中小企業の活性化と若者を支援することで日本をよくしたいと考えています。

その想いから日々の疑問・怒り・生き方のヒントなどをブログに綴っています。


人の痛みに鈍感な人間が増え、日本の個人主義・合理主義が加速化しました。
競争社会の勝者が強者ではなく、弱き者を助けるのが真の強さであり優しさ
です。


真摯かつ誠実に生きている人が今後の日本社会をより賢く幸せに生きるヒント

見つけられる記事を綴っていきます。あなたの毎日に幸せが舞い込みますように。

NEW !
テーマ:
1月20日に時事通信社が大卒内定率に対する、次のような記事を発表。

****************************************************************

厚生労働、文部科学両省は、2017年3月卒業予定の大学生の就職内定率が、
16年12月1日時点で前年比4.6ポイント上昇の85.0%になったと発表した。
1997年3月卒を対象に調査を開始して以来、過去最高となった。6年連続の
改善で、景気回復を背景に「売り手市場」が続いている。


これまでの最高は98年3月卒の84.8%だった。文科省は「希望する就労
条件を満たし、早めに就職先を決める学生が多い」(学生・留学生課)
と分析。採用面接の解禁が大学4年生の6月に2カ月前倒しされたことも、
内定率を押し上げた可能性がある。

女子の内定率は5.2ポイント上昇の87.2%と調査開始以来、最も高かった。
男子は4.1ポイント上昇の83.1%。大学の所在地別で見ると、全6地域が
上昇した。最高は関東の88.3%、最低は中国・四国の78.6%だった。

調査は国公私立大62校の4770人を対象に実施。就職希望者のうち、企業から
内定を受け既に就職先を決めた学生の割合を内定率と定義付けている。

****************************************************************


現在、私が指導している大学生のうち、3人に1人は就職浪人生です。
内定がもらえていない人が15%しかいないんだとしたら、このような
ことは起きていないはず。実際の内定率は7割程度じゃないでしょうか。


それはさておき、2015年5月19日の日経新聞の記事をご覧ください。

****************************************************************

今年の春に卒業した大学生の就職率は96.7%と、過去最高だったリーマン・
ショック前の2008年春(96.9%)に次ぐ高水準だった。2016年春に卒業予定の
大学生の就職活動も、学生有利の売り手市場が続き、大企業を志望する
学生が増える見通しだ。一方、大企業の採用の「公式スケジュール」は、
今年大きく変わった。経団連が採用活動を3~4カ月繰り下げるよう
加盟企業に求めたためだ。ただ、企業側の採用意欲は強く、採用活動は
熱を帯びそうだ。

****************************************************************

この数字が正しいとなると、2017年3月に卒業する大学生の就職率は、
ほぼ100%になります。そんなことが、あり得るんでしょうかね?


どう考えても、数字のマジックとしか思えないんですけどね。


また新卒で就職した会社がブラック企業とまでは行かないも、何かしらの
理由で3年以内に離職してしまう人たちも大勢います。そのほとんどは、
中小企業や零細企業から内定をいただいた人たちです。


大企業就職率ランキング(出典:サンデー毎日)なるものがありました。


この資料を見ると大企業に就職している人は4人に1人ぐらいでしょうか。
残りの3人は中小企業に就職し、うち2人は転職していることになります。

といったことを考えると、実質の内定率は50%前後ではないでしょうか。

学生2人のうち1人は希望の会社から内定をもらえ、もう1人は希望しない
会社から内定をもらうか、内定をもらえないかの、どちらかになります。


実は、ここから人生の二極化が始まっているのに、それを報じないって、
どうなんだろう?って思ってしまいます。見せかけだけよくして内実は
伴っていないのが、現在の安倍政権のやっていることかもしれませんね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月10日に2017年のスポーツ結果から見えることという記事の中で、
2017年は強いチームが勝つと書きました。プロ野球セリーグで言えば
1936年に産声をあげた読売ジャイアンツ。その後の長い歴史の中で、
リーグ最下位になったのは長嶋茂雄氏が監督になった1975年一度きり。
Bクラスになったのも8回だけ。リーグ優勝45回はダントツの成績です。


