Sneaker is my soul

JORDAN、NIKE、ASICSやUnderArmourなどスニーカーが生甲斐な人間のBlog。
当ブログでは600足を超えるマイコレクション紹介を主に、NBAや千葉ジェッツ等バスケについても書いていきます!
【 スニーカーフェス公式サイト→ http://sneakerfes.com/ 】

NEW !
テーマ:

マイコレ紹介519回目、クツは394足目です。

本日二度目の更新。

 

NIKE AIR MAX BW PREMIUM Vachetta-Tan

 

渋く復活しました。

AIR MAX と言えば一般的には、1995年にリリースされ爆発的に流行した AIR MAX 95 のイメージが強いですよね。

しかし AIR MAX シリーズの歴史はそれよりさらに遡り、1987年にリリースされた AIR MAX 1 から始まります。

それから30年、いまだに根強い人気を誇るこのシリーズは、最新テクノロジーで磨き上げられた最新作が毎年登場していますが。

それと同時に、オールドモデルの復刻も度々されています。



今回紹介するのは、シリーズ第四弾の "BW"。

BWとは 【ビックウィンドウ】 の略であり、NIKEがテクノロジーの可視化を図る為 AIR MAX シリーズに導入した 【ビジブルエア】、それを大きくしてデザインされたモデルということで、その名がつけられました。

 

昨年復刻販売されたこのモデル、しかしカリーリング等の仕様は当時のものではなく、新たに刷新されたもの。

この各所から、見ていきます。




通称、【バケッタタン】 と呼ばれるこの色味のレザー。

質感もペラペラした感触はなく、しっとりした肌触り。

その質感と落ち着いた色合いがマッチして、全体にシックな雰囲気を醸し出しています。

また、それに合わせた白と黒のコントラストも映えていますね。

 

ヒールには、【ビックウィンドウ】 のビジブルエア。

その後市場に登場したビジブルエア搭載モデルには、これ以上に大きくて存在感のあるウィンドウを持ったものがありますが。

当時としては、このサイズはかなりの挑戦だったのだろうと思います……ウィンドウを大きくすれば、それだけ強度やバランスに影響が出ますから。

そう考えると、時代が進むに従いビジブルエアが大きくなっていったことは、そのままNIKEのテクノロジーが進化した過程に重なるのでしょうね。




正面から。

バケッタタンの色による印象からか、つるりとして見えるアングル。

シュータントップには、クラシックな NIKEAIRロゴがエンボス加工で入れられています。


後方から。

むしろ潔いくらい、A I R M A X !(笑


インソール、そしてアウトソール。

NIKE INTERNATIONAL のグラフィックがプリントされたインソールは、材質的には足当たり重視の一般的なものです。

アウトソールは、元々がランニングモデルである AR MAX らしいパターンを備えていますね。

 

それでは、他いくつかのアングルから。






うん、確かにかっこいい。

強すぎない色味と、すっきりしたフォルムがばっちりだなぁと思います。

 

が。

それが逆に、私にはハードルが高いなと思える部分でして。

黒ベースのモデルを履くのとは違い、こういうデザインのモデルを履きこなすにはかなりセンスが必要なんじゃないかと……私にそれができるのかが疑問でならない。

それがゆえ、入手から一年以上経った今も、まだ履けていません(滝汗

 

しかし、スニーカー部屋に置いたままではかわいそうですし。

真夏になる前に、そろそろ履いてあげねばと思い。

その決意を固くするためにも、今日マイコレ紹介にアップした次第です。

さぁ、これに合うのは黒いパンツか、白いパンツか?

そもそもスタイル的に私に合うのか!?

諸々ハードル高いですが、なんとか乗り越えて履いて出ようと思います、はい!

以上、エアマックス BW バケッタタン の紹介でした。

 

さぁ、Bリーグは今週末にいよいよチャンピオンシップのファイナル、そしてB1・B2入れ替え戦が開催されますね。

長かった発足一年目のシーズンも本当にラスト、私も最後まで楽しみたいです。

そして、NBAも間もなくファイナルがやってきます。

昨年同様ゴールデンステイトとクリーブランドの決戦になるのか、それとも?

