競馬に行きました

テーマ:

水明さん と競馬に行きました。
小倉、新潟、札幌でレースがある中、

全レース、100円ずつ大穴一点買いする馬鹿一人。

最後のレースだけ、手堅く(?)200倍に賭けたものの、それ以外は3000倍4000倍当たり前。
小倉10レースにいたっては、人気のない順番に3連単(もはや倍率不明。1万倍はあったんじゃなかろうか)。

本日の戦果 -900円

その他:

①俺の買ったレースはものすごい確率で荒れます。今回もまたしかり。


②行きに乗った芸備線、鬼太郎電車だったんですが、よっぽど珍しかったのか、駅や沿線にカメラ構えた人多数。

AD

浅井様1軍復帰祭~~~


は、とりあえず。私の心の中に置いておきますが、



黒田が先発のときは(打線が湿るものの)結構勝てます。


マーティが退場なったときも今3戦全勝です。


ミッキーくん登場のときも勝率は高いです。


つまり、


黒田→マーティ退場→ミッキー登場→大竹→黒田(以下略)


でローテーションをまわせばかなり勝てるんじゃなかろうか。



てか、マーティ退場=カープ勝ちって、リブジーの采配がいいからとかいう


オチではないのでしょうか。

AD

化け学2

テーマ:

あかねで染め物をしてたときのお話。


(先に断っておきますが、俺は基本的に染め物の仕事はノータッチです。)


ハイビスカスを原料に染めていて、結構染めたんですが、


まだ液が残っていたので、捨てるのももったいないし的な発想になったワケですよ。


で、ハイビスカス染めにはアントシアン抽出剤ってのを使うわけです。


ハイビスカス染めの染料の主成分のアントシアンって物質を取り出す薬。


その薬が強酸性なもんだから(量ったらPh2でした)、捨てるときには中和しなきゃいけないんですよ。


ついでに、アントシアンって言うのは、植物の色素なんですが、Phによって色が変わるんです。


アジサイの花が土によって色が変わったりするみたいに。


リトマス試験紙も多分こんな理屈。


(リトマス試験紙はリトマス苔って植物から成分をとるんですが、これがアントシアンかどうかは調べてません)


つまり、中和ついでに色が変わったところを染めてみようって結論に達したわけです。


で、中和用の炭酸ナトリウムを混ぜ混ぜ。


赤い液がだんだん紫になって、アルカリ性が強くなりすぎたら青くなるはず…






何で黒くなりますか(汗)


バンダナ思考中。



(やめとけ。絶対このパターンは危険だ!!!)


(科学は失敗とともにある!!失敗は成功の母だ!!)


(てめぇ!最近生の走塁石原の打撃井の守備足して3で掛けたくらいミス連発しとるのにそんな余裕あるか!)


バンダナ脳内会議、繰り広げられること約3兆ナノ時間




よし。結論。


後悔は後でしよう。(あ~あ)


で、染めてみた。


…やべぇ、いきなりねずみ色





しかし、つけていくうちに段々と緑がかってきたじゃありませんか。


結果的に、いい感じに彩度を落とした緑色のタオルができましたとさ。


色的にいうとこんなイメージ


AD

化け学1

テーマ:

藤沢に帰って、高校時代のメンツと飲みました。

で、科学部のメンツなもんだから

(というか、俺が実験大好きなものだから)


いろんな物で、いろんな酒を割って見ました。


で、完成。







焼酎(かどうか忘れたけど日本系の酒)



カルピス



豆乳


||


甘酒

コツはお酒は少なめ。


カルピスと豆乳で沈殿を起こし、濁りまで再現。





…豆乳がおかしい?


なんのことかな。