続いて中日&阪神が9回、広島&ヤクルトが7回、横浜が2回となります。


それでは2017年のセリーグを、読売ジャイアンツが制するかどうかを、
過去のデータから予想してみたいと思います。

2016年オフの読売ジャイアンツは、例年以上の大型補強をしました。

まず11月2日に日本ハムとのトレードで2012年パリーグMVPの
吉川光夫投手を獲得。続いて横浜DeNAからFA移籍で山口俊投手を、
ソフトバンクからFA移籍で森福允彦投手を、日本ハムからFA移籍で
陽岱鋼外野手を獲得。外国人では楽天のケーシー・マギー選手を獲得。

米大リーグからは、クリストファー・クリソストモ・メルセデス投手
アルキメデス・カミネロ投手ホルヘ・マルティネス内野手を獲得し、
スコット・マシソン投手ギャレット・ジョーンズ外野手とは再契約。

過去にも、これだけの補強をした年はありません。優勝に対する気合が
他の5球団とは違います。高橋由伸監督は今年就任2年目になりますが、
就任2年以内に優勝していないのは王貞治氏と堀内恒夫氏の2人だけ。


ちなみに、過去に大型補強をした年の成績はどうだったかを振り返ると

2000年 FAの工藤公康とFAの江藤智、阪神からダレル・メイの
       3人を獲得して優勝

2004年 小久保裕紀、タフィー・ローズを獲得して史上最強打線を
       結成するも3位

2005年 久しぶりにBクラスの5位に沈む。

2006年 FAの豊田清とFAの野口茂樹、ロッテから李スンヨプ、
       小坂誠らを加えるも、球団初の2年連続Bクラスの4位

2007年 FAの小笠原道大とFAの谷佳知を獲得してリーグ優勝

2008年 最多勝のセス・グライシンガー投手と打点王アレックス・
       ラミレス外野手をヤクルトから、当時の球界最速男だった
       クローザーのマーク・クルーン投手を横浜から獲得し優勝

2012年 日本一に輝いたソフトバンクからFAの杉内俊哉を射止め、
       最多勝投手のデニス・ホールトンも獲得。野手では横浜の
       主砲・村田修一内野手を獲得し優勝。その後、3連覇達成。

2000年以降、6度の大型補強を行い、優勝4回3位4位が1回



中日ドラゴンズは、2017年のシーズンを、次の6外国人で戦います。


ダヤン・ビシエド内野手     (2年目・1億7000万円)
アレックス・ゲレーロ内野手(1年目・1億5000万円)
エルビス・アラウホ投手     (1年目・     8000万円)
ホルヘ・ロンドン投手         (1年目・    5000万円)
ラウル・バルデス投手        (2年目・    4270万円)
ジョーダン・ノルベルト投手  (2年目・    3000万円)

昨年は3人の打者で35本塁打130打点、3人の投手で13勝5敗
でしたから、今年は2人の打者で40本塁打140打点、4人の投手で
最低20勝してもらえるとAクラス入り(3位以内)も見えてきます。

すると1位―ジャイアンツ、2位ーカープ、3位ードラゴンズ
なんて感じの順位になるのかな~。と、捕らぬ狸の皮算用ですが(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
第156回芥川賞・直木賞が発表されました。

芥川賞:山下澄人さんの『しんせかい』


  


直木賞:恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』



他の候補作は次の通りでした(五十音順・敬称略)

■第156回芥川賞 候補作(掲載誌)
加藤秀行『キャピタル』(文學界12月号)
岸政彦『ビニール傘』(新潮9月号)
古川真人『縫わんばならん』(新潮11月号)
宮内悠介『カブールの園』(文學界10月号)


■第156回直木賞 候補作(出版社)
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)
垣根涼介『室町無頼』(新潮社)
須賀しのぶ『また、桜の国で』(祥伝社)
森見登美彦『夜行』(小学館)


山下澄人さんは富良野塾2期生で、1996年より劇団FICTIONを主宰。
2011年の震災直後より小説を書き始めて6年で受賞。恩田陸さんとは
違い世間にも、あまり知られておりません。このような方が受賞するって
嬉しいですね。演出家の飴屋法水さんが書評を書いておられますので、
こちらに紹介しておきます。



ちなみに芥川賞の正式名称は芥川龍之介賞だとすぐにわかりますが、
では直木賞の正式名称ってなんだかわかりますか?

