「うわー、凄い凄い!!」
 ビスクへ着いたライチは、まずはその立派な城塞に圧倒された。
 「わー、大っきー!!」
 中央広場で、三体の像を見上げて叫ぶ。
 「おー、戦ってるー、がんばれー!!」
 闘技場の観客席に紛れ込んで、勇壮な戦いを見物する。
 「きれー、すごーい。」
 大聖堂の前では、その豪華さに見とれる。
 「わー・・・。」
 そして、イルミナ城を見上げて、絶句していた。
 そうやって、力一杯ビスクをウロチョロウロチョロ・・・。
 まあ、それだけはしゃいだ後は。
 「あー・・・お腹空いたな・・・。」
 当然、こうなるわけで。
 ライチはお腹を押さえながら、ビスク港をヨタヨタと歩いていた。
 その時。
 他人の数万倍は感度が高いという、ライチの鼻センサーが、ある臭いを捉えた。
 「こ・・・この臭いは・・・。」
 思わず、その発生源を探る。それは程なく、発見出来た。
 トントントン・・・グツグツグツ・・・ジャッジャッジャッ・・・。
 海が見渡せる高台に、キッチンがあった。そこでは数人の料理人が忙しそうに、食物を切り、煮て、炒めていた。
 「うわー・・・美味しそう。」
 テキパキと出来上がる料理を見て、ライチは思わず感嘆の声を漏らす。
 思わず、ヨダレが一滴。
 その時、背後から声をかけられた。
 「あらあら、坊やはお腹が空いているのかな?」
 「え?」 
 慌ててヨダレを拭きながら振り返ると、そこには一人の女性が立っていた。
 銀髪の上に丈の長いコック帽を被った、ニコニコと笑っているニューターの女性。
 ライチが「はい。」と言おうとした直前に。
 お腹が、先に答えを言った。
 ぐう~っ
 「あらあら、本当にお腹が空いているようですわね。」
 ライチは首を縦にブンブンと振る。
 「ほら坊や、これを食べなさい。熱々で美味しいですわよ。」
 そう言いながら、女性は焼いた肉が盛られた皿を差し出した。
 「いいんですか? いただきまーす。」
 ライチはそれをむんずと掴むと、一瞬で口に放り込み、胃に流し込んだ。
 「美味しい!」
 「ほら、まだあるわよ、沢山食べなさい。」
 女性はそう言いながら、机の上を指差した。そこには、大量の焼き肉が、皿の上に盛られていた。
 ・・・・・・・・・。
 「ごちそうさまでしたー。」
 ライチはパンパンになったお腹をさすりながら、満足そうにゲップを一つ。
 一方、女性の方は。
 笑顔が凍り付いていた。それもその筈、机の上にあった大量の焼き肉は、全て姿を消していたからだ。
 「よく食べたわね~。(・・・この、大食いエルモニーが。どうなってるのよ、その胃袋は。)」
 心の中で毒づく。
 だが、そんな事など一ミリも察知しないで、ライチは笑顔を女性に向ける。
 「ありがとうございました。美味しかったです~。」
 「そ・・・そう。それは良かったですわね。(良くないわよ。たかだか新人一匹勧誘するのに、ローストスネークミート100皿も使っちゃうなんて、大赤字だわ。ま・・・まあ、いいわ。今はそれより、勧誘勧誘。)」
 女性は気を取り直すと、ライチに声をかけた。

シレーナ
 「ここはシェル・レランというレストランですわ。私は総料理長のシレーナというの。坊やの名前は何なのですか?」
 「僕はライチって言います。」
 「そう、ライチ君って言うのね。ライチ君は、この島に来たばっかですよね?」
 「え? あ、はい。そうです。どうして分かったんですか?」
 「ふふふ・・・ちょっとね。(あんなのにキョロキョロと見回しながら街歩いてれば分かるわよ、鈍いわね。)」
 再び心の中で毒づく。それを決して、顔に出さないように。
 「実はね、この島では旅人達が路頭に迷わないよう、支援するギルドがいくつもあるの。このレストラン、シェル・レランもその一つなのですよ。」
 「へー。もしかしてここに入ったら、この焼き肉食べ放題なの?」
 「ふふふ・・・シェル・レランは料理人を養成するギルドですから、自分で美味しい物を作れるようになってもらうのですよ。(何をバカな事を言ってるのよこのガキは。そんな食べられたら破産するわよ、破産。)」
 「ホント? 僕も美味しい料理が作れるようになるの?」
 「ええ。ライチ君の努力次第ですけど、きっと美味しい料理が作れるようになるわよ。(ふう・・・やっと、まともな言葉を聞けたわね)」
 「じゃあ僕入る! 美味しい料理食べる!!」
 「そう。修行は厳しいかもしれないけど、一緒に頑張りましょうね。(このガキは脳みそが胃袋で出来ているのかしら。まあいいわ。これでまた一つ私の野望に近づいたって事ね。)」
 「はーい!」
 ライチは元気良く手を挙げた。
 「しゅぎょう! しゅぎょう!!」
 そしてそのまま、キッチン内をはしゃぎ回る。
 「あらあら、元気ですわね。(うるさいわね、このガキは) それじゃ早速・・・。」
 「あー、あれって灯台? 灯台? 凄く大きい~。ね、ちょっと見てくる。シレーナおばさん、またね~!!」
 「お・・・おば?」
 ライチは元気良く駆けていった。
 その後の、シェル・レランでの惨劇を知ることなく・・・。
 (第3章 完)

AD

  「さてとライチよ、ここでの生活はどうかの?」
 イーノスはにこやかな笑顔で問いかける・・・が、そのコメカミには血管が浮き出ている。
 「はーい、とても楽しいです。」
 ちゃぶ台に茶碗を置いて、ライチは手を上げながら元気良く答えた。
 「そうじゃろうな・・・たかだかトレード方法と生産方法と戦闘方法と泳ぎ方と死体回収の方法を覚えるだけなのに、もう一週間も滞在しておるからの・・・。」
 「だって、ごはん美味しいんだもん。ねえ、もう一日ぐらいいてもいい、いい?」
 ライチはニコニコと笑いながら聞く。
 「・・・駄目じゃ。」
 イーノスはニコニコと笑いながら答える。ついに反対側のコメカミにも血管が浮いた。
 「えー。」
 「えーではない、この穀潰しが!!」
 ついにイーノスの、堪忍袋の緒が切れた。
 むんずと、ライチの首の裏を摘み、持ち上げる。
 「にゃ! にゃにゃにゃ!!」
 ライチは叫びながら両手両足を空中でバタバタさせるが、無駄な抵抗。
 「ええい、暴れるな! ほら行くぞ。」
 その格好のまま、二人は部屋を出た。
 ・・・・・・。
 そしてアルター前。
 「さてとライチよ、お主にはここから旅立って貰う・・・って、聞いておるのか!」
 未だに首の裏を摘まれているライチは・・・その宙に浮いた体勢のまま。
 「・・・んん・・・お空飛んでる~・・・zzz。」
 寝ていた。
 「起きんか、この馬鹿者!!」
 「ひゃあっ!!」
 怒鳴り声に驚いて、ライチは目を覚ます。
 「はあ・・・はあ・・・。全く、お主は・・・。」
 「あ、イーノスさん、おはようございます。」
 「おはようではない! さて・・・ライチよ、お主にはここから旅立って貰う。というかさっさと行け!」
 イーノスは乱暴に、ライチの身体をアルターへぶん投げた。
 「にゃにゃにゃ!?」
 その身体は栄光への架け橋となるような、綺麗な放物線を描き、アルターの丸い床へ落ちた。

しりもち
  どさっ!

 「痛たたた・・・。」
 身体を起こし、打ち付けた尻をさすりながら、涙目をイーノスへ向け抗議の意志を示す。
 イーノスはそれを完全無視して、説明を始める。
 「それはアルターという装置じゃ。ダイアロス島の主要四都市へ繋がっている。行きたい都市を心に浮かべれば、そこへ行けるはずじゃ。そして最後に餞別じゃ。本来ならこれから進みたい道を聞いて、それに沿った贈り物を渡すのだが・・・勝手に選ばせて貰ったぞ。」
 そう言いながら、左手に持っていた袋をアルター内へぶん投げた。
 「え・・・えと、ありがとです。それじゃ・・・。」
 ライチはアルターの床にちょこんと座りながら、思考を巡らせた。
 思い出したのは・・・ラーナ・タングンでの出来事。
 ウロウロしているライチに声をかけて、一緒に冒険をしてくれたお姉さん。
 すらっとした背の高い、青い髪のコグニート。腰に二本の剣を、背中に大きな剣を持った、三刀流のサムライ。
 「(名前は・・・リエルさんだったかな。お姉さんは確か・・・。)」
 すっと、ライチが立ち上がる。
 「イーノスさん、僕はビスクって所に行きます。」
 「おお、そうか。ビスクはこの島で一番大きい都市だから、準備には事欠かないじゃろ。」
 「ビスクって所には美味しい食べ物が沢山あるって聞きました。」
 その言葉を聞いて、イーノスはついにうなだれてしまった。
 「・・・もう何でもよい。早く行ってくれ。」
 「はーい、イーノスさん色々とありがとうございましたー。」
 ライチはぺこっと頭を下げると、その身体はスウーッと消えていった。


