「音の教室カリヨン」レッスンブログ

川崎市梶が谷の五感をそだてる「音の教室カリヨン」の音楽講師によるレッスン風景ブログです。


テーマ:

☆宿河原幼児クラス

 

今月の絵本は「おまえうまそうだな」。

最初に「肉食恐竜のティラノサウルスが…」というお話をしたら

急に怖がってしまった子ども達ですが、

お父さんのようになりたい!と必死になる子どもの恐竜のお話なので

とっても真剣に聞いていました。

 

絵本の後に「恐竜があそびにきていまーす」と言うと「食べられたくない」と子ども達はびっくりしていましたが、来たのはこんなにかわいい恐竜です。

おなかの中から、いろんなものが飛び出してその曲を歌いました。

焼き芋や風船、パンダ…

 

 

「パンダ・コパンダ」という古い宮崎アニメの曲はふりつきで歌いました。

みんなかわいいパンダを一生懸命マネていましたよ。

 

さて、恐竜のおなかからは、ニューヨークからの本物のお手紙も入っていました。

あずさ先生のお友だちが、アメリカの保育園の子どもたちの作品を送ってくれたのです。

英語を習っている子どもが多いようでしたので「ニューヨークってわかる?」と地球儀を見せてお話しました。

日本はここだよというと「ちっちゃい!」、ニューヨークはここと言うと「とおーい」と反応が素直な子どもたちです。

ニューヨークの葉っぱは独特の匂いがして、みんな驚いていました。

 

 

ニューヨークの子どもたちが作ったガーランドにも興味津々。

やっぱり外国の子の作品は、色使いや形の選び方もちょっと日本とは違うみたい。

「ねえ、ここ見て~」と子ども同士でお話しています。

作りものが大好きな子たちなので、「宿河原のみんなも素敵なの作ってニューヨークに送ってあげようね」と言うと、嬉しそうにうなづいていました。

 

次回は、卵のカラを使って、楽しいことをしますよ!

みんな割れないように持ってきてね。

 

**********************************

☆宿河原小学生クラス

 

今日は、絵本のレコーディングで歌う曲を4曲練習しました。

短い曲ですが、本番は長い練習時間を取れないので、集中して練習です。

 

こういうえかきうたなんだよ、とあずさ先生が書くと、みんなへえーと目を丸くしてました。

ちょっとシュール?

でも歌はみんなバッチリでしたよ。

より上手な子が前列に来て歌ってもらうから、と言うと、俄然やる気を出していました。

 

※ちなみに右の猫はMちゃんがレッスン前に描いた大作です

 

もちろん、コンサートの練習もしなくちゃいけません。

今日は台本のはじめて配って、読み合わせをしました。

 

 

1年生のために、すべてひらがなで書いてありますが、まだスラスラと読めないときもあります。

高学年になると、一回目から心をこめて読んでいました。

 

次回は歌も入れながら、少しずつミュージカルに入っていきます。

レコーディングの曲の練習も、お願いしますね!

いま絶好調の宿河原クラスに期待しています。

 

(じゅんこ先生)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

カリヨンレッスンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります