Sneaker is my soul

JORDAN、NIKE、ASICSやUnderArmourなどスニーカーが生甲斐な人間のBlog。
当ブログでは580足を超えるマイコレクション紹介を主に、NBAや千葉ジェッツ等バスケについても書いていきます!
【 スニーカーフェス公式サイト→ http://sneakerfes.com/ 】

NEW !
テーマ:

マイコレ紹介485回目、クツは367足目です。

日本が、その物語の舞台。


"KUBO and the Two Strings x JORDAN" NIKE AIR JORDAN XV


話題のアニメーション映画とジョーダンブランドのコラボレーションアイテムです。

31作を数える本家エアジョーダンシリーズの歴史において、15作目となるモデル、AIR JORDAN XV 。

発売からもう17年が経ち、懐かしささえ覚えます。

それがこんな形で再登場するとは、予想だにしませんでした。

二か月ほど前に、世界のスニーカーフリーク・AJファンの間に、驚きが走りました。

米国のアニメーション制作スタジオ、LAIKAとAJのコラボレーションが発表されたのです。


LAIKAはNIKEとは既に三つのコラボモデルがありまして、

DUNK "CORALINE"

AIR FOAMPOSITE ONE "PARANORMAN"

ROSHE ONE "BOXTROLLS"

それぞれがLAIKA製作のアニメーション映画とのコラボレーションであり話題になりましたが、特に人気モデルであるFOAMPOSITE ONE とパラノーマンのコラボモデルは、スニーカー市場で大変な高値で取り引きされたことは記憶に新しいです。


そして、LAIKAスタジオの新作、

KUBO and the Two Strings

がこの8月に公開されるというタイミングで、そのコラボモデルが発表されましたが。

それはNIKEとではなく、JORDAN BRANDとのもの。

ついにジョーダンブランドと!? と衝撃を受けたスニーカーフリークは多かったでしょう。

私ももちろん驚きましたし、そしてその驚きはコラボレートすることのみではありませんでしたが、それについては後述します。
 
【 KUBO and the Two Strings 】 は、日本を舞台にした人形劇風のアニメーション映画。

主人公クーボの冒険を描いた物語ですが、このAJ15はそこに登場する、クーボの仲間となる 【ビートル】 というカブトムシの鎧を着たサムライと、敵的な役柄でもある 【ムーンキング】 というクーボの祖父、その二人をイメージしてデザインされています。


そうした面白い背景もあり、スニーカーフリークの間でどんどん話題になっていきますが、しばらくの後、220足のみが8月19日の封切りに合わせてチャリティーオークションにかけられることが判明。

第一報からそのデザインに心奪われた私は、チャリティーだということもあり入札を決意して、無事落札。

一か月後の商品到着を首を長~くして待ち、ついに手にしました。


それでは、シューズ本体を見ていきます。
 



まずは左足から。

こちらは、【ビートル】 をイメージ。

トゥからヒールに向かって伸びるレザーパーツの上に、実にAJ15らしいウーブンスタイルのアッパー。

柔軟性と耐久性を持ち合わせた構造となっています。

履き口近く、普通ならばシュータントップが位置する箇所のそばには、赤いカブトムシの刺繍。

これもビートルを意匠化したものですね。

ヒールパーツは、侍の鎧にも甲虫の外殻にも見える処理が、レザーに施されています。

インサイド側。

こちらは、履き口近くはブランクになっています。




続いて、右足。

右足は 【ムーンキング】 をイメージ。

基本的な構造は左足側と同様ですが、こちらの挿し色は青になっています。

履き口近くの刺繍はムーンキングの意匠化ですが、この刺繍デザインは劇中に登場する "MOON BEAST" なる架空の怪物からきているようです。

ヒールパーツは、細かく切れ目を入れて毛のような処理にしたレザー。

これは、ムーンキングの娘(主人公クーボの叔母)が纏う羽根のケープをイメージしています。

この辺り、異様な凝りようです。

インサイド側。

こちらも履き口には特に刺繍はありません。

…ですので、ヒールパーツのふさふさ感がすごく目に入ります(笑

 



正面から。

全体のボリュームからすると、正面からのアングルは意外なほどに絞られて見えます。

このモデルにシューレースは無く、ジッパーで締める作り。

足入れをする際は、

このようにジッパーを下げて、履いてからジッパーを上げるという仕様。

ゆえにシューレースで締めるほどにはフィット感はありませんが、履き口はかなりタイトになっているので、かかと抜けのような感覚はないと思います。



後方から。

左足ヒールパーツのカブトムシの鎧と、右足ヒールパーツの羽根のケープ。

表情の違いがすごいですねw
 
 
インソール。

左足、右足でそれぞれ縫い付けられたタブも色が違います。


 

アウトソール裏。

ボトムパーツに安定感のあるAJ15らしい眺め。

ただ、それ以上に左右で色が違うことが印象に残ります。


続いて、付属品も。

このコラボモデルには、特別製のBOXもついてきます。

それがこちら。

おぉ~なんというスペシャルさ!

