1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010年02月13日(土)

不思議な少年/山下和美

テーマ:SF・ファンタジー

   


柳沢教授、BOY、ゴースト・ラプソディーなどなどの

山下和美さんのオムニバス形式の作品。


タイトルにもなっている「不思議な少年」は人間ではない。

それじゃあなんだ?というとまだ良く分からない。

この少年は人間にとても興味を持っており、姿を変えて

(大体は少年の姿だけど、時には青年にもなっている)

色々な時代を行き来して、時には童話の登場人物たちが

存在している世界にも出かけて人間を観察している。


観察といってもそう冷静でもない。

時には感情をあらわにして、とても人間らしいところもある。

だけど人間ではない。不思議な少年。



オムニバス形式になっているので、一巻から順番に

読まないとわけがわからないというところもいい。

沢山のエピソードがあるから、その中のお気に入りの

エピソードを読み返すのもいい。


現に時々「この話がまた読みたい!」と本棚から出して

くることも良くある。



歴史に興味がある人ならまたより一層楽しめると思うし、

特に歴史は・・・という人でもそこで繰り広げられる人間

ドラマに惹きこまれるとも思う。



そこで取り上げられた実在の人物の中で、特別興味を

持った人がいれば、ちょっと検索して調べてみる楽しさもある。

ちなみに私はヨコハマ・リリーの話が気になった。

実在の人物で映画化までされているんだけど、ここに不思議な

少年を絡ませるとまた一段と面白かったし余計に悲しくなった。




昔の山下さんは「どうだ!少女漫画だぞ」という作風だったけど、

柳沢教授かなんでも屋さんのお話あたりから一皮剥けた

ような気がする。

今でも青年誌(教授と少年)でも執筆されているけど、

女性誌で書かれている作品も、昔の少女漫画だぜ!とは

また進化した感じで楽しめる。



また、猫や犬も時には意味もなく登場するのもニヤリとさせられます。




不思議な少年 1~8巻 講談社




Books Ranking

ちゃぶ台をひっくり返したくなるランキング~~~~

リアルって出たの去年の10月くらいじゃなかったっけ?



それはそうと「ひまわりっ」の13巻が出ました。

多分14巻で完結するという事なので、ちょっと寂しいです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年01月27日(水)

ブルー・ワールド/星野之宣

テーマ:SF・ファンタジー


読んでからまるで一本の映画を観たような気分になった。


ジュラシックパークと何かと比べられるらしい本作だけど、

個人的にはジュラシックパーク2と3よりはこっちが

遥かにワクワクしたですよ。

1は確かにかなり面白い作品ですもんね。もう何回見たかな。



ジュラシックパークとかパニック映画とか恐竜モノが好きな

方にはぜひ勧めたいのが「ブルーホール」と本作。


まず漫画として重要だと思うんだけど


絵が上手い事


この星野さんの絵はすごく緻密でリアルで素敵。

恐竜の絵なんてそこらへんの「きょうりゅうずかん」よりも

遥かにレベルが高いです。


モノクロの絵も素晴らしいし、カラーとなるとぜひとも

星野画で子供向けでもなんでもいいから恐竜図鑑を

作って欲しいものだと思う。

やっぱり作者もきっと恐竜大好きなんだろうな。何か愛を感じる。



そして

話が面白い事


これもクリアドキドキ


あきさせません。次から次に出てくる恐竜たち。

ひとりひとり・・・と増えていく犠牲者たち。


犠牲者・・・?人間・・・?



そう。これはある意味良くあるタイムスリップ物。

だけどそれがドクとデロリアン(BTTF)のように

タイムマシーンを発明した!という事ではなく

事実を元に作者が考え出した方法なのでそこはやっぱり

民俗学の漫画を多数書いている方だなと思う。

事実はこう解釈・発展させてしまえ~みたいな。


ちなみにその事実とはいつだったかアフリカの海で

打ち上げられていた巨大で奇妙な動物。

腐敗したクジラの死体だとか色々論議されてはいるけど、

未だに正体不明というのもワクワクする。

もしかしたらこの漫画みたいに時間の穴をくぐってきた

恐竜なのかもしれない。



で、その時間の穴をくぐって辿り着いた人間たちの

ストーリー。

決して甘い事は許されない。

いちかばちかの時に人間って本性が現れるっていうけど

この「ブルーホール」でもすさまじい。


男性読者向けに登場人物の女の人たちだけが

どんどん服が小さくなっていくのはちょっと笑えたけど、

スケールの大きさ、恐竜の迫力、人間の怖さ、

ラストまでのハラハラドキドキ感は群を抜いた作品です。


しかもやたら長くないのもいい。

文庫版だと全2巻です。

やたら長くないせいもあるのかな。

映画観たような気分になれるのは。





んで、これは一応「ブルーホール」の続編にも当たるので


こっちも読んでおくのもおすすめ。全1巻だし。

だけどブルー・ワールドだけ先に読んでみても特に支障なしです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年11月13日(火)

