連休中に、PH 3/2 Pendantを設置しましたニコ


我が家にはいくつかlouis poulsenの照明がありますが、


家づくり中、切迫早産寝たきりだったので現場に行けず、

引っ越しで見た時はもう全て設置後でした。


(荷物が次々届いてテンションup~とかしたかったなぁ・・(´;ω;`)


なので、この段ボールだけでもウレシイ絵文字4

Made in Danmark!

寒い国から、我が家へようこそ❤







吹きガラスのシェード、何重にも梱包されてました。


この状態からの組み立て・・・ちょっと心配。




子供達が寝静まった夜に組み立て夜空

触って割れたりしたらアブナイからね~。


まずソケットに、一番上のシェードを設置。

ここまでは大丈夫。





次に電球をセットしてから、


このウネウネした3本の針金だけで、真ん中と下のシェードを取り付けます。


さすが1920年代、

すっごいアナログ!!


ここからは集中してしまって写真ないのですが、

「落としたら割れるー」と騒ぎながら、何とか説明書見て設置しましたえへへ…






そして翌朝ー

起きてきた子供達は「わぁ~★」と歓声あげてくれました絵文字4


そして大人達も、朝改めて見て

「いいねー^^」と幸せな気持ちになれましたにこー





思ったより硬質な印象で、

夜に設置した時は「・・・失敗した??」と思ったけど、


今まで我が家にはあまり入ってこなかった感じのモノで、

朝見るとおもしろいな~と❤


迷ってたToldbodだったら、「我が家のいつもの感じ」で、

それはそれで良かったけど、


少しインテリアに波紋が起きた気がして、

久々に色々考えたくなりました^^




すみません・・・アップで上手に撮れなくて見えないけど、

シェードの質感はこんな感じ。


内側がマットな三層吹きガラスで、ガラスのToldbodと同じような質感。


不思議ですね、

照明が変わると、家の中に色んなカラーや柄を入れたくなりました。


北欧のインテリアはそういうバランスでできてるんですね~!



と言ってもそんなに勇気ないし、

しばらく予算も出せないんですが・・・ (^_^;)



しばらくはこれで楽しく暮らせそうです♪

数年かけて、ゆっくりインテリアづくりできたらいいなぁ~芽





にほんブログ村 住まいブログへ 読んで頂き、有難うございました夜空

にほんブログ村

   クリック頂けると、励みになります顔キラキラ

AD