木村ライトルのブログにようこそ。

生粋のカープ狂いがサッカーを語りつつ
そんでもって結局はゴルフばっかです。

後は世界がもう少し平和なら嬉しいっす。

頑張ろう、日本! 頑張ろう、東北!
どうかヨロシクヾ(@°▽°@)ノ
  • 19 Jan
    • W杯48

      48・・・と言っても アイドルグループの話じゃございません。(●´ω`●)ゞ サッカーW杯の2026年大会から出場国枠を現在の32から48に増やすというニュースでございまして あちらこちらで物議を醸しだしています。 これがサッカーの未来にとってプラスになるのか?マイナスになるのか? どうでしょうか??(°Д°;≡°Д°;)  まず、自分の意見をはっきりしとくと基本的に『大賛成』です。  増えた16枠を、各地域でどう取り合うかはまだまだこの先の話なんですが アジア枠が2つか3つも増えれば当面、日本は安泰となることでしょう。 サッカー文化が熟成しきっていない日本において W杯に出ると出られないとでは基本、雲泥の差になると思われるので W杯は出場することにこそ意味があります。 今回、それが大きく担保される改革なので基本的には、日本サッカーにはプラスだろう・・・というのも『賛成』の一つなんですが ただ、それより大きな『賛成』理由があります。   『反対』という声を占める大きなものはW杯の質の低下への懸念だろうと思います。 これも分かります・・・て言うかある意味、間違いないものでしょう。 W杯に出るの、結構簡単じゃね?W杯なのに、しょぼいチーム多くね? そんな声が大きくなるのは当然でそこを直接否定する材料はありません。  ただし、問題はそのバランスです。 質の低下がマイナスだとしても パイが広がる分、興味を持つ人が増えるのもこれも間違いない話なわけで、これはプラス。 このプラスマイナスの適正バランスを想像して考えなければ この話は水掛け論にしかなりません。 巷で見かける物議の多くはこの水掛け論に感情のスパイスを加えてとっ散らかるものがほとんどで ((´ ε `;)・・・ 酒の肴としては面白いんですが議論としては、あまり興味がありません。  で、実際のところどうやねん?というと パイ拡大の魅力(可能性)が拡がる中でハードルの低下は懸念されるものの 試合形式の味付け次第で大会全体の質は、それほど低下しないだろう と、個人的には予想します。  今のところ、大会形式としては 3チームづつが16ブロックを形成してその各上位1チームだけが決勝Tに進む形が想定されています。 試合数が増えると、捨てゲームが増える!というのが反対意見の根拠の一つなんですが 現状の2/4のグループ戦より試合数が少なく、1試合の重みが増す分実は1/3の方が捨てゲームは生まれ難いです。 また、上位チームが少しでも気を抜くと一発勝負の紛れが起こりやすい面もありますが 基本、妙味を含む2位通過がないだけに全体的には順当な結果になりやすいかもしれません。 W杯に出やすくなる分厳しくなるのがこのグループリーグ突破なので 言い換えれば、ヒリヒリ競う醍醐味を大会内に持って来られるという解釈も可能なのです。  結果、16か国による決勝トーナメントにおいてはこれまでの32か国の時と変わらないレベル いや、むしろ順当に実力国が揃う可能性の方がやや高そう・・・とも想像できます。 いずれにせよ、決勝トーナメントに限って言えば質の低下という指摘はナンセンスなのです。  問題は、そこまでの過程に過ぎない各地域予選とグループリーグの変化をどう受け止めるかの問題だけであって そんなノスタルジーなんかにこだわるよりも 結局は、頂点に近づく部分での世界最高峰を争う大会の質は変わらない上に パイも増え、商業的にも魅力があるんだもん そりゃ~『賛成』するしかないんじゃないの?ヾ(@°▽°@)ノ と、思うわけなのです。   実はこれ、FIFA主催のもう一方の世界大会であるクラブW杯でも成功を見せている手法でして 当初、欧州と南米以外なんか含めたら質が落ちて面白くないわ~!!などと騒がれましたが  (俺も、ちょっとそう思った・・・) 結果・・・今の盛況。 もちろん、自称玄人のOLDファンには不満が多い側面もあるんですが 日本を中心に、新しいファンを獲得し今のところ、全体としては大成功。 ノスタルジーはノスタルジーとしても後は時間の問題なのです。 この良い流れにFIFAが味を占めたのかもしれませんね。ヽ(゜▽、゜)ノ  結論。 プロスポーツは商業スポーツなので拡大路線を諦めた時点で斜陽します。 ノスタルジーを語ろうとすると時に、この拡大路線が鬱陶しいわけですが そのほとんどが変化への違和感であって競技へのマイナスであるかははなはだ疑問です。 しかしながら、拡大拡大ばかりでそこにロマンの味付けが上手くされなければこれまた斜陽の原因となるわけですが これが現代五輪が陥りかけている穴でしてバランスって難しいな~とも思います。  いずれにしても 世界最大のスポーツであるサッカーが率先して、この攻めの姿勢・・・ ここにこそ、サッカーの偉大さがあるのかなと。 まさに横綱相撲でございます(●´ェ`●)

      21
      2
      テーマ:
  • 18 Jan
    • ゆっくリズム(〃∇〃)

      リ・スタートブログに添付したインスタのコメントにも書いた通り 今現在のスイングテーマは 『ゆっくり振る』です。 これもまた、今さら気付いたテーマではなく過去に何回も意識したことがあるものですが これがなかなか・・・(●´ω`●)ゞ  特にドライバーなど長いクラブでの課題で マン振りしちゃいかんで~!!と抑えて振るイメージはあるはずなのに は?めっちゃ振ってるやん・・・とのご指摘ばかり。 これは、アイアンから始まる癖なんで多少はしゃ~ないやんとか思ってたんですが は?アイアンの何倍も振ってるで・・・とのご指摘。 (°Д°;≡°Д°;)マ、マジか?と、マジで自覚がありません。 ↑これが一番の問題なんでしょうね~。  さすがに耳タコで指摘されるんでそうなんやろうな・・・ぐらいの自覚はあるんですが ゆっくり振って飛ばなくなったら嫌やな~とかゆっくり振って打つ方がムズイやん!?とか そんなもんを言い訳にあえて目を背けてきましたが それよりも何よりも・・・ 長~いクラブでゆっくりなんか振ろうもんなら肝心のヘッドが間に合わんやん!?というイメージが 振り遅れが切実な課題である俺にしてみれば全~く抜けきれないものでして、これが違和感の一番。 そう思えば思うほど・・・力んでしまい悪循環を生みだしています。  どうです?教科書通りの泥沼でしょ(T_T)  開き直っちゃうとですね・・・ どうゆっくり振ったらええんですか??が、全くピンと来ない!というのが本音です。 ヘッドが遅れてしまうのが問題ならゆっくり振るより、速く振った方がええやん!!という方が、なんぼもシンプルですよね。 ここが本当に難しい(´・ω・`) 力んで、手元を早く動かせば動かすほど慣性の効いたヘッドが遅れてしまってそれで余計に振り遅れてしまう・・・ という理屈はよ~く分かるんですが かと言って、額面通りにゆっくり振るだけで解決するイメージもなっかなか湧かないんですよねぇ(´・ω・`)=3  と、ず~っとウジウジしてたわけですがさすがになんとかしないとな、と 何度目かの‘課題への挑戦’です。  今回の取っ掛かりは 兎にも角にも切り返しが激しすぎるんでそこだけ修正したら・・・というパイセンの一言。 まずは一か所=切り返しの力感だけに限って改善させちゃおうという算段です。  ご存じ(?)、俺のトップは2段モーションでよっこらしょ!!と弾みをつけて切り返します。 これが激しすぎる理由だというところでこの‘よっこらしょ!!’をどうにかするのが目標です。 ところがこの2段モーション・・・例のヒラヒラに始まるイップスっぽい香りがムンムンするものでして、結構ナイーブな問題。 怖ぇ~(((( ;°Д°))))  そんな感じの中で意識してるのが、下記4点。 その1:トップをコンパクトに トップが大き過ぎると急がなきゃと焦りがちになるので(実際、オーバースイング気味) 自分の中ではハーフトップぐらいをイメージ。 ドラだと・・・それなりに弾みがないとまともに当たらない(飛ばない)イメージがあって ↑これがそもそも間違ってる気もしますがいきなりは体で理解が出来ないのでしばらくはその違和感との戦いですかね~。 これは、実はFWでも取り組んだ意識なのでその感覚を活かせればと思います。  その2:2段モーションを止める これが・・・最大の鬼門(/ω\) とは言え、これにこだわり過ぎてまたヒラヒラカクカクが酷くなっても本末転倒なんで ‘よっこいしょ!!’と弾みを付けないようにそれだけを意識して闇練してます。 あまり、気にしない気にしない。( ´艸`)  その3:フラットなスイング コンパクトなトップが苦手な理由をあれこれ考えてみたところ アップライトに上げる癖が問題じゃないかとふと考えました。 テークバックで腕が体から離れがちなのでその途中での締りが無いわけで そんなところで切り返すとかそりゃ至難だわ~という話です。 そこで、これまでよりフラット気味に上げつつトップ位置を低くするイメージを持って それで自然にコンパクトなトップになるように意識しています。  その4:切り返しのきっかけを体主体で この意識の表現は難しいんですが 要は、手元で切り返す意識が強かった部分をそこを弱めるイメージじゃ改善しないので 上半身の回転をきっかけとしてドローンと切り返す感覚を意識しています。 手元(腕)は、振ると言いうより上半身の回転に遅れないようにする感覚で体の正面から外れないように注意するイメージ。 この時の腕の内転外転にコツが要るようでまだ、そこが掴み切れていないんですが 意識して回転させるというよりはどうやれば上手く追従させられるかという感覚。 使い過ぎないように、どう使うか?といった感じでしょうか。  以上、チェックポイントは4点。 文章にすると、ダラダラ長いんですが(俺の文章力の問題・・・です、はい(ノ_-。)) ここをこうしなきゃ!!みたいなきっちりした形あるチェックポイントではなく 基本、流れの中での調整ばかりです。 結果を見つつ、もうちょっと変えてみるか・・・の繰り返しですね。  闇練で、何回か打ってれば適当に結果が揃ってくる幻想番長ではなく しっかり、コースでも使えるリズムを目指してこの課題に取り組みたいと思います。  ま、のんびり・・・ね(*´ω`*)    頑張れ、俺!!ヾ(。`Д´。)ノ 

      18
      2
      テーマ:
  • 17 Jan
    • パッティングと私2017

      ブログ・・・ノって来ました((〃∇〃) カクカクドライバーのお次はやっぱガクブルパッティングで逝きましょう。  で、今回の主題はというと ライトル名物の震えるパッティングはついに完治・・・したっぽいですというお話。 ( ´艸`) これまで、完治詐欺を何度も何度も繰り返して来た俺ですが それには、自分に暗示をかける意味もありました。 ですが、今回ははっきり言いましょう ガチで完治!! ・・・ですヾ(@°▽°@)ノ  そもそも、昨年あたりの完治詐欺に関しては 自分的には、こんなもんで十分かな?とかそうも思って発した完治宣言でした。 もともとパッティングが上手かったことがないんで震えるも震えないも、ま~こんなもんだろうと。 もったいないなぁ(-""-;)とか言われつつも2パット/Hあたりでなんとか耐えてるんで ギリでハンデなりかな、とそれで納得してた(結構マジで)俺です。  ただし、それでも奥歯に挟まったもののように微妙に気になってた問題点が二つ・・・ その①やっぱ打ち切れない俺なもんでインサート系のフェースが合うんじゃね(/ω\) 一昨年は、ホワイトホットの#7を使ってました。 ここ数年で一番相性が良かったようで同じパターを1年近くも使い続けたのはこれ以外、あまり記憶にありません。 色々あって・・・結局変えちゃったんですが ことショートパットに限ればあれ以上は無かったと思える理由の一番は 許容あり、球足の伸びるホワイトホットインサートです。 あの曖昧な感覚が嫌いな人もいるようですが俺のウィークポイントに合致すること インサート無しのパターを使って改めて感じました。 ↑この流れ何度目?ええ加減気付けよ!な部分。  その②どうしても不必要にトゥアップしちゃう俺(/ω\) 全部のクラブで顔を出す癖なんですがパッティングでも、これがなかなか治まりません。 ここ一番で押し出したり引っ掛けたりと定まらない原因がそこにあるような・・・(T_T) 形状の問題なのか?→で、マレットを試しました。 長さの問題なのか?→で、32インチとか使ってみました。 とかなんとか思いつつもいずれも、なんとな~くの感覚頼みでコロコロとパターを変えたのが良くなかったのか 結局、トゥアップが改善されるわけでもなくなんとな~く、前よりマシかな?止まりでした。  冒頭の通り、それで納得するしかないかな~と自分にも言い聞かせてたんで つまりはもう、どのパター使っても一緒やなと思い始めていたんですが 最後の最後(;・`ω・´)人もう一回だけふらふらしてもええかな?と 上の二つの問題点をクリアすべく道具でなんとかしてやろうと考えました。 条件1:何が何でもホワイトホットインサート!!条件2:長さ33インチ(極端はいかんよなと(;´・ω・)) 条件3:・・・実はここがポイントだったんですが ベターン!!とセット出来る想像しか出来ないトゥアップしないイメージだけで言えば どうしても気になっていた最後の1本。 そのなかでも大き過ぎないモデルが(古い人間なんで大きいマレットがどうも苦手っす) ・・・この娘(♡ >ω< ♡) 五反田のビクトリアで出会いました。(しかもセール品!!) ボーナス時期の浮かれ気分もあって最新の兄弟モデルにも触手を伸ばしましたが 店員の訝しむ目にも負けず1時間近くもコツンコツンコツンやって でも、ファーストインプレッションを信じました。  (〃∇〃)   その後・・・の完治具合は、乞うご期待♪♪ 取りあえずは、どうしても治らなかったトゥアップだけは、自然にすっかり治りましたとさ。 めでたしめでたし(≧▽≦)  About 3 yards . I want to do it well from the beginning . #golf #golfpractice #putting #ゴルフ #もっと上手くなりたい@carphooliganが投稿した動画 - 2016 12月 18 2:34午前 PST   頑張れ、俺!!ヾ(。`Д´。)ノ  

      21
      4
      テーマ:
  • 16 Jan
    • ドラ番長は今!?@リ・スタート

      ブログって・・・ どう書くんでしたっけ???(°Д°;≡°Д°;) と、そんな状況なんでまずはゴルフブログでリハビリを。 テーマはそうですね~やっぱ、ドライバーかな( ´艸`)  覚えてますか・・・俺、ドラ番長を名乗ってたことを・・・。 ま~~~見る影もない現状に自分でも忘れていたお話なんですが 先日、久し振りの友人に久し振りに会って久し振りに言われて・・・思い出しました。  (/ω\)ポッ  愛しのドライバーちゃんはま~~~~~(´・ω・`)相も変わらずやっぱ俺のウィークポイントでして 昨年末、ホムコス仲間による忘年ゴルフでドライバー縛りという拷問設定でしたが 8発奉納して・・・見事、撃墜(された)王に輝き 忘年会で諸先輩方に説教されたことは言うまでもありません。  一応の言い訳としては 昨年はとりあえず短く狭いホムコス攻略!だとドラを抜いて、FWを中心に闇練し続けたもんで練習不足も実戦経験不足も想定通り。 月例にもドラは持って行かずミニドラとFWを中心にプレーしておかげさんで3位入賞も果たし 本格的にドラ闇練を再開させ始めたのはようやく秋口の話なのでこれから・・・ではございますが ず~っとグダグダやってる割には不甲斐ないよなぁと自分でも思うところです、はい。 ヽ(;´ω`)ノ  とは言え、せっかくのめでたい初春ですしせっかくのり・スタートなんで、ここはポジりましょう!!  1)ミスが揃ってきて、その幅も落ち着いて来た ボールの行き先はボールに聞いてくれ~だったのが 基本、やや左出球のやや引っ掛けがデフォでそれを気にした時に右プッシュが出る ・・・に落ち着いてきました。 しかも、闇練に限って言えば武器!?と呼べそうなぐらいの距離が出ていてなおかつ、ハンデなりの精度ぐらいはありそうです。 何より、ミスった時にはそれが感触で分かるというのが、一つの手応え。 これが分かんないと、調整もままならんですからね。 問題は、これがやっぱりコース本番になると別人28号を発動しがちなところで 前より安定感が出たっちゃ~わずかに出たにせよとっ散らかり始まると止まらない癖は健在。 ここにはまだまだ、改善すべき何かがありそうです。  2)また楽しくなってきた(*`▽´*)ウヒョヒョ ドラ番長!とか息巻いて来ましたが 当たらず・飛ばず・・・曲がるの上にスイングまでカクカクしてきて 正直、嫌だな~って思い始めてました( ,,´・ω・)=3 取りあえずは目があるFWを中心にしてしばらくはドラは我慢や!とか言いつつ 内心、ホッとするところもありました。 それがここ最近、FW闇練が功を奏したのかドライバーが急に上向いてきました。 完成度で言えば、それこそ今より‘使える’状態は昨年やその前にもありましたがどれもこれも我慢に我慢を重ねたもので ここまでしてドライバー使う意味あんのか??と自問自答するような状態・・・苦痛でした。 ドラのフルスイングがちゃんと当たって180y期はまさにそのドツボでしたね~( ̄ー ̄; それはそれで、結果重視からの逆追いで必死で頑張った結果なんですが やっぱ趣味なんだから・・・楽しくないとね♪♪ そこで、だ~いぶ根本から変えてのやり直し。 気持ちよく振る!という事に特化して細かい理論や格好悪さも抜きにして ま~なんだかんだで積み重ねたもんがあるのでそれで何とかなるやろ~とそこは楽観的にようやく、それで形になってきた感じです。 細かい話は追々するとして そこそこ振れてそこそこ飛んで そこそこ・・・安定感はまだまだだけど(●´ω`●)ゞ ドライバーを振るのがまた楽しくなって来ましたよ~!!   れんすー ドラとアプ なんで降り遅れるんか? どうやったら加速するんか? 出来んまでも考え中だす(# ̄З ̄) #golf #golf🏌 #golfpractice #driver #golflove #golfer #ゴルフ #ゴルフバカ #ゴルフ脳って何よ???@carphooliganが投稿した動画 - 2016 12月 26 3:37午前 PST    ふぅ。 ブログって、こんなんで良かったっけ??((*´ω`*)ゞ  ちょいちょいアップしてくんでどうぞ、よろしゅう。  頑張れ、俺!!ヾ(。`Д´。)ノ 

      24
      4
      テーマ:
  • 01 Jan
    • あけおめ

      酉年、明けましておめでとうございますご無沙汰しておりますがボチボチと元気にやってます今年はまたボチボチとアップして参りますお付き合いのほどを((*´ー`*)ではでは皆様にはご多幸を!!Happy new year !!!木村ライトル

      22
      5
      テーマ:
  • 27 Sep
    • お知らせ

      皆さんこんにちは( ̄▽ ̄) 木村エルド・・・ライトルです。  クライマックスシリーズに立ち向かうカープ然り 最終予選のクライマックスに差し掛かるハリルジャパン然り そして・・・クライマックスはいずこ?な我がゴルフライフ然り(〃∇〃)  ネタには事欠かない私なんですが  私事により、ここしばらくは忙殺されてブログに集中出来そうにありませんので 止む無く・・・止む無く・・・(;´Д`)ノ 一旦、お休みとさせて頂きたいと思います。  誰かに強制されてやってるブログじゃありませんがほとんどライフワーク化している現在 書きたいのに書けないという状態をそのまま放っとくのは、勝手に自分で気持ち悪く また、こんな俺のブログでも楽しみにしてくれている全国一千万・・・ (°Д°;≡°Д°;)・・・もはいないかもしれませんが 一部の奇特(笑)な読者の皆さんにもなんだか勝手に申し訳なく  一応、ご報告まで。   あ・・・別に死んでるわけではなく カープ観戦もサッカー観戦も芝生の上で下手を固める例の運動もこれまで通りにやってますんで、ご心配なく。 コンペにオフ会にこれまで通り、お声がけくださいな♪♪ お手軽なツイッターやFBなんぞは何の気なく継続してますし もちろん、皆さんのブログも読んではちゃちゃを入れますので、遊んでくださいね。   ではでは(@´з`@)ノ゙ 落ち着いたら、また必ず再開しますのでなんとな~くお楽しみに♪♪  木村ライトルでした。 

      63
      3
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 簡単なお話

      皆さんご無沙汰~んしております。木村エルドレッ・・・あ、いや木村ライトルです。 夢にまで見たカープの優勝以降お祭り騒ぎは続くものでして ふわふわする気持ちそのままに公私ともにお祭り騒ぎに巻き込まれる始末で(公のお祭りは・・・勘弁願いたいところですね(涙)) ゴルフもブログもお返事も カープの応援以外は全部滞っておりまするるる(。-人-。)メンゴ!!  その隙を縫いまして生存報告もかねがね、簡単な話を一つ。  自称、理論派ゴルファーなどと息まいて始めたブログなんですが ま~井戸の中のケロケロカエルでしたよ俺なんか(;´Д`)ノ・・・と 最近、引導を渡されてしまいました。  そのお方がうじまっちゃさん。 ま~色々と敵いませんよ、この人には。(●´ω`●)ゞ 物理のベースが半端ないもんですから。ちょっと気を抜くと、途中で何のブログだったのか?と置いてかれます。 なんや?このブログ・・・一体、どんな堅物が書いとんねん?と それが、全シ研に参加した興味の一つだったりしました。 実際にお会いすると・・・ま、それはいずれ書くとして(*´艸`*) 魅力的な人ですよ、マジでマジで♪♪  それはさて置き俺がうじまっちゃさんに最初に教わったこと・・・ 実は、その教わった時に目からうろこが ポーン!!!( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ と、飛んでったことで 彼への畏敬の念が一気にヒートアップしたまんまの今です。  で、それが何かって言うと・・・ ボールの飛んで行く方向は唯一、フェースの向きによるものでスイングの方向に寄らない ってだけの、簡単な話。 で・・・鱗、ぼっろ~ですよ( ゚ ▽ ゚ ;)  この話題、実は3~4年前に某ゴルフの仙人と意見を戦わせたことがあった話題だったはずなんですが 結局、ピンと来ずヽ((◎д◎ ))ゝ 有耶無耶のままの解釈でなんとなくここまで来ていたんですが じゃ~ライトルさん縦の関係で考えて貰って ロフトがあってダウンブローに打って球が地面に潜りますか?? 鱗、ぼっろ~ででしょ( ゚ ▽ ゚ ;)分かりやすいわ、この説明。  たったこれだけの簡単な話なんですがこれが実はかな~り大切で ミスショットに関して 例えば、球が右に出ればそれはフェースが開いていたって証拠でスイング軌道の話ではありません。 インサイドアウトだろうがアウトサイドインだろうが フェースが開いていればこそ球は右に飛んで行くしかないので そこで軌道を第一に修正しちゃったらとっ散らかりかねませんよね。 右に飛んでった・・・↓おや、インサイドアウトだったかな??↓よっしゃ、アウトサイドインやな!!↓・・・??↓あれ?右に出てその上、めっちゃスライスするやん!!(°Д°;≡°Д°;) そりゃそうです・・・ フェースが開いたまんまカット軌道をより意識しちゃったらスライス回転が強まって当たり前ですよね。 もう、ドツボです。  逆もまた然り。 俺はどっちかというと引っ掛けゴルファーなんですが 引っ掛けちゃったからと言って軌道のせいにしてカットに入れてたんじゃ~ さらに真っすぐ・・・ど引っ掛けしますよね。 もう、ドツボです。  出球方向はフェースの向きによる そのシンプルで簡単な話をもとに それが左なら、フェースが左を向いてる証拠なので何よりもまずフェースの向きを修正しつつ その上で、回転の度合いを見て軌道を調整するイメージで闇練に取り組むと あら不思議???悩みが本当~にシンプルになりまして 無駄な混乱なしに、練習を重ねられるようになりました。  さらに言えば、ラウンドでも全くの同様で 出球方向でのミスショットはとにかくフェースの向きの問題や!と固め打ちできれば、混乱は少ないですよね。 実際には、プラスアルファーとしてスイング軌道も結果的には修正してるんですが あくまでも、取っ掛かりはフェースの向き!! 少なくとも、ラウンド中にはそれだけしか考えないようにしています。 それだけで修正出来る!!という確信がかなりの根拠をもって有るのと無いのとでは大違いなわけで、この影響は大なんですよね(°∀°)b  結果、複雑な要因だったりもあってそれだけの話じゃない部分もあるわけですが (もちろん、俺の修正能力の問題もある・・・よ) それはあくまでも結果論であって そこでの誤差なんて俺自身のレベルの幅に収まるもの。 それよりも・・・ どれだけ現地での対応をシンプルにするかまた、そのことによって平常心でプレー出来るか これこそが第一なわけです。  不思議なもので うじまっちゃさんの、鱗ぼっろ~の教えを無抵抗に鵜呑みしちゃった後 開き直った闇練と開き直ったラウンドとで 現在、プラセボ効果まっしぐら!!! 絶賛、好調維持なう!でございます(≧▽≦)  単純やな~俺も♪♪   頑張れ、俺!!!ヾ(。`Д´。)ノ 

      34
      2
      1
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 感無量

      感無量涙が止まらないよ我がblogの一つのターニングポイントカープありがとうみんなみんなおめでとう!!!#広島カープ #優勝そして#日本一ブログをまとめてみる >

      33
      5
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 色んなゴルフ

      マジックが1マジックが1マジックが1・・・ (((( ;°Д°)))) あ、どうも。胴上げシーンが夢にまで出てくるカープファン歴=年齢の木村ライトルです。 今日の巨人・ヤクルト戦きっとOBの大竹選手がしっかりと移動日優勝を全力で阻止してくれるはず・・・ 気を抜くと、そればっかり考えちゃうんで別のことを考えてみます。   先日、古い友人らとゴルフに行きました。 俺と、もう一人は同じ雰囲気のクラブ内競技ゴルファーで もう一人はスクラッチプレイヤーもう一人は接待ゴルファーの4人でした。  とあるホールでの、スクラッチくんのパッティング中 接待ゴルファーくんが喋ってるのが気になってアドレスを外すシーンがありました。 俺にもその話し声が聞こえてたんですが ま~それなりに意識されたであろう小声だし喋ってた場所もグリーンエッジで、少し離れてたし ナーバスやねぇ~とか思ったもんですが ホールアウト後も、あれはマナー違反やで!とチクリと一言もありまして 接待ゴルファーくんは申し訳なさそうにさすが競技ゴルファーやってる人は違うなぁと感心しきりでございましたが  個人的には、正直・・・違和感あります。( ̄ー ̄;  パッティング中に物音立てたり、動いたりましてや話すことなんかは全くのNGでスクラッチくんの言うことは、完璧に正論でして マナーの優先順位としては、かなり上の方です。 確かに、グリーン上って ラインを読んだり、道具を置いたり、ボールを拭いたりそこまでの道のりを・・・ボーっと悔やんだり(TωT) やることも考えることも多くってついつい‘やっちゃう’場所なんですよね。 それだけに、どうやって効率よくなおかつスマートに動けるかのルーティン作りは絶えず意識している課題でもあります。 実際、本物の上級者ってものすごく無駄なく自然なんですよね~ここが。 スタイリッシュですわ~(〃∇〃)  ただし、あくまでもマナーの一環である限りそこは程度問題だろうとも思うんですよね。 要はTPOってやつで どんなコースで、どういう仲間とどういう目的でやってるゴルフなのかによって どこまで厳格に守るべきマナーなのか?もしくは、そもそも必要なマナーなのか? が、変わって当然だろうという話です。  個人的な感覚で言えば 例えば、グリーン上での話し声は フリーで入って知らない人と回るときや競技なんかじゃ要注意なんですが 仲間内のエンジョイゴルフなんかであればその意識さえ感じられれば、ある程度はセーフかなと。 数少ない記憶をたどって、接待ゴルフなら完全に状況次第で、正解だろうと思います。  とかくゴルフってのは 競技だろうが、接待だろうがエンジョイ(←この表現、嫌うよね~)だろうが 最低限のマナーがあるんやで!!ヾ(。`Д´。)ノ とか言われがちなんですが ここの設定のバランスが変やな~(。・ε・。)と常々思っています。 理屈に合わないものや時代遅れのものも多くって でも、実はそこが大きな問題ではなく 何でもかんでも、一つの形に当てはめようという懐の無さに大きな問題があるものです。  ざっくばらんに言ってしまうと 格式ある伝統的なゴルフスタイルと上級者至上の競技志向ゴルフと これ以外は亜流であるという雰囲気をゴルフは、なかなか拭いきれないんですよね~。 だからかたっ苦しいし、とっ付きにくい。  格式ある伝統や上級者というのは確かに正論の一端ですよね。 例の、グリーン上のマナーもまた然りでそれだけを取り上げて否定することは出来ません。 しかしながら、これだけ入り口からして大きく多様化してきたゴルフの楽しみ方を伝統と技術だけで語るのには無理がありますね。  格式あるコースで伝統的なゴルフスタイルを楽しむゴルフがあってもいいように カジュアルで気軽なゴルフを楽しむスタイルがもっとあっていいように思います。 同様に、ひたすら上達を目指す競技志向のゴルフがあっていいように 仲間とのコミュニケーションやらたまの楽しみだったとしていいと思われます。 いずれにせよ、くだらないドレスーコードは控えめにルールやマナーが大枠のものだけでもそれで十二分にゴルフを楽しめるはずですよね。 特に入り口なんてそうあるべきで いきなりの出だしから、最高の上昇志向と競技志向とおまけに慣れない格式なんぞを求められるゴルフは 実に敷居の高いスポーツだと言わざるを得ません。  もったいね(;´Д`)ノ  俺の考える最低限は破壊行為と危険行為はイカンよ!!の二つで 後は、大勢で使うコースなんでスロープレーを防ぐべく、極力の努力があればそれで十分だろうと思うんですが これですら、そのコースなりであり(初心者の集まるビジターコースじゃ多少しゃ~ない) その目的、レベルなりのものだと思います。(競技系の方たちのてきぱき感は・・・慣れだからね)  どれもこれも、型があるものじゃありません。 コースが色分けされるでもなくゴルフの形が変わるもんでもありません。 だからこそ・・・どんなコースで、どういう仲間とどういう目的でやってるゴルフなのかによって自らが‘最適’を見出す部分が大きいスポーツだと そう思っています。 TPOをスマートにこなせる人はそう多くいるもんじゃありませんよね。 だからこそ、ゴルフはマナーのスポーツなんです。 どこかで聞いた風な定型マナーを例外を許さず、理解もせずに厳粛に当てはめることが そんなもんマナーでも何でもないしやっぱ、格好悪いですよね。   俺が憧れ、目標とするゴルファーの一人。 ゴリゴリの上級者なんですが細かいこと抜きに、スコアだけじゃないゴルフをその時ばかりは楽しんでいて 昼には酒を酌み交わしつつゴルフ談義だけでなく、人生論なんかも語っちゃいます。 聞けば、教えて欲しい部分は教えてくれるしどうしても気になるであろう部分はさりげな~く指導してくれます。 組の進行が遅くなれば率先して、なおかつ自然に流れを調整するし後輩である我々への配慮も諸々ぬかりありません。 要は・・・一緒に回ってて楽しいんですよ♪♪ きっと、競技の場では違うゴルフをするだろうし恐らく接待ゴルフになれば、それにも合わせるはず。  あれこそが・・・本当のマナー、本物の上級者なんじゃやないかな、と。  ん~まだまだ、色々と足りないわな(●´ω`●)ゞ  頑張れ、俺ヾ(。`Д´。)ノ!!     え~っとなんだっけ・・・あ、そうそう。 今日だけは 頑張れよ、大竹!!!ヾ(。`Д´。)ノ でしたね。  