KUBOとJORDAN BRAND のコラボレーションであり、モデルはAJ15であることを示した金フォイルのプレート。

側面はこのようなデザインになっていて、やはり金フォイル。

引き出しタイプでして、縄を引っ張ると

引き出した内箱の側面にも、金フォイルされたグラフィックが……って何これかっこいい!

逆側にも同じグラフィックが施されていて、

ビートルと、

ムーンビースト(ムーンキング)の姿が鎮座しています。

ムーンビーストの脇には、LAIKAの文字も見えますね。


さらには、特別製のシューズバックもあります。


このビートル側と


ムーンキング側を縫い合わせ、一つのバックにしているのです。

ですので、BOXを開けると
 

こういう状態な訳ですね。

スペシャルすぎて、ちょっと引くわぁ....(苦笑


では、他いくつかのアングルから。










  
うん、グレイト!

奇抜なようでいて、KUBOの世界観を非常にうまくまとめたモデルです。

AJ15が選ばれたのも、そのウーブンアッパーが日本的な衣装のようにイメージできるからかもしれませんね。

また、左右で色が異なるところは、(心の中で)バカ履き推進委員会の一員でもある私からすれば最高に燃える要素ですw


さて。

前半で書きました、コラボレートすること意外に私が驚いたこと、なのですが。

まずはこちらを。


(via sneaker news  )

言わずと知れた、AJ15です。

エアジョーダンシリーズ好きの方なら既にお気付きかと思いますが、このAJ15と、今回紹介している KUBO x AJ15 を見比べてみてください。

カラーリング云々ではなく、そもそもシューズの作り自体が全く異なっていることがおわかりいただけるかと思います。


ブーティー前方のせり出していた部分がなくなり、シューレースは取り払われてジッパーに変更。

ヒールループはありませんし、ヒールパーツも大胆に変化しています。

特に、ジッパー化の変更は大きいです。

特別なコラボレートとはいえ、こうした "変身" を本家エアジョーダンシリーズの一作に施したことに、私は大きな驚きを覚えました。

そして大変申し訳ないことながら……オリジナルのAJ15よりも、この KUBO x AJ15 のフォルムの方が、私個人は好みです。


ジッパー着脱となったことで、パフォーマンスモデルとしてのバスケでの使用には疑問符がつき、タウンユースでの使用がメイン用途となるやもしれませんが。

この素晴らしいモデルを入手できた幸運、噛み締めたく思います。


なお、日本での公開はまだ未定のようですが、

【 KUBO and the Two Strings 】

に興味がお有りの方は、

http://www.kubothemovie.com/?redirect=off  が公式サイトとなりますで、どうぞそちらをご覧ください。

今回のコラボモデルの特設ページもありますよ!

以上、クーボ x エアジョーダン15 の紹介でした。


…と、上は昨日の千葉ジェッツ観戦レポでも掲載しました、船橋アリーナで撮影した一枚。

はい、おかしなことになっていますよねコレ。

右と左でデザインが違うこのモデルなのに、赤い方が二つあるとは、これいかに?

いえいえ答えは簡単、我が家に二足届いたからです。

それというのも、ちと事情が。


本当なら一足のみ落札するはずだったのですが、現在価格上昇の推移を見ながら、同じサイズの別の出品に三つほど入札していたんです。

それで、様子を見つつ終了時間間際で最も安く落札できそうな一つに絞って再入札するつもりでした。

その目論見が当たり、一足をよい額で落札。

ヨシおれグッジョブ、と歓喜したのも束の間、メールBOXに 「あなたが落札しました」 メールが二通届きました。

んん、何これ? と首を傾げつつメールを開いたら……最後に入札したのではない方、入札単位一桁間違えてますけど~!?

