ジブリの呪い「雇用統計」

テーマ:

雇用統計お疲れ様でした♪


泣いても笑ってもギャンブル。ガタブル。

でも案外ギャンブルじゃなかったりもします^^



ファンダは苦手なのであまり意識はしていませんが、

少しだけ今日は触れてみますね。




現在の雇用統計、ポジティブな目安は、


1位 20万人超え

2位 予想を上回る


ネガティブな目安は、

1位 10万人以下

2位 予想を下回る



こんな感じでしょうか。



でもいつぞやのように10万人を切っていながら、

翌月に上方修正で爆上げってこともあるので侮れません。



とりあえずは大企業さん達の予測を元に、

結果の上下如何で値が大きく動くのですが・・・







まっ、あまり信用していませんw






ただし、傾向はあったりします。


先月今月に関しては、唯一シビアな予想をした、

「モルガンスタンレー」の一人勝ち。



他企業は全て大外し。



そんな楽観だから失望しやすいんですよ。。。

まったくもうだよ、まったくもう。




先月に引き続き、

各社の予測をにゃんこさんがまとめてくれました。



>各社雇用統計予測<




どの予想屋に乗るか。


まるで競馬のようですけど、

ギャンブルですから仕方なし。


個人で精査しきれるものではありませんから^^





他に参考になるものとして、ADPが挙げられます。


雇用統計の前哨戦と言われてて、

一応参考にはなりますが、信じ込むとやっぱり事故ります。



失業率も同時発表ですよね。



現在の目安は→7.5%に対してどうか。

目標の→6.5%に対してどうか。


これも加味する必要があるけど、

個人には無理っす。




雇用統計の日って、

何時間も前から織り込み始めたりもします。




特に発表直前ともなると、

もりもり上昇したり、ぶりぶり下げたり。



「まるでインサイダーじゃないか!」って時もあれば、

「逃げ売りポジ調整かよ!」なんてときもあります。



21時半ジャストの動きでは、特にフェイクに注意で、

「動いた方向に乗ってやるぜ!」

なんて人は地獄の底まで連れて行かれることも。


ストップを入れたところで滑るしw

どの道、無傷では済みません。





怖いけど乗りたい、乗りたいけど怖い。





こんな時、SL両建てでエントリーしたり、

上下に指値を置いて抜けたほうのGETを企む人がいますけど・・・



































両狩りって知ってます?
























今回の雇用統計ではフェイクはありませんでした。

「たまたま」です^^



一方に強く動くこともあれば、

おぞましいほどの十字線を形成することだってあります。



両建てや両指しをするからには、

両狩りのダメージ倍増リスクを理解した上で行わないと、

身も心もお金も折れまくること請け合いです。



ちなみに今回、えこはノーポジのつもりでしたが、

テクニカル的にも予想から鑑みても下げ予測で、

えこ部屋の面々もSが濃厚な雰囲気。



時間が近づくにつれ、怖いもの見たさに捉われ、

Sエントリーを決意。



でもこれは欲を満たすだけのエントリーだったので、

ロットは極小枚数。


ストップは激狭の8pipに設定。









開幕15秒前・・・












キラーン+









ジャスト高値でSっうううう!!

ついでに保険のLっううう!!

両建てかもーーーん!!!













開幕した瞬間、ドル円のSPが8.9に跳ね上がったのを目撃。

その瞬間爆下げ開始。


























゜+。゜☆キタ──*・゜・( ゜∀゜ )・゜・*──!!☆゜。+゜
























あ”?










えこのSポジが無いぃぃぃぃいいいい!!!









実はSPで殺されてました。


と言っても、想定の損切り幅。



S目だったのに鬼下げする陰線が、ただただ恨めしく、

保険のLもどうせすぐに切ら・・・















れてない!!













サーバーの計算がおっついてないんですよね。

いわゆる「滑り」。




覚悟はしてました。




目の前には-80pipを越す含み損が点灯。


MAXで切られることは無いにせよ、

どこで約定扱いにされるか未知数。



ドキドキしながら待つこと十数秒。
















-40pipで約定されました・・・▄█▀█●












はい。

これも両狩りです。




良い子のみんなは真似しないように^^




とりあえず今回得た教訓は、

跳ね上がるSPを考慮に入れ、10~15pipのストップにすること。


あと当然ですが、

損切り候補ポジが予定損切りを大きく上回るのは想定しておきましょう。








てか、こういうのやめましょうw






狙うからには一本釣り。

負けたら負けたでいいじゃないか!!

参加したんだもの!!





覚悟しとけ!!





ストップを外す勇気はあってもいいけど、

その勇気が退場を呼び込むこだってあります。


























撃っていいのは
撃たれる覚悟の
あるものだけだ!


by コードギアスよりルル様

てか、ストップ入れろw












こうした迫力のある指標では、

「テクニカルが通用しない」なんて人もいますが、

案外通用します。



サプライズな結果では、テクニカルと逆行しますが、

そうで無い場合は、テクニカルの方向へと「大きく」動くだけです。



サプライズはあくまでもサプライズ。

そんな滅多にあるものじゃない。



例えばフィボなら、通常61.8%のところが161.8%、261.8%となったり、

ラインなら、過去の古い水平線が生きたり。


なんだかんだテクニカルの範疇に収まったりします。




一旦急変動が止まったとき、

光速スキャも楽しかったりしますが、

SL、目まぐるしくエントリーしてるうちに方向性を見失い、

最後に掴んだのがジョーカーだったりします。




「ボラがあるから、戻るだろう」

なんて安易な考えは危険です。




指標後一瞬落ち着いてからの動きは無慈悲で、

基本的にはベクトルにしたがうトレンドを形成しやすいですが、

全モもあれば、張り付きヨコヨコで急にボラが無くなったりもします。



こんな動きでは、もはやファンダではなく、

やはりテクニカルの出番になるので、


「指標にテクニカルは通用しない」


と思い込むのはやめましょうね。



ちなみに、

今回の雇用統計がS目だった根拠をいくつか挙げます。


~テクニカルな側面~

・日足月足ベースで重要ライン上限いっぱい

・短期足(10分~1時間)の「えこ式GMMA※後日解説」の乖離が激しい

・フィボ等も上限を指し示す


~ファンダな側面~

・予想が20万人を超えてない

・予想が前月よりも低い

・モルガン様が他の予想よりも低い予想



こんなとこです。

あとは・・・









「100円は行かせん!」

って勢いですw









未だにわらわらといる「100円厨」。

もうとっくに賞味期限は切れてます。





100円を抜けるにしても、

もう節目でもなんでもありません。



やっこいです。



意識しすぎると大人の餌食になるライン。




そんなこんなで、

雇用統計、今回もみんなと楽しく過ごすことが出来ました^^



恒例の記念撮影もパシャリ。






$~えこマニュアル~






「ジブリの呪い」


WSJの記事にありました。


なんでも、雇用統計の日に金曜ロードショーでジブリ作品と重なった場合、

「ドル円下落リスクがある」とのこと。


統計では、

過去9回中、8回が予想を下回り、7回は大きく下落したそうです。


今回の下落で更に負の統計が色濃くなりました。



このマユツバな都市伝説、

ヘッジファンドや保険会社等々、割と嫌気してる人も多いみたいですよ?w






さぁ、みんなで一緒に~~~~





































バルス!!













お仕舞い✾ฺ(。◠‿◠。✿)ノ
AD

コメント(7)