直木三十五賞です。意外と知らない人って、多いと思うのです。
そこで芥川賞直木賞について、少しだけ説明します、文学部卒なんで。



1888年に香川県高松市に生まれた菊池寛という作家をご存知でしょうか。
代表作は『父帰る』『真珠夫人』『藤十郎の恋』『恩讐の彼方に』などです。
本名は菊池寛(きくちひろし)ですが、ペンネームは菊池寛(かん)です。


彼は1923年に『文藝春秋』を創設します。実は当時に創刊されてから
休刊することなく続いているのが『月刊文藝春秋』です。最近では芸能人
ゴシップ誌の『週刊文藝春秋』のほうが有名です。菊池先生は草葉の陰で
泣いていらっしゃるでしょうね。



1927年7月24日に35歳の若さで自殺してしまった芥川龍之介

1934年2月24日に43歳で結核性脳膜炎により亡くなった直木三十五

親友だった2人の若すぎる死を悼んで1935年1月に創設されたのが、
芥川龍之介賞」直木三十五賞」です。菊池寛は文藝通信に掲載された
「日本でもノーベル賞のように日本で権威を持つ文藝賞を作るべき」という
記事を読み、文藝春秋社内に選考委員会を作るように要請しました。
それが今では、新人作家の登竜門とでも言うべき賞になっています。


芥川龍之介
が本名だということは、よく知られていますが、直木三十五
何者かは知らない人が多いと思います。そこで、簡単にご紹介します。

直木三十五 本名は植村宗一。1891年2月12日 大阪市生まれ



直木という苗字は植村の植の字を分解したもので、元は脚本家・映画監督。
31歳のときに「直木三十一」の筆名で『時事新報』に月評を書いたのが
文筆活動の始まりで、ひとつ齢を取るごとに三十二、三十三、三十四と
筆名を変えていきました。三十五と名乗った時に菊池寛に「改名をやめろ」
と言われたため、その後は「直木三十五」を貫き通しました。



芥川賞
が「芸術性」に重きをおいた純文学作品を対象にしているのに対し、

直木賞
は「娯楽性」に重きをおいた大衆文学作品を対象にしています。


ただ、それほど明確な区別はないため、山田詠美さんや門田光代さんなどの
ように、芥川賞の候補にあがったけれど授賞できず、後に直木賞を受賞した
作家もいます。芥川賞と直木賞は片方しか受賞することができないからです。



芥川賞
の最年少受賞者は2003年の綿矢りささんの『蹴りたい背中』で
19歳11か月。同時受賞の金原ひとみさんの『蛇にピアス』も20歳。
又吉直樹さんの『火花』もそうですが、話題先行という感は否めません。

一方、最年長受賞者は2012年の黒田夏子さんの『abさんご』で75歳

ヤマナさんも最年長受賞記録を更新されては、いかがでしょうか?(笑)



ちなみに全国の書店員が一番売りたい本を選ぶ「2017年本屋大賞
の候補10作品が18日に発表されました。「本屋大賞」は、新刊書の
書店で働く564人の書店員が過去1年間で「面白かった」「お客様に
薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本を選び投票するものです。


本屋大賞の候補作は次の通りです(敬称略)

■2017年本屋大賞 候補作(出版社)

西加奈子「i」(ポプラ社)
原田マハ「暗幕のゲルニカ」(新潮社)
村山早紀「桜風堂ものがたり」(PHP研究所)
川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」(サンマーク出版)
村田沙耶香「コンビニ人間」(文芸春秋)
小川糸「ツバキ文具店」(幻冬舎)
塩田武士「罪の声」(講談社)
森絵都「みかづき」(集英社)
恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)
森見登美彦「夜行」(小学館)


今後は書店員が2月28日までに全ノミネート作品を読んだうえで、
2次投票を実施し、大賞作品が4月11日に発表されます。
こちらも楽しみにしていてください。私は『夜行』に1票を投じますが。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017年の大相撲初場所も大詰めを迎えました。パソコンの調子が悪い中
幕内の取り組み内容を詳細にご記載くださっているヤマナさんに敬意を表し
相撲に関する記事を書いてみたいと思います。


13日目を終えて稀勢の里の幕内初優勝が現実味を帯びてきた感があります。
まだ2日残っており、白鵬との対決も控えているため予断を許さないのですが
そろそろ日本人横綱が誕生してもいいころなのかな~という気もします。


以前にも何度かご紹介しましたが、私が幕内で応援している力士は3人です。



        勢




      遠  藤




      高  安


高安に関しては、どっちつかずの四股名で面白いからと言うだけなのですが。


基本的に応援したくなる力士は、カッコいいor面白いのどちらかです。


過去の力士で言えば



     貴 乃 花




      寺  尾



それでは現在はどうかな~と思いまして、幕下の力士も調べた
のですが、カッコいい力士は見つかりませんでした。
しかし、気になる四股名の力士を見つけました。

玉金剛 拓磨(茨城県出身 片男波部屋 三段目16枚目 21歳)


まだ幕下、十両と上がってこないことには幕内力士と対戦できませんが、
それまで関脇の玉鷲には残っていてほしいんです。なぜかっていうと


NHKのアナウンサーが

 玉 鷲 掴 み  玉 金 剛   拓 磨
「たまわしづかみ たまきんつよし たくましい」


なんてアナウンスをしたら面白いと思うんですよね~(笑)

ただ、それだけの理由で応援したいのですが・・・



それから、もう一人。

鰤乃里 強志(石川県出身 千賀ノ浦部屋 序二段41枚目 33歳)


彼は、木下 → 栃ノ波 → 大浪 → 能登ノ波 → 鰤の里 → 鰤乃里 と
コロコロと改名を繰り返していて、2010年5月から鰤の里の四股名に。

この四股名となった由来は、2010年1月場所千秋楽の部屋打ち上げ
パーティーに、父親が自分で水揚げしたブリを持って参加したことを受けて
千賀ノ浦親方が「鰤の里」の改名案を出し、ゲンを担いだそうです。


ブリは出世魚で、成長に伴って名前が変わる魚の最終形態の呼び名です。
この四股名になって、もうすぐ7年目です。付けた時は三段目でしたから、
出世していないどころか格落ちしています。


関東では ワカシ → イナダ → ワラサ → ブリ

関西で ワカナ → ツバス、ヤズ → ハマチ → メジロ → ブリ

北陸では コズクラ、ツバイソ → フクラギ → ガンド → ブリ

彼は石川県出身ですから、最後はコズクラの里ならぬ子作りの里
というような珍四股名で終わってもらいたいな~と思います。


なんだか中身のない記事になってしまって、ヤマナさんに申し訳ないです。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝日新聞に、次のような記事がありました。

***********************************************************

鉄道の運転士になりたい――。幼い頃に抱いた夢を、51歳でようやく
実現させた男性が、全長2.7キロで「西日本一短い私鉄」として知られ
る紀州鉄道(和歌山県御坊市)にいる。駅長などいくつもの業務の合間を
縫い、ハンドルを握る。

JR御坊駅の0番ホーム。ディーゼルエンジンを響かせ1両編成のレール
バスがすべり込んだ。ワンマン車両を運転していたのは、紀州鉄道の紀伊
御坊駅長、大串昌広さん(51)。運転席に座ってわずか半年の新人だ。
なぜ駅長が運転士になったのか。


大串さんは紀州鉄道の沿線で生まれ育った。毎日見る列車にあこがれ、
「幼稚園の頃には、運転士になりたいと思っていた」と振り返る。
夢を追い、高卒後は大阪市交通局に就職。地下鉄の駅員をしながら
運転士を目指したが父親が体調を崩す。21歳で帰郷し家業の精肉店を
手伝いながら、紀州鉄道を盛り上げるイベントに関わるなどしてきた。


