#USEN OTORAKUキュレーター ページ更新

テーマ:


USEN OTORAKUキュレーターのページが更新されましたのでお知らせいたします。

■プレイリストページトップ
http://otoraku.jp/playlist/




■cargo(GOKU) キュレーター詳細ページ
http://otoraku.jp/playlist/curator06/




とても見やすくなりましたね!

店舗オーナーさんはぜひ!

著作権法もしっかりクリアしているUSENさんならではの配信サービスです。


cargo(GOKU)

Boston Dynamicsがヤバい。

テーマ:


今日は息抜きブログ。
 

▼ ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)
https://wired.jp/2017/11/17/atlas-robot-does-backflips-now/


▼ What's new, Atlas?
https://www.youtube.com/watch?v=fRj34o4hN4I&app=desktop


すげえなあ。
飛躍的進化ですよ。

記事読んでて初めて気づいたのですが、グーグル傘下だったBoston Dynamicsがいつのまにかソフトバンクに買収されていた。

もともとインターネットやGPSを開発したDARPA=アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)という国防省のロボット開発部門に位置していたBoston DynamicsがGoogleに買収されたのが2013年だったが、2017年にSBに買収されたということみたいです。

 

▼ ソフトバンク、Boston Dynamicsの買収に合意
~スマートロボティクス技術の開発促進へ向けたコラボレーションへ~
2017年6月9日
https://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2017/20170609_01/


数年前まではBIG DOGやPETMANと言われる軍用ロボを作っていたのですが、今回発表されたシリーズはルックスもかなり洗練されて、軍用という様相ではなくなった印象です。

しかし依然として怪しさは継続。
すごいなあと感じるとともに、相当気味悪い。

現在はT100くらいの感じでしょうか。
T600T800まで進化するのにはあと15~20年ってとこなのかな。


Boston Dynamicsの歴史をば少し。

▼ "BigDog Overview (Updated March 2010)" 
https://youtu.be/cNZPRsrwumQ

このビデオで世界を震撼させました。

そして、ベータ版がこちら(笑)
▼ "BigDog Beta (High Quality) - early Big Dog quadruped robot testing" 
https://youtu.be/mXI4WWhPn-U ;

 


▼Boston Dynamics All Prototypes
https://www.youtube.com/watch?v=-e9QzIkP5qI


10~15年の総集編。
まだPetmanもワイヤードで補助具もつけてるのでそれほど脅威を感じません。


そして今年、飛躍的に進化した。

以下は新シリーズ。

▼ The New SpotMini

https://youtu.be/kgaO45SyaO4 ;

 

▼ "Atlas, The Next Generation"
https://youtu.be/rVlhMGQgDkY

 

▼ "Introducing Spot" 
https://youtu.be/M8YjvHYbZ9w

 

▼ "Introducing Handle" 
https://youtu.be/-7xvqQeoA8c

 

▼ "Cool Dynamic robot - New SpotMini, Coming Soon #2" 
https://youtu.be/srZD9fbOUgw ;

 キモいわw
だからなんなんだよ


不気味の谷によるキモさとは別の気味悪さを感じるのは僕だけではないでしょう。


 https://i.imgur.com/1CT59V8.gif




本日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

また次回。


cargo

 

 

 


先日TBSのひるおびで弁護士の八代氏がふざけたことをぬかしていました。

●八代英輝
「今までの閉会中審査や予算員会で野党の皆さんの追及とか質問を聞いてきましたけども法律家として見る限り、加計学園問題に関しては違法性のある部分が見当たらないんですよ。

もし何か新しい疑惑が出てくるんだったら追及する価値はありますけど、今までの繰り返しなら時間の無駄になってしまうと思います」

仮にも弁護士である八代氏が、加計問題の調査も国会追及もおわっていない状況であるのにも関わらず、軽がるしく「法的に問題ない」とほざいているのです。

法曹界に身を置く立場であり、かつコメンテーターとして発信力もつ人物でありながら、適当なことを言って世論に間違った影響を与えるべきではない!

▼加計問題、安倍首相の贈収賄事件に発展か...設置認可前に133億円補助金、建設着工 - ニュースパス 
https://newspass.jp/a/b81jh
▼ 【2017年11月8日】自由党政策審議会ー加計学園問題調査ヒアリング
https://www.youtube.com/watch?v=g2QYRjuDbpE

40分あたりから森ゆ無双
森議員「これは議事録改ざんした証拠ですよ!贈収賄であり犯罪ですよ!?安倍さん自身も”加計さんとは奢り奢られる仲”と国会で言ってたじゃないですか!」

安倍氏や国家戦略特区諮問会議委員らは「一点の曇りもない」などと言っていましたが、加計学園関係者が15年の時点から特区WGに出席し、発言していたことまでが隠蔽されていて、議事録まで改ざんされていたのです。

これは「加計ありき」で進んでいた可能性が非常に高いことを示す重要な証拠のひとつとなります。

もし法的に、安倍氏自身を贈収賄罪に問うことが難しかったとしても、モリカケ問題をつぶさに振り返れば、安倍周辺は公文書偽造等罪、背任罪、偽証罪、名誉毀損罪・公益通報者保護法などに違反し、また大臣規範、内閣法6条、国家戦略特区法、公職選挙法、平等原則等ならびに幾多の憲法に違反している可能性が高いことは明らかです。

八代氏は田崎スシロー氏と並び、とんちんかんな政権擁護論を展開することから、ネット民からは「ヤシロー」とも呼ばれ揶揄されていますが、まったくいい加減にしてほしいもんです。

八代氏は見た目が良いことから女性人気も高いと思いますが、騙されてはいけませんね。

詐欺師というのは、必ずスーツを着て真面目そうないでたちで現れます。
僕のように長髪に髭面で小汚いカッコをして現れることはありません。



さて、本題。

テレビに出演するしょうもないコメンテーターに騙されることなく、「左右ではなく上下」であることをしっかりと共有すべく、いくつかの資料を下記に掲示せていただきます。


ガチウヨの三橋貴明さんが、左派リベラル系の堤未果さん、東大教授の鈴木宣弘さんらとセッションしています。
 

▼ 【三橋貴明】日本農業を崩壊させるモンサントの正体、童顔なのに腹黒い竹中平蔵が企む莫大な金儲けの手口を暴露! パソナ会長【堤未果 平松禎史 鈴木宣弘
https://www.youtube.com/watch?v=TLQHMMJcz30&feature=youtu.be


なかなかわかりやすいと思います。
上記の図はだいたい合ってると思うので、なんとなく覚えていただくことをお勧めします。
(私の感覚では民進党はもっと左右両極に伸び、反グローバルにも伸びていると思いますが)

三橋さんが批判してやまない竹中平蔵に関して語っている動画をもう一本ご覧ください。

▼ 【三橋貴明】日本人の皆さん。本当に本当に深刻な事態です。日本を破滅させる黒幕達。 
https://www.youtube.com/watch?v=zunoGkx129k&feature=youtu.be


さらに三橋さんの動画をもう一本。
宿敵であるグローバリストの代表、竹中平蔵とのバトル動画です。
竹中は国家戦略特区諮問会議の議員でありながら、自身が会長を勤める会社に利益供与を行っているスーパー悪代官という形になります。

▼ 竹中平蔵が三橋貴明に急所を突かれ「無礼だ」とマジ激怒!
https://www.youtube.com/watch?v=PG_vkpgm4JQ&feature=youtu.be


上述した東大教授・鈴木宣弘さんの出演されているビデオもご紹介しますね。

▼ 20170201 UPLAN 日本とEUのEPA(経済連携協定)を考える緊急学習会
https://www.youtube.com/watch?v=6Wg2bu-76qQ

すごい剣幕です(笑)が、まったく鈴木センセイの言う通りですね。
カッコイイ。


「左右ではなく上下」です。
この「左右ではなく上下」という思想は、何年も前からまともな右翼と左翼の思想家の論壇では共有されていました。
(ネトウヨさんもこういうの、ちゃんと理解したほうがいいよ。マジで。)

たとえば、ガチウヨの西部邁さんとガチサヨの佐高信さんは非常に仲が良くて、10年くらい前から共著を出版されたり何度もセッションされています。

▼ 知識人の裏切り西部邁ゼミナール 2012年1月7日放送
https://www.youtube.com/watch?v=MaBi90CAlYI


佐高信「西部さんも私も左翼だろうが右翼だろうが、権力に足払いをかける人」

西部さんは保守論壇の重鎮で、佐高さんは”週間金曜日”の社長/編集長さんで左翼論壇の重鎮です。

 


