It's a Beautiful World!

CastingAroundドラムヒロヤユウコの日々のお話です☆


テーマ:

12月15日はわたしの誕生日でした。

お祝いメッセージをくださったみなさん、ありがとうございました。

覚えていてくれて、おめでとうを言ってくれて、とてもうれしかったです。

 

 

この1年はかなたの成長を見て、生きるというのは本当に後戻りのできないことなのだなと何度も思いました。

かなたの短い1年という人生でも、たくさんのことが始まり、そして終わっていきました。

通り過ぎた時代にはもう二度と戻らないと思うと、その一瞬一瞬が愛しくてさみしくてとても苦しくなってしまうくらいにね。

 

自分の人生について、この瞬間を生きるとか一度きりしかない人生だからと言ってみても、本当の意味でそれを理解していたのだろうかと思わされます。

一度きりしかない人生だから後悔のないように自分に正直に生きるというのは定番のセリフですが、一度きりしかない人生だと心から感じた瞬間、そんなポジティブな感情など微塵も感じずただ絶望に似た感情に押しつぶされそうになります。

もう二度と戻らない時間、もう二度とこの世界で会えないひと、もう二度と見れない風景。

もう二度と聞こえない音、もう二度と口にできない言葉、もう二度と伝えることのない気持ち。

どんな風に生きたって、絶対に後悔ないなんてありえないよ。

不可逆的な命だからこそ、こんなにも何かを愛しいと思うのかもしれないけれど。

 

今を逃さないようと思ってずっと生きてきたけれど、今も明日に夢見ることもできるけれど。

ちょっとやそっとじゃ痛みを感じない、鈍さを勝ち取った大人になっても、どうしたって胸が締め付けられるその気持ちはなくならないね。

 

入れ物はずいぶんと古くなっていって、傷つかない鈍さを強さと呼ぶたびに自分が歳をとったことを痛感するけれど、冬の透明な空のしたを歩きながら、変わらない憧れにとらわれるたびに自分はいまだ少女のままのような錯覚に陥りそうにもなります。

 

幼い頃、大人になるってもっとシンプルなことだと思っていたのにね。

この感情こそが歳をとっていくということなのかな。

ただ錆びていったと感じるようなこの心だって、本当は今まで知らなかった真新しい今日だとも言えるのかもしれないね。

 

 

今日はかなたくんのクリスマス発表会でした。

かなたくんだけでなく、4月には寝ているしかなかったこどもたちが大きく成長しているのを見てとても感動しました。

自分の生きる日々をどう感じていたって、生まれたての命が明日へ向かっている姿には感動するものです。

 

image

 

それでも誕生日にかこつけておいしいものを食べたり、プレゼントをもらったりするのはうれしいですね。

ホントに今更ですが、初めてこのパンケーキ食べました。

食べ過ぎバースデーでした!

 

image

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{792C8EEA-17D0-45CF-AABF-0B9AA865D88B}

本日ようやく解禁となりました。
実に1年8ヶ月ぶりの1杯。

もともとお酒に強いわけでも特別好きなわけでもないのですが、夜居酒屋に行くということも日常でなくなった今ではそれだけでドキドキしますね。
飲みながら話が弾むのはやっぱりとてもとても楽しかったです。


ひさしぶりの夜ひとりの帰り道は、東京と呼ぶのがあまりに似つかわしくないわが街の夜の静けさに、世界の果てでひとりきりのような心地よい寂しさを感じます。
冬の夜は澄んで、透きとおってこのからだまで通り抜けて清らかにしてくれるけれど、同時に抗いようもない最低の衝動を感じさせたりもするのです。
淀んだその衝動を感じることが、いまもわたしが透明だということなのかもしれないけれど。

星屑のしたで踊った、そんなキラキラの夜のために積み重ねてきたものは誰にも言えない汚れた衝動に他ならないのだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

今日はスタジオの様子を撮ってみました。

 