2014年、鉄道好きを見込まれて、紀州鉄道に入社。グッズ開発などを
幅広く手がけていた15年秋、運転士試験の受験を上司から打診され、
決意を固めた。「チャンスは一度だけ」と睡眠時間を削って猛勉強を開始。
法規など3科目の学科試験と、150カ所に及ぶ車両点検など厳しい実技
試験に一発で合格。16年6月、国家資格「甲種内燃車」の免許を取得した。



16年春からは駅長も務めているため、運転席に座るのは月に数回。
「お客さんにはお年寄りが多いので、転倒しないようブレーキ操作には
特に気を使います」と大串さん。「一人でも多くの方に乗ってもらえる
よう、安全第一で頑張りたい」と話している。(白木琢歩)

***********************************************************


昨日の記事で、自分のやりたいことがないため、他者批判ばかりしている
人って、どうなんだろう?ってことを書きました。他者批判こそが自分の
やりたいこと、などといった屁理屈を言われたら返す言葉はないのですが。


鉄道の運転士になりたい。小学生の男の子が抱くような夢です。それを、
50歳すぎても持ち続けるって、どうなの?と思うかもしれません。


しかし私にすれば、「凄いですね~」と褒め称えるような仕事でなければ
目指しちゃいけないのかと言いたいです。仕事に優劣もつけられなければ
価値があるかどうかを、その仕事に就いていない人が判断するものでは
ないと思うのです。


どんな仕事でも、遣り甲斐はあります。そんなのキレイごとだと言う人が
いるかもしれません。ならば、どんな仕事でも、遣り甲斐は見出せます。
このように訂正させていただきます。

やる前から、遣り甲斐のあるなしを決めつけるのではなく、やってみて
どうしても遣り甲斐が見つけられなければ転職すればいいだけの話です。


「どんな仕事に就きたいですか?」という問いに「遣り甲斐のある仕事」
と答える人がいます。この人は、どんな仕事に就いても必ず不平不満を
口にします。自分は何もせずして他者批判ばかりしている人と同じです。

彼らは自分の至らなさに気づいていて本当はそんな自分を変えたいはず。
なのに何も行動に移さないのは愚かなことです。しかし、周囲の人間が
どれだけ言っても同じです。自分自身から目を反らし続けるからです。

そして他者批判を繰り返して人生を終えます。最後に漏らす言葉は・・・

「こんなはずじゃなかった」


火種が完全に消えてしまう前であれば、火を大きくすることが可能です。

倉本先生は「灯は小さくても、いつも暖かい」と教えてくださいました。


おっしゃるとおりです。が、消えてしまったら、温かみもなくなります。

意地でも消さないこと。それが人間にとって本当に大事なことなのです。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
次のようなニュース記事がありました。

**************************************************************

ハムスターをクレーンゲームの景品にして展示していたとして、兵庫県内の
ゲームセンターにツイッター上などで非難が集まり、店側がゲーム機を撤去
するまでになった。ネット上では、「金魚すくいとどう違うのか」などと
疑問も出て、論議になっている。


「思わず目を疑ってしまった」「爆音すごいですよ」「小さな命をなんだと
思ってるんだ~」ツイッター上などでは、2016年末ごろからクレーンゲーム
の画像が投稿され、17年に入ってからも、こんな声が相次いだ。

■ゲームセンターは謝罪してゲーム機を撤去

ハムスターを景品にしていたのは、兵庫県太子町内のゲームセンター
「ゲームアイビス太子店」だ。ツイッターなどの情報によると、クレーン
ゲームは1回500円で、たまったピンポン玉をすくって穴に入れると、空の
カゴがもらえて、ハムスターが手に入る。ゲーム機の中に、見本として
ハムスターが入ったカゴが数個置かれてあった。


(中略)

報道を受けて、ネット掲示板などでも話題になっており、賛否が分かれて
いる。

景品化に反対の声としては、「生き物への虐待だよ」「ストレスが半端
なかっただろうな」「実物入れんでも見本写真で十分だったのに」といった
書き込みがあった。一方で、理解を示す声の方も多く、「これがダメなら
縁日の金魚すくいもアウトだな」「サンプルで置いてるだけじゃん 
ペットショップと一緒」「直接キャッチするんじゃないからいいだろ」
などの意見も出ている。