もちろん現在でもまともな右翼とまともな左翼は対話を重ねていますよ。

▼ 【無料部分】〈HANGOUT PLUS〉小林よしのり×宇野常寛「立憲民主党は安倍一強を止められるか」
https://www.youtube.com/watch?v=B2jmIoTqLZg

 


▼ 小林よしのり氏(漫画家・評論家) スピーチ『立憲民主党』「東京大作戦 10.14(CDP Tokyo Democracy Convention)」2017.10.14 @新宿駅東南口
https://www.youtube.com/watch?v=FMnhepyQzts&t=3s

 



http://img-cdn.jg.jugem.jp/d09/1717594/20170331_2258473.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DMnVM4IVoAA6ASp.jpg

https://i0.wp.com/solitubeworks.com/blog/wp/wp-content/uploads/2017/08/hoshu3.jpg

上記の図を見ても思いますけど、はっきり言って若い人の感覚のほうが正しいですよね。

どう考えても左翼と言われる政党のほうが”保守”じゃないですか。

で、安倍一味は保守でも右翼でもない、単なるネオリベ/グローバリストなんです。

(公明党は単なる金魚の糞)

もうひとつ言えば、彼らは天皇陛下の権威を笠に着た国家神道カルト(長州カルト)を信仰し、大日本帝国復活を願う狂信者ということです。


私は一応、保守派を自負していますが、私がなぜ左派の立命館・松尾匡教授に心酔するかその意味を察していただければと思います。


このような思想を歴史的背景からも理解するために役立つリンクを下記に提示させていただきますので、こちらもぜひお読みいただければと思います。

本当はホッブス、ロック、ルソー、ロールズあたりの本をしっかりと読み込んで理解しなければならないのだと思うのですが、僕のようなニワカには「識者のまとめ」がとても役立ちます。

▼ 日本で「リベラル」の定義が曖昧になる背景 | DOL特別レポート | 
2017.11.10 ダイヤモンド・オンライン  仲正昌樹:金沢大学法学類教授 
http://diamond.jp/articles/-/148907
▼ 「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、中島岳志さんと現代日本を読み解く
10/20(金)  江川紹子 Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/ ;

こちらの左右の図も素晴らしい!

 


本日はここまでです。

ご覧いただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。


cargo

 

 

 


どうも。

いろいろなことが矢継ぎ早に起こりすぎてあまり注目されていませんが、在米日本大使館から内部文書が流出(情報公開?)したという事件がありました。

こういう状況もショックドクトリンなのだろうと思いますが、こちらの件はかなり重要だろうと思いましたのでまとめてみました。
 


▼ 小池百合子、前原誠司の失脚の裏に米国政府 在米日本大使館の内部文書入手
村上新太郎 2017.11.8 週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2017110700009.html?page=1

【抜粋】
 政府筋は「安倍官邸は単なる9条3項の自衛隊の明記にとどまらず、『国際平和に貢献するために』という文言を付記して、自衛隊が海外で自由に集団的自衛権を行使できるという解釈にしたい」と明言

元外務省国際情報局長の孫崎享氏も「米国が求めるように自衛隊を海外派遣できる環境づくりに北朝鮮の存在は絶好のチャンス到来だ」との見解


在米日本大使館の内部文書 《改憲勢力が発議可能な3分の2を確保した総選挙結果は米国には大歓迎の状況だ。むしろ米国が意図して作り上げたとみていい。民進党を事実上、解党させて東アジアの安全保障負担を日本に負わせる環境が改憲により整う非常に好都合な結果を生み出した》

 そして《日本が着実に戦争ができる国になりつつある》と分析。

在米日本大使館の内部文書 《米国には朝鮮有事など不測の事態が発生した時に、現実的な対応が出来る政治体制が整う必要があったが、希望の小池百合子代表が踏み絵を行ったのは米国の意思とも合致する》


元外務省国際情報局長の孫崎享氏 「米国の政策当局者は長年、親米の安倍シンパ議員や野党の親米派議員らに接触、反安保に対抗できる安全保障問題の論客として育成してきた。その結果、前原氏が民進党を解体し、同じく親米の小池、細野、長島各氏らが踏み絵をリベラル派に迫り、結果として米国にとって最も都合のよい安倍政権の大勝となった」

