親愛なる映画日記

親愛なる日記よ、この世にはぼくの大好きなことがある・・・
で始まるナンニ・モレッティの映画『親愛なる日記』からタイトルをつけました。映画ライターのつれづれ日記です


テーマ:

映画『ハドソン川の奇跡』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

 

本国ポスターの無駄のないデザイン。こちらのほうが日本版より好きです。

 

2009年1月15日、US1549便(N.Y.発シアトル行き)は、ニューヨークのラガーディア空港を離陸して上昇中にカナダガン(鳥)の群れに衝突。両エンジンが破壊されマンハッタン島西側のハドソン川に緊急着水したが、乗員155名が全員無事だったことから「ハドソン川の奇跡」といわれた。この事件をクリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演で映画化。

 

 

オリジナルタイトル『SULLY』(機長のニックネーム)と比べて日本語タイトルがずいぶんと大袈裟。米国人はこれを「あの時、こんなことが起こっていたんだ」という裏話ものとしてみて、日本人は「こんな奇跡が起こっていたんだ」とニュースを見るような視線でみる、その違いだろう。鑑賞後、やはりオリジナルタイトルがぴったりくると思った。

 

ちなみに日本の宣伝で「容疑者として扱われた」と煽っているが、実際は違うのでミスリードではないだろうか。

 

これは「ヒーロー」、「奇跡」と全米を熱狂させた「奇跡」を描いた映画ではなく、機長の実物大の姿をそのまま描いた映画なのだ。イーストウッドの過去作のなかでは太平洋戦争における米国の「記念すべき勝利」の裏で、多大な犠牲が払われたさまを映画化した『父親たちの星条旗』に近い。

 

私が一番好きなのが、公聴会が一段落して機長と副機長が議場を出た場面だ。機長の判断が間違っていなかったと証明された直後に、機長がしたことは、隣の副機長の仕事ぶりを称えたことだった。

 

そういえば、この機長は、最初から最後までいつでも周囲のことを考えている人だった。不慮の事態にどうやったら乗員を救えるか、飛行機が着水した後は、客を避難させ、機内を見回り自らは一番最後にゴムボートに乗った。その後、家族に電話。陸についたら救助された乗員の数をたずねる。

 

それが機長の役目といえばそれまでだが、それを粛々と遂行する姿は、本当に気持ちがいい。機長だけでなく、クルーも救助活動にあたった警備隊も、周囲の観光船の乗組員も、この映画の登場人物は全員、自らの職を全うしている。


Wikiに機長の語録なる項目があったので読んでいたら、いかにも映画のセリフになりそうな名言があった。原作にもたくさんあるらしい(アマゾンのレビュー参照)。

 

だが、そういった機長の決め台詞のような名言の数々がこの映画には一つも出てこない。川に飛行機を不時着させることがどれだけ高度な技術なのか、という説明もない。イーストウッドは脚本をそのまま映画化するそうなので、シナリオにもなかったのか。。。全米ではさんざん報道されていて改めて振り返る必要もなかったからかもしれないが。。。これが本作の映画としてもっとも洗練されていて素晴らしいところだと思う。

 

「奇跡」とされたことをなした人の仕事ぶりは、「奇跡でもなんでもない」ということだ。見終った後に、自分の襟を正そうと思える映画。まさしくイーストウッド監督もそんな人ではないだろうか。今回もとりあえず押さえておいて(見て)間違いなし!です。


※おまけ①
実際には事故調査委員会が開かれるまで18カ月もあったので映画ではだいぶ端折っているそうだ。
トム・ハンクス&アーロン・エッカートインタビュー
http://news.mynavi.jp/news/2016/09/25/122/
※おまけ②
エンディングロールに本物のクルーや乗客たちが出てくるおまけ映像がある。映画『ジャージーボーイズ』ではキャストたちによるMVがあったが、最近イーストウッドはこういうお遊びというか特典映像を入れる傾向がある。なんか、ジャッキー・チェンのNG集みたいだな。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。