      23
      9
      テーマ:
  • 06 Sep
    • M4⇒CS

      M4ですか・・・ いや~来るところまで来ちゃいましたね。( ̄ー ̄;  優勝!!とか軽々しく口にしちゃいかん!!とそんな妙な空気感があった8月でしたが あの兎さんが最接近してきた3連戦を含めて俺は一貫して・・・絶対優勝!!!と、言い続けてきました。  密かにチャンスあり・・・と思っていた昨シーズン。 俺にしては珍しく控え目にその思いは胸にしまって応援してましたが ここ一番に弱いカープはずるずると最低限の目標とすら思うことも無かった当たり前のCSも逃す羽目に((T_T)  やっぱ、ファンが勢いつけんでどうすんねん!!!開幕スタートから、絶対優勝!!やろうが!!! と、臨んだ今シーズンでしたが さすがに当方も順調過ぎて、戸惑っております。  こんなんでしたっけ?(°Д°;≡°Д°;)  一応、カープの黄金期を知る俺ですらフワフワするこの流れには付いて行けず その分、逆に新鮮に無邪気な驚きと興奮をもって 優勝に向かう、この一番幸せな時間を楽しまさせて頂いております。   ところで、優勝前にしておきたかった話題を一つ。(↑もう言い切っちゃってますけどね(〃艸〃)) CSの話。 逆に、気が早いわ~!!とか思いながら聞き流していますが 兎さんやら兎さんやら兎さんやらのファンから 優勝したって日本一ちゃうからな、とかCSで負けたら一緒やからな、とか 色々と、先輩の教えを頂いております。  でもね、CSって・・・ 何なら、俺ら(カープファン)の方が良く知ってるんやけどね、実際問題( ((´∀`*)) CSがあって、それが弾みとなってファンも、そしておそらくチームとしてもモチベーションが上がって来て 少しづつ少しづつ、暗黒期を抜けてきました。 スコーン!と優勝しちゃったヤクさんは?ですがきっとベイさんは同じじゃないかなぁと。 5割に満たない3位なんかこっ恥ずかしいわとか心無い話に晒されながらも なんとか必死にCSに食らいついてそこでの経験を糧に、前に進んでこれたと思っています。  なので、CSって大事よ(〃∇〃)  カープは、過去2回のCS経験があります。 2013年の初進出時は最高潮の盛り上がりのままに2位阪神を甲子園で撃破するものの・・・(↑思い出すな~あの現地の雰囲気♪♪) 東京ドームに現れた我らがカープは見たことないほどのカチンコチンで呆気なく3連敗・・・ 正直、実力差というよりも経験値の差を大きく感じたものです。 2014年には、CS行きはあっさり決めるも阪神にも借りをあっさり返され・・・ 勢いを取り除いたところでの戦い方に経験の差を、また感じました。  CS進出、CSでの勝ち方・・・と一つ一つ律儀に壁にぶつかるカープで しかも、出し切って砕けるというよりも勝手に固くなって砕けてしまうという 見ているこっちにしてみればフラストレーションの溜まる流ればかりです。 しかしながら、今のカープには その一つ一つつまずく『経験の壁』の先に必ずそれをクリアしてきた事実がはっきりあって そこに明らかな成長を感じられることが希望となっていて、一番の魅力にもなっています。 ま、若いチームですからね(*≧m≦*) 2015年のもたつきは順調だった流れにブレーキをかけるかと思ったんですが 2016年のふたを開けて見れば・・・ どうやら、一気にブレークスルーする勢いで壁を越えてきたみたい。頼もしい限りです。  能力だけじゃない部分の足りない経験をゆっくりゆっくりと積み上げてきたからこその 今のカープがあって 実力も、それに伴ってきたものです。 それもこれも、目に見える目標としてのCSがあったからこそであり つまり、カープはCSで強くなったと言っても過言ではないのです。 逆に、CSが待ってないペナントの方にこそもはや違和感しかありませんよね。   正直、まずは優勝です。 CSのことも、ちょっとは頭にはありますが俺にとっては、そんなことよりも何よりも喉から手が出るほど望ましいものは やっぱり、セリーグ優勝!!なのです。 め~っちゃ楽しみでめ~っちゃ待ち遠しいです。  優勝に慣れたチームにしてみればともすると、たかが優勝で CSの先にようやく日本シリーズがあるので最低限、CS制覇までがセットとしてしかイメージされないのかもしれませんね。 ん~(-。-;)常勝ってのも大変やな。 思えば、CSにおける資質を問うのもやはり常勝チームのファンに多い考え方で勝率5割問題も、確かその辺で出た話だったかと。 たかがルール設定なんで3位までなら3位までで良くないかなぁと。 5割切った3位のチームに日本一の可能性があるとかそれこそドラマであり、形ある目標だろうに・・・ それが、リーグ全体を盛り上げるんだと思うんですけどね。 最強チームの一つや二つで業界を支えられるご時世でもありませんので。  さて、このまま行くと・・・いや、このままカープが絶対優勝!するんで (≧∇≦)(≧∇≦)(≧∇≦) 今季のCSは、我らがカープが迎え撃つ形となります。 せっかく優勝しても、日本シリーズ逃したら悔しいやろうな~とか ・・・心底、ピンと来ませんよ。 少なくとも、俺には暖簾に腕押しです。(* ´艸`)クスクス  まずは優勝!!・・・それしか無いし CSが在ろうと無かろうとそれがリーグ制覇の証に変わりありません。 なんとも誇らしい話ですよ♪♪ その上で、CSファイナルステージで2位3位の勝者を迎え撃つ構図とか・・・ (ノ≧∇≦)最高かよ!!! 5割切った3位だろうが何だろうが(今や2位のチームも・・・怪しいけどね) ぶっ潰して、日本シリーズに行ったるわい!!!  そこで勝ち切れるかどうかは別にこれは予防線でも何でもなく簡単な話ではないことぐらい、良く知ってます。 いくらかのアドバンテージが例の経験の差で相殺されて・・・良くて半々ぐらい。 ま~律儀に壁にぶつかるカープですからwww 急にカチンコチンになっても何ら不思議じゃありませんよね、正直。 ただ、仮にそうなったとしても今のカープなら、それを必ず糧にするということそこの部分にだけは絶対の信頼があるのでもしもの時はもしもの時で、また次に繋がります。 一過性の強さじゃないことは確信しておりますのでそれはそれで・・・お楽しみ♪♪ ま、それぐらいの感覚じゃなきゃ~カープファンは務まりませんよ(*゜▽゜ノノ゛   頑張れ、カープ!!!ヾ(。`Д´。)   とか言いながら、ドキドキしてきたよ。   にほんブログ村 にほんブログ村

      34
      4
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 闇練@開眼、再び!!!

      この夏は・・・色々と忙しくってですね~ゴニョゴニョ (●´ω`●)ゞ とかなんとかの言い訳はさて置きほぼ3週間ぶりの闇練へGO!! 一応、イメトレとオレンジ先生の素振りはそれなりにやっていた中で 実は、何度目かの開眼ポイントを見出しておりまして それを試したくってウッズウッズ・・・。 そんな妄想がパンパンに広がってたんで現実とのギャップに恐る恐るでしたが 結果は・・・まんずまんず(〃∇〃) 練習しない方が上手くなる理論再浮上キーワードとなりそうな予感です。 (ゴメンなさい、嘘です。反省してます↑)  開眼ポイントとは言うものの何のことはない テークバックからトップ、そしてフィニッシュまでの一連の流れとしてのスイングイメージが や~っとこさ出来てきた・・・という話です。  ( ̄□ ̄;)え!?今、そこ??・・・とか言われちゃいそうですよね~。  正直、今までのスイングは切れ切れのイメージで テークバックはテークバックの悩みと改善点切り返しは切り返しの・・・(以下同文)フォローはフォローの・・・(以下同文) と、そんな感じに取り組んできました。 でも、そんな考え方では 例えばトップが良くても、今度は切り返しがずれそれで切り返しを考えても、今度は・・・(以下同文)。 挙句の果てに、そんなバラバラのチェックポイントがスイング全体のリズムをも狂わせて それが、イップス持ちの原因でもあるかな~と反省するところです(´・ω・`)  それで少々考えを改めまして ごちゃごちゃ考えるのはもう何年もお釣りが来るほどやって来たんで しばらくは、気持ちよ~く振ることだけに集中してみたら何か変わるかな?と思ったんですが やはりそこには、『要』となるポイントが必要でどう気持ちよく振るかが重要ですよね。 で、今回、やっと見つかりそうなのがその部分なのです。  具体的には・・・ テークバックは飛球線方向に真っすぐ引くイメージそこで体はしっかり捻転させるイメージで、切り返しからは、体をねじ戻し(回転させ)腕はアドレスの形に向けて、真っすぐ下ろすべし!!で、自然なフィニッシュまでノーブレーキで♪♪ ・・・って、分からんよね~他の人には(〃∇〃) あくまでも、感覚優先の話なんでもとより言葉だけじゃ~上手く表現は出来ません。 ただ、このイメージが一つのモノとして俺の中にはっきり在る!というのが重要なのです。 そして、さらに言えばその結果が語れるほどに一定であること。 これまでに、圧倒的な右や左の旦那様打法で散々に苦しんできた俺にしてみると これを求めて三千里・・・四苦八苦してきたと言っても過言ではありません。 因みに、今現在の俺の場合『真っすぐやや左に出る』がデフォルトです。  もう一点、重要なポイントが上↑のMYイメージが基準だとして その結果のずれの判断とその修正方法がシンプルに在る!!ということです。 複雑な話じゃ~ありません。 たくさんの要素が絡むコースでのミスに対してそこであれこれ悩んでもしょうがないので ミスの中の分かりやすい最大を判断してそれへの対処の最もシンプルなものを思い切ってやれること・・・ってだけのことです。 実際に、どこまでそれでいい結果になるかはこの先に積み重ねるものだと開き直りつつ 対処の取っ掛かりとしての自信さえあれば実は、ハンデ以上にとっ散らかることはありません。 ラウンド中のたいていのパニックは状況判断しきれないまま、中途半端な対応をして想像を超えるミスが出た時に起こるものでして そんなパニックがまたパニックを呼ぶ負の連鎖・・・ それさえ避けられれば実は、大きな問題にはならないのです。  ま~いずれもよく聞く話ですが経験の裏付けがないと効果を発しませんよね。 素直じゃないもんで・・・長かったよ(´_`。) もちろん、今がそれらを完璧にこなせるわけでもなんでもありませんが こなせなかった時ってのは まだ、そこまでのレベルに無かったかいずれにせよ‘しょうがない’話だったのか そのどちらかだからね~と開き直れる そのことが重要!!ヾ(。`Д´。)ノ 後は、そこまでのレベルに無かった・・・という方をゆっくり改善していくだけかなぁと。  ゴルフがシンプルになって来ましたよ( ´艸`)   闇練ではやや引っ掛け気味が気になります。  SRIXON Z745 #7 #golf #golfswing #golfer #dunlop@carphooliganが投稿した動画 - 2016 9月 2 5:52午前 PDT しかし、無理やり強引に修正するよりかはそれはそれで持ち球(傾向)として安定させつつ大枠で抑えられればいいかな~ぐらいの気楽な意識で取り組んでます。 このぐらいで済めば、狙い方で対応できますので♪ それよりも、対処応力を鍛えねば!!ヽ(゜▽、゜)ノ  て言うか・・・ナチュラルな引っ掛けに関して言えば クラブがアップライトすぎるかな~??、微妙に。(by パン君からのご指摘) 今度、一回見て貰おうかな??  ドウグダイジ、ドウグダイジ。   頑張れ、俺ヾ(。`Д´。)ノ!! 

