「音の教室カリヨン」レッスンブログ

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」の音楽講師によるレッスン風景ブログです。


テーマ:

☆梶ケ谷小学生クラス

予想外の雨が降るなか、
今日もみんな元気に集まりました。

まずは ♪みんなみんな歌になれ で
元気よくスタート~

男女で、誰が素敵に一生懸命歌っているか、
向かい合ってチェックキラキラ




視線を浴びて、ちょっぴり漂う緊張感。

終わったあとに「○○ちゃんがよかった!」と、
良かったと思う子を発表してもらいました。

みんな張り切って頑張っていました!
名前を呼ばれた子は、照れながらも、
とても嬉しそうでしたラブラブ

先生とのハモりも少しずつ慣れてきたようです。

それから

♪楽しいショティッシュ

こちらも振り付きで、選ばれし子は前に出て
みんなにみてもらいましたよ。

 


それからそれから

♪教室大笑い

大人気のこの曲。
学校の先生が自分のこども時代のことを
ソロで歌うところは、思いきってそれぞれ1年生に任せてみました。

ソロになると、やる気に満ちた様子で、
堂々と歌ってくれました。
スバラシイ!!


お次は
♪ドキドキドン1年生

これは恒例、当たった人がひとりで歌う、
をやりました。

4月は新しい環境に変わって、不安そうにしていて
この曲の心境がぴったりだった1年生も、
5月半ばともなると、すっかり小学生の顔。
たくましさを感じますね。


♪トットトコ

今日は男女で5つずつのグループにわけて、
担当の歌詞に振付を考えてもらいました。

制限時間は5分。よーいスタート~

 

楽しそうに相談するみんな。


 


あっという間に考えてしまったグループ、
恥ずかしがりやさんが多くてなかなか難しかったグループ、様々ありましたが、
自分たちでどうやったらいいか考えることが大切です。

今までの曲を終えて

お待ちかね、新曲。

♪思い出色のメヌエット


あずさ先生の歌を聴いて、この曲の感想をきくと、


「さわやか~」

そうですね、ほんとに。

原曲は、(バッハ作曲と言われていた)メヌエット。
レーソラシドレーソッソ

の曲です。(笑)

ピアノで弾いたりして知っている子もたくさんいました。

この曲に、季節の移り変わりととともに、
引っ越してしまった友達との心情ややりとりが描かれた歌詞がついています。

流れるような、とても素敵な編曲です。

音とりをしました。

 



とても高い音程のところは、喉で歌うのではなく、
あまり高いと思わずに低い音を歌うつもりで
お腹をしっかりさせてから歌ってみるといいですよ!

また来週覚えて歌っていきましょうね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カリヨンレッスンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります