上げダイバ下げダイバ

テーマ:
ブル相場続いてますね。


逆張り派としては上限からの反転を期待しますけど、

やっぱり強気相場ですから「S鬼ホ戻ってくれ投資法」は危険な行為です。


とは言うものの、ストップさえ引いて、

それを「確実」に守りさえすれば、何も怖くないんですけどね^^


ちょっぴり痛いだけ♪



今日は念願の、

「ダイバージェンス」について触れてみたいと思います。


実況では、

「上げダイバ」「下げダイバ」と耳にしてると思いますけど、

なんのこっちゃか分からないですよね。



ちなみにこの単語、

えこが勝手に言ってるだけの「えこ語」です。

くれぐれも兜町やウォール街で口にしないようにw




まずはダイバージェンスの基礎を説明しますね。




------


でも、

説明難しいな~w




<ダイバージェンス>


一言で言うなら、

ローソクとオシレのバランスが崩れる「逆行現象」です。


主に下落を示す教科書が多いですが、

もちろんその逆も然りで、

どちらの場合でもダイバーは発生します。



<正式名称>

下げダイバ→「ベアリッシュ・ダイバージェンス」

上げダイバ→「ブリッシュ・ダイバージェンス」



まぁ、ブルダイバ、ベアダイバでもOKですけど、

えこ語が楽なんですよ^^



基本的にはRSIで判断しますが、

ストキャスやDMIにも表れたりします。


判断が難しいですけどね。



今回はオーソドックスで理解しやすい、RSIで進めていきます。

短期、中期、長期による判断は、とりあえず除外します。



お手製の画像なので、細かい部分はご了承を^^




まずは、理想の曲線から↓


<ノーマルVer>

$~えこマニュアル~


緑の線がRSIです。

ローソクに沿って綺麗にランデブーしていますね。


流れに合わせて順張りしても安心な形と言えます。



<上げダイバVer>

$~えこマニュアル~


違いが分かりますか?


RSIが本来下がる局面で下がってないんです。

横線に見えますが、RSIは上昇を開始してると読みます。



<下げダイバVer>

$~えこマニュアル~


これ、ごめんなさい。

前半部分だけを見てください。


RSIがフラットのまま、チャートは上昇し、

ここでダイバー発生となって、下落しています。



こんな説明だけど、皆さんなら・・・




























分かるよね?

いや、分かってください・・・▄█▀█●

質問どんと来いです。。。


















では問題。

画像にある陽線現在値から、

どのような動きが予測されるでしょうか。


何ダイバーかイメージしてください♪



<問題図>

$~えこマニュアル~



分かりましたか?

正解は~・・・







※飛ばさないでよ












※ほら考えて












※じゃあ言うよ













正解は「下げダイバー」でしたー♪☆



これは一つ前のRSIの山と比較すると、

ローソクの位置に対して上昇しきってませんよね。


ようは「無理上げ」の局面です。

こうなると下げるのは時間の問題。


なので「下げダイバー」ってことです。



今はRSIの動きだけで説明したけど、

本来はローソクとRSIにラインを引いて、

比較イメージするのが簡単です。



こんな回りくどい教え方しなくても、

過去チャートにラインを引いてお見せできればいいんだけど、

今、GMOメンテなんですよ^^;


ポジポジ病の習性で、メンテ終了を待てず、

記事を書いてる次第でございます・・・▄█▀█●



下記は使いまわしの画像なので余計な線が入ってますが、

こちらもごらんください。




<ダイバーのポイント例>

$~えこマニュアル~


赤丸の一つ目と二つ目、

バランスの取れた位置関係ですね。


一回目よりも二回目の下降のほうが下落しているので、

RSIも一つ目よりも一段下にいます。



では最後の赤丸はどうでしょうか。



二回目の下降よりも三回目のほうが下落してるのに、

RSIは二つ目の赤丸よりも上位に位置し、反転しています。




「上げダイバー」発生です。




えこはこういう局面でナイフ掴みを狙ったりします。


もちろんRSIが急に動き出す場合がありますし、

ダイバーとは言え、強烈に食い込む場合もありますので、

過信が禁物なのは、言うまでもありません。



「ダイバージェンス」で画像を検索すれば、

先人さんの引いた画像がたくさん出てきますので、

参照してみてください。




-------




では本題。

スキャ用に考えた「上げダイバ」「下げダイバ」の説明に移ります。



<視点>

・10分足(15分足)

・短期RSI(上位下位)

・中期RSI(50%軸)

・長期RSI(向き)

・ローソクの位置



次に、えこ語の解説。



「上げダイバー」

上昇を示唆するダイバージェンス。



「下げダイバー」

下降を示唆するダイバージェンス。



「前兆」

まもなくダイバージェンスが色濃くなるかもしれない。



「正当化開始」

ダイバージェンスの効果が始まる。



「正当化完了」

ダイバーが解消され本来のバランスに戻る。



「上位正当化」

上の位置で正当化される。



「下位正当化」

下の位置で正当化される。



「単騎駆け」

短期RSIが突出したことの意。




こんな感じの意味を込めて発言しています。


正当化されたあとだと、

ダイバージェンスだった痕跡が無くなることが多いので、

こうやって後から説明するのは難しいんですよね。




で~も!