よくも悪くも自分は自分のままで変わらないなと思います。

たぶん、本質的には。

そして、この瞬間には。

 

 

今週はひさしぶりの人に連絡をすることが多かったです。

この1年、会えるひとは少なかったからね。

知らないうちにみんな変わっていくんだなと思わされます。

きっと誰かから見ればわたしも変わっていったように見えるのかもしれないけれど。

 

会えなくなったひとたちの中にいまわたしはどのくらい存在しているのかな、と考えたりします。

1ミリくらいは残っているのかな、なんてのぞきこんでみたくなるけれど。

何も考えずに口にしていた言葉ひとつも今はどんな風に響くかわからなくて躊躇ってしまうよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 
 
2017年11月21日。
今日はかなたくんの1歳のお誕生日です。
無事にこの日を迎えることができました。
 
大きな怪我や病気もなく、少しずついろんなことができるようになって大きくなって、当たり前のようだけどそれが何より素晴らしいと心から感じている今日という日です。
 
お誕生日おめでとう!
たくさんの生まれて初めてを経て、色とりどりの景色を目に写し、世界を感じ、これからも元気に歩いていってね。
 
 
わたしにとってもこの1年はたくさんの生まれて初めての連続でした。
大変大変と聞いていましたが、身体的なきつさで言えばそうでもなかったかもしれません。
バイト3つ掛け持ちして、毎週のようにライブして毎月自主企画イベントしてた頃のほうがよっぽどきつかったです(笑)
なんというか、きつさの種類が違うという感じでした。
忙しいというよりは、24時間一瞬でも気が緩んだら命を維持できなくなりそうで、常に間違いなく正確に日々の歯車をまわしていかねばならないプレッシャーが重かったです。
なにもかも知らないことばかりだし。
それに対して情報は溢れすぎているし。

 

帯状疱疹になった頃がピークでした。

 

すべてのことが苦しくて潰されそうでした。
あの時帰る実家があって本当によかったです。
 
実家から戻ってきてからは、暖かな春が訪れたこと、ちゃんと睡眠をとれるようになったこと、そしてなにより新しい生活に慣れてきたことで、かなり気持ちが楽になりました。

4月からは仕事に戻りましたが、ここでも忙しいきつさというより、自分が主戦力として戦えないもどかしさや周りに迷惑をかけている悔しさが大きかったです。
かなたは結構頻繁に具合が悪くなり、仕事に行ったと思ったら呼び出され、呼び出されて帰ることをあーあと思っていることに罪悪感を感じました。
 
もう仕事を辞めようかと思うくらい悩みましたが、ある時もう考え方を変えようと決意しました。
もう仕方ない、ダメな時は帰る、休む。
行けるときは誰よりも頑張る。
 
それでも今でも辞めたいと思うことは度々ですがなんとか頑張って続けています。
 
バンドも毎週スタジオに行って時間はちゃんととれています。
問題はそこではなく、ドラムを叩くという以外はまるですべて新しいことで、そこに自分の技術や努力が追いついていないことです。
キャスアラだったならもうきっとライブ復帰もできていたのかなと思うといろんな気持ちになりますが、それでも続けることを選んだなら、わたしも楽しんで新しい地図を描いていきたいと思うのです。
 
 
わたしには無理だと何度も思った新しい生活は、やはり最初は苦しさもありましたが、どうにかこうにかなんとかひとつずつ自分のペースでできるようになって気づけば無理はなくなっていました。
人間って慣れていくもんなんですね。
 
でもやはり無理じゃなくなった1番の理由はすべてを差し置いてかなたが可愛かったからだと思います。
だから頑張れたし、だから嫌なことも嫌じゃなくなりました。
 
すべての子供が可愛いと思えるような変化はありませんでしたが、世界でたったひとり自分の子どもという存在が、自分に笑顔を見せて自分に手を伸ばしてくる姿には心を揺さぶられずにはいられません。
 
