;)


そして仕事も解雇され、職安に通うにも
不景気なのと年齢的なもので、新生活に進めず
唯一残された財産である愛車に乗って、
残ったお金を持って、犬を連れ南への旅へ。


犬は幸せいっぱい。
大好きなお父さんと二人っきりで旅をする。
綺麗な景色、楽しい海での遊び(うちの犬も代々海が大好きだ)、
道中美味しいおやつを買ってもらい、
キラキラした目でお父さんを見つめる。

「次はどこに行くんですか?お父さん♪」
「明日は何をしましょうか?お父さん♪」
犬は大好きなお父さんを見る。
毎日一番大好きな人と一緒にいて、とても嬉しい。幸せいっぱい。
前の暮らしの時より、この犬は嬉しいんじゃないだろうか。

そして…
生き物だから病気にもなる。
なんとか手持ちの物をリサイクルショップで売って、
医療費(動物の医療費は高い)を作るお父さん。

希望がなくなった中年男と、貰い手探しはかなり難航する
中年の雑種犬の旅。
前途○○なふたり旅。


やがて、旅の終わりが来ます。

一面
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年02月12日(土)

猫と薔薇の日々/松苗あけみ

テーマ:動物

元漫画少女の雑記帳-090722_2023~0001.jpg

「純情クレイジーフルーツ」の松苗あけみさんの猫漫画

読んでみました。


松苗さんの個性たっぷりで面白かったです。

元漫画少女の雑記帳-090722_2021~0002.jpg

所々擬人化した猫たちが出てくるんだけど、その擬人化も容赦ないw

年齢に応じて「綿の国星」のチビ猫みたいな可愛い少女から、カトレア園(老人ホーム。)の住人たちのようなおじいさんまで出てくる出てくる


…総勢12匹!


他の作品にちょっと登場した「サスケ」もいます。

同じく他作品(うるとらまりりんだっけ?)の登場人物の名前になっていた「安寿」と「厨子王」。
猫じゃないけど、松苗エッセイ漫画の常連・一条ゆかりさんも一瞬登場。

絵も相変わらず可愛くて上手だし、擬人化された猫たちのショートコントも楽しいし、オススメ

写真はうちの坊主たちです


元漫画少女の雑記帳-090722_2022~0002-0001.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010年12月05日(日)

ひなたの風景/たちばないさぎ

テーマ:動物
例によって携帯からの更新で、リンクの貼り方わかりません
ご興味ある方は…検索よろしく~


可愛い子猫の写真の表紙に釣られて購入してみた。

ストーリーは動物にやたら好かれる上に、会話まで出来る主人公が偶然のいたずらで犬猫の保護団体でバイトをする事になり、色んな事を経験していく…という感じかな。

作者はハムスター漫画を描いていた方だそうで、今は保護団体から貰った犬がいるそうです。


なのに…


ゲージかい

なんてツッコミはしたくないけど、最初の方でドカンと出てきたので少し萎えた…。

ゲージじゃなくてケージだよ~


ま、それは置いておいて

飼い主に捨てられたりした動物が沢山出てくるけど、ライトな雰囲気の絵柄と設定なのはいいなと思いました

この手の題材だと、読後鬱~になってしまいそうだけど、そんな事がないのは個人的には好きドキドキ


「ひなたの風景~聞こえる、犬や猫たちのSOS」
漫画:たちばないさぎ
原作:堀場瓦
出版社:イースト・プレス
定価:952円+税
2010年4月発行

元漫画少女の雑記帳-090722_2022~0003-0001.jpg
元漫画少女の雑記帳-CA390177.jpg
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月28日(木)

グーグーだって猫である/大島弓子

テーマ:動物



大島弓子さんと猫・・・といえば、やっぱり「綿の国星」。

そして愛猫サバとのエッセイ漫画。

大島氏とサバとの日常はとても楽しかった。

また、サバの姿も「綿の国星」のように擬人化していて

大島さん~~~って感じだった。



で、そのサバも高齢で死んでしまってしばらくした頃、

ペットショップで大島さんと出会ったのが、アメリカン・

ショートヘアーのグーグー。

ペットロスは新しい子で治すというの、アリだと思う。

もちろん色んな考え方があるけど、それぞれの方法で

治せるならそれが一番だと思う。


そしてサバの後任として迎えられたグーグーと暮らしていた大島氏。

やがて大変な事にご本人の病気が発覚。

猫の事が心配でたまらない入院生活。良く分かるよう(涙)。



サバとの暮らしはマンション住まいだったけど、一軒家を買い

そこでグーグーとの新しい生活がスタートする。


でも・・・


そこは野良や放し飼い猫が多いのか、遊びにくる色んな猫。

んでもってどんどん赤ちゃん産んでしまう野良猫。

んでんでそいつらに庭でエサあげちゃう大島氏・・・。



結果、ほのぼのとしていたサバや初期のグーグーとの暮らし

から一変し、今じゃ立派な猫屋敷。。。10匹以上いるとあとがきに

書いてあった。

それにも関わらず、相変わらずどんどん子猫を生む野良ちゃん、

子猫を保護する大島さん・・・いったいどうしちまったんだーーーー。


「綿の国星」が連載していた頃は猫って放し飼いするのも普通だった。

実際、お年寄りなんかは猫を閉じ込めて飼ったり、避妊手術を

かわいそうとか野良ちゃんにエサをあげる事はいい事だと

言ってる人も割合として多いかも。うちの近所にもいるし。

で、大島さんも考えたらそんな年代なんだよね。


読んでいて、どんどん猫が増えていくのを知ると、純粋に

綿の国星やサバ・シリーズのように楽しめなくなった自分がいる。



そんなうちも猫3匹もいるし、犬もいるしカエルとかトカゲも

いたりするし、大島氏と変わらないのかもしれないけど・・。

(一時期は犬もいたけどあげちゃったらしい)

それでも猫10匹以上いて、庭にも野良猫がやってきてって

近所で問題になったりとかしないんだろうか・・・。



そういうのとか気になって純粋に楽しめず残念。





Books Ranking


アップデートは確かに今日だけど本当に集計してるのか・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。