      23
      2
      テーマ:
  • 02 Sep
    • UAE戦を観て・・・

      ちょっと長くなります。  日本人は・・・ 細かく緻密な作業を素早く正確に繰り返し積み上げことが得意である。 ザッケローニのポゼッションサッカーはまさに、そんな日本人に最適で 当時のザックジャパンこそもっとも頂点に近づいたであろうと ・・・個人的に、今でも思う所以である。  それを証明するのはザックジャパンだけではない。 いわゆる‘96ジャパン’と呼ばれた吉武監督が率いたU17日本代表メンバーは※U17W杯UAE大会(2013) 圧倒的な支配率とその質とで アンダー世代ながら一つのポゼッションサッカーの完成形として今でも世界的に評価が高いチームだ。 日本人はポゼッションサッカーが得意なのだ。  では、なぜ好成績に至らなかったのか?? 何度もの繰り返しになるけど W杯本戦のグループリーグを抜けるかどうかつまり、ベスト32と16の違いなど紙一重である。 そもそも番狂わせの起きやすいスポーツでの1勝はおろか1分けの差で決まる綾を天と地ほどの差で語ることは、まず無意味なのだ。 その上でなお、ポゼッションに長けた日本代表のもう一つ足りない部分を挙げるとすると それは‘決定力’ということになる。 しっかり守り、しっかり攻めら形を作れるのだが最後の最後で点が取れない・・・簡単に言えば、それだけ。  となると、往々にして責められがちなのが得点するポジションの選手なのだが ‘決定力’を個人に求めるのは正直、頂けない(。・ε・。) 例えば、クリロナやメッシの様な‘決定力’を持つスーパースターがいれば確かに、もう少し問題が解決するんだが そんな才能はギフトであって世界中を眺めたところで、旬は4~5人しかおらず あれば(いれば)ラッキーにせよそれ頼みのチーム作りじゃ先がない。 ‘決定力’とはチームで作るもの・・・ 選手ではなく、チームとして日本代表はそこが上手くなかっただけなのだ。   戦術の話に戻る。 ポゼッションサッカーの時代は流れここ最近は、猫も杓子も『堅守速攻』である。 そういうと、一昔前の中東勢よろしくがっつり守って、一発で返すイメージがすぐには浮かびがちなようだが 今の『堅守速攻』はそれとは別物だ。  キーワードは守備。  ポゼッションを高めることでしっかりと形作られた攻撃に対するにはもちろん、守備の方も進化が必要で 攻撃同様、過去にはマンパワーに頼りがちだった守備においても組織だった守備形態が発展し いわゆるブロックが形成されてしまえば並大抵の攻撃では崩せなくなって来た現状がある。 今や、アジアの中堅どころでも立派な守備ブロックを素早く形成するもので 最近、急速に日本が苦しめられる始めたのにはこの辺に要因がある。 もともと得点の少ないスポーツで守備まで進化しちゃったらそりゃ~‘決定力’不足が際立って当たり前。 これは日本に限った話でもない。  さてさて、守備をがっちり固められたら次に攻撃はどう対応するか・・・ その強固なブロックをこじ開けるべくより強固な攻撃力を持つべし!!とかいう北風的発想が極端になれば 単純には‘決定力’のある選手を望む声になりがちなのだが こう言われると、強引な手であることが分かるはずだ。 あくまでもギフトとして期待する程度のもので今の日本人FWが、極めて能力が低いわけでもなくチームのレベルなりには相応で・・・ いや、むしろ若い選手にはこれまで以上に才能ある選手が揃って来ているので 今後、ここを言い訳にするのはナンセンスだろうと思う。  個は個として磨くとして、それと並行すべき堅い守備を崩すもう一つの手は何か? それは・・・守備が固まる前に攻めればいいってこと。 ( ´艸`)シンプルでしょ。  攻撃の形をしっかり作ってしっかり攻めるのと相手の守備が揃う前に素早く攻め切るのと 守備が進化した今、明らかに有効なのは後者でそれが現代の『堅守速攻』である。 そのためには、前線からのハードプレス最終ラインの高さ(攻撃型のGK流行も含む)守備から攻撃への切り返しの速さフィニッシュまで手数をかけないことなどなど アギーレに始まってハリルに至るまでよく耳にするキーワードとなったのは全て現代的『堅守速攻』を目指すキーワードなのだ。  中には、それを雑だと評したりポンポンと攻守が変わって落ち着きがないとか言うけれど 結果、その方が得点には効率が良いのだからしょうがないよね(〃∇〃) もっとサイド攻撃!をという声も聞こえるが実は、今、最も得点に結び付きやすい攻め方はアーリークロス(サイド攻撃の4倍というデータもある)で これも、速攻の効率の良さを示すもの。 相手ブロックを崩すための変化は必要だが フィジカルに劣る日本代表がオーソドックスなサイド攻撃を軸にするのは やはり得策ではないのだ。   じゃ~この『堅守速攻』の日本人への適正はというと・・・ 今のところ、ポゼッションほどの親和性は残念ながら見えてはいないが 『堅守速攻』を支えるべき高い基本技術と戦術理解、献身性、俊敏性、運動量などこれらは全て、日本人選手のストロングポイントで 十分な適性を感じる。 アギーレ初期のドタバタに比べるとだいぶ形になって来ているのでやっぱり時間もかかるものなんだろうが そのハードルとして、一番の課題を感じる部分はそんなベースの部分の話ではなく 瞬間的な判断にちらちら見え隠れする日本人独特の消極性にあるような気がしてならない。  『堅守速攻』の肝は、いかにして常に前向きに攻撃を意識できるかの部分でこれは、ポゼッションサッカーとの大きな違い。 消極性は間違いなく、そのブレーキとなり得るのだ。   さて、ようやく本題。  今回のアジア最終予選のUAE戦で最も気になった選手は大島である。 LIVEで見た限り、前半だけではっきり3回前に向けるシーンで、彼は横に確実なパスを出した。 もちろん何でもかんでもチャレンジするだけが能ではないが たかがテレビ越しの素人の見立てに過ぎなくとも 周りのを窺いながらデュエルを躊躇したであろう場面が、3回もあるのだ。  明らかに、彼は消極的だった。  異様なプレッシャーのかかる初戦に下の世代からの抜擢で初スタメン!というのは割引材料ではあるし 後半のいくつかの彼のプレーを見て能力的に足りなくはないことも十二分に理解できる。 しかしながら・・・フル代表で、それは言い訳にはならない。 当然ながら、昨日の敗戦の責任を彼だけに押し付ける気は毛頭ないし むしろ、彼のスロースタートをカバーしきれない(これは・・・日本病ですが(〃艸〃)) 常連メンバーのガッチガチの空気にこそ大きく物足りないものを感じる部分が多かったよね。 ただ、能力ある若い選手だからこそ勢いを見せて欲しかったかな~と思うし それよりも何よりも そのぐらいの選手でないとこれからの『堅守速攻』にはフィットしない。 とっさの判断で、どれだけ手数を減らせるか?そして一歩でもゴールに近付けるか?が勝負で どんなに高い技術のある選手だろうがそこで弱気な選択が目立つなら 結局は、惜しい惜しい以上になることはないからだ。  この雰囲気・・・覚えてるかな??どこかで見たことないかな?? そう、リオ五輪。 好試合なのに、結果、破れ好試合なのに勝ちきれない あれだ(`・ω・´) それまでにも力があるのに国際大会で活かしきれなかった原因が また見え隠れしたと思う。 フル代表大抜擢、即スタメン大抜擢のチャンスで変われなかったこと・・・そこが、なお残念。 あれでは、リオのVTRを見たようなものだよね。  次は、圧勝するしかないタイ戦なのだが この不用意な敗戦を引きずってマイナスに傾くか五輪を経てなおの不甲斐なさに発奮してプラスにするか 同じメンバーで挑む、ここが彼の勝負所だろう。 残念ながら、香川や宇佐美の様に他で圧倒的な何かを残してきたわけでもなく 同様に消極性を晒し気味だった浅野の様にこれから何かを残しそうな環境にあるわけでもなく 彼に多くのチャンスが残っているとは思えないのだが彼の活躍は、ロシア大会だけを占うものじゃない。 この先しばらく続くであろう『堅守速攻』サッカーの波に日本が乗れるのか? 大島がここで変われなければロシア後が危ないよ。  大事な初戦を落として正直、ロシアの後まで心配している状況でもないがかといって、先延ばしにして良い問題じゃない。 それだけに、チャンスは少ないんだよね。  頑張れ、大島!! 俺は期待しているんやで!!   <font color="#0000FF">日本</font> 1-2 UAE(埼玉スタジアム2002) <strong><font size="3"><font color="#0066FF">頑張れ、日本代表!!!頑張れ、ハリルジャパン!!!ヾ(。`Д´。)ノ</font></font></strong>  心配ない。まだ始まったばかりだよ。  <a href="http://blog.with2.net/link.php?1085936"><img src="http://image.with2.net/img/banner/m06/br_banner_soccer.gif" width="109" height="60" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a> <a href="http://www.blogmura.com/" target="_blank"><img src="http://www.blogmura.com/img/www88_31_3.gif" width="88" height="31" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>

