Sneaker is my soul

JORDAN、NIKE、ASICSやUnderArmourなどスニーカーが生甲斐な人間のBlog。
当ブログでは580足を超えるマイコレクション紹介を主に、NBAや千葉ジェッツ等バスケについても書いていきます!
【 スニーカーフェス公式サイト→ http://sneakerfes.com/ 】


テーマ:

マイコレ紹介481回目、クツは364足目です。

伝説のシリーズ、最新作がついに。


NIKE AIR JORDAN XXX1 "USA"


リオオリンピックの米代表カラーです。
 
シリーズ30作を数えたあと、リスタートと位置づけられたモデル、AIR JORDAN XXX1。

今年2月に前作AIR JORDAN XXX が発売されたばかりというイレギュラーなスケジューリングとなりましたが、世界中のAJファンからの注目度は変わらず。

今秋の登場が発表されるやいなや、大きなニュースとなりました。


テクノロジー、デザイン、トータルの機能性などで常にスニーカーシーンの先頭を走ってきたシリーズの最新作ですし、その31作目は特にデザイン面で驚きがもたらされるという評判もあり、実物の画像等の続報が待たれたのですが。

AJ31の実物画像がリークされた際は、そのルックスには確かに驚きがありました。


 
発売は9月との情報が伝わり、当初はファーストカラーとして "BANNED" がセットされていると、もっぱら噂されていましたが。

直後にリオオリンピック前の代表練習の様子が公開された際、ジミー・バトラーの足元にスニーカーフリークの注目が集まりました。

それがこの、USAカラー。

もちろん私もバトラーの着用画像には目が釘付けとなりました、そして、是非欲しいなと。


その後、USAカラーは非売品PEモデルではなく通常発売されるモデルであり、しかもそれは8月だという情報が。

"BANNED" よりも早く、しかも五輪で代表選手が履いたモデルが手に出来るのであれば、是非とも入手したいっ。

そう考えた私は個人輸入を決断、来月には "BANNED"カラーが日本正規販売を控えているにも関わらず、手間と送料と輸入関税を費やして、この一足を入手してしまったのでした(微笑


それでは、各所を見ていきます。






アッパーは一体成型。

前足部から中足部にかけては、フライウェーブというウーブン素材。

柔軟性と強度を同時に持たせた、新機軸の技術です。


サイドに浮かび上がるのは、驚きを呼んだ、スウッシュマーク。

リスタートとして、シリーズ第1作であるAJ1のシルエットにインスパイアされたデザインです。

NIKE製シューズでありながら同社の象徴スウッシュを用いないのが、本家エアジョーダンシリーズであり、ジョーダンブランドだったのですが。

それを覆すスウッシュの起用、むしろ新鮮に感じます。


後足部はシンセティックレザー、それとフライウェーブをはっきりしとしたパーツ分けすることなく繋ぎ合わせた作りは、より足との一体感を高めます。

そしてレザー部分に鎮座するのは、赤きジャンプマン……スウッシュとジャンプマンがこうして並ぶというのは、なんとも不思議な光景に思えます。

ミッドソールの上を走るのは、ヒールパーツも兼ねたメタリックパーツ。

青から赤へのグラデーションがきれいです。

 
 

