Sneaker is my soul

JORDAN、NIKE、ASICSやUnderArmourなどスニーカーが生甲斐な人間のBlog。
当ブログでは600足を超えるマイコレクション紹介を主に、NBAや千葉ジェッツ等バスケについても書いていきます!
【 スニーカーフェス公式サイト→ http://sneakerfes.com/ 】


テーマ:

マイコレ紹介507回目です。

今日は、ランシュー。

 

BEMOLO RUNNING-VELO FEATHER 着用レビュー

 

気に入った、この一足を。

 

NBAはオールスターウィークエンド、Bリーグは BYE WEEK を挟んで再開したリーグ戦と、日本のバスケ好きは見るべきものが盛り沢山だった週末。

そんな週末に私がアップするのは、こちら、ビモロのランニングシューズについて。

…はい、相変わらずマイペースです、私(笑

 

NBAオールスター関連の更新は後日しますが、今日のところは、こちらのレビューをアップします。

このモデルの元記事についは、こちらをご参照ください。

 

BEMOLO RUNNING-VELO FEATHER

  

 

イチロー選手が愛用するブランド、ビモロ。

MLB史に残るレジェンドは、今シーズンもこのブランドのスパイクを履いて、先日キャンプインしました。

BEMOLOシリーズが搭載する【ビモロバー】テクノロジーは、ワールドウィングエンタープライズ社が開発した技術。

そのテクノロジーを含め、BEMOLO RUNNNG の性能を確かめましたので。

これまでアップしてきたバッシュの着用レビューのようにがっつりとではありませんが、このモデルを履いてランニングしてきたレビューを残そうと思います。

 

それではレビューを。

…と言っても、点数化はしません、私はランニングに関しては本当に趣味程度、体力維持のためしているだけですから、バッシュほどにはランニングシューズへのこだわりはありませんので、文章にて簡単なレビューにします。

 

●使用:月2~3回程度、半年間

●距離:1回につき約7キロ

フィット感に何の不満もありません、足当たりがよくストレス無し。

ソールの屈曲性も充分、蹴り出しにしっかりと力が伝わっているとわかります。

クッションは、ごく平均的、特別いいとは感じませんが充分なレベル。

通気性、これも平均レベル。

 

そして、こちら。

 

ビモロバー。

足底のアーチを適切にサポートし、筋組織と腱の働きを活性化させるテクノロジー。

このビモロバーの恩恵、確かに感じ取れます。

蹴り出しの際にポンと跳ね返る感覚があり、それはズームエア搭載モデルから感じる反発力とはあきらかに異なる感触です。

 

私はバッシュにあまり柔らかいクッションを求めず、固めのクッションを好む嗜好なのですが、それはランシューに対しても変わりません。

ゆえに、ふわふわしすぎない平均レベルのクッションに加え、足の動きに伴うように跳ね返る感覚、非常に好み。

ランナーとしては素人中の素人ですが、その私にとっては過去最高にハマったランシューとなりました。

 

なお、その素人中の素人ランナーなりに、留意点を書くなら。

クッションが平均的で足裏の力をしっかり "使わせられる" このモデルは、かなりソリッドな使用感があります。

ゆえに、長めの距離をゆったりと走りたい方だと、好き嫌いが分かれるかもしれません…。

 

逆に、私のように中距離をそこそこのスピードで走る方(私は7kmをだいたい30数分がいつものペース) には、自信を持っておすすめできます。

その辺りは、個々人の用途や好みによりますので、一概には言えませんが。

中距離ランナーの方々、BEMOLOランシュー、試す価値大いにありですよ!