PLUTO/浦沢直樹

テーマ:SF・ファンタジー

      

   



「MONSTER」や「YAWARA」の浦沢直樹氏が

若い頃に感銘を受けた作品が、手塚治虫氏の

「鉄腕アトム 地上最大のロボット」という作品らしい。


そしてその作品をリメイクしたいと手塚側に申し立て実現したのが

この作品「PLUTO(プルートゥ)」。

今の所4巻まで発売中で、今月末に待望の5巻が出ます。


浦沢作品は「パイナップル・アーミー」「マスターキートン」

そして「MONSTER」と読んできて、特にモンスターはかなり好きな

作品なのですが、このプルートゥもとても面白くて夢中になって

しまいました。

誰が犯人なのか、どんな陰謀が渦巻いているのか、主人公で

あるゲジヒト刑事というロボットの見る悪夢の謎は・・?

全てがまだ明らかにされておらず、読んでしまうともう最後、

気になって気になって。


読む前はアトムのリメイクならまたアトムが主人公で・・・

絵柄・キャラクターも浦沢テイストが少なくて・・・

なんて考えて、どうせ読むなら同時進行していた

「20世紀少年」の方がいいのかななんて思っていたのですが

こっちはなにぶん長い。(続編合わせて全24巻)

とりあえず巻数の少ない「PLUTO」読んでみるかと手を

出してみると、不安だったキャラクターは手塚氏の息子さんが

「オリジナルに拘るのではなく、浦沢らしさを」とすばらしい助言を

したらしく、アトムも普通の少年らしく(2巻表紙)変身し、

全く違和感がなくなっていました。


話も基本的には原作に忠実な流れとの事ですが、主人公で

あるゲジヒト刑事というのは原作では一瞬で破壊されて

しまう脇役らしいけど、そんな彼が主役になっておりました。

おまけに最初の舞台はおなじみのドイツの某都市。

そこで起きた謎の殺人・ロボット破壊事件。

被害者には頭部に二本のツノのような物が突き刺されている

という猟奇性。


いかん・・・もう第一話でやられてしまったw


更にチョイ役で

・白いライオン

・モグリの凄腕の医師・・も出てきたりします。

医師は「モンスター」のドクターテンマという説?もあるようですが

どう考えてもブラックシジャックでしょう。テンマ医師は国境のない

医師団で精力的に働いているし、逃亡中はヨハンの件で

それどころじゃなかったでしょう。多分。

で、そのヨハンを長髪にしたような美青年も出てきます♪

ヨハン似なだけに彼に裏がありそうと思ったりするのは浅はかで

しょうか?



さて、もうすぐ5巻が発売されるので、とても楽しみです。

それにしても11月末は読みたい本がドーンと出て困るw


「PLUTO 5巻」11/30 おまけ付の豪華版は20日発売

「チェーザレ 4巻」11/22

(他はここから見られます(新刊情報)


ちなみに表紙は

1巻:ゲジヒト刑事

2巻:アトム

3巻:ウラン

4巻:ドクター(博士)テンマ・・一度書いてみたかったw

    アトムを作った人です。

    ちなみに有名なお茶の水博士は手塚氏に似せて

    書かれています。



Books Ranking


ほぼ予約ばっかり(苦笑)
プルートゥも相変わらず入っています。人気が高いのもうなづける。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年04月28日(土)

ベビーシッター・ギン! 9巻/大和和紀

テーマ:SF・ファンタジー



育児に疲れた時はこれを読むと元気になれると

以前書いた気もするこの本。

早くも9巻が出ていたので、また購入して参りました。


イヤハヤ・・・つくづく育児っつーもんは山と谷、たまに

平地だのうと更に感じるようになった今日この頃でやんす。

赤子の頃に比べると自分で出来ることが増えてきたし

保育園に入れたしでラクになった事も多いのも事実ですが

病気したり(先日もカゼをひき2週間近く保育園を休んだ)

なんだーかんだーとわけわからん事を言ったりしでかしたり、

かと思えばファンタジーな子供らしい可愛い空想物語を

聞かせてくれて「可愛い男め」とほんのりさせてくれたりと

毎日せわしない日々を過ごしております。ふー。


このギンさんの話は時には魔法を使って、子供たちに

夢を与えたり、時には大人や子供を改善させたりと

1話完結式のすがすがしい読後感を与えてくれる

至福の本であったりします。


さて、9巻はというと、いよいよギンさんの過去の話が。


ギンさんの子供時代と学生時代。

子供時代の話で遂に何故ギンさんが女装して子守

(ベビーシッター)をやっているかが遂にわかります。

それと共にギンさんの父親もやっとまともに登場。

(前に登場したのはセリフのみと墓だった)