こちらはインサイド側。

アウトサイド側と同様にフライウェーブからレザーへスムースに移行する作り。

ただこちら側のレザー部分には、ジャンプマンではなくウィングロゴがエンボス刻印されています。


シリーズの原点であるAJ1、その象徴をそのまま置いてみせるという誰もが考えつきそうで誰しも実行できはしないアイデア、これには脱帽です。



 
前方から。

ウーブン調のアッパーであることと、後足部をさほど絞っていないフォルムであることで、このアングルではちょっとふっくらして見えます。

ただそれにより、ボトムパーツと合わせた安定感が、視覚的にも感じ取れますね。


後方から。

上に向けてスッと伸びる様は、なんとも安心する佇まい。

ヒールパーツに造型されたXXXIロゴは、前作のXXX同様、バスケットボールのゴールネットをイメージさたデザインになっています。

シュータン裏。

ラベルに金フォイルで記されたこのイメージは、左に地球、中央にバスケットボール、右にブラジル国旗、そしてそれらを二つの円が囲んでいます。

それら五つの円で五輪を示した、リオオリンピックそのものを表現したイメージです。


ライニングと、インソール。

くるぶしを保護すると共にホールド力の向上にも寄与する、赤いポッドが左右に三つずつ、くるぶしを囲むように配置されています。

そのポッドも含めライニングはかなりしっかりした作りになっていて、薄く柔軟性に富んだアッパーをフォローする役目も担っています。

そしてインソールには、もちろんジャンプマンロゴです。



アウトソール。

エアはフルレングスのズームエア。

さらにはそれをコントロールする、フライトスピードテクノロジーが搭載されています。

フライトスピードは前作までと同じツーリングユニット、その性能は折り紙つき。

今作でも期待大です。

シューレース。

先端のパーツは、やはり青から赤へとグラデーションする仕様でした。

金属ではなくプラスティックですが、これもルックス上のアクセントになっています。

続いて、BOXも紹介。

もちろんAJ31専用のBOX。



BOXの上ブタ表面には、クリアコーティングで記されたXXXIロゴ。

それを開ければ、裏側に反転したNIKEスウッシュロゴが現れます。

また包み紙は、XXXIロゴとウィングロゴが交互に並ぶプリント。

これは特別感ありますね~♪


それでは、他いくつかのアングルから。








 
 
スウッシュに、ウィングロゴ。

そして細すぎないフォルムに、確かにAJ1の息吹を感じさせる今作。

当初の驚きは、実物を手に取って納得に変わりました、なるほどこれはリスタートにふさわしいモデルだなと。

本国で185ドルというプライスが、日本では税込27000円、、、、、税込23000円位にできなかったの? という不満は確かにありますが、それでも入手すべき一足だと思います。


なお、この一足は早速バスケで履いてみました。

一度履いた感想としては、

・ボディがしっかりしている

・くるぶしの安定感が高い

・クッションがかなり柔らかい

特にこの三点が印象に残りました。

AJ28やAJ29の柔軟なボディが好みだった方だと、AJ31は少し『厚く』感じられるかもしれません。

まだ一度きりの着用ですので、今後何度か着用しましたらレビューするつもりです。


とはいえ、来シーズンが始まればラッセル・ウェストブルックやカワイ・レナードも着用するであろう、本家AJシリーズの最新作ですから。

パフォーマンスモデルとしても優秀であることは、全く疑っていません。

あとは私の好みに合っているかどうか…うん、楽しみです♪

以上、エアジョーダン31 USA の紹介でした。


30年後のNBA創設100年に向けて、リスタートの一足となる AIR JORDAN XXX1。

金メダルを獲得した米代表カラーでもあり、記念の一足にもなりますから入手してよかったです。

そして別カラーではありますが、いよいよ日本でも9月3日に発売 。

そちらの "BANNED"カラーの方も、何とか入手できればと考えています。

入手をお考えの皆さん、来週末はお互い頑張りましょう!


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
マイコレ紹介480回目、クツは363足目です。

まさかの色付き、まさかの線無し。


ADIDAS ULTRABOOST UNCAGED LTD Red/Black


今後の可能性を感じる、自由度の高い一足です。

 

二年前にアディダスが市場に投入した、BOOSTという名のクッショニング素材。

バスケカテゴリーのブースト搭載モデルは登場当初から履いてきましたが、過去の更新で書いてきた通りその感触は実に好みで、BOOST搭載のバッシュはちょくちょく購入しています。


そんな二年が過ぎた訳ですが、先日、バスケカテゴリー以外でも気になるモデルが現れました。

それがこちら、ランニングモデルであるULTRABOOST UNCAGED、そのリミテッドバージョンです。

 
BOOSTといえば、白いミッドソールが代名詞。

彩色しない白いルックスというのもある意味特徴と言えましたが、そのイメージを打ち破ったのが今回紹介の一足。

BOOSTフォームに色がつくなんて! と驚愕した私は、やっぱり履きたくなってしまいまして。

発売前から話題となっていたことで競争率は高かったものの、無事発売日に入手できました。


それでは、各所を見ていきます。




アッパー外殻をプライムニットで一体成型することにより、足との一体感を高めると共に軽量化も実現。

本来の用途であるランニング使用時の負荷を考慮し、シューレースホールは外部からコーティングすることで強度を保っています。

履き口はソックスのように伸縮性を持たせ、着脱がしやすい構造です。

そして白くないミッドソール、赤く染め上げられた外観はインパクトありますね~。


なおこのモデルからは、従来のULTRABOOSTが備えていた、三本線のサイドパネルパーツが取り払われています。

それがゆえ、【アンケージド】 の名を持たされている訳ですが…自社のロゴである三本線をケージ(檻) と表現してしまうところに、ADIDASのブラックユーモアを感じましたw


だがしかし、そうなると一つ重要な事実が持ち上がります、それは。

…え? ADIDASの三本線が、どこにも入ってない!?