 

以上、ビモロ ランニング・ベロ フェザー 着用レビューでした。

 

初めて書いたランシューのレビュー。

ランシューの購入に一風変わったものを、と検討している方の参考となれば幸いです。

 

ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マイコレ紹介506回目、クツは384足目です。

これまた懐かしい。

 

NIKE AIR FLIGHTPOSITE 3 "BG" Gold/Black

 

インパクト抜群のルックスを持つ一足です。

先日、あるモデルを探すためスニーカー部屋を探検したのですが、その過程でいくつか懐かしいモデルを見つけました。

ありますよねぇ、BOXが目に入って 「ああ、このモデル持ってたよオレ」 となることってw

その日については、このAIR FLIGHTPOSITE 3 がそうでした。

1990年代後半から2000年代前半に目立って登場した、特異なルックスを持つバスケットボールシューズの一つ。

今作はその少数限定カラー、【バトルグラウンド】 のゴールドバージョンです。

このモデルに与えられたペットネーム、バトルグラウンドは、2004年に開催されたストリートバスケットボールトーナメント、【BATTLEGROUNDS】 のことを指します。

ホストの一人としてレブロン・ジェームズがプロモーションするなど、非常に盛り上がったトーナメントでした。

下は参考動画です。

このトーナメントの開催を記念し、AIR FLIGHTPOSITE 3 のレギュラーカラーには無かったネイビー、ブラック、プラティナム等数種類の限定カラーが製作され、市場に流通。

大いに人気を博したのでした。

 

今回紹介するのはそのうちの一種。

当時から入手困難でしたが、今では滅多に目にできなくなりました。

では、各所を見ていきます。

アッパーのゴールドの部分はフォームポジットテクノロジーにて構成。

視覚上の特徴に寄与するのは、奥行きあるプリズム調の輝きを見せるホログラムポッド。

ポッドのインパクトは絶大ですが、それは柔らかい作りになっていて、くるぶしなどを外的衝撃から保護する役目も担っています。

パッと見たところ、JORDANブランドを除くNIKEプロダクトに存在すべきスウッシュマーク、見当たりませんが。

スウッシュはインサイド側のヒール付近に小さく、エンボス加工で刻印されています。

そうした部分も、NIKEバスケットボールシューズの中でもトップランクに特異なルックスを持つこのモデルらしいところです。

正面から。

前足部のボリューム感がすごい。

両サイドに位置するホログラムポッドから伸びるベルトは、硬質ラバー。

トップ側のベルトは、シューレースを締める際に外せます。

そのベルトは、マグネットで造型されたボタンで固定する方式です。

シュータントップはレザー。

そこに鎮座するジュエルパーツには、"BG" のロゴ。

後方から。

むしろこちらのアングルからは、すっきりしたフォルムに見えます。

そして 「あれ、ミッドソールはどこ??」 感が助長されるアングルでもありますね(笑

ヒールループには、BATTLEGROUNDS の文字が記されています。

ライニングと、インソール。

ライニングのヒール付近には、摩天楼をイメージさせるグラフィックが刺繍。

これは、ビル群を見上げるプレイグラウンドでのストリートバスケをイメージしているものと思われます。

そしてインソールには金色に輝くBATTLEGROUNDS のタグが縫い付けられ、ここでも特別感を演出しています。

アウトソール。

これまた特徴的なパターン。

そしてその彩色はいかにも2000年代前半のNIKEクオリティな、限定モデルにもかかわらずなはみ出しをしてます(笑

 

それでは、他いくつかのアングルから。

ホログラムポッドという元々備えた特徴に加え、ゴールドに染め上げられた配色が、さらにこのモデルのインパクトを高めています。

 

そして、FLIGHTPOSITE 3 というバッシュそのものの性能については。

彼も履いていたという事実からも、ただのイロモノバッシュ(失礼w) ではないとわかります。

( via @onfootarchives )

上の写真の左側、ブラックのFLIGHTPOSITE 3 を履いているのは、あのペニー・ハーダウェイです。

フェニックス・サンズで 【バックコート2000】 を形成していた頃ですね、本当に懐かしい。

他にも、ジェイソン・キッド、ジョー・ジョンソン、アラン・ヒューストン、ジェイソン・テリーといった選手達が着用した、FLIGHTPOSITE 3 。

特にそのクッション性能の評価は高かったです。

 

新たにレトロ化されることも期待されるこのモデル。

"BG" の復刻はさすがに難しいでしょうが、レギュラーカラーは是非とも復活をお願いしたいです。

首を長~くして、待ってますよ!