      23
      テーマ:
  • 12 Aug
    • 五輪×3試合@リオデジャネイロ

      日本 4-5 ナイジェリア(アレーナ・フォンチ・ノヴァ)日本 2-2 コロンビア(アレーナ・ダ・アマゾニア)日本 1-0 スウェーデン(アレーナ・ダ・アマゾニア)五輪、決勝トーナメントには進出ならず残念な結果となりました。( ̄ー ̄;敗者の常でしょうか早速、いつものメンバーを中心に責任問題やらなんやら騒いでいますが正直、その手の話には興味はありません。ま~期待して応援するんで負けて責められるのもしゃ~ない部分もありますが結果を悲観的にだけ捉えての犯人探しでこれからが良くなることはないので基本、必要以上の批判はマイナスであり批判のための批判はチームを育てません。と、いつもの御託を並べたところで(●´ω`●)ゞその上で、冷静に振り返るとさて、どうやったでしょうか??正直・・・ま、妥当かな~と良くも悪くも想像通りというのが個人的な感想です。まず、ポジティブな面から。(*^ー^)ノ戦前予想で「死の組」と言われた通り優勝候補のコロンビアアフリカ王者ナイジェリアヨーロッパ王者スウェーデンあえて、口にはしなかったですがかな~り厳しい組というのが事実。ナイジェリアには粘って引き分けてコロンビア戦での負けを抑えてスウェーデンに勝つ・・・というのが俺のリーグ戦突破イメージだったんですが他の前向きな予想を並べても似たようなもんだったと思います。逆に、もっと悲観的な予想の方が多くリーグ戦突破はおろか3戦全敗もあるよといった感じでしたね。ところが、ふたを開けてみればナイジェリア戦はさて置きコロンビアには2点も先制されるも全体では日本が押す展開で‘惜しい’引き分けでスウェーデン戦に至っては終始押し切っての勝利と戦前のイメージを上回る流れで返す返すも、初戦のタラレバが悔やまれる結果となりました。その具体的な反省は後で書くとしてもU23においては優勝候補だろうがアフリカ王者だろうがヨーロッパ王者だろうが互角に戦えるレベルにあるということ上方修正気味に確認できました。俺が負け惜しんでもしょうがないのでそんなつもりはないんですが所詮、本番の勝ち負けなどはクロスゲームに過ぎないわけで事実、ボタンの掛け違えで決勝リーグ進出が十分あったので全く勝負にならなかったという批判は的外れでしかありません。日本のレベルでスロースタートは厳しいし勝負どころの駆け引きが弱いのも事実でその部分は課題として露呈しますが単純な力関係で言えば勢いあった前大会と同じかそれ以上・・・と言っても無理はないかと思います。惜しむらくは、3点。本来、このオリンピックチームのストロングポイントである守備が崩壊してしまったことが、まず第一。不動の中心であるべきCB岩波が使える状況ではなく本来、それをカバーすべき立場だった同じくCB奈良が離脱し大会前に、決定的にバランスを崩しました。それをOA塩谷で補完しようとするも能力的には大きな問題は感じないとしてもいかんせん、彼に求められるバランスを保つ支柱にはなりきれず残念ながら、代表経験・国際経験の低さを示してしまったと言わざるを得ません。今後のOAの使い方に課題を残したであろう結果ですね。前大会の吉田の様に圧倒的経験に基づく存在感でもないと4年間で作ってきた関係性を崩してまでOAを使う優位性が無い!!・・・そう思っちゃいました。特に今回のオリジナルメンバーには国際経験が乏しいものでそこに対するカバーがより求められた人選が欲しかったです。(もしくはOAを使わない・・・)岩波、奈良脱落という緊急事態でしたが(はっきり言って、かなり苦しい・・・)微妙~に植田と並ぶ選手が入っただけじゃそのバランスを作るのは難しい・・・初戦の守備崩壊ではフワフワした塩谷のプレーに植田をはじめ大島らにも遠慮が生まれ中途半端なパスや連携が目立ちましたわけで失点の多くは、相手に圧倒されたのでもなくその連携不足を突かれたものばかりでした。これは塩谷一人を責めるのではなく大きな部分は使い方の問題で今後は、単純な補完要因としてのOA投入には慎重になりたいところです。第二に、これは今回のB代表チームの前々から抱える問題点なんですが結局、最後の最後まで彼らは消極的でした(*´Д`)=з逆に、その消極的な印象の中でよくぞあれだけの得点を上げたものだと感心する部分でもあります。とにかく、今回のメンバーは基本的に技巧派揃いでした。3戦を通じて、テクニックの面で勝負にならないシーンはほとんどなくああ、やっぱ日本人って上手いんやな、と再認識した気がします。さらに言えば、今流行の堅守速攻の形もシステムの完成度だけならA代表を上回るかな?というシーンも度々あったほどです。高い位置でのボール奪取そのための、前線からのプレス切り返してからの連動の速さそれに対応するスピーディな陣形の整理etc.特に最終のスウェーデン戦ではオーソドックスなポゼッションサッカーに対し新しい堅守速攻の形が有効であることをいかんなく発揮したと思います。ところが残念なのが最後の最後の得点シーンでより確実できれいな形を求めてかチャレンジするより、パスを選ぶことが非常~~に目につきました。もちろん、フィジカルに劣る部分で積極性が奪われたかもしれないし残念ながら、先述の通り国際経験の乏しさがここでの慎重さを呼んだかもしれませんね。ただ、思い出してほしいのは前回のロンドン大会で当時の代表は、過去の代表とは大きく違ってとにかく勢いがあって、あの結果になりました。(経験豊富な吉田もいました)このクラスの世界大会になるとやはり、勝負は紙一重です。世界のトップを目の前に、未だ日本代表は余裕残しで戦えるレベルではありません。ギリギリのワンプレーが時には悪い結果を生むかもしれませんがそれに恐れずチャレンジしなければ結局は、惜しい惜しい・・・止まりなのです。そう考えると、今回は物足りなかった。(´・ω・`)フル代表前の若い世代だけに上手いかもしれないけれど小さくまとまったプレーってだけじゃ良くは映らないもの。今回の経験を、何人が次に活かせるのか??やや・・・心配ですがきたしながら見守りましょう。三つ目。第一、二の課題の根本的な部分になりますが結局・・・このチームの中心って誰だったんでしょうね??という部分。かつての黄金カルテット然り例え優れた選手が揃っても中心の無いチームはやっぱりまとまらず期待された力を発揮できないもんなんですね。┐( ̄ヘ ̄)┌本来、そこも期待されるOAの面々もどちらかというと控え目揃いなのでその役目には全く至らずここが反省点だということは、先述の通り。そもそもは、チームリーダである遠藤にその役目を期待しましたが最終ラインが落ち着かずそこにウェイトがかかってしまってもう一つ・・・垢ぬけず。なんだか、OAの選手に遠慮も感じ余計な背景もありますが期待が非常に高い選手だけに厳しく、物足りなさを訴えたいですね。激しく残念!!(今のままでは)以前、ブログでも書きましたがこのチームの攻撃陣のリーダって誰??という疑問が、結局、最後まで不明でした。ここに圧倒的なリーダーがいればオーソドックスにまとまりやすいんですけどね。浅野の課題はもともと優しすぎるところだし(褒めてないよ↑)南野が意外(?)に献身的で素直なプレーをするので惜しむらくは、久保が牽引する姿を見てみたかったかな~と思っています。正直、フォワードが攻撃陣を引っ張る姿はここ何十年も日本代表では見たことが無い雰囲気なんですが日本のお家芸でもある中盤がなぜか小粒揃いでもあってまた、今の堅守速攻には前よりの選手に存在感ある方がチームがまとまりやすいので久保に期待してたんですけどね~残念!!とは言え、中心なくともあれだけ点を取るチームなのでそこは素直に評価しましょう。( ̄∇ ̄+)さてさて、なんかまとまりなくダラダラとすいません。実は、タイムリーに見れたのがスウェーデン戦だけなのでまとめて、ざっくり書かせて貰いました。(〃∇〃)しがないサラリーマンには厳しいスケジュールだったよなぁ。予想通り、早速あちこちで批判されてますが後ろの崩壊は、やむを得ない状況でもあって同情的なところもあります。岩波や奈良、その他有望な人材の多いこの世代のCB候補に奮起と体のケアを・・・望みます。それで、大丈夫!!逆に、大丈夫かな~と心配だった前よりの選手らが頑張っていたのでこの大会を通じて、期待が増しました。久保を筆頭に、南野、浅野そして最後まで候補だった選手らにも光る選手が多かった印象です。後はやっぱり、このチームをどうまとめるか??実は、年齢的には香川や宇佐美らが近い世代なのでそんなに心配はしていませんがやはり、その後に続く選手が欲しいですよね。残念ながら彼らの五輪は終わってしまいましたが所詮、五輪サッカーは下の年代の世界大会に過ぎません。あくまでも目標はこの先にあるもの・・・リオ世代の面々が(代表選手だけじゃなく、ね)ここから何人上に上がって来るのか?そっちの方が何倍も楽しみなものです。頑張れ、日本代表!!!頑張れ、手倉森ジャパン!!!ヾ(。`Д´。)ノお疲れさんでした~。

      36
      4
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 真夏のホムコス詣@2016の⑬

      ふと、道場(ホムコス)へOUT:△△△ -□- △□□ 46/20pIN:-△□ +3○□ -△- 44/16p/OB*2,1P*146+44=90/38p/OB*2,1P*1OUTの1H・・・UTでナイスショット#9アイアンでナイスオンからの3パッツでボギースタート。同じく3H(理事長杯で大叩きしたホールですが)鬼門のティーショット文句なしセカンドもイメージ通り・・・でしたがクラブ選択ミスで、オーバー。平均点アプからの1mを決め切れず、ここもOKボギー。ま、どっちもOKボギーだったんで俺のレベルにしてみれば御の字とするべきなんですがせっかくのミスない流れでどっちかはパーが欲しかったですね。1Hでは最初のパットを打ち切れず3Hではやや曖昧な判断でしたがいつも通りっちゃ~いつも通り。ε=(。・д・。)確かに、ハンデ(15)的にはボギーペースで踏ん張りつついくつかのパーが取れればOK的なそんなイメージがあるのも事実でボギーなら良しOKボギーなら文句ないやん♪♪なんて感じなんですがこれって・・・このままじゃyなんとなくパーが多ければ調子良くってなんとなくパーが少なければ調子悪いを行ったり来たりこのままでは、このまま。これじゃ~いかんな。( ̄Д ̄;;まぁ~まだ偉そうには言えませんが少し前よりかは少しだけ前に進んだとしてもっと意識してパーにどん欲にギヤチェンジしていかないとここからさらに前には・・・進めそうにありません。ボギーで腐る必要は全くありませんが1打2打と上手くつなげたからにはもっとこっちから必死にパーをいや、何ならもっと上を目指して挑戦していかない限りはいい結果が、そうそう簡単には転がり込んでは来ません。そこが何となく運任せ、流れ任せなのでこの日のラウンドの様に最初に惜しい惜しいを逃すとずるずるとリズムが悪くなりがちでそこから自分で戻ることが難しいのが現状です。やっぱ、これじゃ~いかんよね。( ̄Д ̄;;出だし3ホールでいきなり2回のパーチャンスだったら、そのいいリズムを自分で掴みにいって自分でペースを作らないといつまでたっても自分のゴルフなのに自分でコントロール出来ずそれでは面白くないよね。昼ご飯を食べながらそんなことをふと考えて後半は、積極性を少し意識しました。そんな簡単には流れが変わるもんではなく慣れないギヤチェンジがいきなりは単純な力みになってしまってOBを連発したりもしましたが苦手なロングでバーディが取れたり凌いだパーが取れたりバタバタしつつもこっちの方が期待感あるかな、やっぱ♪♪なんとなくたまに取れるパーに満足しているよりもまだなかなか取れないパーにじたばたしてる方が上を目指してる感たっぷりかな。まだまだ上り坂の途中落ち着いてる場合じゃないよね。頑張れ、俺ヾ(。`Д´。)ノ!!ゴルフは続くよ、どこまでも。

      25
      4
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 負けほ・・・

      負けました・・・負け越しました・・・( TДT)フォアボール祭りに仲良くお付き合いしてヒット数で上回りながらも山田の一発に撃沈あいつは流石やな~敵ながら惚れ惚れしますま、いずれにせよノーコンはあかんね((( ̄へ ̄井)勝手に自らを追い込んで置きにいった球を狙われる山田クラスにそりゃ~ダメでしょう何よりリズムが悪いこれは見ていて最悪コイキングも怒るわけよ・・・まぁ籔田もアカンけどスーパーエース福井さんは背負うもんが違うからねあれじゃ、出直すしかないよ( ̄~ ̄;)さぁ今日からが正念場きっちりホームで勝ち越して引導を渡してやりましょう絶対勝つぞカープ!!!#カープ #広島カープ #神宮球場#今日からが負けられない戦い最後はホープ軒でやけ食いいたしましたとさ(* ̄ー ̄)ブログをまとめてみる >

