「ダイアロス島全域は高気圧に覆われ、本日も各地で35度を超す酷暑日となるでしょう。特にビスク地方は厳しい暑さが続く見込みです。続いては・・・。」
 そんなシェル・レラン店内の天井スピーカーから流れるラジオを聞くまでもなく。
 真っ青な空。黄金色に輝く海。水平線の彼方に浮かぶ入道雲。
 陽炎。霞む視界。まとわりつく蒸し暑さ。
 滴る汗。蝉の声。そして、そこにあるもの全てに平等に降り注ぐ、赤く熱い太陽光線。
 ビスクは夏真っ盛りであった。
 
 「ああああ! あっづーーい!!」
 ここ、レストラン、シェル・レラン内では、シェフ達が溶けていた。
 ある者はうちわをパタパタ、ある者は扇子をパタパタ。ある者は水を張ったバケツに足をひたし、またある者はかき氷をシャクシャクと。
 しかしそれでも暑さが消えるわけなく、シェフ達は暑さに対する不満をぶちまけながらも、動くことなくじぃーっとしていた。
 その様子を見て、溜息をつくシレーナ。
 「全く、だらしがないですわ・・・少し注意しないとダメですわね。」
 そうぶつぶつ言いながら、皆の前に出ようとする・・・と、その時。
 「シレーナ様~。ちょっといいですかぁ~?」
 特徴のある間延び声と共に、巨躯が姿を現した。
 「あらグロボ。どうしたのですか?」
 「実はですねぇ~。僕、また面白いイベントを考えたんだぁ~?」
 「貴方のイベント・・・ですか?」
 シレーナは反射的に眉をピクピクっと動かす・・・が、すぐ表情を戻し、そして少し考え、そして言った。
 「そうですわね。たまにはいいかもしれませんわね。」


 夕刻。
 シェル・レラン廊下、掲示板前に人だかりが出来ていた。ライチは気になって、トトトッと人混みまで駆けていき、最外周に居たコックに話しかけた。
 「ねえねえ、何かあったの?」
 「あ、ライチ君。この張り紙を見てみなよ。」
 「張り紙・・・?」
 人混みの隙間に顔を突っ込み、掲示板を見た。そこには、昼間には貼られていなかった、見覚えのない張り紙があった。
  
 ギルドガイド・グロボのイベント案内。
 暑さなんてぶっ飛ばせ! 納涼、肝試し大会!! 
 イベント会場:ムトゥーム地下墓地

 イベント詳細:当日発表
 本日夜8時から開催
 追記:全員参加する事
 
 「イベント? グロボさんってイベント企画するんだ。楽しそうだなー。」
 その瞬間、ざわめいていたシェフ達が静まりかえり、そして全員が一斉にライチの方を向いた。
 その表情は、驚愕。いや、もっと詳しく表すのなら「何言ってるんだ、こいつは?」と思ったときに思わず浮かべてしまうアレな表情。
 シェフの1人が、ライチの側まで顔を寄せて、誰にも聞こえないように声をかける。
 「ライチ君は、前のグロボ企画の時って、まだシェル・レランに来てなかったんだっけ?」
 「えと、えと。多分、来てないかな。・・・ねえねえ、何でみんな、こんな困った顔をしているの?」
 ライチはそっと、そのシェフに耳打ちする。 
 ライチの言うとおり、シェフ達の表情は暗かった。ある者は顔を片手で覆ったり、ある者は首をうなだれたり。
 シェフが答える。
 「実はね、グロボさんの企画は、無理・無茶・無謀の三拍子揃った、とんでもないものばかりなんだ。前回は、みんなでバードウオッチングって企画が、何故かタルタロッサパレスまで行かされて、散々な目にあったしね・・・。」
 「そうなんだ。」
 「だからライチ君、今夜は出来る限りの重装備で来た方がいいよ。」
 
