Azuza Diary♪

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」を主宰している平松あずさのブログです。


テーマ:

10月に行われた「わがまちふれあいコンサート」のアンケート結果を送って

いただきました。今回は梶ヶ谷、宿河原の小学生が出演しました。

地元のプロ、アマチュアの方々が全力を出し切って演奏するこのコンサート。

来場された方は60才代以上の方が大半でカリヨンの子どもたちの声を

初めて聴いた方が多かったと思いますが、その方々のアンケートには

 

「子どもたちの歌声が素晴らしかった」

「子供たちの出演がよかった」

「子どもの歌が楽しかった」

「子どもたち素晴らしい!」

 

とたくさんの声が寄せられていました。

カリヨンの小学生クラス、年々上手になっていっていると思います。

それは卒業していってしばらくしてまた遊びに来てくださった親御さん方からも

よく言われることです。

 

発声練習をしたり、発声の方法を細かく指導したりというレッスンはしていません。

カリヨンのレッスンは「楽しい!!」「もっと歌いたい!!」「お休みはいらない!!」

というほど子どもたちが、「次何歌うんだろう」とワクワクするようなレッスンです。

 

カリヨンを初めて間もないころ、

「楽しいだけでいいんですか?」

「結果がわかるようなものをください」

というような声を親御さんから求められ、若かった私は本当に迷ったし、泣きながら

答えを探したこともありました。

 

あの時の私に言ってあげたい!!

「楽しい」ってすごいことだよ!!

 

心から楽しいレッスン。それがカリヨンの魅力で、その力はどんどん上達する力を

持っています。

 

わがまちふれあいコンサートお疲れ様でした。いい経験をありがとうございました。




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)