なお本日の昼には、懐かしい1997年のNBAファイナルも思い起こさせる 月刊バスケットボール7月号のスニーカー関連コーナー について紹介させていただきましたので、そちらも是非ご覧ください。

 

ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

月刊バスケットボール7月号、明日25日に発売となります。

今月号も、Bリーグや国内バスケの情報にNBA関連も加わる、盛り沢山の内容ですが。

さらに、スニーカー関連コーナーも充実しています。

今月号では懐かしいエピソードと共に、一世を風靡したバッシュ達が紹介されています。

今回も撮影素材の提供などで企画に協力させていただきました。

 

まずは、【KICKS WATCHER】

今回チョイスされたのは、1996-97NBAファイナル第5戦について。

足元もおぼつかないようなコンディション不良の中、38得点に決勝の3ポイントと大活躍した、数あるマイケル・ジョーダンの驚異的エピソードの中でも抜きん出て有名なものです。

インターバル時は力なくうなだれて水分を摂る様子がたびたびカメラに捉えられましたが、時計が動けばいつものマイケル・ジョーダン。

対戦相手のユタ・ジャズHCのジェリー・スローンも、『マイケルの体調が悪かったなんて気が付かなかった』 と後に語ったほど。

そして、試合終了まであとわずかのタイムアウトで、盟友スコッティ・ピペンに抱きかかえられてベンチに戻るシーンは本当に有名です。

 

その通称 【フル・ゲーム】(インフルエンザ・ゲームの略) でジョーダンが履いていたのは、AIR JORDAN 12 。

この黒赤のカラーは現在、AIR JORDAN 12 "Flu Game" と呼ばれています。

実は今回撮影でお貸ししたのは 1997年当時に入手したオリジナルなのですが、あれから20年、まだ撮影に耐えうるきれいな状態でいてくれたのでホッとしました(笑

 

今月号の KICKS WATCHER では AIR JORDAN 12 に加え、シカゴ・ブルズ黄金期を支えたピペンとロドマンの着用モデルも当時の時代背景なども含め紹介されていますので、7月号本誌にてお確かめを。

 

続いてのコーナーは、【 今週の逸足 】

こちらはさらに大きく時代をさかのぼり、1980年代にバッシュ市場を席捲したモデルである、CONVERSE WEAPON について。

あのラリー・バード、マジック・ジョンソンも着用した、80年代を代表する名作中の名作です。

こちらも詳細なコラムと共に、実物の写真を掲載。

なんと、こちらもビンテージです!

 

また今号には、Bリーグの選手が自身のスニーカーコレクションについて語るコーナー 【 SHOE TIME !! 】 も引き続き掲載されています。

今回登場する選手は?

それは誌面にてお確かめを。

以上、月刊バスケットボール7月号についてでした。

 

なお今日は、夜にももう一件、ブログを更新予定です。

これからせっせと写真撮りま~す。

 

ということで、今回はこれで。

また夜に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイコレ紹介518回目、クツは393足目です。

NIKE創設者の母校に。

 

AIR JORDAN XX9 PE "Oregon Ducks"

 

NIKEとオレゴン大学の関係者にのみ配布された、非売品の希少モデルです。

今日は、かなり珍しい逸品。

本家AIR JORDANシリーズの第29作目であるAJ29には、シリーズの他のモデル同様に PE(契約した選手や関係者のみに提供される限定品)が存在しています。

今日紹介しますモデルも、そんな一足。

オレゴン大学仕様のPEです。

 

オレゴン大学のマスコットは、オレゴン・ダックと呼ばれるアヒルを元にしたキャラクター。

また、同大のスポーツチームは、【オレゴン・ダックス】 と呼ばれています。

このモデルは、そのうちの一つ、オレゴン大のバスケットボールチームに提供された非売品モデル。

製造数は二桁のみだろうと聞きました……AIR JORDANシリーズとしては、恐るべき少なさです。

NIKE社の創設者である、フィル・ナイトとビル・バウワーマンの二人。

50年ほど前、彼らはオレゴン大学の陸上チームにおいて、ナイトは選手、バウワーマンはコーチとして出会いました。

 

その縁があり現在もNIKEと関係が深いオレゴン大学は、JORDANブランドのサポートも受けています。

故にこうした非売品モデルがオレゴン大にある各チームやアスリートに提供されている訳ですが、AIR JORDAN シリーズのPEをもらえてそれを履けるなんて、羨ましいことこの上ないです(微笑

 

ずっと羨ましく思っていたら、機会あり運良く入手できたこの一足。

まずは、各所を見ていきます。

ワンピース構造のアッパーは、ウーブン仕様。

軽く、柔軟で、かつ通気性や耐久性にも優れています。

シンプルな構造のアッパーを支えるのは、安定性の高いミッドソール。

AJ28から受け継がれたツーリングシステム 【フライトプレート】 を搭載し、高い反応性と衝撃吸収性を実現しています。

今季NBAのMVP最有力候補、オクラホマシティ・サンダーの雷神ウェストブルックも着用したAJ29の性能、折り紙つきです。

 

デザイン的には、アヒルの羽根を思わせるグラフィックを織り込むと共に、くちばしの色である黄色を用いて大きなジャンプマンをあしらっています。

アウトソールも、くちばしを思わせる色です。

前方から。

このアングルでは、よりシンプルでミニマムに見えますね。

とはいえ、オレゴン大学のイニシャル 【O】 が鎮座するシュータントップ、強烈なインパクトがあります。

後方から。

二種類の 【オレゴンダック】 のキャラクターが左右それぞれに刺繍されていますが、これまたインパクトあります!

ただ、これを見て気になることが……なんだか、ディズニーのドナルドに似ているような?

 

実は。

オレゴン大学のスポーツプログラムとディズニーの間には特別なパートナー契約が存在し、それがためディズニーのドナルド・ダックをベースにしたマスコットを使用できるのだそうです。

その【オレゴンダック】 をディズニーがイラストにしたものは、下記リンク先ページで確認できますので、興味のある方はそちらもご覧ください。

Oregon and Donald Duck

(via HEROSPORTS.com)

 

こちらは、インサイド側のミッドソール。

実際には、ここにシルバーのマジックで数字が書き記してあります。

これは聞くところによると、関係者に配布する際、誰に何番を渡したかをわかるようにするものだそうで……つまりは、第三者への流出防止ですね。

 

とは言え、転売などの営利目的ではなく譲り渡すのであれば問題ないらしいですが、譲ってくれた方に迷惑がかかるかもしれませんので、その数字は画像を加工し塗りつぶしました。

他の画像も、その数字が写りこむものは塗りつぶしてあります、そういう汚れではありませんのでご了承ください(笑

インソール。

AIR JORDAN シリーズのアイコン、エレファントパターンがプリントされた表面。

そこに、やはりくちばしカラーなジャンプマンロゴが浮き上がります。

アウトソール裏。

屋外で二度使用したユーズドとのことで軽く拭き取りましたが、そもそも汚れはさほどひどくなかった。

前オーナーさんも、スニーカーをかなり大事に履く方だったようです♪

 

それでは、他いくつかのアングルから。

オレゴンダックの刺繍などによるポップさと、スタイリッシュさが同居したグッドデザイン。

こういうカラーこそPEで終わらせず、一般販売で市場に流通させてほしいものですけど、なかなかスニーカー好きの希望通りにはなってはくれませんね。。。

 

ある意味、JORDANブランド・オレゴン大学・ディズニーのトリプルネームな一足。

入手できた縁に感謝し、私も大事に履いていこうと思っています!

以上、エアジョーダン29 オレゴンダックス の紹介でした。

 

 

話は変わりまして、ブログに書き残していなかったエピソードがあるので、ここに書き足しておきます。

 

今月6日・7日、鹿児島まで鹿児島レブナイズの最終節を観戦しに行った件はレポートしましたが、7日の午前中はレブナイズ主催のエンジョイバスケ会に参加させていただきましたが。

そこで、とある事件が発生しました。

鹿児島にはバッシュを2組持参。

1組目は、AIR JORDAN 15 "Kubo the Two Strings"

靴ヒモはなく、ジッパーのみでフィッティングするモデル。

製造数は1000足らしいのですが、YoutubeやSNS等でもこれをバスケで履いた、という報告を目にしたことがなかったので、ならばと履いてみました。

結論から言うと、バスケでも使えます!

ジッパーが下りてしまうので度々ジップアップせねばなりませんが、機能としてはオンコートでも充分に対応できると感じました。

また何かのタイミングで履いてみようと思います。

そしてもう1組はこの、ADIDAS T-MAC 2 のオールスターカラー。

最近は昔ほど履いてはいませんが、節目節目で履いてきた超お気に入りのバッシュ。

…が、それがなんと。

 

ウォームアップで壊れた!

13年間に渡り、私の足元を支えてくれた相棒。

まさか、鹿児島の地で別れが来るとは。。。

むしろ、よく13年ももってくれました。

今までありがとう、T-MAC2.....!(ToT)

 

という長年連れ添った相棒とのお別れを書き残し、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)