官邸関係者 「森友問題は近畿財務局のキャリア官僚の在宅起訴で手打ちとし年内に両疑惑ともに終息させるつもりです」
 


在米日本大使館が「希望の党は米国が作った」、「戦争のできる国になりつつある」と分析したという驚愕の事実です。

私は「前原氏が小池知事の権力欲に騙された」と見る可能性もやはりあると思うのですが、民進党解体や希望の党結成、また改憲右派による憲法改正と続く一連の動きは「アメリカの意図により作られた」というストーリーもまた現実味を帯びたと感じたのです。


ご存知の通り、山本太郎議員が「安保法案は、第3次アーミテージ・ナイ・レポートの完コピ」と形容したように、また複数のソースでリチャード・アーミテージが改憲や9条改定を迫っているように、アメリカが改憲により日本に東アジアの安全保障の負担を担わせようとしていることは明白です。


安保法案は、第3次アーミテージ・ナイ・レポートの完コピ


日本は着実に「戦争のできる国になりつつある」のです。


武器輸出原則はすでに緩和されて、防衛省は海外に武器を売っています。

憲法改正して、自衛隊が米軍の二軍として活動できれ軍需産業はもっと儲かります。

山本太郎議員は、経団連のハッピーセットは「武器輸出・集団的自衛権・憲法改正」だと表現していますが、これも現実味を帯びてきているのがわかります。


前原と小池は、CSIS/アメリカのエージェントと見てまず間違いないのではないでしょうか。



http://livedoor.blogimg.jp/matrix_zero1/imgs/b/e/bec3feee.jpg


http://keibadameningen.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/csis-63b3.html

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/2464095366a5c2ae7f81a8fce2bce9c5

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/2464095366a5c2ae7f81a8fce2bce9c5




最後にもう一点。


昨日山尾議員が「改憲案」作成を提唱したことにより、ツイッターで護憲派左翼のみなさんが発狂しています。

▼ 時代の正体 改憲論議に先手打つ 山尾志桜里氏が語る(下)
神奈川新聞 11/09
https://www.kanaloco.jp/article/289883

私には山尾案は、自民党のふざけた改憲案を防ぐためのひとつの方法であるようにしか思えませんが、下記のビデオで宇野常寛氏が語るようにまた内ゲバで立憲民主党が瓦解してしまう懸念も露になりました。

▼ 【無料部分】〈HANGOUT PLUS〉小林よしのり×宇野常寛「立憲民主党は安倍一強を止められるか」
https://www.youtube.com/watch?v=B2jmIoTqLZg

 


これから改憲に向けて政府系広告会社が「北朝鮮が怖いから改憲だ!」と大嘘のプロパガンダをガシガシ打ってくるはずです。


昨年の参院選でも先日の衆院選でも、テレビやネットで安倍自民はとんでもない大嘘のコマーシャルを打ちまくったおかげもあり、自民大勝に終りました。
自民に改憲を発議されたら、ノンポリやB層の国民は簡単に大嘘プロパガンダに騙されて国民投票で賛成票を投じてしまいます。

それまでになんとかしなければなりません。

 

次回は改憲の中身をまとめてみたいと思います。

 

 

 




もちろんこの人たちもアメリカの...



本日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

ではまた。


cargo(GOKU)

 

 

パラダイスペーパー、とうとうきましたね!
 

▼ 「パラダイスペーパー」 各国メディアがトップで速報
11月6日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011211931000.html


▼ AN ICIJ INVESTIGATION PARADISE PAPERS: SECRETS OF THE GLOBAL ELITE
https://www.icij.org/investigations/paradise-papers/

ICIJのサイトは「PARADISE PAPERS: SECRETS OF THE GLOBAL ELITE」と、かなり挑戦的なタイトルを冠していますが、パナマ文書の第二段って感じです。


パラダイスペーパーのサイトでは、このように政治家などを検索できます。

 

まったくけしからんんことですが、今回は日本人の政治家として鳩山紀夫元首相だけがリストアップされていました。



パラダイス文書の動画(けっこうカッコいいですw)
https://www.facebook.com/ICIJ.org/videos/10154993935581512/

オフショアリークスのほうでもパラダイスペーパーが連結されていますので、ぜひ脱法脱税企業を検索してみてください。

▼ OFFSHORE LEAKS DATABASE
https://offshoreleaks.icij.org/


もちろん、ICIJはソロスが資金を拠出していることもあり、怪しい部分も大きい。
ことさらトランプやロシアを悪者として扱うのには、なんらかの意図もあるでしょうし、他にも隠蔽されている情報もあるでしょう。

ですが、問題はそこではありません。

問題は上級国民だけがアクセスできるパラダイスで何千兆円も脱法脱税されているということであり、誰がタックスヘイブン脱税をやっていたか?ということに拘るより、お金持ちはほぼ全員やっていると見たほうがいいわけです。


税金を払わない人たちがなぜか威張っている。

税金を払わない会社がなぜかTVCMで善人ぶっている。

胸が痛いですよ。

その税金があれば貧しい人や病める人を助けられるかもしれないのですから。


なんで日本国憲法25条にあるように「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を、国家公務員の職務怠慢により剥奪されなければならないのでしょうか?