 「・・・やっと行ったか。ったく、疲れたわい。」
 イーノスは背中をトントンと叩きながら、部屋へ戻っていった。
 「次からは・・・呼び戻す魂を考え直さないとな。」
 そう愚痴りながら。
 (第2章 完)

AD

 ザザァ・・・ ザザァン・・・
 「(何だろ・・・この音・・・波の音・・・?)」
 少年は目を覚ました。身体を起こし、キョロキョロと周りを見渡す。
 目に飛び込んできたのは。
 海と、砂浜と、崖。どれも見覚えのない光景であった。
 「(ここは・・・そういえば僕は・・・?)」
 少年は混乱する頭を抱えながら、必死で思い出そうとする。
 どうして自分が、こんな所にいるのか。
 そして・・・思い出した。
 「(そうだ! 僕は・・・船から落ちて・・・溺れて・・・。ここに流れ着いたのかな?)」
 立ち上がり、自分が倒れていた場所を見る。波打ち際からは大分離れているが・・・。
 「(まあいいや。)」
 少年はあっさりと、疑問を投げ捨てた。
 「(それよりここは・・・どこだろう。)」
 もう一度、辺りを見回す。すると、崖の下に焚き火を見つけた。それと・・・その前で佇む人影を。
 「(人だ・・・あの人に聞いてみよう。)」
海岸  

 少年は真っ直ぐに、タッタッタッとそこへ駆けていった。
 焚き火の前の人は後ろを向いていて、顔が見えない。
 「すいませーん。」
 その人は少年の声に気づき、振り返った。
 「!!」
 少年は思わず足を止めた。
 その顔に驚いたからだ。
 少年の顔や、少年が今まで見てきた様々な人の顔と明らかに違っていたからだ。
 深い皺に、毛むくじゃらの表皮。髪の毛は逆立ち、目はぎょろっとしている。
 「あ・・・あ・・・。」
 少年は恐怖と驚きのあまり立ちすくむ。
 その様子を察してか、その人が先に声をかけた。
 「ふぉっふぉっふぉっ・・・驚く事はない。我々はモラ族という。普通の人間達とは風貌が違うが、安心せい。とって食ったりはせん。」
 モラ族と名乗る人は、少年にも理解出来る言語で語った。
 「儂はヤークという者じゃ。旅人よ、お主の名は?」
 「ラ・・・ライチって言います。」
 「ライチか。まずはようこそ、ダイアロス島へ。お主はこの島を目指して旅をしていたのだろう?」
 「あ、はい。そうですけど、何でそれを?」
 「この島を目指した冒険者は、皆この砂浜へやってくるのじゃよ。お主のようにな。」
 「へー、そうなんですか。」
 ライチは深く考えずに、相づちをうつ。
 「ふぉっふぉっふぉっ・・・さてとライチよ、お主にはまずこの島で生活する為に必要な知識と技術を身につけて貰う。あそこに扉があるのが分かるか?」
 ヤークはすっと、腕を水平に上げた。
 その先に、白くて大きな扉があった。
 「あの下にドーンという者がおる。そやつにこの島での生活法を学ぶんじゃ。」
 「あ・・・あの。一つ聞いて良い?」
 「何じゃ?」
 「何でそこまでやってくれるの?」
 「ふぉっふぉっふぉっ・・・お主達旅人は、この島の希望なのじゃよ。分かるか?」
 ライチは腕を組んでウーンと考えてから、首を横に振った。
 「ふぉっふぉっふぉっ・・・まあ、そうじゃろう。それはお主自身で見つける事じゃ。さあライチよ、ドーンが待っておるぞ。早く行くがよい。」
 「あ、はい。ありがとうございました。」
 ライチはペコッと頭を下げると、扉へ向けて駆けていった。
 その姿を見送ってから、ヤークは呟いた。
 「頼むぞ、ライチ。この島の未来を・・・。」
 
 しかしこの時はまだ、ヤークも分かっていなかった。
 ライチというエルモニーが、そんな大業に関わりもしないって事に・・・。
 (第1章 完)

AD