一流ホテル直伝!リピート率80%を超える接客マナーが身につく方法

リピート率8割の飲食店・サロンの接客マナー研修・コンサル・個人指導!5ツ星一流ホテルでVIPをおもてなしした講師がお教えします。


テーマ:
● 新年明けましては間違い。では正しい言い方とは?

あけましておめでとうございます!奥 武志です。

2016年の幕があけましたね^^

でも、新年からいきなり、挨拶をまちがている方だらけです(笑)

新年明けましておめでとうございます!!

新年をむかえたお正月に、こんな挨拶をよく聞きますし、年賀状にも、書く方も多いはず。

ところが、これっておかしな意味になっていることに、気づいていましたか?

「明ける」は、一定の期間や状態が終わり、新しい状態になる、という意味です。

例えば。

「梅雨明け」
「徹夜明け」
「夜勤明け」


など、終わるという意味で使われる表現なのです。

つまり、新年明けましておめでとうは、新年が終わりましたという意味にになってしまうんですね。

これでは、変です^^;

では、何と言うのが正しいのか?

新年は、新しい年という意味ですから、

・新年おめでとうございます

・明けましておめでとうございます


このどちらかですね。

言葉は生き物、実際のところは時代と共に変化していくものです。

新年明けましておめでとうという、間違いがそのうち、常識に変わっていくかもしれません。

でも、接客のプロならば、言葉の本来の意味を知っておくといいですね^^

特に年配のお客様を接客する際には注意しないと、気付かないうちに、非常識な子ね、って思われかねませんから。

では、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

今年1年、嬉しい結果を出したい方は、まずこちらから、学んでみてくださいね。



売り込まずに聞くだけで、リピートと指名が3倍になる!接客マナー・リピート接客コンサル

接客メンタリティ養成スクール(SMS)


営業時間:10時から23時
東京都町田市原町田2-4-3 スカイパレス町田201
090-8021-7156

お客さまの心をワシづかみ!リピートが倍増する一流の接客法!10の事例集(10日間メール講座)
お客さまから愛されてリピートと指名を3割アップさせる一流の接客法(メルマガ)
企業研修メニュー(飲食店、旅館ホテル向け)
単発の対面コンサル
サロンのリピートと指名が3倍になるコンサル
愛される人気カウンセラーになれるコンサル
教室スクールで生徒さんに選ばれるコンサル
飲食店レストランでお客さまがファンになるコンサル
お問い合わせフォーム
・メール takeshi.oku@sekkyakumentality.com
・電話 090-8021-7156

企業様からは、新入社員研修・接客マナー研修・コンサル・講演、個人様からは、個別指導のご依頼をいただいています。

リラク・エステ・ネイルサロン・整体院・カウンセラー・教室・レストランで、リピートと指名が3割アップする接客。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)