 そして夜。
 ムトゥーム地下墓地案内板前で、車座になっている武装レラン、その数およそ30人。マブ教徒が横目でチラチラ様子を窺うのも気にせず、真剣な表情をしていた。
 シェフの1人が、手に持った一枚の紙を、鬱陶しそうに眺めながら言う。
 「これだからグロボ企画はやばいんだよな。どーするよ、これ。」
 「どうもこうも、グロボさんシェル・レランで待ってるんだろ。やらないともっとやばいし、何とかするしかないよな。」
 「けど、これ、何とかするの域を超えてないか?」
 そう言われ、シェフ達はそれぞれの手に握られた紙に、もう一度目を通した。
 
 ギルドガイド・グロボのイベント案内。
 暑さなんてぶっ飛ばせ! 納涼、肝試し大会!! 
 ~イベント内容~ 
 スタートからゴールまで、地図の通りに進んでいく。途中、怖いお化けとかが出るかも。その時は頑張ってお化け達もぶっ飛ばせ!
 ゴール地点に光る石が置いてあるから、1人1個持ってくれば合格!
 
 そして地図が添えられているのだが。
 ゴール地点は、どう見ても地下4階最深部、アスモダイデュークの住処であった。


 会議は紛糾する。
 「大体さ、グロボさん1人で全員分の光る石をここまで運んでるんだろ。どうやってやったんだ?」
 「あの人なら出来るだろ。何たって、帝国格闘大会で前人未踏の5連覇を成し遂げて、国王から永久王者の称号まで貰った人だろ。シレーナ様に負けて軍門に下るまで、負け知らずだったらしいじゃん。」
 「そんなだから、この企画が無茶だって分からないんだろ。」
 「4階の途中までは逃げ続ければ何とかなるけどさ。けど、最深部前ってスカルパスがもの凄く大量に闊歩してるし、まず通れないよ。」
 「1人ずつ行くんだろ。確実に死んでこいって内容だよな。」
 「これって、スカルパス達に話つけていて、本当に驚かすだけって事は無いかな?」
 「無い無い、まず無いね。タルタロッサ・パレスでも、ダーイン山でも、同じような希望を持ったけどアレだったじゃん。それ以前に、お化けが出たらぶっ飛ばせって書いてある時点で望みゼロだろそんなん。」
 会議は紛糾する。
 と、そこに。
 「ねえねえ、だったらこうすればいいじゃん!!」
 元気よく手を挙げるライチ。
 皆、一瞬その姿に注目、そして溜息をつき。
 「まあいいよ。どんな作戦か話してみてよ。」
 諦め半分の声で、誰かがそう言った。
 
 ライチが作戦を説明する。
 はじめは適当に聞き流そうとしていたシェフ達だが、皆一斉にイベント案内を読み返し、そして言った。
 「そうか、そういう手があったか・・・。」
 
 数刻後。ムトゥーム地下墓地4階、最深部。
 そこに、シェル・レランのコック服を着た武装シェフが1人・・・2人、3人・・・計30人。
 そう、シェフ達は全員で地下墓地へ潜っていったのだった。
 誰かが言う。
 「確かに1人で行かなくちゃいけないとは書いてなかったけどさ。最早これって、肝試しでも何でもなくて、只の狩りだよな。」
 「考えるな、感じるんだ。じゃなくてグロボ企画は考えたら負けだ。とりあえず、生き残る事だけ考えろ。」
 「そうだな。じゃあ行くぞ・・・GO!!」
 合図と共に武装レランは祭壇前へと雪崩れ込む。応戦してきたスカルパス達と刃を合わせ、魔法をかいくぐり、弓矢、銃弾を撃ち込んで。
 乱戦が繰り広げられる。
 一体一体の戦闘力はさほど高くないスカルパス。個別撃破を繰り返され、あっという間にその頭数は減っていき、ついにはゼロとなる。
 そして武装レラン達はデュークへ突撃。地下墓地の主とも称されるデュークだが、数の暴力には為す術もなく、激闘の末に倒された。
 そして武装レラン達は祭壇へ駆け上り、光る石を拾って、その足で地下墓地1階まで逃げていったのであった。
 
 そしてビスク港、シェル・レラン内。
 シェフ達は光る石をグロボに渡す。
 「みんな合格だねぇー。どう、暑さはぶっ飛ばせた?」
 「ええ・・・はい・・・(もう少しで暑さも寒さも分からない世界にぶっ飛ばされるところだったよ)」
 「それは良かったぞぉー。それじゃみんな、仕事頑張れよぉー。」
 「あ、はい。それじゃ、ここで失礼し・・・。」
 とそこで、グロボが一言。
 「このイベントは簡単だったから、次はもうちょっと難しくするぞぉー。」
 