      24
      4
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 負の感情の行方

      相模原市で大変痛ましい事件が起きました。被害者の方々、その関係者の皆様にはお悔やみを申し上げます。自称、前向きブログなもんで意識してこういう話題は避けてましたが今回のあの事件に関してどうしても、気になる部分があるので短く・・・書いてみます。戦後最悪と言われるほどに凄惨な事件だったわけですが個人的には、非常~に耳障りなことに彼のとった行動は否定するがその動機や背景には一考する余地があるという声が少なくないという事実が目につきます。ニュースの端っこに隠された闇などと引用されたり表題そのものとしてそれをテーマに語るものも多くありますね。どんなに小さなニュースからだろうがその大小にかかわらずとも重要な問題提起があって然るべきことこれは全く否定しませんがあの事件に関してしかも、今すぐのタイミングで犯人の行動、その人たるやを差し置いてその言動や背景を一般化して話そうかという流れには辟易を通り越して、嫌悪感を感じています。そういうもんなんでしょうか??今回のは、説教強盗なんてそんな可愛いもんじゃないですが強盗に、戸締りはしっかり!!と言われてなるほどと戸締りの大事さを皆で語るようで客観的には、まず馬鹿げている。今回のものに限らず福祉施設の苦しい現状や悲しいばかりの環境云々なんてものは少なからず、皆が目を背けているだけで決して良いもんじゃないことぐらい知っているはずです。猫も杓子もの人手不足で実は社会的なフォローも多いお仕事なのにその裏にある圧倒的な割の合わない現実を知ってなきゃ、そうはなりません。戸締りしないと強盗が入る、と同じくらい福祉のお仕事が相当に大変だなんて何を今さら感心すんの?というレベルでしょう。実際、その大変さが原因であろう事件が大きなものから小さなものまで数限りなくニュースには溢れています。穿った見方をすればこの事件が、あの福祉施設ではなく普通の病院で起きてたら?もしくは学校で起きてたとしたら?世間は同じ反応だったんでしょうか??心の奥底に、自分は標的ではない自分は関係ない・・・という安心感から一つ離れた目線で見ていたならそれは残念で、恐ろしい感情かもしれませんね。もう一点、大きな大きな問題は彼の行動はさて置き・・・の『さて置き』の部分で決して、さて置いて良いものではありません。説教強盗の説教なんざ強盗が口にした時点で内容なんて‘ゼロ’なのです。いや、むしろ、その影響を考えればマイナスと言って言い過ぎではありません。あの事件を起こした時点で仮に、彼に本当の主張があったとしてもそれは、一旦無に帰すのが正常な判断なのです。そもそも、憎しみや妬み、欲望なんてものは人間だったら誰しも少なからず持っていて逆に、持っていない方が不自然です。その上で・・・憎い相手を困らせたい人のものでも盗ってやりたい欲望に任せて他人を騙してやりたいふと頭を過る、そんな負の感情を行動に移すか?移さないか?全てがここで、天と地ほど分かれます。確かに、負の感情なんてものは誰もが持つものなのでその点、紙一重というのもまた事実でありそこに教訓を見出すことありますがそれはあくまでも負の感情を行動に移す前の想像の世界で考えることであり我々、人間にはそれが出来ることこそ自然界でのアドバンテージになっています。実際に一線を越えた人間の事実をその材料にするには一定の年月をかけた冷静な分析や背景の整理現実的な問題との整合などなど非常~に慎重に行わなければならないもので個人的な直観以上には拙速な評論に中身はありません。その場の感情の高ぶりをいかに前向きに乗り越えられるか・・・これもまた、人間の持つ本能を超えたアドバンテージの一つです。何か知らんけど犯人も大変やったんかなそれじゃ~多少はしょうがないな気持ちが分からんでもない(←今、ここ)などと、味噌も糞もないまぜにして犯人の行動そのものの評価がブレてしまうことこれが一番最悪なのです。アカンことは絶対にアカン!!!その犯人の‘アカン!!’をまずは徹底的に裁いてからそれで初めて、その犯人のことはさて置けるわけでそれからようやく罪の中身を蒸留することが出来るものこの順番を変えてはいけません。タイムリーだからこそ一種の逆張りがセンセーショナルでもあります。犯罪が凶悪であるからこそその裏にある僅かな正常が狂気を増幅するのです。しかし、そんなものに軽々に乗るべき事件ではありません。皆で、冷静にしっかりとこの事件を受け止めましょう。自分に向けても、今一度戒めます。にほんブログ村

      21
      テーマ:
  • 02 Aug
    • ポケモンGO、やってみた

      ポケモンGO・・・どないでしょう???賛否両論が喧々諤々メディアをぐるっと見回すとやや‘否’の方が多そうな雰囲気でしょうか。俺はというと新しいものはなんでも取りあえずやってみる性分なんでやってみましたがポケモンとはいっても俺自身、世代でも何でもないのでピカチューの名前ぐらいしか知らないし正直、妖怪ウォッチと半分以上はごっちゃです。ヽ(;´ω`)ノそれでも、まぁそこそこ面白い。いわゆる収集系の単純な魅力に話題のAR(拡張現実)感がシンプルに楽しめてこりゃ~ハマるわな、と。個人的には・・・これがポケモンベースではなくガンダムベースだったらとか思うと空恐ろしかったです( ̄Д ̄;;いずれにせよ、凄い人気です。道端でスマホを見つめる人の多さで町の景色を変えましたよね。興味ない人からすれば確かに異様っちゃ~異様ですがこれは全く新しい遊びが故のいきなりの違和感なんでそこに問題は感じません。新しいものって基本大体そんな扱いですよね~。そんな風景にそのうち馴染めば初めはね~なんて笑い話になるだけで要は、ただの慣れの問題だけです。もう一点、ポケモンGOに問題があるとされるのが危ないよね~ってもの。スマホの画面に夢中になり過ぎて周りが見えなくって・・・てやつで歩きながら、車や自転車の運転しながらとか早速、あれこれ事故が起きてます。ま、危ないと言えば危ないよね。( ̄ー ̄;ただし・・・これってポケモンGOの問題というよりスマホ固有の問題ちゃうの???と思います。それがこのゲームで鮮明に際立たっちゃったので急に非難が集中してるんでしょうがポケモンGO由来の問題じゃやっぱ、無いよね。犯罪者が漫画を読んでてその漫画が悪いんやで~とか時々ある話ですがそれ・・・悪いのはその犯罪者でその漫画が悪いわけじゃない。時々ある話だね。逆に、だからポケモンGOが良い!とはまた違うので理想は、ポケモンGOの今後の発展やら仕様変更やらでポケモンGO自体がより安全に遊びやすく改善されればそれが、スマホそのものの使い方の改善にもつながるかなぁと。そのぐらいの影響力があるゲームだと思います。( ̄▽+ ̄*)新しいからって浮かれ過ぎず、恐れ過ぎず可能性を楽しみましょうよ♪♪やらなきゃいけない・・・とは言ってないので、悪しからず(*^ー^)ノにほんブログ村

      25
      8
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 悪いゴルフ@2016の⑫

      悪いゴルフでした(x_x;)前回の‘ぼんやり’も含めてここ最近のゴルフには結果に出ないまでもの手応えがあってなんか前向いてるな~って思える良いゴルフが続いてたんですが久し振りに・・・悪いゴルフをやっちゃったもんですよ。トホホ。OUT:△-+3 △-□ □-□ 47/18pIN:□△- -□△ +3+3△ 49/17p/OB*147+49=96/35p/OB*1結果はご覧の通りで前回プラス1でしかないんですがラウンド中のフラストレーションとラウンド後の不甲斐なさが桁違い・・・ま、悪いのは全部、俺なんだけどね。(*´Д`)=зまず、悪かったのがティーショット。出だし3ホールほどは最近なりのそこそこの感じでしたが一旦崩れてからが全く踏ん張れず・・・挙句の果てには、ご無沙汰だった超絶右パッカーンまで出てそこからびた一文修正も何も効きませんでした。やっぱ、ここが乱れるとメンタルが崩れる弱みそちゃんを露呈しまくりまクリスティ(T_T)もっと強い子にならんといけません。それに拍車をかけたのが自信を取り戻したはずのアイアンが壊滅的にダフり続けました。これが堪えたなぁ~Y(>_<、)Y夏ラフが深かったとはいえ心の準備だけは万端だったはずがザクザクちょろちょろザクザクちょろちょろ何回、同じミスすんね~ん!!と何回も自分に突っ込んだものです。ラフだけならまだしも綺麗なフェアウェイでもザクザクちょろちょろ・・・ティーアップしてもザクザクちょろちょろ・・・もう超絶パニック(((( ;°Д°))))結局、30~50yのアプまでザクちょろしまくって情けない話・・・そこで切れました。パッティングもね~( ̄ー ̄;波に乗れそうなチャンスでことごとく外し決めるべきショートパットをことごとくペローンし何よりストレスをためたのが打っても打っても打ち切れなかったこと。途中で、あの嫌~な震えまで久々に顔を覗かせるほど精神的に追い込まれたようでして最近、思い出すことすらなかったのにね。(*´Д`)=з強いて、技術的な反省をすれば思うところあっていつもより微妙にフラットを意識して朝の数発で悪くもなかったのでいきなり導入してみましたがそれが修正を難しくしたかもしれません。もう一つの心当たりはライへの対応で元気の良い芝のおかげで浮き気味だったライに苦戦しました。ボールを上手く拾うのが上手ではなく強めの打ち込み癖のある俺の場合変にボールが浮いてると下を潜りやすく天ぷらっぽい当たりが増え始めそれでどんどん力んだかもしれず自覚もあります・・・。ウェッジに至ってははっきり2回はダルマを落とす始末。同伴者に聞けば・・・そこは意識して修正したで~とのこともがくだけの自分とそこにレベル差を痛感したものです。とは言え、今回反省すべきはそんな技術的なところではなくズルズル崩れ始めて修正出来ない自分に苛立ち勝手に負のスパイラルに転げ落ちていったところ・・・どんどん全部が悪くなりました。こうなると弱いことが自分では分かっているだけに余計に情けないところで苛立つ心の中の悪魔を必死で抑えようと前向きに前向きにと言い聞かせるもなす統べなく最後の数ホールの投げたプレーは恥ずべきやな~と木村は気ムラでした(´・ω・`)猛・省一呼吸おいて、やや冷静に・・・落ち着きました。そんな自分とも上手くやらんとなぁ。( ´艸`)ま、俺ぐらいのレベルじゃ~色々と上手くいかない日もあって当然でそれを当たり前に受け流さないとやってられないものです。せっかくのラウンドの機会なんで全体が悪くとも、部分部分で手応えを模索しないとダメだよね。最近の、もう一超え!の手応えに焦ったのかもしれません(;^ω^Aポジティブに考えればあんだけ良くない内容ながらもよくぞこのスコアで抑えられたもので数えて・・・あれ、こんなもん?と思ったものです。今回こそ、悪いゴルフでしたがそれでもあるパーの回数とその裏にあるバーディチャンスがあってそれすらなかった頃に比べると悪いなりにもの結果かもしれません。もちろん、それで満足するわけには到底いかないんですが無理やりに前を向けば・・・まだ伸びしろの中に居られてるかなぁと(●´ω`●)ゞ最後はポジティブシンキングで締めたいと思います。頑張れ、俺ヾ(。`Д´。)ノ!!最高の天気最高のコース最高の仲間ま、ゴルフは楽しく楽しく♪♪

