ピョコ! 
 緑色の髪が、陳列棚の向こうに一瞬だけ現れては、消える。
 ピョコ、ピョコ、ピョコ。
 その緑が棚を右から左へ進みながら、何度も現れては消える。シェル・レラン内に店を構える食べ物屋の女主人アリサは、その様子をクスクスと笑いながら眺める。
 そんな様子が数分続いてから、アリサは声をかけた。
 「ライチ君、ライチ君。何を捜しているのかな?」
 「あ、アリサさん。こんにちは!」
 ライチは元気良く挨拶をしてから、陳列棚をトトトッと回り込んで、カウンターの前まで来る。
 「あのね、醤油ってここに置いてないですか?」
 「お醤油? お醤油なんて何に使うの?」
 アリサがそう聞くと、ライチは胸を張りながら答える。
 「昨日ね、イプスバスを沢山釣ってね、白身魚の切り身を沢山手に入れたんだよ。そしたらね、シレーナさまがお刺身にして食べましょうって言ってね、レシピを教えてくれたんだよ!」
 「へー。成る程ね、それでお醤油を捜しているのね。でもごめんなさい、今切らしちゃってるのよね。お醤油って貴重品だから、全然入荷出来ないのよ。あ・・・でもねでもね!」
 ライチの表情を見て、アリサは慌てて言葉を付け足す。
 「ここには無いけど、売ってるところは知ってるわよ。」
 「本当ですか?」
 一瞬にして、ライチの表情が晴れやかになる。
 「ええ、勿論よ。ちょっと待ってね・・・今、地図書いてあげるわ。」
 そう言うと、アリサは紙とペンを取りだし、サラサラと地図を書いた。
 「はい、ライチ君。ここら辺はダーイン山の麓なんだけど、この辺りに白いテントがあるのよ。そこでお醤油を売ってるわ。」
 「はい、分かりました! ありがとねアリサさん、行って来ます~!」
 ライチはブンブンと手を振ると、店を飛び出していった。
 「(ふふふっ・・・ライチ君はいい男とはちょっと違うけど、可愛くていいわね~。)」
 まだ少しだけ揺れている扉を見ながら、アリサは少しにやついていた。

 

 西門を抜け、ミーリム海岸の草原を東から西へ、トコトコと走り抜ける。
 「えっと・・・こっちかな。」
 アリサから貰った地図を片手に、ライチは一路ダーイン山の麓へ向かう。
 陽はまだ高く、陽光は容赦なくライチを照らす。だがそんなものに気をかける様子もなく。
 崖を飛び降り、森を抜け。
 小高い丘を駆け上がったところで、ついにライチは白いテントを見つけた。
 「あ、あった!!」
 丘をトトトッと駆け下り、テントへ近づく。そして、程なく辿り着いたが・・・。
 三張りあるテントは全てビリビリに破れ、黒ずみ、人が居る印象を受けさせない。テント前に焚き火跡があるが、その炭はもう何年も前に燃え尽きたように見える。
 「(ここ? ・・・それにしては荒れてるな~。)」
 ライチがテント前をウロウロしていると、テント裏からいきなり声が聞こえてきた。
 「うりゃああああああああ!!!!!」
 「ブゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!」
 テント裏へ回り込むと、そこでは激しい戦いが繰り広げられていた。
 全身にチェイン系の装備を着込み、片手剣と盾を装備した戦士風のニューターが、戦斧を両手に構えたオーク歩兵と刃を交えている。
 カァン! キィン!
 2、3度、お互いの刃から火花が飛び散ったと思ったら、刃と刃を重ね力比べの押し合いになる。
 だが、どちらともなく後ろに飛び退き、間合いを取って対峙する。
 「あの、すいません。」
 ・・・ライチは、その場の空気を全く読まずに、1人と1匹に近づいて声をかけた。
 「あん? 何だよ、今忙しいんだ、見て分からねえか?」
 「ブウ! ブウブウブウ!! (訳:そうだ、邪魔だよこのチビ!)」
 当然の如く、1人と1匹から怒鳴られる。しかし、全く怯む様子はなく・・・というより、全く気にせず。
 「あの、ここにお店があるって聞いたんですけど、知ってますか?」
 質問を始めた。
 1人と1匹は「え?」といった表情を浮かべ、1人の方が聞き返す。
 「ここの店ってお前、夜間キャンプの事か?」
 「夜間キャンプ?」
 語尾を上げながら、首を傾げるライチ。
 その様子を見た戦士とオーク歩兵は顔を見合わせると。
 ニヤリと、その表情を変え、同時にライチの方を向いた。
 「そうか、夜間キャンプを知らないのか~」
 「ブヒブヒ、ブブブウ~(そりゃモグリか、素人だぜ。)」
 「まあまあ、どうやらチビ君はこの島に来たばっかのようだし、知らなくても仕方ないって。」
 「ブウブウ、ブヒヒヒ(そうだな旦那。まあ折角だし、この新人さんに教えてやりなよ。)」
 「へへへへ、そうだな。チビ君は、ここの店に買い物に来たんだよな。」
 「え、あ、はい。ここに醤油が売ってるって聞いたので・・・。」
 「ブヒブウ、ブブブウ、ブヒブヒブウ(そうかいそうかい。ならばここで合ってるよ、チビ君。けどここの店が開くのは夜なんだ。)」
 「夜?」
 「ああ、そうなんだ。そだな・・・夜の、8時半にここへ来な。面白い物がみれるぜ、なあ。ハハハハ!」
 「ブーブブブゥ(そうだな、ハハハハ!)」
 戦士とオーク歩兵は再び顔を見合わせると、ニヤニヤと笑い合った。
 一方のライチは、そんな様子を気にすることなく。
 「夜8時半ですね。ありがとうございましたー。」
 と元気良く挨拶してから、「時間あるから釣りしてこよー。」と言いながら海の方へ走っていった。


 そして、夜8時半。
 言われた通り、ライチはテントの前まで来た。しかし・・・。
 そこにあるのは、昼間と変わらず、朽ちたテントと火のつかない炭の固まり。
 「あれ? まだ誰もいないな。」
 暫くウロウロと、テントの周辺を徘徊するが、誰もいない、オークも居ない。ただ風が吹き、落ち葉が舞うだけ。
 「まあいいや、ちょっと待ってみよー。」
 ライチはテントの骨組みになっている丸太に背を付け、地面に座り込むと。
 「ふわぁー、ねむねむ・・・。」
 大きな欠伸を一つして、そのまま瞼を閉じてしまった。
 ・・・・・・そして。
 
 生暖かい感触が、ライチの頬を撫でる。
 「うにゃっ!!」
 ライチは驚いて飛び起きる。すると・・・目の前に、信じられない光景が広がっていた。
 ボロボロになっていた筈のテントが、新品のように綺麗に直っている。
 あの何年も前に燃え尽きたような炭に、赤々と炎が宿っている。
 そして、その炎の前に、人影が2人、見えた。1人は背の高い女性、1人は背の低いドワーフのように見えた。
 ライチはその人影へ近づき「すいません、ここって・・・。」と声をかける。それに気付いた女性が、ライチの方を向いた。
 その顔を見てライチは驚き、そして尻餅をついた。
 「あ・・・あ・・・。」
 そしてガクガクと震えながら、後ずさりをする。
夜間キャンプ

 女性の顔は青白く、透き通るかのように青白く、実際透き通っていて、その額からは血がドクドクと流れ落ちていた。
 「貴方・・・盗賊・・・イムサマス・・・違う・・・?」
 ブツブツと呟きながら、ライチに迫ってくる。
 「う・・・うわぁ!」
 ライチは飛び起きると、女性に背を向けて駆けだした。しかし、その直ぐ先には、ドワーフが。
 「わあ! こっちも!!」
 そのドワーフもまた透き通っていて、身体から血を流し「鉱石を・・・道具を・・・。」と呟きながら、ライチに迫ってきた。
 ライチは反射的に横へ飛び、そのまま目の前のテントへ駆け込んだ。
 しかし、そこにも。
 女性の幽霊が一体、佇んでいた。そして、ライチに話しかけてくる。
 「あら・・・お客さん・・・何か・・・欲しいの?」
 ライチは再び尻餅をつくと、「あの、醤油を、醤油を・・・。」と呟きながら、ゆっくりと下がっていく。
 しかし、その後ろには、2人の幽霊が迫っていた。
 振り返ったライチはそれに気づき、前を向くがそこにも幽霊が居て・・・。
 「・・・きゅう~。」
 ついに、気絶してしまった。
 
 「あらあら、気絶しちゃったわ。ちょっとからかい過ぎたかしら。」
 
 破れたテントの隙間から陽光が射し込み、ライチの鼻をくすぐる。
 その暖かみでライチは、ゆっくり目を覚ました。半身を起こすと、半分閉じ、半分開いた眼で、周りを見る。
 「・・・あれ? ここは・・・どこだ?」
 寝ぼけながら昨日の記憶を辿り・・・そして、思い出した。
 「!! そうだ! 昨日ここで幽霊を見て・・・って・・・あれ?」
 テントは全てビリビリに破れ、黒ずみ、人が居る印象を受けさせない。テント前に焚き火跡があるが、その炭はもう何年も前に燃え尽きたように見える。
 「もしかして夜のあれって・・・夢? ・・・なーんだ、夢だったのか。」
 ライチはほっと胸をなで下ろし、一旦ビスクへ帰ろうと、鞄を手に取った。
 ズシッ
 昨日と明らかに違う感触。
 鞄を開けてみると、そこには。
 瓶に詰められた醤油が20本、入っていた。
 「え? 何で? そう言えば夜、あの幽霊に醤油って言った気が・・・・・・もしかして昨日のあれは、本当?」
 ライチの顔からサァーッっと、血が引いた。
 そして。
 「しーれーいーなーさーまーー!! たーすーけーてー!!」
 ライチは、泣きながらミーリム海岸を西から東へ駆けるのであった。  
 (第6章 完)

AD

コメント(2)