ドワーフvsオーク
 反乱エルガディン軍vs正規エルガディン軍
 ギガースvs掘り士
 バルドスvs金策者
 等々、イルヴァーナ渓谷では、常日頃からまるでWarageのような、血で血を洗う戦いが繰り広げられている。
 そんな殺伐とした土地に、懲りもせず踏み入れる足が一つ。
 そう、ライチである。
 目的は勿論、前回殆ど果たせなかった、リバーマンテイル釣り。
 流石のライチも反省したようで、今回は敵の出現場所を調べ上げ、地図に書き込んできた。勿論、鞄には逃走用のワインも入れてある。 
 「よーし、今度こそリバーマンテイルをたっくさん釣るぞー!!」
 拳を突き上げて気合いを入れてから、目に映る全ての敵を大回りで避けつつ進んでいった。
 その甲斐あって、一度も襲われることなく湖へ到着。前回と同じように、湖を泳いで渡り、対岸の岩山までたどり着いた。
 そして、すぐに釣り糸を垂らした。
 
 偶然なのか。
 はたまた、魚を捕る才能がずば抜けているのか。
 ライチはポンポンと、リバーマンテイルを釣り上げていった。
 調査の甲斐あってか、時折やってくるレイクグリフォンや、夜になると現れるサイクス達を上手に避けながら、順調に、あくまで順調に釣りは続いていった。
 そして順調は時として退屈を招くものでもある。
 そして退屈が招くものは・・・油断。
 
 穏やかな昼下がり。
 弁当代わりに持ってきたローストスネークミートも全て食べ終え。
 ついウトウトと、釣り竿を握りながら瞼を閉じたり開いたり。
 と、その瞬間。その手が、思いっきり引っ張られた。
 「・・・うわ! 何だ何だ?」
 ライチは慌てて釣り竿を思いっきり握ってしまう。竿はたわみ、糸はピンと張る。
 リバーマンテイルとは明らかに違う、大物がかかっていた。
 そのあまりの引きに、ライチは思わず力一杯引いてしまった。そして。
 プツン!
 ほんの小さな音と共に、引きが一瞬で消える。
 「うわ、わわわわ!!」
 しかしライチが腕の力をすぐに緩められるわけはなく。ライチは仰向けにひっくり返ってしまった。
 「・・・・・・イタタタ。あーあ、逃げられちゃった。」
 針と浮きと重りが消えた糸の先を見ながら、ライチはがっかりと頭を垂れる。
 「でも、今の何だったんだろう。すっごい手応えだったなー・・・あ!」
 そこでライチは思い出した。
 カマロンが呟いた言葉を。
 
 「イルヴァーナ渓谷の湖には、トレジャーボックスが流れているという噂があります。何でも盗賊の宝物庫が土砂崩れで流れ、保管してあったトレジャーボックスが全て湖に落ちてしまったとか。まあ、噂の域は出ておりませんが。」
 
 「もしかすると、今引っかかったものが、トレジャーボックスかもしれないな。この湖で釣れる魚はリバーマンテイルだけの筈だし。もし、もしトレジャーボックスが釣れたら・・・。」
 ライチはピョンと跳び上がると、大急ぎで針と糸と浮きと餌を取り付け。
 「トレジャーボックスが釣れたら、お金が手に入って、美味しい物が沢山食べられる!!」
 そう叫びながら、さっきの大物を釣り逃した水面へ向けて、木の釣り竿を思いっきり振り降ろした。
 ・・・しかし一度逃がした獲物はそう簡単に捕まらず。
 浮きは浮かびっぱなし。
 「むー。絶対釣ってみせるんだから!!」
 沈む太陽に、まるで青春を叫ぶ若者のように、声を張り上げて誓うライチであった。
 
 陽と月が、そして月と陽が入れ替わる。
 だがライチは、未だにその岩場に居た。
 「ううう・・・釣れないよー。」
 堪え性のないライチにとって、丸一日同じ場所に座るという行為だけでも奇跡に値するが。
 それより先の奇跡は、未だ起きなかった。
 針にかかるのはリバーマンテイルのみ。既に欠伸をしながらでも釣れるようになってしまった。
 「うーん・・・餌が少ないな。」
 小袋の中を見て、ライチは呟く。トレジャーボックスを釣るのに餌は必要無いだろうが、リバーマンテイルが釣れなくなったら面白みも無くなる。
 餌が無くなったら帰ろう、ライチはそう決めた。
 そして時間は過ぎ・・・。
 ついに最後の一個が、針にかけられる。
 この時点でライチは完全に諦めモード。浮きを見ることもなく、ぼおーっと流れる雲だけを目で追いかけている。
 と、その瞬間。
 竿が思いっきり引っ張られた。
 しかし、ライチはまるでそれが分かっていたかのように、落ち着いて竿を握りなおす。
 「やった! 秘技、ぼーっと作戦大成功! こういう時に引っかかるのがお約束だもんね。よーし、釣るぞ!!」
 糸が切れないよう、慎重に竿を持ち上げる。糸は左右にふらふら揺れる。目を凝らすと・・・水底に、確かに木箱が見えた。
 乱水流に乗って湖底を流れていたのだろう。釣り上げ方は勿論、普通の魚とは異なる。
 ライチは、あーでもないこーでもないと、一生懸命釣り方を考えながら、ゆっくりと箱を水面へあげていった。
 箱も釣り上げられまいと、その大きな体を左右に揺さぶる(水流に乗っているだけだが)
 軋む釣り竿。ピンと張る糸。弾ける水飛沫。箱に取り巻く小さな白い泡。
 そして。
 ついに木箱は、その姿を大気中に表した。最後の力を込めて、それを地面まで持ち上げる。
 「やっっったーー!!」
 竿を放り投げて、喜びを爆発させるライチ。すぐさま、箱に駆け寄る。
 そして、その蓋に手を当て、ゆっくり持ち上げる。
 ギギッ・・・。
 鍵はかかってなかったようで、蓋は簡単に開いた。
 ライチは、中を覗き込む。
 そこには。
 何も入っていなかった・・・いや、正しくは紙切れが一枚だけ入っていた。
 その紙切れにはただ一言、こんな言葉が書いてあった。
 「はずれ」
 怒りに任せて、箱を湖にぶん投げるライチの姿があった・・・。 
 (第18章 完)
AD