なんという馬鹿馬鹿しい基本的ミス!!!(爆

それにより、まさかの二足落札と相成りました。


しかしまぁ、怪我の功名と言いますか、その意図せず落札した方も大きく割高になった訳ではありませんでしたし、二足分チャリティーに貢献したと思えば悪くないかなと。

ですので、予定外の二足にはなりましたが、素直に喜んでおこうと思います♪

…でもまぁ、出費の大きさは痛かったですけどね(苦笑

それでは、二足揃って撮影。

せっかく二足あるんですし、一足は近いうちに履いてあげようと思います。

バッシュとしてバスケで使うかどうかは。

う~ん、よく考えてみます、はい。


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっと、やっとこの日が来ました!

ホームコート船橋アリーナで迎える、Bリーグ開幕戦!

今回はそれをリポートします。


まずはおとといの金曜日までさかのぼります。

金曜は、シカゴ・ブルズ他で中心選手として活躍した、ホーレス・グラント氏のイベントが渋谷でありました。

90年代初頭からNBAを観ていた身としては、グラント氏のGALLERY2渋谷来店イベントは、非常に心惹かれましたが。

金曜日は午前中まで仕事だったこと、また午後から別件があったことにより、泣く泣く諦めました。


ではその別件は何だったかと言えば。

翌日の土曜にホーム開幕戦を迎える船橋アリーナの、前日設営ボランティアに参加することです。

新リーグ開幕節ですし、少しでも力になれればと考えて参加したのですが、やっぱり私は……催しの準備も楽しめる性分だということを再認識しました。

スニフェスの時もそうでしたが、多くの人が協力して催しを作り上げていく、というのが本当に楽しい。

おかげさまで、金曜も大いに楽しませていただきました。


ちなみに、その設営の場で私が果たした最大の貢献は、突如出現したゴキブリ氏を見事退治してみせたことです(微笑


ホーム戦開催ボランティアはどなたでも参加できますので、ご希望の方は千葉ジェッツ公式サイトにてボランティア登録してくださいませ!


そして、翌土曜、開幕戦となる仙台89ers戦当日。

ティップオフ四時間前に会場に到着した私は、早速ジェッツグッズをいくつか購入。

コート入場口前には、チームの皆がサインしたバスケットボール型の大きなパネルと、石井選手の実使用ユニフォーム&実使用シューズが展示されていて、記念撮影をするファンの方が多くいらっしゃいました。


そしていざコートへ。

ついに。

念願のシーズンシートです!

ここはジェッツホームコートで言う【ファーストクラス】という席でして、コートサイドの一列目になります。

また、このシート自体がベンチで選手達が使用するものと同種のもの。

これで私はシーズンチケットホルダーな訳ですから、必然的に今季中このシートは私専用ということに……うぉぉ嬉しすぎる!

シートさん、今シーズンはよろしくお願いしますm(_ _)m


で、そのシートから見る景色は、

こんな感じです。

て近!

ここからシューティングもがっつり見たのですけど、気が付けば視線は選手達の足元にいってしまいます(笑

特に目を引かれたのが、阿部選手の着用モデル。

KD9 、これはすごくきれいです。

こういうカラーリングをチョイスするあたり、阿部選手は相当なNIKEiD好きと見た!(喜

私は試着段階で足型が合わず購入を見送ったモデルではありますが、阿部選手を観ていたらタウンユース用でもいいので欲しくなってきちゃいましたw

それから、新戦力の元NBAプレーヤー、ヒルトン・アームストロング選手。

その足元は、KYRIE2 ヴェルヴェット!

これも実に似合っていました。


そうして選手達の足元を見てテンション上げる私ですが、自分の足元については、一環したテーマを持って1シーズン観戦するつもりです。

テーマは、千葉ジェッツのチームカラーである、赤が使われているスニーカーを履く、ということ。

それに基づき選んだ第1戦の相棒は、これでした。

NIKE AIR FORCE 1 "Elephant" iD

今さらですが、派手ですね~これ(笑


そうこうしているうちに、時間は進み。

オープニングセレモニーへ。

チアさん越しの火柱どーんという演出も経て、選手紹介、そしてティップオフへと向かいます。

ではここから、ゲーム展開について。


記念すべき初得点は、キャプテン小野選手のゴール下。

富樫選手の3連続スリーなどもあり、シュートがよく決まったジェッツは

1Q終了 26-18


8点リードで2Qへ。

ここではやはり新戦力のタイラー・ストーン選手がタッチよく次々シュートを決め、富樫選手のドライブに合わせたアームストロング選手の豪快なダンクなどもあり、

2Q終了 48-38


10点リードで前半を終了。

マイケル・パーカー選手が目の前でインバウンズするシーンも撮れたりと、よい前半になりました♪

しかしリバウンドがしっかりとれていないのと、仙台89ersのディオン・ライト選手へのディフェンスに課題があり、不安点もあるなか後半を迎えます。

パーカー選手からのパスをフィニッシュし速攻を完成させた原選手が、パーカー選手がハイタッチしようとしていることに気が付かずスルーするというほっこりするシーンもありましたが(微笑)、突き放せないまま

