白髪や顔のしわを見るかぎり、マレウスは初老のヒューマンだろう。だがその胸板や腕周りはパンデモスを彷彿とさせる逞しさ。
 エルモニーなんか、その腕の一振りでダイアロスを縦断させてしまうだろう。
 そのマレウスが、鬼のような真っ赤な顔をしている。
 一方のライチは青い顔。迫り来る恐怖にガタガタと震え、足はちっとも動かない。
 「娘に手を出したな・・・。」
 マレウスは、ゆっくりと拳を振り上げると・・・。
 そこに、アルマが立ちはだかった。
 「ちょっと待ってよ、お父さん! 疲れたライチ君を引っ張っていただけなのよ!」
 振り上がった拳は・・・何とかそこで、動きを止めた。


 「事情は分かった。だが手を出したことに変わりはない・・・落とし前を、つけてもらおうか。」
 腕を組み足を組み、睨むような視線をライチに送るマレウス。その額にある青筋は、先ほどからずっと浮き出たまま。
 「お・・・おとしまえ? えと、えと、な、何を?」
 冷や汗をかきながら、おどおどと聞くライチ。
 マレウスは軽く顎を撫でてから、視線を少しだけ天井にずらし、そして少しにやついてからライチに戻す。
 「そうだな・・・アレを、取り返して貰おうか。」
 そう言うと、机の引き出しから、一枚の写真を取り出した。
 「この写真に写っている金のつるはし、ピックアクスという我がグロム・スミスの宝なのだが・・・先日、ここを襲ったゴーレムに奪われてしまったのだ。そこで、このピックアクスを取り返してこい。」
 「・・・えー! 取り返してくるって、どこにいるかわからないよー。」
 「ふっ、それは問題ない。竜の墓場の入り口に、夜中だけ現れる事は分かっている。」
 「えー、でも、でも・・・僕、それほど強くない・・・。」
 「つべこべいうな! すぐ行って来い!!」
 マレウスの一喝が部屋に響く。その迫力に押されて、ライチは「は、はい、分かりました!」と答えると脱兎の如く部屋を飛び出していった。


 「・・・というわけなんだ。どうしようー。」
 自室に戻り、いきさつをアルマに話すと、溜息を一つついた。
 一方のアルマはニコニコ顔。
 「ふふっ、ピックアクスね・・・大丈夫よ、心配しないで。」
 「え、何で?」
 「ここだけの話なんだけど・・・そのゴーレムを作ったの、お父さんなの。」
 「・・・えー、そうなの!」
 「そのピックアクスはお父さんしか作れない特別製なんだけど、一定以上のスキルを身につけたギルド員に渡してるのよ。でもただであげたら有り難みが無いからって、お父さんがね。だからそのゴーレム、すっごく弱いのよ。その銃だったら、10発も当てれば簡単に壊れるわ。」
 「へー、そうなんだ。良かったー。」
 ライチはほっと、胸をなで下ろした。
 「お父さん、何だかんだ言っても、実は優しいのよ。」


 そして夜。装備を調えたライチは、自作の歌を口ずさみつつ竜の墓場へと向かう。
 「ゴーレムー、つちくれー、やっつけろー。」
 夕食の、おかわり自由の恩恵を最大限にうけたライチは、昼間の疲れはどこへやら、まるでスキップするかのような足取りで竜の墓場を目指す。
 程なく到着。エリア周辺に跋扈するウオッチャーやノッカーに見つからないよう、身を潜めつつゴーレムを捜した。
 「えと、アルマちゃんの言っていた場所は、確かこのあたり・・・あ、いた!」
 夕闇の向こうに、大きな物体がおぼろげながら見える。近づくと、確かにそれは巨大なロボのような物体だった。
 が。
 その体躯は今まで見たゴーレムよりかなり大きく、手足は細くて長い。だが何よりも、上半身と下半身の間にあるノアストーンのような青い正八面体の石が、普通のゴーレムとの違いを鮮明にしている。
 「あれもゴーレム・・・なの?」
 恐る恐るそれに近づき、銃を構える。そして試しに一発、撃ってみた。
 コン!
 まるで木の板に石をぶつけたときのような音が、軽く響いて夜空に吸い込まれた。
 