パナマ文書の時に日本政府は「パナマと情報交換する」なんて言っていましたが、口先だけでまったく進んでいないようです。

国会で脱法脱税を取り締まるような法律が出来る気配さえもありません。

東京オリンピックもタックスヘイブンに作ったペーパーカンパニーを介して、政府紐づきの広告会社が招致委員を買収し手にした栄光でした。


本当に怒りしか感じません。

でも、そりゃそうですよね。
この世界は国際金融家が支配していますので、お金持たちから献金を受ける政治家や資本家傘下のマスコミが歯向かえるわけないんですよね。

あんまり闇に迫ると殺されちゃいますしね。

▼ パナマ文書で実態暴いた女性記者、ダフネ・カルアナガリチアさん殺害か マルタ、車爆弾で
2017.10.17 産経
http://www.sankei.com/world/news/171017/wor1710170031-n1.html


本当になんとかしないといけない問題です。


先日、安倍氏が通称イヴァンカ基金(We-fi)に57億円拠出したことが話題になりました。

 

 

 

 

 

驚愕の海外バラマキ

 

似非ウヨさんたちが「外貨準備高からの拠出だから問題ない!」として根拠不明の論理で暴れまわっていましたが、結局....。


自分の担当する省庁の予算さえも把握せず、ドヤ顔でデマをばらまいた外務副大臣。

 

だいたいなんで税金で雇われてる公僕の外務大臣や外務副大臣が、上から目線でメディア報道を揶揄しているのでしょうか?

そんなことより国民に丁寧に説明するのが筋でしょうが!!

おまえら自分の立場わかってんの!?ということですね。



さすがに私のツイートも5000RTもされると似非ウヨさんからクソリプが飛んできます。

バカだなあと思うとともに非常に嘆かわしいことです。

高橋洋一や上念司のようなステークホルダーがデマカセを交えて「税や国債の使い方は正しい!税金ではなく外貨準備高だから問題ない!」などと政権を擁護するならまだ理解できますよ。
彼らは自身の利権を守るのに必死なのですから。

でもゼネコンなんかに勤めてないかぎり、似非ウヨさんにとってバラマキを続ける政権をアクロバティック擁護することがいかに愚かな行為なのかってことなんです。
なんで搾取される側が搾取するほうを擁護するのでしょうか?(笑)


まさに「肉屋を支持する豚」です。


おまえらの税金や公金がわけのわからないものに使われてるだけでなく、社会保障が足りないと嘘をつかれて増税までされてるんだがって話です。

似非ウヨさんたちがことさら強調される「外貨準備高だから問題ない」論は非常におかしなことです。

例えバラマキの原資が外貨準備高であったとしても、その原資は公債(政府短期債権)であり、その公債の償還費には税金も含まれるはずです。

そして外貨準備高余剰金が一般会計に毎年3兆円ほど繰り入れされようとも、それは公金でしかないわけです。

その公金の使い道に関して「使途詳細ならびに根拠を明らかにせよ」という論理は、まっとうな要望のはずです。

例え拠出先が世界銀行であってもしっかりとその用途を明確にしなければなりません。

 

公金の流れがよくわからないのなら、政府には明確にしろと要求するべきであり、そこには右も左も関係ありません。

 

政権与党の自民党が6人に1人が貧困と言われる日本人女性を放っておいて、海外の女性の活躍を援助すること自体がおかしなことでしょう!?

こんなことが「保守派」を自称する自民のやることですか???



まったく保守でもないバカどもが保守気取りです。


狂った世の中ですよね。
 



このマヌケ2人には、ぜひ税やバラマキの対応をお願いしたいですね。

https://i.imgur.com/ujp0lxK.gif

http://i.4cdn.org/pol/1509965834712.gif

本日はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

 

cargo