3Q終了 67-56


が、ここからキャプテン小野選手が無双状態に!

力強いバックダウンからのアタックに、ターンアラウンドショット。

そしてとどめのスリーポイントと手がつけられなくなり、一気に点差を広げます。

そしてそのまま試合終了となり、

ファイナルスコア 96-77


終わってみれば19点差の快勝でした。

ゲームMVPは、序盤のスリーで流れを作り、その後も切れ味鋭いドリブルワークとゲームメイクでチームを牽引した、富樫選手に。

さらには、誕生日を迎えていた西村選手にサプライズでケーキが贈られるなど、歓喜と笑顔に満ちた開幕戦となりました。

なお、ホームで勝利した際に行われる選手とブースターが一緒になっての「万歳三唱」 ですが、今季の担当はストーン選手になりました。

たどたどしくバンザイするストーン選手は、実に微笑ましかったです。


最後に、選手全員がコートを一周してコートサイドのブースターとのハイタッチがあるのですが、ストーン選手が来た時に 『タイラー、ばんざーい!』 と声を掛けたところ、実に嬉しそうな顔をしたストーン選手も 『バンザーイ!』 と言いながら両手でハイタッチしてくれました(微笑

とにかくも、開幕戦勝利、幸先良し!


では続いて、本日行われた第2戦。

やはりシューティングから観ていた私は、足元が気になる。

KD9、KYIRE2、HYPERDUNK2016、SOLDIER10、KOBE11、MICRO G NIHON、CLUCHFIT DRIVE、CURRY2.5など。

各選手が第1戦と同じチョイスでしたが、うん、実に目の保養になります♪

富樫選手は、KIRIE1。

コートに小気味のいいキュキュッという音が鳴っていました。


シューティング後のチーム全体のアップでは、ストーン選手、パーカー選手、伊藤選手が派手なダンクを連発。

彼らが飛び立つたび、スタンドから歓声が上がっていました。

と、チームが温まると同時にスタンドも温まってきたタイミングで、ヒルトン・アームストロングが魅せる!


自らが大きくバウンドさせたボールを、飛び上がってから空中でキャッチしての一人アリウープで……

レイアップ!(笑

スタンドから期待感いっぱいで見守っていたブースターは、え?という表情で微妙な空気感になりましたが 『おいおい待てよ、今のは盛り上がるところだろ?』 とばかりに両手を広げて肩をすくめるアームストロング選手。

茶目っ気たっぷりな彼に、笑わせてもらいました。

それから、仙台の要注意選手、ディオン・ライト選手も撮りました。

何がいいって、アキレスヒールというチョイスがナイスすぎる!

…ナイスなんだけど、試合ではあまり活躍しないでほしい!(ン?)


私自身の第2戦での相棒は、

ASICS GEL LYTE 3

やっぱり履きやすい、いいモデルですよこれ。


そして始まった、第2戦。

冒頭でいきなりパーカー選手がブロックを二つ、マッチアップ相手をしつこくチェイスしてミスを誘った小野選手のプレーや、チーム全体でリバウンドを抑える姿勢もあり、ディフェンスは良かった。

が、それ以上にオフェンスが重い。

1Q終了 12-16


ロースコアに留まり、4点差で終えます。

続く第2Qでは、自陣ゴール下でのリバウンドでチームメイトのアームストロング選手に押されて倒れた荒尾選手が苦笑いという場面もありましたが(笑)、ディフェンスは崩れない。

しかし仙台のガード、志村選手の素晴らしいプレーもあり、徐々にシュートを決められていきます。

一旦下がった志村選手がライト選手に指示を伝えようとベンチから 『ディオン!ディオン!』 と6回くらい叫んでもライト選手がそれに気が付かないというアクシデント(?)もありましたが、仙台はいいプレーが続く。

