「突然ですけど、貴方をテスト致しますわ。」
 椅子に座ったまま、部屋の真ん中で立っているライチに、シレーナが言った。
 「テスト・・・ですか?」
 「はい。貴方は、技術的には一人前のシェフを名乗っても良い頃ですわ。ですけど・・・本物のシェフには、もう一つ条件があるのですわ。」
 シレーナは立ち上がり、部屋を歩く。そして、ライチの前まで来た。
 「その条件とは、独創性ですわ。」
 ビシッと人差し指を立て、ライチに言った。
 「どく・・・そうせいじ?」
 「違いますわ。ど・く・そ・う・せ・いですわ! つまりは、自分だけの料理、自分が開発した料理、となりますわね。要するに、貴方に新しいレシピを発見していただきたいのですわ。」
 「新しいレシピですか? えと、えと・・・うーん。」
 ライチは腕を組み、小首を傾げ、考える。
 「ライチ君、別にここで今すぐというわけではありませんわ。それに、完全に一から作るわけでもありませんわ。」
 そう言うと、シレーナは一枚の紙をライチに差し出した。
 「ここに、新レシピの一部が書いてあります。ライチ君には、残った文字を頼りにこの新レシピを解明して、作ってきてほしいのですわ。できますわよね?」


 ○○のテンプラ
 材料:[?]、[?]の卵、ソウル オブ [?]、[?]


 受け取った紙には、こう書かれていた。
 ライチは自室へ戻り、紙を見つめウンウン唸る。
 「テンプラ・・・って、えと、えと・・・何だろう?」
 ぴょんとベッドから跳ね上がると、向かった先は・・・カマロンの元。
 「カマロンさん、あの、あの、テンプラってどう作るんですか?」
 「おや、ライチ君。テンプラですか・・・どうやら、お嬢様のテストを受けておられるようですな。残念ながら、私からはお教えできませんな。」
 そう言って、カマロンは背を向ける。
 「えー、お願いします、カマロンさんー。」
 ライチは眉を寄せ、困った表情を浮かべてカマロンにすがりつく。
 しかし、そのライチの首を摘み、ひょいっと持ち上げ、横に置いた。
 「ダメなものはダメですぞ。」
 そう言って、歩き出す・・・が。そこでボソッと、呟いた。
 「・・・そういえば、このダイアロス島に『イ・オーフェン』と名乗る者がおりますな。彼ならテンプラを知っていると思いますが・・・まあ、これは独り言ですがね。」
 
 「はあっ、はあっ・・・やっと、見つけた。」
 場所は変わって、ここはイルヴァーナ渓谷、名も無き滝の滝壺。
 「おや、拙者を捜しておったのでござるか? それは光栄でござるな。」
 滝壺にゆらりと蠢く、黒い物体。それが言葉を発してきた。
 それはライチが、知り合いの旅人に片っ端から尋ね回り、居そうな場所を歩いて回り。
 ようやく見つけた相手だった。
 「イ・オーフェンさんだよね、ね? ていうか、そうじゃなかったら怒るから!」
 「ははっ、怖いでござるな。確かに拙者は、イ・オーフェンでござる。何か用でござるか?」
 滝壺の黒い物体が、ずぞぞぞっと這い出てきた。それは確かに人型、黒装束のヒューマンだった。
 「あのですね、えと、テンプラってどうやって作るのか、知っていますか?」
 「テンプラでござるか? 懐かしいでござるな・・・あのサクサクとした食感、油の味・・・故郷に帰りたいでござるな。」
 「あ、あの・・・。」
 ライチがオーフェンの黒装束を摘む。
 「っと、話が逸れてしまったでござるな。テンプラは、食材に小麦粉をつけ、溶いた卵を絡ませてから油で揚げればいいのでござる。」
 「食材は何ですか?」
 「食材は何でもいいでござるよ。揚げてみれば美味しいかどうか分かるのではないでござるか?」
 「なるほど、分かりました! ありがとうございますオーフェンさん!」
 しかしオーフェンは目を瞑ったまま。頭巾で見えない口から「ふっふっふっ」という言葉を漏らし。
 見得を切った。
 「しかし、それだけではないでござる! この国でテンプラを作るには、どうしても必要な物があるでござるよ。それがこの『ソウルオブヤマト』でござる!」
 テテテテン!
 どこかで聞いたことがあるような音楽と共に、オーフェンの懐から巻物が現れた。
 「これを使えばあら不思議、使った場所がヤマト国の風土になってしまうのでござる。そこでヤマト国の料理を作れば、本場の物と変わらない出来映えになるでござるよ。今ならたったの80000ゴールド! ・・・ってあれ?」
 滝壺にはいつの間にか、オーフェンしか居なかった。
 ライチはというと・・・。
 「こっむぎこー、たっまごー、えと、他の国の料理だからソウルオブなんとかー。」
 と歌いながら既にレスクール・ヒルズを走っていたのだった。


 早速シェル・レランに戻ったライチは、倉庫から小麦粉とヘビの卵を取り出した。それと、書庫から勝手にソウル系の書物を持ち出し、キッチンへとやって来た。
 えと、食材に小麦粉をつけて、溶いた卵で・・・アレ? 絡まないな・・・ヘビの卵じゃダメか。じゃあ、オルヴァンの卵がどっかにあったな・・・。」
 試行錯誤を繰り返し。
 繰り返し。
 そして・・・。


 「シレーナさまー、料理できましたー!」
 元気よく、シレーナの部屋へやって来たライチ。
 「あらあら、思ったより早かったですわね。」
 「はい! がんばったもんねー。じゃあシレーナさま、ここに持ってきますか?」
 「ええ、お願い致しますわ。」
 ライチは部屋に飛び込んできた元気のまま部屋を飛び出し、廊下を駆けていった。
 そのままのスピードで、お盆を持ったまま廊下を駆け戻ってくる。
 「持ってきましたー!」
 「あら、早かった・・・。」
 そこでシレーナは、言葉を失った。
 ライチが持ってきたお盆の上を見て。そこには・・・ライチの体よりも大きな、蟹の足のような物体が置かれていた。
 「お待たせしました! タコのテンプラです!!」
 ライチはそれを、ドンとシレーナの机に置いた。
 確かにそれは、タコの足のような形をしていて。
 確かにそれは、テンプラらしくカラッと揚がった衣を纏っていた。
 「え・・・タコのテンプラですか? タコをテンプラにする発想は素晴らしいですけど・・・これはタコなのですか?」
 「はい。多分タコです! 美味しいですよ。」
 そう言うと包丁で丁度良いサイズに切り、皿に盛ってシレーナに渡した。
 「どうぞ、シレーナさま!」
 ニコニコ顔で、皿を差し出すライチ。シレーナはつい、それを受け取るが。
 「(私が考えた岩茸のテンプラとは全然違いますわね・・・本当に食べられるものなのですか? この状況をミストに言わせると、神が与えたもうた試練、になるのですか? まあ・・・仕方ないですわ。)」
 意を決したシレーナは、それを一口、食べた。
 「・・・あら、思ったより美味しいですわ。」
 想像外の美味しさに、思わず2口、3口と箸が進む。そしてあっさりと、皿は空になった。
 「美味しかったですわ。ライチ君、この料理のレシピは何なんですの?」
 「はい、この料理のレシピはこれです!」
 
  タコのテンプラ
 材料:[小麦粉]、[オルヴァン]の卵、ソウル オブ [ヤマト]、[カオスポーション]


 当然の事ながら、再テストとなったライチであった・・・。
 (第32章 完)

AD

コメント(3)