2013年12月14日(土)

ANIMAL X/杉本亜未

テーマ:ヒューマン

先日本棚の整理をしていたら、出てきたので何年ぶりかな?
掃除を放置して一気に読み返してしまった。

まずどんな話かというと、恐竜に変身出来る血族が密かに
世界中で暮らしていて、そんな彼らを利用したい集団と、それらに振り回される人々の話。

恐竜に変身出来る一族…ダイナソーロイドは雌が生まれにくい為、
どうしても血が濃くなり奇形や障害が出たり、
待望の雌が生まれても繁殖能力がなく、その為彼らは滅亡の危機にいた。

それで科学者と手を組んだ北海道の血族が、嫁用に人工的な雌を作る。
何も知らない男性科学者に投薬し、彼の体を変化させてしまうと。

そこから人種問題、男女の問題(女性差別的な表現も多い)、
北海道や沖縄、中国やオーストラリアの少数民族なども絡めてる深い作品。

血族の雌に対する雄たちの考え方ややる事が酷くて、途中で断念した
読者もいるみたいですね。分かるわ。
雌が少ないから、一夫一妻にはなれない。
あくまでも雌は1人でも沢山の子供を産む為に、雄たちが1人の雌を共有する。
雌の意志は力で抑えられ、暴力を振るう事も自然なようだ。

そんな血族の雌にされてしまった中年にさしかかった青年と、
一回りほど若い血族の青年が主人公。

ちなみに個人的にはこんなガキより、北海道の血族
(この雌は元々彼らの嫁用に作られた)の、白河が好きです(*^ω^*)

この人工的な雌にされた青年っていうのが、非現実的だから 良かったのかな?
彼が初めから女だったら、きっついな~。
いきなり東北の山村に連れて行かれて監禁されて、
おっさんたちとまぐわって子を産めなんて言われて、
拒否したらボコボコにされて、その後は行った先行った先で
俺の子供を産んでくれ~と、時には集団レイプまでされて
産まれた子供は科学者側に誘拐されて…。

流石にこれだと商業誌には載せられないかな?


ちなみに最近文庫版も出たようです。
徳間書店からも出てますが、読む順番は
「荒神の一族(全4巻)」
「大地の掟(全2巻)」
「原始再来(全10巻)」
です(^ω^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

もとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。