 この後、シェル・レラン会議室で、第3回グロボ対策会議が開かれた。
 当然、会議は紛糾した。
 誰かがぽつりと言った。
 「お化けよりもスカルパスよりも、グロボさんに関わる事が肝試しだよな。」
 (第39章 完)

AD

第39章 予告編

テーマ:

作者はほんの少しだけ、ガスガンや電動ガン担いで友人と野山を駆け回るような時代がありました。その為か、楓丸とGGー00が欲しいです(シューティングスターは持ってます)。

でもリアルマネー絡むと二の足を踏みますね。でも金と運をほんのちょっとだけ使って、細々と目的のブツを手に入れようと思っています。

そんな感じでこんにちは。気がついたら第38章を書いてからもう一月も過ぎてました。そろそろ次を書かないと、忘れられてしまいそうな気がしますw

ちなみにMoEはこんな感じでした↓

・MoE内で話しかけてくれた方、応援してくれた方に感謝。やる気出ます。頑張って書きます。

・マスターごはんに誘われて、初めてNEKOの縁側chで狩りに。面白かったけど、やはりライチは足手まといw

・そろそろ本気で料理100を目指すライチ。

・しかし麻婆豆腐の材料が、2週間経っても揃いませんw

・WOO育成、まだ中断中。どうもやる気が・・・w

・クイズマジックアカデミー3、ついに大魔導士になりました! おかげでユニが主戦場。みんな強いよ;;

・それでも一回ペガサスへ。あそこは魔窟でした。私以外、全員賢者だったし。半端な素人が行ったら痛い目見ます。それでも3回戦まで行った自分を褒めたい。

・新キャラ作りました。とりあえずは湧き水用の釣りキャラですが、暇があれば育てようかな・・・。水泳と料理と槍と・・・取引か・・・。

・練金の森、リアルラックのない自分が踏み込んで良いのだろうか。少し躊躇。でも欲しい楓丸。あ、村正や長曾禰虎徹も欲しいです。けどそこまで辿り着くのに幾らかかるやら・・・。


では次回予告です。

「第39章 納涼! ムトゥームアンダーグラウンド・キモダメシ」

更新予定は8月27日です。では次回も宜しくお願いしますノ

AD

 「どうしましょう・・・。」
 「どう致しましょうか・・・。」
 レストラン、シェル・レランの一室で、シレーナとカマロンが同時にため息をついた。
 シレーナは机にあるチラシを一枚、つまみ上げて目を通す。
 そこには、こう書かれていた。
 【土用の丑はうなぎの日! シェル・レラン特製うな丼を食べて元気になろう!!】
 もう一度ため息をついてから、それを持つ指を離す。チラシはヒラヒラと、元あった机に舞い落ちていった。
 「思ったより注文が多くて嬉しかったのですけどね・・・。」
 「まさか、肝心のウナギが不漁とは思いませんでしたね、お嬢様。」
 カマロンは机にある書類に再び目を通す。
 そこに書かれている数字は、漁獲量が当初の予想より遙かに少ない事を示していた。
 「お嬢様、このままでは予定数に達しないのは明白でございます。早急に何か手を打たなければなりません。」
 「・・・そうですわね。カマロン、少し考える時間をいただけませんか?」
 それっきり、シレーナは黙ってしまった。


 「・・・シシシ、これはいー話を聞いたデスよ。」
 扉の向こうで、不気味に笑う声一つ。
 「・・・そうだ! こうすれば・・・面白くなりそうデス、シシシ・・・。」
 声の主はすっと扉から離れると、大急ぎで部屋へ戻っていった。