ギンさんとその家庭って同作者の「ヨコハマ物語」の

主人公・叶万里子さんの兄・柊一郎さんと共通点が

割と多いんですね。


・どちらも父親は貿易商。

・どちらの父親も亡くなってしまう。

・どちらの母親も妹を出産してから早期に亡くなっている。

・どちらも妹は可愛がられるのに、自分は跡取りだと

 将来を切望され、スパルタ教育で親と縁遠い。

・どちらの妹も破天荒な面があり、そして商才がある。

・どちらも結局は貿易商以外の好きな道を選んだ。


ただ柊一郎兄さんは好きな女性と結ばれ、海外で

妻子と幸せに暮らしたようですが、ギンさんの方は

相思相愛の女性というのはまだ出来ないようです。


とはいっても学生時代に気になってたセンパイとの

話なんかも出てくるんです~♪

このギンさん・・

実は童貞ではなかった

しっかり子供まで作っていた


--------折り線----------


のか!?



なんてスポーツ新聞のような話になっています。




それにしても・・・・私もギンさんみたいに対子供の魔法が

使えたらなあ・・・・。


さてと、今日はあちこちに貼ったシールの一部を剥がさないと

いけないから「シール剥がし」を買いに行かねば(泣)

しれーっとよりによって買ったばかりの硫黄島のDVDに

でーんとポケモンのシール貼ってやがった(大泣)



Books Ranking





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月16日(金)

魔天道ソナタ/天城小百合

テーマ:SF・ファンタジー

「魔天道ソナタ」文庫版全10巻・コミックス版全20巻・秋田書店


高校生の頃、これと「ぴーひょろ一家」が読みたくて

プリンセスを買っていたのも遠い昔に感じてしまった・・。


というのが、これが古本屋さんでセットで激安だったので

懐かしさ一杯で買ってみたのでした。


感想は


すごいぞ・・・・。


なんとなく途中から読まなくなってしまって、最終回は

知らなかったのですが、まさかの展開でした。

その「まさか」も想像を遥かに絶した・・なんというか

とにかく「すごっっ」とでも表現しておきたいと思います。


まず絵柄については、そもそもデビュー作がコレに出てくる

ミカエルという天使(といっても大天使ミカエルとは別物)の

話だったそうでそれも納得。だってキャラクターに対する

愛が暴走しているなという印象。

正直上手くはない・・・んだけど、情熱をひしひしと感じるし

作者自身が「魔天道が好きなんだ~~~!!!」という

のがとてもとても良く分かりました。・・・そんな感じ。

余白のフリートークにも右向きの顔が苦手等と書いてあり

10代の頃、親近感を覚えたものでした。


話が進んで行く内にそういう絵柄もどんどん洗練されていく

んですが、好みかどうかと聞かれると・・ノーコメントって事で。


そしてストーリーもどんどん規模が大きくなっていきます。

もう作者・・ヤケ起こしてるんじゃないのか?と思う位

どんどんどんどんどんどん


と。


もう完結からかなり時間が経っているのでネタばらしすると


(以下念のため白字。反転すれば読めます)

フィラは死んじゃった。で、ミカエルが天使から悪魔に

なっちゃった。実は何かすごい悪魔だったらしい。

そらもうトップに立てるほどの。神レベルの。

んでもって地球滅亡の危機を救えるのは彼だけとか。

ど・・・どうなる!?地球!?というSFテイストにっ。

なんていう感じで。


そして完結はするけど、これでは終わらない。

同人誌という形でサイドストーリーを刊行。

どんな内容かというと、そのフィラ(金髪の悪魔)と

ミカエルがそらもう激しい(以下要想像)・・・だそうです。

オークションでたまに出てるみたいなんで、御興味の

ある方はどうぞ。



んなわけで私にとっては「ぼく地球」に続き

"昔は好きだったはずなのに・・・でも途中で読まなく

なって最近読んでみてある意味泣けた作品"

第二弾となってしまったのでアリマス。


ついでに今は大阪の専門学校の先生をしておられる

との事で、あとはウエブコミック専門として新作を

発表されているとの事。

内容は・・・交尾交尾・・・だそうですよ。奥様・・・。

(何故奥様!?)


面白そうなので参加してみた

にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ  にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ  にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ



Books Ranking


↑ランキングも復活。
昔のを見直してみると歴史を感じて結構面白かった。



それと関係ないけど、今日はこれまたへんてこなTBが

怒涛のように来るようになりました。

暫く落ち着いてたんですけどね~汗


ちなみにこの記事をアップして10分で18個程。

本当は承認制なんてしたくないんだけどなあ・・・。






いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。