ビスク東のぺっと屋に、くっくという大きな熊がいます。
 くっくのかい主はライチです。ライチはビスク港にあるレストラン、シェル・レランのコックさんです。
 くっくとライチは大の仲良し。ぼうけんの旅はいつもいっしょ。だけどくっくは町に入れないから、ライチが町に入るときは、ぺっと屋にあずけられるのです。
 だけどくっくの事が大好きなライチ。あさひるばん、ごはんは欠かさず持ってきて、いっしょに遊んで帰っていきます。
 くっくもライチが大好きで、ライチが来るのをいつも楽しみにまっています。
 だけど、ある日。
 あさ、いつまでまってもライチは来ません。
 「あれ? どうしたんだろう?」
 くっくが心配していたら、見たことのないおじいさんがくっくの前に来ました。
 「君がくっくだね。私はカマロンというんだ。実は、ライチ君がびょうきになってしまってね、今日はこれないから、かわりにごはんを持ってきたよ。」
 くっくはとてもおどろきました。
 「ほんとうに? ごしゅじんさまは大丈夫なの?」
 カマロンは言いました。
 「大丈夫だよ。あしたにはげんきになるよ。」
 くっくはそのことばを信じて、一日おとなしくまっていました。
 しかし、次の日に来たのもカマロンでした。
 「ごめんね。君のごしゅじんさまは、まだ良くならないんだ。早く良くなるように、医者も呼んでいるんだけどね。」
 くっくはしんぱいしました。早く良くなって、早く遊ぼうよ。そう祈りながら、一日をすごしました。
 しかし、その次の日も、その次の日も。
 ライチは来てくれません。
 もう、いてもたってもいられません。ついに、くっくはぺっと屋をとびだし、町に出てしまいました。
 
 ライチの匂いを追って、くっくはレストラン、シェル・レランまでやって来ました。
 そして、開いているまどをのぞいたら。
 そのへやのベッドに、ライチが寝ていました。
 「あ、ごしゅじんさま!」
 くっくはこえをかけますが、ライチは気付きません。それどころか、とっても苦しそうなひょうじょうです。
 それもそのはず。ライチはびょうきがなおらず、高ねつにうなされているのです。
 そのへやに、女のひとが入ってきました。そしてまどのくっくに気付きました。
 「あら? なぜこんなところに熊がいるのですか・・・もしかして、君はくっく君ですか?」
 くっくは答えました。
 「はい、ぼくはくっくです。」
 「やはりそうでしたか。私はシレーナといいます。ライチ君のかんびょうをしているのですわよ。」
 くっくはしんぱいそうに、聞きました。
 「あの、ごしゅじんさまは、大丈夫ですか?」
 シレーナは答えました。
 「ええ、くすりさえ作れれば、すぐに良くなりますわよ。今はくすりのざいりょうがそろうのを待っているのですわ。」
 すると、その部屋に、また別の人が入ってきました。
 「シレーナさま。いま、れすくーる川からもどってきました。今日もだめでした。グリードルのすがたは、一匹も見えませんでした。」
 釣りざおをもった男の人は、うなだれてしまいました。
 「そうですか・・・困りましたわね。」
 シレーナは、困ったかおをします。
 「あの、どうしたのですか?」
 くっくが聞いたら、シレーナは答えました。
 「じつはですね、ライチ君のびょうきを治すくすりは、おいしいライスなのですけど、ライスをたくのにひつような「わき水」が無いのですわ。「わき水」はグリードルという魚のおなかにたまっているのですけど、そのグリードルがつかまらないのですわ。」
 くっくはそれを聞いておどろきました。
 「それじゃ、ごしゅじんさまのびょうきはなおらないの?」
 シレーナはさらに困った顔になります。
 「「わき水」さえ手に入れば、すぐによくなるのですけど・・・。」
 すると、くっくが言いました。
 「ぼくのすんでいた山に、グリードルがたくさんいる川があるから、ぼくがつかまえてきます!」
 そう言うと、くっくは走っていきました。


 しかし、その山では、おそろしいできごとがまちかまえていたのでした・・・。
 

 (第28章 完 → 第29章へ続く)

AD

コメント(5)