一旦は10点差になる苦しい展開でしたが、前半終了間際の富樫選手のスリーポイントもあり、

2Q終了 31-37


富樫選手は、前半終了のホーンを聞くとそのままロッカーへ走り去るという千両役者ぶりでした。

後半がスタートしても、やはりオフェンスのリズムが悪いジェッツ。

速攻が出たアームストロング選手がダンクをミス、それをフォローしたパーカー選手までもフリーのゴール下を外し、大野ヘッドコーチが思わず顔を覆う場面もあり……流れを掴めないまま

3Q終了 41-45


4点差で最終Qを迎えます。

そこで交代出場の阿部選手が見せた素晴らしいディフェンスプレッシャーにより、大いに盛り上がるアリーナ!

…が、流れを掴みきれない。

むしろじりじり離されるところを、富樫選手のスリーで繋ぎます。

そのまま追いつけない展開が続き、残り50秒を切って6点差という苦しいところを、またも富樫選手がスリーをヒットさせ3点差に追いすがります。

追いつくまでのシナリオは、これで整ったと言えるのですが。

それからのファールゲームの展開の中、第1戦ではチーム全体でよく決まっていたアウトサイドは、ここでは来ず。

西村選手の早めのスリーはリングに嫌われ、第1戦が嘘のように今日は当たりがなかったストーン選手は、ここでも連続でショットをミス。

結局、

ファイナルスコア 60-68


8点差で敗戦となりました。

第1戦に比べリバウンドはよくとれていましたが、逆にオフェンスが重たいままでしたね。

今日もコートサイド一周ハイタッチはあったのですが、昨日とはうって変わって悔しさを滲ませたストーン選手の表情が印象に残りました。


でも、まだ2戦目です。

色々修正しなければならない点はあるでしょうが、そういうゲームをシーズン序盤のうちで経験できたことは、良かったであろうと思います。

次は今週末からの、栃木2連戦。

仙台同様強敵ですが、ここでどんな戦いを見せてくれるのか、楽しみです。

…とそういえば、次の土曜は私は観戦できない日でしたorz

代わりに観戦くださる方が、私の分もジェッツにパワーを送ってくれます、ハイ♪


とにかく、燃えに燃えた開幕2連戦。

これがあと28試合も観られる……アウェイゲームも観に行けば、それ以上になる!

なんだそれ、最高じゃないか!!

基本的に土日祝は仕事な私ではありますが、一試合でも多く有給休暇を捻じ込んで。

優勝目指してひた走る千葉ジェッツの戦い、今後も期待いっぱいで見守りたく思います。

では皆さんご一緒に……Go JETS!!
 

以上、千葉ジェッツ開幕戦リポートでした。


ちなみに、上の写真は今日船橋アリーナで撮影したものです。

第2戦を記念して、赤い方を2つ持参したのですが、2勝目とはならず無念です。

これ、エアジョーダン15なのですが、どんなモデルなのか知らない方も多いだろうと思います。

このモデルは明日のマイコレ紹介でアップしますので、今しばらくお待ちください。


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Bリーグ開幕戦を今週木曜に、千葉ジェッツ開幕戦を今週土曜に控える中。

昨日夜、Bリーグ開幕直前「千葉ジェッツ決起集会」が開催されました。

あいにくの雨模様でしたが、会場には300人以上もの出席者が集結。

そのうちの半分以上が千葉ジェッツパートナー(スポンサー等)関係者の方々であり、それだけのパートナーがいるという事実が、ジェッツが大きな期待を背負っていることを示していると思います。

恐縮ながら私も出席させていただきましたので、その模様をレポさせていただきます。

開式後、まずはチアリーディングチーム・スタージェッツのパフォーマンスでスタート。

それからチームスタッフ方が紹介され、続いてロスター全12名の選手達が入場しました。

ユニフォーム姿で並ぶ選手達を改めて見て、本当にいいチームだなぁと再認識。

個々の実力はもとより、全体のバランスとしても素晴らしいチーム構成になったのではないかと感じます。

ただ、その際ありました千葉ジェッツ島田社長・大野ヘッドコーチ・松戸船橋市長と続くスピーチに聞き入ってしまい……壇上に選手・スタッフ勢揃いのシーンを撮影失念しましたorz


パーティーは次の次第に移り、選手やスタッフ方が出席者と交流を持つために会場を回ってくれることに。

時間に限りがある中ではありましたが、私が話し掛けることができた皆さんは快く応じてくださいました。

しかも記念撮影までしていただき、嬉しいかぎり!

