青年塾講演会

故・松下幸之助氏が現代の我々に遺してくれた代表的なものの一つに

「松下政経塾」があります。

そこで創設当初から14年にわたり運営に携わるとともに、

日々松下氏から、直に薫陶を受けたのが、著者の上甲晃氏です。

本書のタイトルの元にもなっている「古人の跡を求めず 

古人の求めたるところを求めよ」とは、松下氏亡き後、

著者が氏の歩んだ道を辿るのではなく、その志を継ごうとの

思いを固めた言葉です。 

その熱い思いがほとばしる語り口は、

数多ある松下氏の書籍の中でも、

ひときわ松下氏の真の思いを浮き彫りにしています。

不況にあえぐ現状にあって、いま松下氏に学ぶべきことはなにか。

常に根本を見直す「底力」を鍛え続けることにあると、著者は言います。

今回の講演会では、本書に記されている、その「底力」を、

個人や組織が鍛え上げるための要諦の内容と、

松下氏の言動を通じて「底力」の鍛え方の真髄を学べます。


今回の講演会は、松下政経塾元副塾長であり現青年塾塾長
の上甲晃さんをお呼びし青年塾の紹介を含めて、今の時代が
何故こうなっているか?心構えと志は?などのお話いただきま
す。人づくりと志を持つことの素晴しさ、そして努力する素晴しさ
を存分に語ります。2010年を成功させる為にも是非とも多数の
ご参加お待ちしています!

●日時:平成22年1月18日月曜日19:00-21:00

●会場:札幌市産業振興センター   札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
       技能訓練棟 セミナールーム1
       (市営地下鉄東西線「東札幌」駅より徒歩7分)

●定員:60名(お早めにお申し込みください。定員になり次第締め切り致します。)




●料金:\1500(「松下幸之助の求めたるところを求める」書籍付)

●申込方法:メールにてご出席の有無を1月13日(水)までにご返信ください。

●主催青年塾北クラスOB会

gakubari@ezweb.ne.jp
carriere@guitar.ocn.ne.jp
青年塾9期生
覚張利彦





AD