以上、エアフライトポジット3 バトルグラウンド ゴールド の紹介でした。

 

このモデルを改めて撮影し、2000年代前半を懐かしく思い起こした訳ですが。

今週末、ついに日本にも、あのモデルが帰ってきます!

そちらについても、なんとか購入して紹介できたらと考えています……厳しいかもしれませんが(汗

 

ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

マイコレ紹介505回目、クツは383足目です。

世界中のLEBRONシリーズファンが、待ちに待った一足。

 

NIKE LEBRON 14 "Out of Nowhere"

 

シリーズ最新作のファーストカラーです。

本当に、やっと、ですね。

シリーズの通例でいえば、毎シーズンの新作は初冬にはリリースとなっていましたが。

第14作目は年をまたぎ、1月のリリースとなりました。

レブロンシリーズを毎作履いてきた私としても、首を長~くして待っていましたが、昨日この一足がついに到着。

待たされた分、喜びもひとしお。

おそらく他人様には見せられないであろう、満面の笑みで撮影しました(笑

このモデルをレブロンがゲームで初めて履いたのは、昨年末のクリスマスゲーム。

その時には、年明けすぐにリリースとなる、というような情報もありましたが、それも先延ばしになりまして。

リリースは結局、先月の26日。

しかも限られた販路での展開でしたので、NIKEはどんだけひっぱるんだよ、、、とも思いましたが。

ご縁がありまして、無事確保できました。

 

では細かいことはあとにして、各所を見ていきましょう。

適度な剛性と伸縮性を持つ、デュアルゾーン・コンポジットアッパー。

そのアッパーをソックライナーを一体化した構造は、着用者へのフィット性と快適性を高めています。

横ブレを軽減しホールド感を高める、スウッシュを備えた大きなストラップは、マジック固定。

それを剥がすと、ミッドアッパー部とヒール部の繋ぎ目を走るラインに、レブロンのサインがプリントされているのがわかります。

ストラップの位置から続くパーツは、そのままヒールカウンターの役目を。

またそこには小さく、

左足側には、X I V と。

右足側には、X X III と刻まれています。

インサイド側のヒール付近にも、スウッシュ。

イエローで縁どられた中は、リフレクト素材となっています。

(この仕様は、ストラップにあるスウッシュも同様です)

正面から。

全体に少し丸みを帯びて見えますね。

シューレースは、ストラップを一旦剥がしてから締めます。

ここ数作はシューレースが締めずらいモデルが多かったLEBRONシリーズですが、今作は不器用者な私でも締めやすかったです。

トップ部にあるループパーツ。

左足は23、右足はLJと入ります。

後方から。

ブラックのベース色にイエローが映えるヒールループには、レブロン王冠ロゴ。

トップ部裏。

JUST A KID FROM  Akron

とあります。

またそのバックは、アクロン市街の地図をイメージ化したものでしょう。

JUST A KID FROM  Akron......アクロンからの子、という意味かと。

言うまでもなく、レブロンのことを指しています。

インソールとライニング。

インソールには、トップ部のループパーツにあったのとは逆。

左足がLJ、右足が23とプリント。

ライニングは、薄めでいい意味で簡略された作り。

しかし、ヒールパーツはしっかり入れられています。

アウトソール。

今作では、過去最大級だというズームエアユニットが、分割して内蔵されています。

その性能のほどについては、とにかくバスケですぐにでも試したい!

 

なお、アウトソールにはレブロンにまつわるメッセージが随所に入れられています。

トゥ付近、ヒール付近インサイド側、ヒールのエアユニット付近など。

写真ではわかりづらいかと思われるので、書き出しますと。

 

左足
3 x WC (トゥ付近)

B.B.Z. (ヒール付近インサイド側)
PLYR No. XXIII est. 1984 (ヒールのエアユニット付近)


右足

SFG (トゥ付近)
330 (ヒール付近インサイド側)
MDL No. XIV est.2016 (ヒールのエアユニット付近)

 

続いて、それぞれの意味は、おそらく以下の通りです。

 

3 x WC ……3回のNBA制覇を果たした

B.B.Z. ……長男ブローニー(レブロンjr.)、次男ブライス、長女ズリ
PLYR No. XXIII est. 1984 ……レブロンが右肩のタトゥーにも入れている est1984 を用いた、1984年に生まれた背番号23番のプレイヤーだ、というレブロン本人を示す表現

 

SFG ……Strive For Greatnessの略、偉大であることを追い求めよ、の意
330 ……レブロンが右腕のタトゥーに入れている、アクロンの市外局番
MDL No. XIV est. 2016 ……est1984の表記に合わせた、このモデルは14作目となり2016年に生まれた、という表現

 

上記のようにとらえればよいかと思われます。

こういう細かな部分に意味が隠されているのは、いかにもLEBRONシリーズらしいところです。

ここからは、付属品類。

まずは、ラバー製アクセサリー。

両足に付属していまして、表面は共通ですが、左足側の裏面はレブロンのサイン、右足側の裏面はレブロン王冠ロゴが造型されています。

スペアシューレース。

リフレクト素材が織り込まれた、ブラックのシューレースです。

これに変えると表情変わりそうですね。

 

さらには、専用BOX。

まず、その大きさに驚きました。

同サイズの一般的なNIKEBOXと並べたら、これほどの違いが。

もちろん高さも違いました、かなりサイズが増しています。

BOX側面には、それぞれシルバーフォイルされた上のグラフィックが入っています。

開けると、こうした状態……たしかにスペースに余裕はありますが、かなりずんぐりした今作のフォルムだと、これぐらいのBOXサイズは必要なのも頷けます。

それともう一つ、面白かったのはシューキーパー。

紙製ながら、ヒールループに癖がつかないように通す場所と、余ったシューレースをしまう場所があります。

これはナイスアイデアですね。

 

それでは、他いくつかのアングルから。

随分とブーツ感が増したなぁ、と感じるフォルム。

しかし、それはレブロン本人からのリクエストと機能性を重視したからこそでしょう。

 

"Out of Nowhere" というペットネームを与えられた今作は、前述の通り、アメリカでも非常に限られた販路でのリリースとなりました。
では何故 "Out of Nowhere" なるペットネームが与えられたかというと。
歴史に残る大激戦となった昨季のNBAファイナル第7戦、その最終局面で勝敗を分けるプレーとなった、【ザ・ブロック】。
レブロンが披露した、あのチェイスダウン・ブロックをモチーフとしたが故です。
タイ・ゲームのまま数分にわたり双方得点できないままだった最終局面、ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドレ・イグドラが速攻のチャンスを得て、そのままレイアップシュートへ。
これでウォリアーズがリードし、優勝を大きく引き寄せる……と誰もが思ったその時、すさまじい勢いでディフェンスに戻ったレブロンがイグドラに追いつき、背後から完璧なブロック!
試合終了まで残り1分52秒の場面で飛び出したそのブロックにより逆に流れを掴んだキャブスは、優勝を果たすことになりました。
 
アメリカのスポーツ界では、勝敗を分けるビッグプレーに "The" と冠詞をつけて称えることがありますが、NBAにおいてはプレーオフゲームでそれが生まれることが多い。
ラリー・バードが1987年のカンファレンスファイナルで見せた逆転を呼ぶ 【ザ・スティール】、マイケル・ジョーダンが1989年のファーストラウンドで見せたシリーズ突破の 【ザ・ショット】、同じくジョーダンが1998年のファイナルで見せた優勝を決める 【ザ・ラストショット】 、などが有名ですね。
 
それらのビッグプレーと並び称されることになったあのブロックは、この世にNBAがあり続けるかぎり語り継がれることになるでしょう。
ではその 【ザ・ブロック】 を改めて、あらゆる角度から見られる動画を。
イグドラのかなり後ろから追いかけてきていますが、シュートに間に合わせて完璧なブロック。
速攻を防がれたイグドラも、いつのまに戻ったんだレブロン!? と驚愕したことでしょう。
 
そして、"Out of Nowhere" というペットネームの何故、ですが。
LEBRON14 のリリース順としては、限定数とはいえ "Out of Nowhere" がファーストカラーとなり、 日本でも間もなくリリースされる "Chase Down" がセカンドカラーとなります。
その二種が合わさり、あのブロックのストーリーを表現する。
それがゆえの、"Out of Nowhere" というネーミングなのです。
 
"Out of Nowhere" からの "Chase Down"……どこからともなく』 現れてイグドラを 『追いかけて』 いったレブロンが、完璧にブロックした。
 
なるほど、実に面白い。
しかしそうなると "Chase Down" も入手して揃えたくなっちゃいますよね、商売うまいなニケ女神様は(苦笑
 
ただ前述の通り、そもそもが "Out of Nowhere" は販売数が少ない。
しかも、このモデルがデビューしたクリスマスゲームから一ヶ月もの時間を経た1月下旬のリリースとなったことで、LEBRONシリーズの最新作を待ち望むスニーカーファン達は焦らされるだけ焦らされたのです。
 
その結果。
供給が少なく、大いに待たされ、迎えたリリース日。
スニーカーショップFOOTLOCKERのニューヨークにある店舗では、こんな騒動が勃発しました。
いやあの……掴み合いどころか殴り合っちゃってません?(滝汗
それほどまでに、LEBRON14を入手したいと願うファンのストレス、最高潮だったのでしょうね。
 
とはいえ、これでLEBRON14 も市場に登場しセカンドカラー以降は充分な供給がありますから、もう間もなくで多くのファンが手にできると思われます。
王者レブロンが駆る最新モデル、LEBRON14。
日本でも多くのバスケットマンが履き、プレーすることでしょう。
皆さん、"Chase Down" のリリースまで、本当にあと少しですよ!

以上、レブロン14 アウトオブノーウェア の紹介でした。

 

そういえば、昨年夏に 『これがレブロン14か?』と噂が立った画像。

結局それではなかった訳ですが…

(via KICKS ON FIRE )

こうして見ると、LEBRON14のエッセンス、確かにあるかも。

上の画像のものがプロトタイプかどうかは不明ですが、このままリリースしても面白かったかも(苦笑

 

それともちろん、届いてすぐに試着もしました。

ずばり、足入れは結構大変です、ただ足を入れてさえしまえばシューレース締めるのは簡単。

また、レイアウトも前作からかなり変化していますので、サイジングには注意が必要かと思います。

私は前作と同サイズを選びましたがぎりぎりでした、本当にぴったり。

ですので、前作であまり余裕が無かった方は、ハーフアップが必要な可能性があります。

あくまで私個人の感触ですが、ご参考までに。

 

 

※※2/14追記

昨夜、バスケで初履きしました。

三時間ほど使用しての、第一印象ですが。

 

まず足入れ。

やはりかなり大変です、そしてバスケ後に汗で蒸れた足を抜く時はもっと大変(笑

フィット感。

薄目な構造のアッパーとライニング、足当たりがいいです。

今作では特にストレスは感じません。

サイジング。

前作のLEBRON13に比べ縦の長さにタイト感がありましたが、プレー中はさほど気になりませんでした、前作まであったようなアーマーパーツが無くなっているからかも。

しかし、足型によってはLEBRON13からのサイズアップが必要な可能性もあると思います。

ただその場合甲が低い足型かつ足首が細いユーザーさんは、アッパー前部のブーティーが余ってしまい、シューレースを締めると皺が寄ってフィット感が損なわれるかもしれません。

クッション。

予想したほどにはエア容量増による跳ね返りを感じない自然な感覚で、柔らかすぎるクッションが好きではない私としては、かなり好みです。

グリップ。

あまりコンディションのよくないフロアでしたが、特に前足部のグリップが効いてくれました。

グリップの能力、高いと思います。

 

以上ざっくりと。

今後着用していき評価が定まりましたら、改めてレビューを書きます。※※

 

ということで、本日はこれで。

また次回に~!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)