 一時間後。
 レストラン、シェル・レランの通用口前に、冒険者達が集まっていた。
 剣や槍で武装した戦士や、ローブを身に纏う魔法使い。弓や銃を持つ遊撃手や、中にはシェル・レランのコック服を身につけ武器を携える武装コック達も居た。
 その武装コックの1人が喋る。
 「マスター、集められるだけの手勢を集めましたが・・・一体、何をなさるのですか?」
 「ご苦労でしたメーテルさん。それはこれから説明するデス、よっと。」
 マスターと呼ばれた人物は、通用口前に置いてあったリンゴの木箱へジャンプして飛び乗り、くるっと集団の方へ振り向いた。
 「ええ、皆さん。今日は急に集まって頂いてありがとデスよ。私はFSごはんのマスター、シャイニーと言うデス。実はデスね、シェル・レランが今、ウナギ不足で困っているのデス。そこで我々がウナギを沢山捕ってこよー、って思ったわけデスよ。」
 「ま、マスター・・・マスターがまともな事を言っている・・・。」
 メーテルのつぶやきをよそに、シャイニーは話を続ける。
 「目指す場所はWarAgeのミーリム海岸デス。あそこにはウナギが大量に生息しているデスからね。では早速現地へ向かうデ・・・。」
 と、その時。
 「あー、シャイニーさん。どうしたんですかこんな所で?」
 急に声をかけられ、驚いて振り向くシャイニー。
 誰も来ないと思っていたはずの通用門から、緑髪のエルモニーが顔を出していた。
 「え? あ、ライチ君ではないデスか。」
 その顔を見てホッとするシャイニー。と、その表情が、少しだけニヤリと歪んだ。
 「(シシシ・・・飛んで火にいる夏の何とかとはこの事デスね・・・。)」
 「ライチ君ライチ君、実は我々これから海水浴に行くのデスけど、一緒に行きませんか?」
 海水浴、と聞いてライチの目がパァーッと輝いた。
 「海水浴? 行く行く!! すぐ準備するから待ってて!」
 
 重装備の一行と海水浴装備のライチは、ビスクのアルターからヌブール村まで飛び、そのままWarAgeへ移動する。
 魔法使いがレコードストーンを利用してアルターを召還、一気にミーリム海岸へとやって来た。
 「この時代のミーリム海岸は観光客でごった返してますから、我々は人の少ないWarAgeに行くのデスよ・・・シシシ。」
 この言葉のせいで、ライチは何の疑問も持たずについてきていた。
 「あっちの島の方が楽しいデスよ。」
 そう言われ、海を泳いで渡って小島まで行く一行。
 そこでライチが見た物は。
 
 静かな小島、暖かな日差し、白い砂浜。
 ゆったりと水面が押し上げられれば、ザザァンと小さな音と共に白い飛沫を上げる波打ち際。

 まさに一枚絵のような、理想的なビーチがそこにあった。
 

 「どーデスかライチ君、ここはとても良い所デスよ。」
 「うん、とってもいい所だねー。じゃ、早速泳いでこよー!!」
 準備運動もせず、海へ向かって一直線に走るライチ。
 ジャバジャバと海水を蹴り上げ、海へと飛び込んでいく。
 その頭が完全に水面から消えたのを見て、シャイニーは「シシシ・・」と小さく笑った。
 そして。
 程なく、シャイニーの企みは成就した。

 「・・・うわーーーー!!」
 悲鳴と共に、ライチは陸へ駆け上がってきた。
 その背後には、ライチなんか一呑みにできそうなぐらいに大きなデンキウナギが何匹も、身体をくねらせ泳いで来ていた。
 「シシシ、生き餌作戦成功デス! みんな、あのウナギを倒すデス!!」
 FSごはんの戦闘員達は、一斉にデンキウナギへ飛びかかっていった。


うなぎ


 数刻後。
 仕留められたデンキウナギから、手際よく肉を切り取る武装コック達。
 その量は、シャイニー達の目的を十分に達していた。
 「ますたー、肉の切り取り、終わりましたよー。」
 「ご苦労でした、たまみーさん。ではこれを持って、シェル・レランへ戻るデスよ。」 

