さぁ~!!
リオでジャイロ五輪やで!!

ヾ(。`Д´。)ノ




・・・て

皆さん、盛り上がってます???
(°Д°;≡°Д°;)


こんな感じでしたっけ?
オリンピックの直前って?

いつの間にかこそっと始まりそうで
当方、やや困惑しております。


今回、期待が薄いってわけでもなく

過去最高のロンドン五輪に並ぶ
メダル獲得数の予想もあるぐらい

有力な競技もいっぱいあるのにね。


準備不足やら治安やらの問題があって
賭博やらドーピングやらの問題があって
プロの選手がど~たらこ~たらあって

そんなこんなが興醒めムードにも
つながってるのかな~とも思うんですが

さてさて、どうでしょう??


個人的には・・・

オリンピックもターニングポイントかな?
などとしみじみ思います。


30年前のロス五輪・・・

ロケットマンが空を飛んで来た時の
あの衝撃は今でも鮮明に覚えてるんですが

正直、あの五輪に始まった
商業オリンピックの賞味期限が
もう切れたんじゃなかろうかと思うのです。

確かに、あれからしばらくの五輪は華やかで
個人的な成長期とも被っていたので
五輪とはこうあるべき!な感覚を
俺自身もどこかで持っていて

そのノスタルジーの反動が
今の虚無感の原因かもしれませんが

そもそも、あの手の高揚感を
オリンピックに期待することが

既に時代とずれてんのかもしれません。



商業オリンピックってのは、つまり

お祭りを大きく派手にして
沢山の人を集めるビジネスモデルなんですが

確かに大きなお祭りってのは
それだけでも十分楽しいもんだし

マイナースポーツなんかは
そのケースメリットを活かして
普及に一役買ったものもあるでしょう。

一概にあれが悪いって話じゃありません。


問題はやはり‘行き過ぎ’ってやつで
その揺り戻しもまた世の常です。

オリンピックムーブメントを!!などと
今さら、俺が五輪憲章を謳っても
白々しいしかないわけですが

(●´ω`●)ゞ

そんな大それたことじゃなくとも
簡単に‘行き過ぎ’を感じられます。

例えば、一つにはプロ選手の波です。


かつてのバスケに始まって
野球、アイスホッケー、テニス、サッカー
そして今回のゴルフ、ボクシングなどなど

プロ選手をどう組み込むか?が

最近のオリンピックにおける
毎度毎度の話題なんですが

何のことはない、オリンピック的に

そこに、プロ選手の高い集客力を
期待するに他ありません。

国の誇りを背負って!!とか
個人の名声をかけて!!とか
聞こえのいい言葉も並べるものの

要は、プロ選手を出場させりゃ~
お客さんがたくさん来るでしょ!という

商業的な魅力が、そこにあるのです。


ところが現実問題、逆の目線で語れば

それらの名誉が既に、個々に確立している
スポーツにとってのオリンピックなんて

今さらのもんでして・・・

しかもプロの世界はそこに富も加わって
相対的に、オリンピックの価値は下がります。


にもかかわらず

オリンピックの権威なるものを
誤解・勘違いしてか

当たり前に全ての競技が、皆が
オリンピックに協力するものだろうという
誤った姿勢を変えることがなかなか出来ません。

五輪が金を生みまくった頃ならまだしも
下火の現在のそれは、実に哀愁漂うものですね。

(*´Д`)=з


もちろん、競技そのものの魅力を
レベル高く表現するためには、プロ選手らが
最も適当であることは間違いありません。

むしろ当たり前の発想ですよね。

しかも、多くのファンを抱える彼らが
オリンピックに来てくれれば、集客は倍増し

望むところでしょう。


ただ、もちろんその反面もあるわけで

例えば、そのためにその競技が
他のオリンピック競技とかけ離れて
だんだんと特別になっているとすれば

そこに歪が現れ、そこに問題を生じます。


例えばサッカー競技・・・

個人的には、もはやオリンピックとは関係なく
一つの世代別世界大会として見ています。

あれがオリンピックじゃなくとも
今と変わらない気分で見るんでしょうね。

でも、それではオリンピックにおける
サッカーの存在意義は無いようなものです。


オリンピックゲームには
オリンピックゲームであるための
特別な筋があるべきで

その点、オリンピックには歴史があります。

そのあたりのことが五輪憲章に
あ~だこ~だと書かれてるんでしょうが

その統一感こそ
オリンピックがオリンピックであるための
価値であるにもかかわらず

その統一感を薄めてまで
オリンピック以外の力ある個々の競技に
色々と譲ってまでも依存を強めたことが

結果、オリンピックの価値を
徐々に下げてるような気がしてなりません。


これじゃ~ただ単に
世界大会を寄せ集めただけのもの・・・

そりゃ盛り下がるってわけです。

┐( ̄ヘ ̄)┌


やはり、五輪は五輪であるべきで
本質とポリシーを捨てるのは本末転倒

そこに矜持を持つべきであり
それで形を保てるだけの
歴史と格式は十分にあるはずで

何も商業的な拡大路線だけが
道ではありません。


逆に、プロを単純に排除しろとは
決して言うつもりはなく

オリンピックの形を変えてまで
頼る必要は無いというだけの話で

例えばサッカーの様に
世代間の制限で譲るのも一つの手です。

それで仮に、本質的には譲っても
そこに‘オリンピック’で味付けすれば
価値ある大会になるはず・・・

その点、やや今の形は
五輪そのものからは浮いてるかな?


ま、言うは易しの
やや理想に偏った意見かもしれませんが

少なくとも・・・
無策の拡大路線だけは見直さないと

盛り下がるだけでは
済まないかもしれませんね( ̄^ ̄)



長くなったんで
ここで一旦、レイアップ。

(〃∇〃)続く・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD