親愛なる映画日記

親愛なる日記よ、この世にはぼくの大好きなことがある・・・
で始まるナンニ・モレッティの映画『親愛なる日記』からタイトルをつけました。映画ライターのつれづれ日記です


テーマ:

一句。

せんそうと

へいわのあいだに

イップ・マン

 

どうも、管理人です。

 

日本のドニー・イェンファンのみなさん!さあ、またイップ・マンの季節がやってまいりました!(正確には4/22からすでに始まっております、そして新宿では5月下旬までです。映画館へGO!

 

東京のドニーファンの聖地、安定の新宿武蔵野館です。いつもありがとうございますラブ

{83CB7F85-9BB7-4335-9AF8-3DED2252866A}

 

 

ドニー・イェンが、ブルース・リーの師と知られるイップ・マン(葉問)を演じるアクションシリーズ第3作。1959年の香港。町を牛耳る外国人フランクの暴挙の前にイップ・マンが果敢に立ちはだかる。さらに、武術「詠春拳」の正統をめぐり、イップ・マンは死闘に挑むことになるが……。イップ・マンをドニー・イェンが演じるほか、元ボクシング世界ヘビー級王者のマイク・タイソンがフランク役で特別出演。(eiga.comより)

 

 

僭越ながら過去記事の数々えー

「葉問 イップマンは最高だった」

http://ameblo.jp/carodiario2009/entry-10777599396.html

「何度でも言う イップマンは最高だ」

http://ameblo.jp/carodiario2009/entry-10778455798.html

「サモハンかっこよすぎます、序章もやってください」

http://ameblo.jp/carodiario2009/entry-10810888476.html

「やっぱいカンフー映画は楽しい イップマン序章」

http://ameblo.jp/carodiario2009/entry-11215475322.html

 

イップ・マン 序章、誕生、継承、もう何でもアリです。これからも「帰ってきたイップマン」、「イップマン セブン」「イップマン タロウ」「イップマンA(エース)」「最後のイップマン」「イップマン サンダードーム」「イップマン ユーロミッション」、「イップ・マン 広島死闘編」…もう、どんどん続編つくっちゃってください。お願いします。

 

突然ですが、木人です。おねがい

イップマンといえば木人。

公開の際、新宿武蔵野館さんが倉庫から出してきて展示してくれます(知らんけど)。

安定のオブジェ、ロビーにこれがあると

「帰ってきたな」と胸に熱いモノがこみあげるのを

感じざるをえません

 

{54C75B87-3EC4-4757-9C7A-D098001697E4}

 

イップマン 継承、中華圏では2015年に公開されているんですけど、日本では2年後の20174月末にやっと公開です。

 

遅いよ、遅い!遅すぎる!

 

もう少し早く公開できなかったんですか。前作、前々作と日本でも公開して少しはイップ・マン知られてきていると思うんだけどなあー。

 

あ、201612月にローグ・ワン、20173月にトリプルX公開でドニーの知名度を日本でアップさせてからの戦略的な公開でこの時期ですか。それなら前2作と比べた本作の興行収入を知りたいわ。公開日を20174月末からに設定した効果を。

 

さて、本作の「継承」という副題を見たら、前2作からのファンは当然 キタ―――――――( ゚∀゚ )っ !「ついにブルース・リーに詠春拳を「継承」だね!と期待度MAXだと思うんですが、ネタバレしちゃいますと、その期待は見事に裏切られます()

 

とはいえ、オープニングで登場するんですけど、いわゆる「つかみ」みたいなもんで、あとは「そこに出てくるか!()」というシーンにチョロっと登場するものの、その後は「どこ行ったー」って具合でまったく違う物語が進行します。まさに神出鬼没です。

 

今回のテーマは「夫婦愛」です。そこに英国の植民地下、悪い外国人が我が物顔で仕切る無法地帯と化した街を、自警団のように守るイップ・マン。今回は「悪いのは西洋人」ですので、日本の観客のみなさんは過去作に比べてとても心穏やかに鑑賞できます。

 

ちなみにイップ・マンはかなりの資産家のようですが、何をもってこんなに裕福な暮らしをしているのか不明です。

 

というか、ストーリーはもうあってないようなもの

 

外国人フランクの手下の画にかいたようなチンピラどもを1100くらいの手数で撃退するカッコいいシーンと、街を守れても妻を守れなかった、そんな孤独をぐっと内面に抱えるイップマン、そんな「静と動」のドラマにドニーファンは胸キュン(死語)です。

 

フランクを演じるマイク・タイソン、棒読みなのは英語ができない私でもよくわかりますが、これで「実はいい奴」というキャラではなく、そのまんま悪い奴というキャラを堂々と演じていて好感もてました。パンチの動作なんてさすが本物の迫力あります。カンフーとボクシングをどう戦わせるのか、うまく振付けてアクションとしても完成度高いです。

 

そして最後の見せ場が、詠春拳の正統派を誰が名乗るかの頂上決戦です。今回の相手は、マックス・チャン。2002年チャン・イーモウ監督作『HERO』でドニーのアクション・ダブルやってたんですね。もう10年以上前からドニーとは一緒にやってたのか。でもマックス・チャンが世間に認知されたのは2013年ウォン・カーウェイ監督作『グランドマスター』だったそうです。実力はあっても、アクションスターとして世に出るまでには長い道のりがあるんですね。2017年にはついに主演作も公開されるそうです。映画を地でいく活躍、よかったね!

 

本作、最初からずっと思っていましたが、川合憲次さんの音楽がとてもいいと思うんです。太鼓の響きが格調高くていやがうえにも戦いを盛り上げます。

 

そしてイップマン4製作決定!!

http://blog.goo.ne.jp/dragonfever1127/e/f50983852959000cc512a783235a30d8

決定してるのが、2016年10月って・・・・どんだけガラパゴスなんだ日本

クランクイン2018年って、日本公開はまさかの東京五輪の年!?中華圏と同時公開、GAGAさん、ぜひお願いします!

 

{E407A9AF-2597-4332-84E4-B2F61A7C1802}

今回から登場のドニーフィギュア(笑)

何の需要でしょうか(笑)。
 
足元にさりげなく置かれている刀。映画見た方ならわかりますよね。 
 
イップマン継承 絶賛公開中笑い泣き

http://gaga.ne.jp/ipman3/

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。