 一行は魔法を駆使し、あっという間にシェル・レランへと戻る。
 FSごはんのコック達はウナギの蒲焼きを次々に焼き上げ、そしてごはんへ盛りつけてうな丼にしていく。
 机に並べられた沢山のうな丼。それを見て、シャイニーは満足そうに言った。
 「シシシ・・・これだけあれば十分デスね。」
 再びシャイニーはリンゴ木箱の上へ飛び乗り、一行の方を向く。
 「皆さん、ご苦労でした。さて最後の仕上げデスよ。このうな丼をみんなで全部食べるのデス。」
 「え? これって、シェル・レランが困ってるから取ってきたのでは?」
 メーテルが疑問を口にする。
 が、シャイニーの顔は一段とダークになり。
 「困ってるのデスから、これを食べちゃってシレーナの落胆する顔を見るのデスよ。」
 そう言い放った。
 「うわぁ。」「何て悪いエルモニーだ。」「これが裏レランか。」
 口々に言葉を発する一行。しかしお腹の空いた一行は、そう言いながらも皆、箸を手に持っていた。
 シャイニーもいつの間にか箸を右手に持ち、左手にうな丼を構えていた。
 「それでは、いただくデ・・・。」
 その時、そよ風がシャイニーの頬を撫でた。


 やけに軽い音が床に響いた。
 勢いよく箸を丼に突っ込んだはずなのに、手に何の感触も生まれなかった。
 よく見ると、手には子指ほどの短い棒きれが2本握られていた。明らかにさっき握った箸とは長さが違っている。
 そしてようやく、床に転がる箸に気がついた。
 「そこまでですわ、FSごはんの皆さん。」
 いつの間にか、シャイニーの背後に、シレーナが立っていた。にっこりとした笑顔を浮かべたまま、その右手はシャイニーの右肩に添えられていた。
 硬直し、動けなくなるシャイニー。辛うじて、口だけが動いた。
 「し・・・シレーナ、様。どうしてここに居るのデスか?」
 「ふふっ・・・そろそろ貴方達が、ウナギを持ってくる時間だと思いましてね。」
 「持ってくる・・・デスか・・・も、もしかして・・・。」
 シャイニーの身体がワナワナと震える。
 シレーナは笑顔のまま、こう言った。
 「目論見通り、沢山のウナギを捕ってきてくれましたね。お礼を言いますわ。」


 結局。
 FSごはんの取ってきたウナギは全て没収され、販売に回されてしまった。おかげでシェル・レランは予約数を達成。
 喜びと安堵に沸くレストラン、シェル・レランを。
 灯台の上から逆さ吊りにされ、悔しく眺めるFSごはんの一行であった。
 「シレーナ、この屈辱、憶えておくデスよー!!」
 
 おまけ
 一方こちらはWarAgeのミーリム海岸のとある小島。
 その片隅には。
 「ウナギ怖いウナギ怖い・・・。」
 誰からも忘れ去られ、ガタガタと体育座りで震えるライチが居たのであった。
 (章外3 おわり)

AD

 「どうしましょう・・・。」
 「どう致しましょうか・・・。」
 レストラン、シェル・レランの一室で、シレーナとカマロンが同時にため息をついた。
 シレーナは机にあるチラシを一枚、つまみ上げて目を通す。
 そこには、こう書かれていた。
 【土用の丑はうなぎの日! シェル・レラン特製うな丼を食べて元気になろう!!】
 もう一度ため息をついてから、それを持つ指を離す。チラシはヒラヒラと、元あった机に舞い落ちていった。
 「思ったより注文が多くて嬉しかったのですけどね・・・。」
 「まさか、肝心のウナギが不漁とは思いませんでしたね、お嬢様。」
 カマロンは机にある書類に再び目を通す。
 そこに書かれている数字は、漁獲量が当初の予想より遙かに少ない事を示していた。
 「お嬢様、このままでは予定数に達しないのは明白でございます。早急に何か手を打たなければなりません。」
 「・・・そうですわね。カマロン、少し考える時間をいただけませんか?」
 それっきり、シレーナは黙ってしまった。


 「・・・シシシ、これはいー話を聞いたデスよ。」
 扉の向こうで、不気味に笑う声一つ。

 「・・・そうだ! こうすれば・・・面白くなりそうデス、シシシ・・・。」
 (本編へ続く)

 イベント告知「夏だウナギだ戦争だ!」

 8/5(土)カオス終了後(22時過ぎ) 開始!

 詳しくはこちらのサイトへ→たのしいごはん