その模様を書かせていただくと。




一人目は、阿部友和選手。

とにかく筋肉がすごい、隣に立たせていただいたら、その体の太さ(大きさ)に驚きました。

上半身はまさに鎧でしたが、ショーツの裾からのぞくふくらはぎの太さにも驚愕!

そして、その力強さとは対照的な落ち着いた口調も印象的でした。

加えて、足元も撮影お願いしました。

NIKE AIR FORCE 1 Flyknit

このチョイスに、AF1好きな俺感涙!!(ToT)


二人目は、金田詳徳アシスタントコーチ。

今季のチーム展望についてはもちろん、同世代だったがゆえ90年代初頭のNBAについても話題も出ました♪

バッドボーイズのピストンズと言えば、やっぱりビル・レインビアです!(微笑

金田ACとは記念撮影を失念……うぅ無念。




三人目は、マイケル・パーカー選手。

写真は共に出席した後輩と共に。

ご存知の方も多いでしょうが、この人、超ナイスガイです。

日本語で話す私の言葉を一言も逃さず聞こうと真剣に耳を傾け、心からの笑顔で返答してれくる。

友人からの伝言を伝えた時は、本当に嬉しそうに返してくれました。

ジェッツに来てくれてありがとう、マイク!

パーカー選手の足元は、

UA SPEEDFORM GEMINI

黒基調の渋い一足、似合ってました♪


話すことができた四人目の方は、佐藤博紀アシスタントゼネラルマネージャー。

とは言っても、佐藤AGMは私の後輩と話が弾んでいて、私はその隣でうんうんと聞いているのがほとんどでしたが(笑

佐藤AGMは後輩と記念撮影してくださり、私は撮影担当に徹しました。




五人目は、石井講祐選手。

突然話し掛けた挙動不審なオッサンにも引かずに丁寧に対応してくれた、爽やかイケメン!

…すいません、以後気を付けます(滝汗

短い時間ながら真摯に接してくださり、オッサン感動です。

足元は、

UNDERARMOUR CURRY 2.5

これはナイスカラーです、欲しすぎる!




六人目は、富樫勇樹選手。

常に誰かと話をしている状況でその人気のほどが窺えましたが、そんな中でも一人でも多くの出席者方と交流しようと気配りする姿が、とても印象に残りました。

「いつもSNSなどでアップされているスニーカーの画像、楽しみにしています」

と伝えたら、笑っていらっしゃいました(微笑

足元は、

NIKE AIR JORDAN X "Double Nickel"

やっぱりカッコいいですよねダブルニッケルは、しかも千葉ジェッツカラーと言ってもいいデザイン。

それから、富樫選手とは足を並べても撮影させていただきました。

足のサイズにもびっくりです。




そして七人目は、伊藤俊亮選手。

知ってました、もちろん知っていましたけど……伊藤選手、めっちゃいい人!

こんな選手がいてくれるんです、ジェッツは今季も安泰ですよ♪

足元は、

NIKE KD 8

綺麗なカラーリングで自然と目が行くデザインでした。


以上七人の皆さんとお話させていただきました、皆さん、ありがとうございました!

なお、冒頭の写真に写るジェッツのマスコット、【ジャンボ君】とも記念撮影しましたよ。

何枚か撮影しましたが、特に見てほしい一枚がこちら。

ジャンボ君、足もジャンボ!!!

これはもうシャキール・オニールレベルですよ、すごすぎ!

ちなみにジャンボ君は、これを履きながらもスタージェッツと共にダンスも披露してました、かなり動きづらいようにも思えますが、さすがはジャンボ君です。


チーム関係者方との交流が終わったあと。

再び檀上にあがった選手達を代表し、小野龍猛キャプテンのスピーチがあったり(その場面は後輩が撮影してくれていたので、下に掲載します)。

Bリーグが編集したムービーの上映があったりして、進んだ会は締めの時間に。

最後に出席者全員で集合写真を撮り、会はおひらきとなりました。

 


決起集会が終わり、いよいよBリーグ開幕を迎えます。

Bリーグ開幕戦は明日ですが、千葉ジェッツ自体の開幕戦は24日土曜です。

私も万難を排してホームコートである船橋アリーナに向かい、応援してきたいと思います。

当ブログをご覧の皆さんもどうぞ、Bリーグ開幕の日を堪能してくださいませ!


ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)