 薄緑色のメインモニターに、緑髪のエルモニーが映し出された。
 それを見て、巨躯の男が呟く。
 「来たなライチ君・・・いや、泥棒猫。」
 ライチが見上げる巨大な物体、その頭部コックピットに、マレウスがいた。
 メインモニターの中のライチが銃を構え、そしてライトラウンドショットを放つ。
 「ふっ、そんな豆鉄砲が、この古代の秘術を駆使して作り上げたノアタイタンに通じると思ってるのか?」
 その言葉通り、サブモニターに「下半部正面ニ衝撃アリ。損傷ナシ。」と表示された。
 「さて・・・娘に手を出した報いを、受けて貰おうか。」
 マレウスが自分の腕をゆっくり持ち上げると、キャプチャされたかのようにノアタイタンの腕が持ち上がり。
 ライチの方を向き。
 「ガトリングキャロル発動、ノアミサイル発射!!」
 ドドドドドドドド!!
 巨大な弾丸が、まるで雨あられのようにライチへ降り注いだ。
 「え? ・・・ぎにゃあ!!」
 間一髪それを避けると、ライチは一目散に逃げ出した。しかし、ノアタイタンは走って追いかけてきた。
 
 ドドン! ドン! ドドドド!!
 「にゃ! うにゃあ! にゃにゃにゃにゃ!!」
 次々と襲いかかるノアミサイルを、ライチは右へ左へと何とか避けながら、ネオク高原中を逃げ回る。
  
 ネオク高原のそこかしこに、巨大なクレーターが形成されている。大地はその姿をいびつに変え、生き物達は怯えて姿を隠し、竜の墓場ではエゼイジアがその身体を横たえている。
 だが、ライチはゼエゼエと肩を揺らしながらも、何とかノアミサイルを避け続けていた。
 「はあ・・・はあ・・・にゃあ! ホントに10発当てれば壊れるの、これ?」
 逃げ回りながらも、ライチはライトラウンドショットを8発、ノアタイタンに命中させていた。だが何処をどう見ても、ダメージを負った様子はない。
 ふらふらになりながら、それでも逃げ続ける。
 しかし。
 ついにその力も尽きようとしていた。
 「・・・あ、しまった!」
 前方の岩壁を目にして、ライチは自分の過ちに気づいた。逃げ道のない袋小路へ、入り込んでしまったのだ。
 それに気づき、にやりと笑うマレウス。
 「ふっ、ようやく追いつめたぞ泥棒猫。」
 マレウスはゆっくりと、その腕をライチに向ける。
 「うわわわわ・・・そ、そうだ。あと2発当てれば壊れるかもしれないんだ。えい!」
 ライトラウンドショットを放つ。それは見事胴体へ命中したが・・・やはり小さな音と共に、弾かれて落ちていった。
 「ふっ、効かぬわ。本物の弾丸とはこういう物を言うんだ。食らえ、ガトリング・・・。」
 と、その時。
 コックピットの中に、声が響いた。
 
 「あと一発・・・えーい!」
 ライチが10発目のライトラウンドショットを放つ。それが着弾するとほぼ同時に。
 
 「活動時間ヲ過ギマシタ。本機ハコレヨリ自壊シマス・・・。」
 コックピットの声が一方的にそれを告げると。
 ドカァアアアアアアアンンンンン!!!!!
 大音響と共に、ノアタイタンは自爆した。
 

 目の前の爆発を、ぽかんとした表情で眺めるライチ。
 「ホントに10発で倒れるんだ・・・・。」
 と、その時。
 爆風にあおられたマレウスのピックアクスが、シュルルルと空を切り、ライチの前に落ちてきた。
 「あ、これは・・・ピックアクスだ。やった、ゲットー!」
 ライチはそれを手に取ると、いつの間にか差し込んできた朝日に照らすよう、高々と掲げたのであった。


 グロム・スミスに戻ったライチは、その足でギルドマスターの部屋へ行った。
 そこに居るのは、当然の事ながらアルマのみ。
 「お疲れさまライチ君。お父さん、何故か分からないけど全身火傷で寝込んじゃってるから、今日は私がギルマス代理をしているのよ。そうそう、そのピックアクスはライチ君が持って行っちゃって良いわ。何たって、お父さんがちゃんと認めたからね。」
 アルマはそう言って、にっこり微笑む。
 「ええ、いいの? ありがとう、大切にするね!」
 ライチは再び、ピックアクスを高々と掲げた。
 「ふふっ、じゃあ、今日のお仕事も頑張ってね。」
 「・・・え?」
 ライチは驚いて、アルマを見る。
 「だって、だって、僕、昨日からずっと起きていて、仕事してからゴーレム倒して・・・。」
 アルマの手には、シェル・レラン印のバナナミルクが握られていた。
 (第37章 完)

AD

ようやく上級魔術士になりました。

主戦場もホビットからエルフ、そしてユニコーンへ。まあ、現状エルユニスパイラルというか、ほぼエルフなのですが。ユニで44点一回戦落ちしてから全然勝てなくなったorz