忙しいながら激写に成功しました♪

枚数は少ないけど、良く撮れたと思います^^


RSIだけの画像ですが、

ローソクの様子は口頭で説明しますね。



<一枚目:上げダイバー>

$~えこマニュアル~


短期RSIが強烈に下がっています。

ローソクはMIDを死守しながら、ビクとも動いていませんでした。


中期RSIが50%↑でしかも上向き、長期よりも上位であることから、

「上げダイバー」と判断してロング。


チャートは上昇を開始し、RSIは鋭角に反転し、

正当化開始。




<一枚目:正当化開始>
$~えこマニュアル~



この場合、ローソクの位置がMIDであったことから、

短期RSIの位置は50%ラインが妥当だと判断。

ラインにタッチした時点で利確。

正当化完了。


<一枚目:正当化完了>

$~えこマニュアル~



ローソクはMIDよりも上昇してるわけですから、

短期RSIが50%(MID)で止まると、

今度は下げダイバ兆候(RSIが50%ラインなのにローソクが上位)とも言えるので、

安全に利確しておくわけです。





<二枚目:下げダイバー>

$~えこマニュアル~


実はこれ、一枚目の続き。


上昇したものの、直近高値を抜けないまま、

短期RSIが100%にタッチしています。

でもRSIは50%ラインで上向き。


長期RSIが75%に近いことから、

強い上昇も視野ですが、中期が長期を上抜くまでは、

ダイバーチャンスと言えます。


なのでストップをそのラインに置いて、

ショートエントリー。


※この場合のストップはRSI目視による損切りラインです




<二枚目:正当化開始>

$~えこマニュアル~


短期が鋭角に反転し、中期も50%ライン下向き。

悪くない形です。


ですがこの時、ローソクは相変わらずMIDで止まってしまい、

中期が上向き下向きを繰り返すので、びびって一旦手仕舞い。


結果はというと・・・




<二枚目:正当化完了>

$~えこマニュアル~


センサー役の中期RSIが急落を開始し、

ローソクはMID下限ブレイク。


短期RSIも追随し、大幅の下落となり、

「あ~あ・・・」とタラレバでフィニッシュ。




ではこのダイバーが短期RSIの通りに反応したらどうなるのか。


<上げダイバー:下位正当化>

$~えこマニュアル~


赤い線が中期RSIの延長線です。


このように、短期RSIが下位から殆ど動かずに粘られると、

中期が追随してくる場合もあります。


こうなると強い下落が発生することになり、

上げダイバー下位正当化として、ダイバー解消となります。



<下げダイバー:上位正当化>

$~えこマニュアル~


逆もしかりの図です。

この場合も強い上昇が考えられます。


どちらの正当化の場合も、

ローソクとボリのバランスで、ザックリと値幅を予想することも出来ます。


例えば上位正当化の図で行くと、

前回のRSIの高値よりも上位に位置し、

上位正当化として上げダイバーが解消されたわけですから、

ローソクも前回高値を越える可能性が出てくるということです。



もちろん他のインジやフィボも考慮にいれますので、

その場合の上限はどこか、どこをブレイクしたら高値抜けに期待出来るのか、

具体的な数字も考えて、事前に構えておくことが可能です。





------


このように、短期ダイバーを考慮に入れることで、

特にエントリーしなくても、なんとなく動きを掴むことが出来たり、

ブレイクして欲しいラインの攻防で、どっちが優勢なのか、

ブレイク出来るのか出来ないのか、

そういう判断材料にすることも出来ます。



上記はあくまでもえこの検証結果なので、

得意な時間足で短期的なダイバージェンスを考慮に入れると、

また戦略にも幅が出てくると思います^^




めっちゃグダグダの解説だったけど、

言いたいこと伝わったかな?・・・▄█▀█●ハァ



まぁ、これを考慮に、

実況で「あ・・・下げダイバ」とか耳にしたら、

RSIに注目してみて下さい^^


エントリーしなくても、結構楽しいプチイベントですよ♪



ではでは、今日はこのへんで✾ฺ(。◠‿◠。✿)ノ
AD

コメント(18)