わたしはいろいろできなくなったことも多いし、手放したものや失ったことも多いけれど、それと引き換えにこの時間があるならそれは充分すぎるものかもしれません。
とても楽しく幸せな瞬間をたくさんくれてありがとう。
 
 
1年は大きな節目ですが、かなたはまだまだ赤ちゃんなのでこれからも心配は尽きないと思います。
これからも元気に大きくなっていってほしいです。
わたしもそれを楽しんで、日々泣いて笑って一緒に生きていきたいです。

{FA745DC1-C6DD-4F20-9EBA-AFC45336489C}


{E681C4AF-AAA5-4108-B7A7-30A072341E18}


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{56E89FDB-F9F0-4D9E-BFBA-D5A9EBBDE53F}


ちいさくておおきくて、か弱くて力強い。
そんな一歩。


週末わたしの両親が遊びにきたので一足早いかなたの誕生日祝いをしました。

飾り付けを壁いっぱいに。

{60C2FF7F-42BC-42DB-8FBC-228409521511}


ひさしぶりに紙を切り貼りして工作して楽しかったですが、結構時間がかかりました。

{034B782D-B207-4B35-A3D1-DC9F235BACF2}


{A32E406B-7F54-4198-85E6-F4AF3A10F6FF}


1歳のお誕生日の一大イベントである一升餅をからう儀式を行いました。
もちろん覚えてないですがわたしも赤ちゃんのときにやったそうです。
お餅はお父さんとお母さんが作ってきてくれました。


{3EEE930B-C223-449E-BD99-51382A265982}

なかなかうまく背中に固定できず何度も試行錯誤されているうちにかなたは泣き出してしまいました。

{72871D7D-BEFF-434B-88A5-66A817C9B339}


わたしが持っても重いなと思うくらいだからかなたにとっては相当重かったのではないでしょうか。




このあとあと2回ほどチャレンジさせてしまいましたが、2回とも大泣きしながらも歩くことができました。
泣いても苦しくても前に進むことを諦めない人生を歩んでいけるね。
おつかれさまでした!

そして大人たちがごちそうを食べたあとは選び取りを行いました。

かなたへの選び取りはこの3つで!

{D2A8BE50-AEB5-4394-9AA0-EED06B575AE4}


期待を裏切らないチョイス!




{92A8F8DF-F9FF-4D80-80AF-965A0D4E1BC2}

個人的にギターボーカルやってほしいなぁと思うのですが。
もしくはバンドとは全然関係ないこととかどうでしょうかね。
まだ可能性は無限大なのでなんでも選び放題だからね、なんでも好きなことたくさんやってみれたらいいですね。


そして赤ちゃんもたべれるというケーキでお祝いをしました。

{D1E416B1-47F4-4673-AB6E-EB98B3DE9660}


{F8C61925-77F4-4972-AF84-2F80C7716D2A}


よくわかっておらずこんな顔をしていましたが、一口食べるとかつて見たことのない勢いでバクバク食べていました。
初めてのケーキはとても美味しかったみたいです。
生まれて初めてが毎日溢れているね。

クリームはヨーグルトという赤ちゃん向けでしたが、大人が食べても充分おいしいケーキでした。



泣いて笑って大騒ぎの1日、無事楽しくお誕生日祝いをすることができました。
きっと1ミリも記憶には残らないけれど、記録には残ってくれるから。
いつか大きくなったときにそんな記録が人生の彩りになってくれるかもしれないね。
もちろんそんなたいそうな理由づけのもとにお祝いした訳ではなくて、ただ自分たちが人生で初めてのバースデーを盛大にお祝いしたかっただけなんだけれどね。
とても思い出に残るいい1日になりました。


1年を振り返るというのは誕生日当日にとっておいて、ひとまずみんな元気で楽しく大きな節目をお祝いできてホントによかったです。
何事もなく成長してくれて元気にこの日を迎えることができたというのがなによりうれしいです。

これからも素晴らしい日々をちいさな足で一歩一歩進んでいってね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。