と、以上クイズマジックアカデミーの話題でした。

ちなみにMOEですが、ライチの方向性を一応決めました。目標「料理100」「調教90」「銃器50」目指してやっていこうって感じです。

中途半端? まあ、その通りですw


さて、第36章はいかがでしたでしょうか? 本当は前後編のつもりだったんですが、まとめきれませんでした。むー、なかなか難しい。

というわけで次作は「第37章 踊れ筋肉、煌めけ汗、グロムスミス・レポート 後編」となります。

更新予定は5月21日頃です。では次回もよろしくお願いしますノ


AD

 大量の丸椅子に長机が4つという簡素な食堂だった。
 だが広さはなかなか、ニューターなら100人は同時に食事が摂れるぐらい。
 奥の壁には隣の部屋へ繋がっているカウンターがあり、良い匂いはその奥から漂っているようだ。どうやらその部屋は厨房で、人が来るとカウンターから料理を出すという仕組みになっているのだろう。
 カウンターの上には大きな茶碗とお椀が大量に積まれていて、箸立てには飾り気のない木の箸が沢山詰まっている。
 カウンターの脇には大きなおひつが2つ、そして寸胴鍋が2つ。匂いを嗅ぐまでもなく、中身が推測できる。
 「へー・・・グロム・スミスの食堂はこんな感じなんだー。」
 物珍しそうにキョロキョロと、辺りを見回すライチ。その様子が面白かったのか、アルマはクスクスと笑ってから、「シェル・レランはどんな食堂なの? 誰が朝食を作ってるの?」と聞いた。
 「えっとね・・・ウチは食堂とか無くてね、フロアをそのまま使ってるんだ。朝は、みんな色々と勝手に作って、フロアに持っていって食べるんだ。好きな料理が作れるのは朝だけだから、みんな新しい料理にチャレンジするんだよ。」
 「へー、やっぱ料理人の方って普段の食事から違うんですね。」
 アルマは感心したように頷く。
 「まあね。」
 ライチが自慢するように胸を張る。と、そこに男が1人、入ってきた。天井にまで届きそうな上背、筋骨は隆々としていて逞しく、額には立派な角。パンデモスだった。
 「あ、おはようございまーす。」
 アルマはにこやかに挨拶すると、パンデモスは少しだけ頭を下げる。そして、カウンターへ向かっていった。
 「それじゃライチさん、私はおかずの盛りつけしなくちゃいけないから、行くね。沢山食べていってね。」
 アルマはにっこり笑ってから、奥の部屋へ通じるドアへパタパタと駆けていった。
 「かわいいなー。」
 後ろ姿を見送りながら、ライチは少しだけにやつく。と、すぐにハッとして慌てて辺りを見回すが・・・アレの姿は確認できず。ほっと胸をなで下ろした。
 「さて、ほっとした所でご飯、ご飯~♪」
 スキップでもするかのような足取りでカウンターへ。目玉焼きとベーコンが載った皿をアルマから受け取り、茶碗にライス、お椀に味噌汁をよそって、お盆に乗せて適当な席へついた。
 「いっただっきまーす。」
 早速ライスをがっつくライチ。と、食堂にまた1人、人が入ってきた。体躯からパンデモスと簡単に分かる。
 「(やっぱグロム・スミスって力仕事だからパンデモスが多いんだなー)」
 そう思いながら、ご飯を食べ続けると。また1人、また1人と人が入ってきた。あれよあれよという間に、10人、20人と食堂に押し寄せてくる。
 その全てが、パンデモスだった。
 「・・・・・・え? え?」
 気が付けば食堂は満席。ライチの右も左もパンデモス。50人近くのパンデモスが、所狭しと食堂にひしめく。
 食堂に漂っていた美味しそうな匂いはかき消え、代わりに汗臭さ、男臭さが充満する。
 それに耐えきれず、食事を無理矢理口の中へ掻き込むと、脱兎の如く食堂を後にするライチであった。


 ここで、ギルド「グロム・スミス」の活動内容を紹介しよう。
 グロム・スミスには採掘班と鍛冶班があり、ギルド員はそのどちらかに必ず所属している。また、その班内でも目的別にグループ分けがなされている。例えば、採掘班には銀採掘グループ、鉄採掘グループ、ミスリル採掘グループ、オリハルコン決死隊などに分かれ、それぞれが毎日、目的の鉱石を掘り出しているのだ。
 ライチは、鍛冶より採掘の方が得意である点と、比較的低スキルでも十分戦力になるという理由から、採掘班の銅採掘グループへ配属された。
 

