アリコジャパン売却?

テーマ:


AIG参加ってアリコもはいってるよね。

自動車保険と個人損害保険でお世話になっているんですけど・・・・。

電話で問い合わせたらご心配には及びませんとのこと。

ほんとかな?

まあ、もうちょっと様子をみませう。

AD
自動車保険でPAP、SAP、BAPという言葉を目にしたことはありますでしょうか。

PAPとは、自動車総合保険のことです。
車両保険をのぞいた対人、対物、搭乗者傷害、自損事故、無保険車傷害の5つの保険がセットになったものです。
PAPの特徴は、示談交渉は対人事故のみ保証ということです。

SAPとは、自家用自動車総合保険のことです。
PAPに車両保険がセットされたものです。
SAPの特徴は、対人・対物事故ともに示談交渉を保証してもらえ、車両保険が必須であることです。

BAPとは、一般自動車保険のことです。
対人、対物、搭乗者傷害などの保険から、自分に必要なものを個別選んでに加入する保険です。
BAPの特徴は、対人保険が基本契約となっていて、保険会社による示談交渉が一切無いということです。

自動車保険の申込みをする時には、このような見慣れない用語についても理解しておくとよいでしょう。
AD
自動車保険に入る前に、今ではインターネットで無料一括見積をして、色々な会社の保険を気軽に比較することができます。

比較することによって、会社それぞれの補償や割引サービスなどを知ることもできるので、やはり見積をすることは大切です。

オンラインで見積をするには、見積用のフォームに希望する補償内容や車の情報など、色々な必要事項を入力します。
保険会社により、見積結果が郵送されてくるところもあれば、メールで結果が届くところもあります。
中にはその場で見積結果が画面表示される保険会社もあります。

見積結果を見て保険会社を決定したら、保険の申し込みもインターネットで行うことができます。
ネット利用は人と接する必要がないので、気軽に申し込みできますが、補償内容や事故時の対応等の重要事項については、自分自身でしっかり確認する必要があります。

AD
自動車保険の割引の中に、運転者年齢限定割引というものがあります。
これは、運転する者の年齢を限定することによって保険料が安くなる特約です。
しかし限定された年齢条件以外の方が運転をして事故を起こしてしまった場合、保険金がおりないので注意が必要です。

運転者年齢限定の条件は、一般的に4段階に分けられています。
21歳以上限定、26歳以上限定、30歳以上限定、35歳以上限定です。
しかし保険会社によっては、もっと細かく設定してあるところもあるようです。

一般的には年齢が上がるほど事故を起こす確率が低くなるので、保険料が安くなるのです。
今現在、運転者年齢限定割引を利用されている方も、申し込みから年数が経ってさらに上の年齢条件にあてはまるようになっていれば、条件を見直すと保険料が安くなります。
ただし家族で同じ車を運転される場合は、自動車保険の加入は運転される1番若い方の年齢に合わせる必要があります。
自動車保険には、様々な割引サービスがあります。

基本的な等級での割引の他に、安全装置割引(エアバック・ABS等が装備されている)・ゴールド免許割引・運転者限定割引・長期優良契約割引・年間走行距離割引・地域割引・運転者年齢限定割引などもあります。

ここに挙げた割引は一般的なものでありますが、もしかすると現在加入されている自動車保険にはない割引もあったかもしれません。

この他にも保険会社それぞれの割引サービスが多数あります。

保険料を少しでも安くしたい方は、この割引サービスを上手に利用すればいいのです。

少し面倒かもしれませんが、一括見積サイトにある保険会社をどんどんチェックして、自分が利用できる割引サービスの多いところを探してみるのです。

もちろん補償内容もきちんと確認する必要があります。このように、自動車保険の見直しをしてみると今まで以上の保険に出会えるはずです。