タラレバの必要悪

テーマ:
「あそこで切らなければ!!」

「あそこで買ってれば!!」

「売ってたのに!!」


などなど。


日々相場に触れる中で、

タラレバが尽きる日はありません。


色んなタラレバがありますが、

その根底は、



「そうしなければ儲かってた」



この1点に尽きると思います。

損失回避もある意味「儲け」ですからね。


この時、逸失の利益を延々と嘆くだけでは、

また同じことを繰り返します。


俗に「タラレバは良くない」なんて聞きますけど、

えこはそうと思わないんですよね。


タラレバを言えるということは、

そこに「気づき」があるからです。






気づいたらどうすればいいのでしょうか。






次に繋げるための検証努力をすればいいのです。



誰しも本来持ってる「感性」というのは、

ドロドロと粘っこく深層意識にまとわり付いています。


いくらテクニカル分析をしようとも、

同じ局面で同じ思考、同じ発想になるから、

同じ行動を取って、同じように損失を増やしてしまう。


もちろん人間ですから、

同じ局面を迎えたときに、さすがにトラウマアラートが鳴って、


「確かここでは売ったほうがいいんだよなぁ」


とか思うわけですが、行動に移せない限り、

やはり感性に支配されてしまってると言わざるを得ません。


逆転の発想という壁を乗り越えられるかどうか。

未知の領域に一歩踏み出せるかどうかです。



訓練あるのみなんです。



こうした壁を乗り越えようとしない人は、

手法ジプシーになりがちで、

「別のテクニカルなら、これを回避出来るんじゃないか」

なんて思い違いをしてしまうわけです。



すご~く簡単な言い方をすると、

「いつもこの場面でLって負けてるから、今回はSってみよう」

とかね。


テクニカルの調整は必要ですが、

そのテクニカルに対するハートの調整を怠ると、

いつまでたっても堂々巡り。


どんな凄腕トレーダーの手法を真似たところで、

結局は自分のハートに負けてしまうわけです。



往復ビンタってありますよね。



あれを今回の記事になぞらえるなら、

ダメな感性のまま「S!L!S!」なんてやるものだから、

両頬が腫れ上がるんですよ。


単純な話「L!S!L!」なら爆利の場面。


だからこそ、

一度損切りを実行したあとは、すぐにエントリーせず、

「何故損切りに至ったのか」を考え、

もう一度相場の流れを見直したり、

自身に変なバイアスが掛かってないか等を精査する必要があります。



「自分のイメージを疑う」って考えると分かりやすいかな?




「当日終値」ってイメージしますよね?

してますか?してませんか?


してなければしましょうねw




分析の結果、

仮に「プラスで終わりそう」と結論付けたとします。


そして「損切りをしたあとに」、

そもそもの見解は合ってたのかどうかを精査するんです。


「今日は上がるはずなのに~~~!!」

バイアスお化け。



えこはいつも自分に問いかけています。

「そう思ったのか、思わされたのか」


タラレバが起きた時こそ、

「そう思わされた」局面と知り、

次回同じ場面では、「そう思わされているのかどうか」を精査します。


ハートのね。



タラレバの対極に「ドヤ」があります。

まぁあまりいいものではありませんが、

バロメーターとして見るなら、こうなります。



・ドヤ=次回同じ場面で同じ行動を取る

・タラレバ=次回同じ場面で逆の行動を取る



ようは、勝ちに驕ってる暇も無ければ、

負けを嘆いてる暇もないんです。



負け分のことを「授業料」なんて言いますけど、

支払った分はキッチリと学ぶ努力をしなければいけませんよね。


努力も何もしないギャンブラーに、

大金が転がってくることはありませんから。



もしタラレバを口にしたとき、

「はっ!今が見直しのチャンスか!」

なんて気づいてもらえれば幸いです^^



お仕舞い✾ฺ(。◠‿◠。✿)ノ
AD

コメント(1)