 アルマに案内され、ライチはネオク高原へ移動する。そこには、数本のツルハシを背負ったパンデモスが数人、仕事開始の合図を待っていた。
 その中の1人にアルマは近づく。そして、声をかけた。
 「主任さん、彼が交換留学生のライチさんです。宜しくお願いしますね。」
 主任と呼ばれたパンデモスはライチを見て、そして話しかける。
 「ああ、話はマレウス監督から聞いている。大変だと思うが、宜しく頼むよ。」
 そう言って、ライチの頭をポンと叩いた。
 と、その時。
 ドン!!
 グロム・スミスの本部から、まるで大砲が撃たれたような音が聞こえた。と、その音を聞いた主任が、声を出す。
 「よーしみんな、仕事開始の合図だ。今日もしっかり働け!!」
 その号令と共に、パンデモス達はツルハシを握り、それぞれが岩壁にはりついてソレを振るい始めた。
 皆一斉に、歌を歌いながら。
 
  月が出た出た 月が出た ヨイヨイ
  ネオク高原の 上に出た
  あまり煙突が 高いので
  さぞやお月さん けむたかろ サノヨイヨイ~♪


  一山 二山 三山 越え ヨイヨイ
  奥に咲いたる 八重つばき
  なんぼ色よく 咲いたとて
  様ちゃん(さまちゃん)が通わにゃ 仇(あだ)の花 サノヨイヨイ~♪


  あなたがその気で 云うのなら(いうのなら) ヨイヨイ
  思い切ります 別れます
  もとの娘の 十八に
  返してくれたら 別れます サノヨイヨイ~♪
  
 鉄と岩が弾ける音を伴奏に、漢達は景気よく大声で歌う。
 パンデモス達の男声合唱、それもバスオンリー、更に細かく言えばバッソ・プロフォンドのみの5部合唱がネオク高原に響き渡る。
 当然、いきなりの事についていけないライチ。おずおずと、今起きていることを主任に聞いてみる。
 すると「これは作業歌だ。一緒に居ればすぐ覚える。さ、仕事始まってるんだからとっとと手を動かしな。」という答えが返ってきた。
 戸惑いながらも、ライチはツルハシを握って鉱石を掘り始めた。
 ・・・・・・・・・一時間後。

 「つかれたー。」
 ライチは弱音を吐いて手を止めた、と、そこに主任の声が飛び込んでくる。
 「こら、手を止めるな。」
 「でもでも、もう疲れちゃって限界・・・。」
 「そういう時はほれ、これを飲め。」
 主任がライチに、一本の瓶を差し出した。ライチはそれに見覚えがある。
 「これは・・・シェル・レラン印のバナナミルク? ・・・って、そうだ!」
 ライチは、シェル・レランがグロム・スミスに、毎週大量のバナナミルクを納めていることを思い出した。確か自分も一回、グロム・スミス用のバナナミルクを作った事がある、ということも。
 「さ、ソレ飲んだら元気出るだろ。早く採掘に戻んな、今日のノルマまでまだまだだぞ。」
 ライチの不平をかき消すかのように、悪魔の呻きのような合唱は果てしなく続くのだった。


 日は南天をゆっくり進み、ようやく西の地平へ姿を消す。
 屈強な漢達も流石に疲労の表情を浮かべ、石の上や地面に座り込む。ライチもまた、くたくたになった身体を地面に投げ出し、うっすらと瞬きはじめた星々をぼんやりと見つめる。
 と、その視界に女性の顔が飛び込んできた。
 「おつかれさまです、ライチさん。採掘はどうでしたか?」
 ライチはそのままの体勢で「つかれました・・・。」と、掠れた声で答えた。
 「ふふっ・・・初めての方はみんな疲れ果てちゃいますね。さ、そろそろ戻りましょう。ネオク高原の夜は風が吹いて寒くなるのよ。」
 ライチはよろよろと立ち上がる。アルマはにこっと笑いながら手を差し出す。
 その手に掴まる。そして起きあがる。
 「よ・・・っと。ふー、つかれたー。早くご飯食べたいー。」
 「ふふっ、もう出来てますよ。早く戻りましょ。」
 「ホント! 戻る戻る!! 早く戻る!!」
 そう言ってライチはアルマの手を引っ張り、ちょっと駆け足になって本部の方へ向か・・・と。
 ドン!
 不意に、堅い何かにぶつかってしまう。
 驚いてライチが前を見ると、そこには。
 鬼の形相をしたマレウスが。
 (第36章 完 → 第37章に続く)

AD