まさかのそんな掟破りが!!


と、思わせておいて。

安心してください、入ってますよ。


トゥのインサイド側に、コーティングにより三本線を表現するという変化球。

ケージを取り払ってよりミニマムなデザインに、というコンセプトを壊さない、あえて目立たせないアイデア。

なるほど、これは絶妙です。
 


正面から。

一体成型のプライムニットアッパーは、このアングルから見てもすっきりして見えます。

それこそアンクルタイプのソックスそのままにも見えますね、この遊びの無さが逆にこのモデルを特徴づけているように思います。


後方と、インソール。

ヒールを左右から挟み込むヒールパーツは、やはりランニング時の足ブレを防ぐレイアウト。

インソールには、シルバーフォイルで "ultra boost" のプリントがあります。
 
 
アウトソール裏。

Continental という文字列と馬のシルエット。

これは、タイヤメーカーのコンチネンタル社のロゴです。

アウトソールには、ADIDASとコンチネンタル社が共同開発した特殊なラバーが用いられています。

アスファルト上での使用でも従来に比べ摩耗しにくいラバーとのことです。


それでは、他いくつかのアングルから。








ミッドソールが白くないと、ここまで印象が変わるものなのですね。

とにかく朱い、むしろドギツイくらいに!!(笑

アッパー構造やフルレングスのBOOSTフォーム搭載、そして新開発ラバーの採用など、パフォーマンス面で期待が高まるモデルなのはもちろんですが。

それ以上に、彩色したBOOSTや三本線の印象を打ち消したアッパーに、デザイン面での広がりを予感させられます。


NIKEに押されてばかりではない、ADIDASの反転攻勢。

このモデルのように自由なデザインが増えれば、あるいは……と思わせられました。

ADIDASの今後の動向、引き続き注目です!

以上、ウルトラブースト アンケージド リミテッド の紹介でした。


これより先に同じくADIDASの、ALPHABOUNCEを入手し既にランニングで使っているので、このULTARABOOSTで走りに行くことはない予定ですが、街履きで使って履き心地を確かめてみたいと考えています。

なおBOOSTフォームが白ではないリミテッド版には、他にも黒などもありましたが、私はこの赤を選びました。

その理由は……ええもちろん、千葉ジェッツの観戦時に履きたかったからです♪

船橋アリーナでこのモデルを履いて観戦している人がいたら、十中八九それは私だと思います、はい(笑


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイコレ紹介479回目、クツは362足目です。

これは実にカッコいい!


AISCS GELBURST 20th "SPECIAL EDITION" Wihte/Prizm-Aqua


看板シリーズの記念モデルです。

 
 
第一作目から前作までで累計140万足を売り上げたという、日本のバスケットボーラーに広く愛用されてきたシリーズ、GELBURST。

誕生から今年で20年という節目にあたり、ASICSはシリーズ20作目にそのまま【20th】という名を与え、この春から展開してきました。

ワイズにも通常タイプ・幅狭タイプ・幅広タイプと、よりユーザーの好みに沿うよう3種のバリエーションを設けています。


私はGEL-LYTEなどのランニングモデルについては、ずっと買い続けてきましたが、ASICSのバスケットモデルについては久しく購入しておらず。

実のところ、十数年ぶりのGELBURST購入となりました。

その前に購入したのも一度きり……理由は明快で、足型が合わなかったから。

幅の狭い私では長さで合わせると横幅が余ってしまうんです、ゆえにバスケで履くには厳しかった。


しかしここ数年のASICSは、NAKEDシリーズに代表されるように現代日本人の足型も考慮したワイズを取り入れてきています。

さらには最近流行の厚手のバスケ用ソックス等を合わせれば、若干の調節もききますので。

試してみたところ、さすがに幅広タイプは難しかったですが、GELBURST 20thは通常幅タイプまでなら少々の余りで何とか履けそうなことがわかりました。

それが判明して以降、通常幅タイプか幅狭タイプで好みのカラーが出ればゲットしようと待機していたのですが……ついに来ました、コイツが!


