「音の教室カリヨン」レッスンブログ

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」の音楽講師によるレッスン風景ブログです。


テーマ:

☆宿河原幼児クラス

 

前回、1人が不安で泣きながら教室に入ってきた年少さんも、今日は大丈夫!

ちょっとずつ、カリヨンになれてきました。

今月の曲は2回目ですが、幼児クラスさんはもう覚えていて、

前奏を引き出す前から、大声で歌いだす子が続出しましたよ。

 

こいのぼりは、みんなよく知っている季節の歌だったので

こいのぼりにタッチされた子は、前に来て歌ってみよう!ということで、出てきてもらいました。

前に出てきたとたん、ちょっとはずかしがっちゃう子もいるのですが

みんなちゃんと歌えていました!

 

 

そして「風よふけふけ」では、このあいだ作った紙テープのステッキで

ジャンプしたり踊りながら歌を歌いました。

途中の歌詞は覚えきれないものの、サビの部分になるとみんなはりきって歌います。

 

その後は、絵の具を使って、模様を描いてもらいました。

これが次回、今月の絵本のアレに変身するんです。

「ねえバスになるんでしょ?」とSくん。

「どうやってバスにするの?これタイヤ?」

それは次回のお楽しみ。

 

5色の絵の具を出したら、ぜーんぶ混ぜて真っ黒にしてしまう子もいるかな?と

心配したのですが、

いくつかコツを教えたら、みんな上手に塗り分けることができました。

「地球みたいだね」「ここのところが花みたい」とみんなで観賞しあいました。

 

 

 

これを乾かして、次回は「走るバス」をつくりますよ!

 

*******************

☆宿河原小学生クラス

 

今日は1人お休みだったけれど「みんなは1.5人分ぐらい歌えるから大丈夫!」とあずさ先生。

すると「いや、今日の俺は1.0人分…」と弱気なYくん。

風邪をひいて、かすれ声になってしまったようです。

途中休んだりしながらレッスンを受けていましたが、やっぱり歌いたくなってしまって

やっぱりソロや歌えない子のフォローをしてしまうのでした♪

 

でも最近のみんなは、はりきりすぎてちょっとどなり声。

「まずは声を出すところからやってほしいと先生は言っていたけど、それは第一段階。

みんなはこれがクリアできているから、今度はおさえるところをおさえてみよう」と指導しました。

ただ歌うところから、美しく歌うというバージョン2になりましたよ。

コンサートでソロを持てるほど上手な2人が、このところ「うまく声が出ない」と悩みぎみ。

でも、「だからできない」とやめてしまったら、乗り越えられないというお話もしました。

 

みんな大好き「トットトコ」では、また2グループにわかれました。

今日は動画を撮ってふりつけを他のクラスに見せるから、と話すと、途端に緊張ぎみ。

でも少し緊張感があったほうが、うまくいく感じもしました。

 

 

「思い出色のメヌエット」は、先生が別パートを歌ってはもるということもしました。

これは元の歌をきちんと歌いこなせていないとできない練習。

ほとんどつられずに、みんなで歌えていたので、1人ずつやってみようか!というと、下を向く子ども達(笑)。

それじゃ3人ずつ、ということで歌ってもらいました。

その次は2人ずつ。

じゃあ次回は1人ずつ歌ってもらう約束をして、おしまいにしました。

 

 

どの曲もがんばっているので、また新曲を考えてこようかなと先生たちで話しています!

 

(じゅんこ先生)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カリヨンレッスンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります