2004-11-07

かに

テーマ:食材
先日、かにを食べに行きました。
かにと言えば食べ放題という事で、探したのですが、意外とないのですね。
やはり食べ放題はツアーなどに参加するのが良いのでしょうか。。

かにを食べるとやはり真剣になり無口になります。
ついつい夢中になってしまいますね。

かににも色々種類がありますが、旬は冬なので今からがまさに食べ頃です。
たらばがにを倒れるまで食べまくりたいですね。たらばがにですが、かにの仲間のようですが、実はやどかりの仲間なのです。

■女性にうれしいヘルシー食■
かには他の魚と比べると、高タンパク、低カロリーです。種類によって多少異なりますが、良質のたんぱく質を含み、脂質やエネルギーが少ないので、ダイエットに適しています。

■ゆでると赤くなるのは!?■
かにをゆでると赤くなりますね。あれはアスタキサンチンというカロチン色素のためで、抗酸化作用があります。カロチンはにんじんの所で勉強したように、体内でビタミンAに変わり、動脈硬化やがん、老化の予防に効果を発揮します。

■タウリンの力■
「タウリン1,000mg配合!」よくCMでやっているので、ご存知の方も多いかと思います。
栄養ドリンクに入っていますね。このタウリンですが、アミノ酸の一種です。
貝や魚介類に多く含まれています。(たこ、しじみ、あさり、はまぐり、かき…)
非常に優秀で、血圧を正常に保つ。コレステロール値を下げる。肝臓の強化。心肺機能強化。動脈硬化の予防。疲労回復。視力の向上。など幅広く活躍します。

■ギリシャ語で封筒を意味するキチン■
キチンはカニやエビの甲羅などから抽出される成分です。
キチンですが、聞いたことありますか?キトサンならあるかもしれませんね。キチンを処理するとキトサンになります。

これらは、重要な性質が相次いで見いだされつつあるため、国も莫大な資金を投入して研究を奨励してきました。コレステロール低下作用、免疫力の強化、血圧を正常に保つなど、生活習慣病対策に欠かせない機能性素材として認知されつつあります。

■かにみそ=脳みそ!?■
NO! 動物学的には中腸腺といい、人間でいうと肝臓とすい臓の機能を併せ持った器官のようです。味噌に似てるのでこのネーミングが付きました。私は結構好きですね~


★栄養素★
たんぱく質・カルシウム・マグネシウム・銅・ビタミンB,E

★効能★
がん・動脈硬化・貧血・疲労回復・心肺機能、肝臓の強化・解熱・
骨粗鬆症・整腸作用・便秘・血圧を正常に保つ・コレステロール値を下げる


ケアウエイブ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

carewave-recipeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■食べすぎに注意!

女性には冷え性の方が多いですよね。効能にも書きましたが、かにには身体を冷やす働きがあるので、食べすぎには気を付けましょう~

1 ■無題

私も、カニが大好きです!やっぱり、たらばですよねー。 カニに、ダイエット効果があるとはビックリしました。ついつい、カニって食べ過ぎてしまってあとがら後悔することも多々あるのですが、カロリーも低くて生活習慣病にも効果的なら、ちょっとくらいの食べ過ぎはセーフですよね!カニ鍋とかしたいですね!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。