 
このSE(Special Edition) の発売が公開されてから、わくわくして待つこと一ヶ月。

先日、発売当日に早速ゲットしてきました♪

今回紹介する一足はこれまでのGELBURST 20th とは違い、プリズムメタリックのヒールパーツ等の特別な要素を取り入れた、スペシャルバージョンなのです。
 
 

それでは各所を。


柔軟性と耐久性に富んだアッパーに、一面に施された通気口。

その中に走るのは、おなじみのタイガーストライプ。

今モデルのタイガーストライプはただの白ではなく、パールホワイトと表現した方が良い加工となっています。

角度を変えた写真を二枚並べてみましたが、うっすら色が変化しているのがおわかりいただけるでしょうか……写真ではちょっと伝わりづらいとは思いますが、きれいに輝く貝殻をイメージしていただければ良いかと。

ちょっとしたアクセントですね。

 
 
くるぶし部付近には、GELBURSTの文字。

土踏まず外面側、そして踵にはプリズムメタリック処理を施されたパーツを配置。

ブルーアクア色ということで、水深のある海を上から覗き込んだ時のような、美しい色合いです。

こちらはインサイド側の、爪先付近。

20thを示すロゴが、過去発売されてきたGELBURSTシリーズの名称を並べることで形作られています。



 
正面から。

例えばNIKEプロダクトで見られるような、後足部に向かってギュッと細く絞るシルエットではありません、フォルムからして安定感を感じられますね。

シュータンは厚めで、やはり足当たりを考えた構造です。


後方から。

ヒールには踵のずれを防ぐヒールカウンターを内蔵し尚且つ、外部にはプリズムメタリックのパーツを装備。

ヒールパーツは非対称でインサイド側よりもアウトサイド側を高くしていますが、これは方向転換時に発生しやすい外側への倒れ込みを予防する目的でのレイアウトです。

加えて、プリズムメタリックに輝くパーツは視覚的インパクトも絶大!


中央に位置する三角のロゴは、アルファベットのSを意匠化したもののようにも見えますが……"Special Edition" だからなのか?

その辺りは不勉強な為不明です、このロゴの意味がわかりましたら後日追記します。


※このロゴは、GELBURSTシリーズで継続して使用されているロゴだとお知らせいただきました※

ライニングと、インソール。

ライニングは高反発素材であるSpEVAパッドを内蔵してフィット感を向上すると共に、足当たりを優しくして快適な履き心地も実現。

インソールには、爪先付近に刻印されていた20thロゴがこちらにもプリントされています。

触ってみたところでは、履いてバスケをしたらすぐ剥がれてしまうのでは?という心配が浮かんできました(笑
 
 
 
アウトソール裏。

アウトソールは天然ゴムと合成ゴムをブレンドしたASICSならではのNCラバーを用い、クッションは当然GEL。

そしてこのソールパターン……まだバスケでは履いていませんが見ただけで想像できます、めちゃくちゃ止まるであろうことが!!!


それでは、他いくつかのアングルから。






クリーンで、かつ美しい。

誰です、ASICSのバッシュはデザイン微妙なんて言ったのは?

とんでもないですよ、これすっごくカッコいいですよ♪


もちろんまずは機能面での高いパフォーマンスを期待したい訳ですが、ルックスも良いとなれば言うこと無しですよね。

ちなみに、【スペシャルエディション】たる当モデルは、BOXも特別仕様でした。

シンプルながら、20年の歴史を持つシリーズであることを意識させるデザイン。

プリント部はフォイル加工されていて、特別さを演出しています。


ご覧いただいた通り、グッドな一足。

前述しましたが、私はこのモデルの発売を本当に待ちわびていて、発売日の11日にすぐさま買い求めに行ったのですが。

購入先のGALLERY2渋谷店さんでは 「このモデルお一人目のご購入です」 とのお話でした。

なるほどそうなりますよね、開店と同時に店内に入ったのですから(笑


なお、会計時にはこんなおまけもいただきました。
 
シリーズの歴史を綴った、特製クリアファイル。

GALLERY2さんでGELBURST 20thを購入するといただけるそうです、これは嬉しい。

資料的な意味においても、バッシュ好きな私はこういうアイテムに目が無いんですっ(喜


このように、記念モデルらしく様々な要素を持ったこの一足。

皆さんも是非、店頭で実物を手に取ってみてください、きっと欲しくなっちゃいますよ♪

以上、ゲルバースト20th スペシャルエディション の紹介でした。


これで早くバスケしたくてうずうずしているここ数日。

幸いにも今週バスケの予定があるので、その際にはその性能をばっちり味わってきたいと思います。

久しぶりのGELBURST、超楽しみです!


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)