      29
      テーマ:
  • 30 Jul
    • 東京五輪・・・

      さて、先日の続き。オリンピックがイマイチ盛り上がらない理由を一つは、商業的側面からプロ頼みの姿勢が強くなり過ぎてオリンピックとしての統一感が無くなって来てるよねという部分に置いてみました。・・・ま、あくまでも個人的な雑感なんで、悪しからず。(。-人-。)もう一つの要因としてそれと並んで気になるのが続く、東京オリンピックへの白けがオリンピックそのものへの白けに繋がってるような気がしてなりません。本来、逆ですよね。次が自国開催ならば余計、気になるイベントのはずが共倒れの様相です。東京オリンピックの何がいかんか?ってま~一つ一つを挙げ始めればそれこそ、シリーズでブログで書けますが一番は・・・やっぱ統一感の無さがとにかく俺は気になります。前回ブログの通りプロ化の波の一番の問題は単純に彼らを特別視せざるを得ない状況でそこに無理に頼ろうがするために(背景には、商業化があります・・・)イベント全体での統一感が崩れているという話をしました。結局は、今回も同じ話でプロ化云々の以前に既に、オリンピックそのものが統一感を失いつつあるよね・・・と一連の東京五輪ドタバタを見て痛感するところですね。(*´Д`)=з綺麗ごとに聞こえるかもしれませんがこの手の大きなイベントには理念が必要だと思います。コンセプトと言いましょうか。例えば、その昔に流行った博覧会系のビッグイベントが急激に尻すぼんだのはまさに、イベントを開くこと自体がその目的になっちゃったからで後付けで、理念やら意義を繕ったところで同じようなイベントにしかならず面白くないわけです。今のオリンピックはかつてほどナショナリズムに関しないので国威発揚にもつながらなければロス五輪以降の頼みだった商業的なメリットも影を潜め始めた今経済的効果も望み薄になっています。今はただ、商業五輪の亡霊に突き動かされるように集客~集客~と彷徨うだけでとなると、集客ある競技が正義となりなお、集客を生むプロ選手が特別扱いになるわけです。(プロ選手批判ではありません。逆です。)じゃ~なんでオリンピックをやるの??(°Д°;≡°Д°;)個人的には、オリンピックは今この壁にぶつかっていると思うところでこの先、オリンピックを続けるにはここがターニングポイントだろうとま、前回ブログの冒頭の話になるわけです。裏を返せば・・・ここで変われなければオリンピックの存在意義そのものが無くなるかもしれませんね。開催が決定した時あれだけ、国民も歓喜したのにもう止めたら?・・・なんて声が少なからず起こるのは理念無く、存在意義の無くなりそうなその証拠じゃないかな~と思うのです。(´・ω・`)無くすのは簡単です。今のオリンピックじゃ~無くなってもしょうがないかな?とも正直、思いますがただ・・・勿体ないですよね。後付けの理念は宜しくはないんですがあの求心力を無駄にするのも?だし根本の『オリンピックムーブメント』も残す価値がある精神なのでなんとか、後世につなぎたい気がします。とすれば今在るべきオリンピックって何ぞや??と、一つに括る理念が必ず必要なのです。たくさんのスポーツを一度に行う大きなイベントで、何が表現できるか?です。その答えは・・・分かりまへん( ̄ー ̄;そりゃそ~でしょ~!!そんなん分かってたら本、書きますわな(〃∇〃)ただ、東京五輪が開催時に謳った『コンパクトオリンピック』って一つの方向性だったと思うんですよね。個人的には、その理念に深く感銘しその実現につながるであろう東京五輪の開催決定に期待したものです。商業性で突っ走って肥大化した五輪をコンパクトにすることで費用的にも場所的にも選択肢が広がり今までできなかった都市で開催することも出来るだろうし特別な競技以外へのアクセスも広がり新しいオリンピックの形を表現できるんじゃないだろうか?と期待したわけです(*゜▽゜ノノ゛そのターニングポイントを我らが東京が演出するなんてなんか素敵じゃないですか??ところが、絵に描いたコンセプトはあくまでも絵に描いたもんだよとばかりにそれで決定したにもかかわらず決まった後は何でも膨らまし放題・・・メインスタジアムは豪華にしなきゃ~!!東京とかにこだわらずコンパクトなんか気にしないで見栄えのいい会場を選んじゃえ~!!プロをバンバン呼んで派手に盛り上げようや~!!などなど・・・何も前と変わりません。悲しいことに、サブコンセプトだった東北復興の文字など・・・完璧に消し飛んでしまいましたね。新しい理念に挑戦するどころかそれはあくまでも招致のためにきれいごとを並べただけだよと開き直られた印象しかなくそれが見透かされたからこその急激な白けムードであり強いては、五輪そのものへの失望なのかなと思うところです(*´Д`)=з俺的には、やはり徹底的に‘コンパクト’にこだわって新しいチャレンジをして欲しかったです。また、とかく使い捨てだの消費型だの揶揄される日本のスタイルを見直し極力、再利用する形をしっかり提案して欲しかったです。そして、開催時の派手な収益だけじゃなく開催後もその地域にレガシーを残せる形を東京から発信して欲しかった。(舛添が言う箱モノだけの古いスタイルじゃ無く)これが形作れればこの先、主要都市じゃなくたって意味ある五輪が開催することが出来るだろうしそこに新たな五輪の価値が生まれたような気がするんですけどね。例えば日本ならそれこそ、今なら宮城とか広島や九州、四国なんかでも五輪が開催されたらとかワクワクしませんか?スポーツの素晴らしさを通してそれを形として残すには‘コンパクト’だって出来るはずなんですよ。これは、これからのオリンピックの可能性の一つでしかありません。それこそ絵に描いた餅かもしれません。でも、今こそ何かを変えないと(`ヘ´#)せっかく絵に描いた餅を何とか本当の餅にすべく努力するどころかそんなもん信じる方が馬鹿だろうと白々しく商業に突っ走る先陣をまさか・・・東京が切るとはね。残念です。理念なき者に大事は無し得ないとは、昔の言葉ですがさてさて、どうなることやら。┐( ̄ヘ ̄)┌取りあえずは、U23サッカーW杯あ、いや・・・五輪のサッカーでも楽しみに待つかな~。にほんブログ村

      22
      テーマ:
  • 26 Jul
    • オリンピックとプロ選手

      さぁ~!!リオでジャイロ五輪やで!!ヾ(。`Д´。)ノ・・・て皆さん、盛り上がってます???(°Д°;≡°Д°;)こんな感じでしたっけ?オリンピックの直前って?いつの間にかこそっと始まりそうで当方、やや困惑しております。今回、期待が薄いってわけでもなく過去最高のロンドン五輪に並ぶメダル獲得数の予想もあるぐらい有力な競技もいっぱいあるのにね。準備不足やら治安やらの問題があって賭博やらドーピングやらの問題があってプロの選手がど~たらこ~たらあってそんなこんなが興醒めムードにもつながってるのかな~とも思うんですがさてさて、どうでしょう??個人的には・・・オリンピックもターニングポイントかな?などとしみじみ思います。30年前のロス五輪・・・ロケットマンが空を飛んで来た時のあの衝撃は今でも鮮明に覚えてるんですが正直、あの五輪に始まった商業オリンピックの賞味期限がもう切れたんじゃなかろうかと思うのです。確かに、あれからしばらくの五輪は華やかで個人的な成長期とも被っていたので五輪とはこうあるべき!な感覚を俺自身もどこかで持っていてそのノスタルジーの反動が今の虚無感の原因かもしれませんがそもそも、あの手の高揚感をオリンピックに期待することが既に時代とずれてんのかもしれません。商業オリンピックってのは、つまりお祭りを大きく派手にして沢山の人を集めるビジネスモデルなんですが確かに大きなお祭りってのはそれだけでも十分楽しいもんだしマイナースポーツなんかはそのケースメリットを活かして普及に一役買ったものもあるでしょう。一概にあれが悪いって話じゃありません。問題はやはり‘行き過ぎ’ってやつでその揺り戻しもまた世の常です。オリンピックムーブメントを!!などと今さら、俺が五輪憲章を謳っても白々しいしかないわけですが(●´ω`●)ゞそんな大それたことじゃなくとも簡単に‘行き過ぎ’を感じられます。例えば、一つにはプロ選手の波です。かつてのバスケに始まって野球、アイスホッケー、テニス、サッカーそして今回のゴルフ、ボクシングなどなどプロ選手をどう組み込むか?が最近のオリンピックにおける毎度毎度の話題なんですが何のことはない、オリンピック的にそこに、プロ選手の高い集客力を期待するに他ありません。国の誇りを背負って!!とか個人の名声をかけて!!とか聞こえのいい言葉も並べるものの要は、プロ選手を出場させりゃ~お客さんがたくさん来るでしょ!という商業的な魅力が、そこにあるのです。ところが現実問題、逆の目線で語ればそれらの名誉が既に、個々に確立しているスポーツにとってのオリンピックなんて今さらのもんでして・・・しかもプロの世界はそこに富も加わって相対的に、オリンピックの価値は下がります。にもかかわらずオリンピックの権威なるものを誤解・勘違いしてか当たり前に全ての競技が、皆がオリンピックに協力するものだろうという誤った姿勢を変えることがなかなか出来ません。五輪が金を生みまくった頃ならまだしも下火の現在のそれは、実に哀愁漂うものですね。(*´Д`)=зもちろん、競技そのものの魅力をレベル高く表現するためには、プロ選手らが最も適当であることは間違いありません。むしろ当たり前の発想ですよね。しかも、多くのファンを抱える彼らがオリンピックに来てくれれば、集客は倍増し望むところでしょう。ただ、もちろんその反面もあるわけで例えば、そのためにその競技が他のオリンピック競技とかけ離れてだんだんと特別になっているとすればそこに歪が現れ、そこに問題を生じます。例えばサッカー競技・・・個人的には、もはやオリンピックとは関係なく一つの世代別世界大会として見ています。あれがオリンピックじゃなくとも今と変わらない気分で見るんでしょうね。でも、それではオリンピックにおけるサッカーの存在意義は無いようなものです。オリンピックゲームにはオリンピックゲームであるための特別な筋があるべきでその点、オリンピックには歴史があります。そのあたりのことが五輪憲章にあ~だこ~だと書かれてるんでしょうがその統一感こそオリンピックがオリンピックであるための価値であるにもかかわらずその統一感を薄めてまでオリンピック以外の力ある個々の競技に色々と譲ってまでも依存を強めたことが結果、オリンピックの価値を徐々に下げてるような気がしてなりません。これじゃ~ただ単に世界大会を寄せ集めただけのもの・・・そりゃ盛り下がるってわけです。┐( ̄ヘ ̄)┌やはり、五輪は五輪であるべきで本質とポリシーを捨てるのは本末転倒そこに矜持を持つべきでありそれで形を保てるだけの歴史と格式は十分にあるはずで何も商業的な拡大路線だけが道ではありません。逆に、プロを単純に排除しろとは決して言うつもりはなくオリンピックの形を変えてまで頼る必要は無いというだけの話で例えばサッカーの様に世代間の制限で譲るのも一つの手です。それで仮に、本質的には譲ってもそこに‘オリンピック’で味付けすれば価値ある大会になるはず・・・その点、やや今の形は五輪そのものからは浮いてるかな?ま、言うは易しのやや理想に偏った意見かもしれませんが少なくとも・・・無策の拡大路線だけは見直さないと盛り下がるだけでは済まないかもしれませんね( ̄^ ̄)長くなったんでここで一旦、レイアップ。(〃∇〃)続く・・・にほんブログ村

      32
      2
      テーマ:

プロフィール

木村ライトル

性別:
日本男児(B2改/クロス)
誕生日:
5月22日
血液型:
バリバリO型

読者になる

AD









にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキングへ

AD

ランキング

総合ランキング
165176 位
総合月間
232426 位
サッカー
992 位
ゴルフ
655 位

ランキングトップへ

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。