**************************************************************



これに対してヤフーコメントでは

金魚すくいと同じだと思います。ちゃんと育ててあげれば何も問題ない。

これが駄目ならそもそもペットショップも駄目だと思う。

結局情緒的でわがままな問題に過ぎない。ハムスターも金魚も同じ生き物
だけど、ハムスターのほうが可愛いと感じられるから文句を言うだけ。

などのコメントが大半を占めていました。


その中で、私の目に留まったのは

もう今は何でもかんでもとりあえず叩いとけみたいな感じやな。
好きなものを語るより気に入らないもの批判する方が楽しいんやろうな…


というコメントです。

まさしく2000年以降の日本を象徴している一言だと感じました。


私が大学生だったころは夜通し、文学談義、演劇談義、スポーツ談義などで
盛りあがったものです。自分の好きなものに対して、どれだけ相手よりも
造詣が深いかを熱弁します。勝てない相手が現れれば、雑学の知識を増やし
再び対戦します。語り合うというよりも、もはや対戦に近いですね。


最近でもアニメオタクやアイドルオタク、コスプレオタクなど、いわゆる
オタクと称される人は、同じことをしているみたいですが、多くの人たちは
本当に好きと言えるものがなく、好きではないものの批判をすることにより
ストレスを発散している傾向にあります。なんとなく寂しく感じますね。


ちなみに私は、このゲームセンターの行為は、許容範囲内だと考えます。
たとえばショッピングセンターで500円の買い物をするごとに抽選券が
1枚もらえ、アタリが出るとハムスターがもらえるのと同じだからです。


クレーンゲームという、よりゲーム性の強いものにしてしまたったのが、
まずかっただけです。課金制ゲームのように、自分が認識しないところで
費用が発生しているのであれば問題ですが、自分の意志でお金を払って
ゲームを楽しんでいるわけですからね。


この件で、一番問題視されなければいけないことは、ハムスターを持って
帰ったあとに責任を持って飼育するかどうかです。それができない人には
とっとこハム太郎のぬいぐるみをあげたほうがいいでしょう。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
雑誌『プレジデント』に、学歴はあなたの人生を幸せにするか?という
記事がありましたので、ご紹介するとともに私の意見を述べていきます。


***************************************************************

これまで多くの企業では、優秀だと評価する基準は大学の偏差値と「人柄」
の大きく2つだ。偏差値の高い大学出身者は地頭力、つまり学習能力が高く、
論理的思考力があると見なす。一方、人柄には協調性やチームワークなど
組織の一員としての規律を守れるかどうかも含まれている。入社試験の
一次面接では人事部ではなく、選ばれた一般の優秀な社員が行うことが多い。
その際の評価基準としてよく言われるのが「一緒に仕事をしたいと思うか」
であり、人柄の重要な部分を占めている。

***************************************************************

昨日も触れましたが、偏差値の高い大学出身者=論理的思考力がある
とは言い切れません。中には、そういう方もいますが、覚えることが
得意な人、記憶力のよい人と言ったほうが近いでしょう。

人柄には協調性やチームワークなど組織の一員としての規律を守れるか
どうかも含まれている。とありますが、協調性はともかく、規律を守る
のは常識人間かどうかであり、人柄とは関係がありません。

「一緒に仕事をしたいと思うか」は感覚的なものであり、規律を守れても
ともに仕事をしたいと思えない人はいます。人柄がいい人というのは、
言い換えるならば「誰にも好かれる人」となるでしょう。


***************************************************************

だが、最近は必ずしもどんな大学を出たのかという学歴にこだわらない
採用手法の多様化も進んでいる。大量採用する大手企業は就職サイトを
通じて母集団を形成し、エントリーシートや面接を通じて機械的に絞り
込んでいくパターンが多い。それに対して具体的な人材要件を提示して
応募学生を絞り込み、複数の選考プロセスを通じて学生と濃密な関係を
築きながらお互いのマッチング度合いを高める採用を行う企業も増えて
いる。

***************************************************************

これは必ずしも最近に限った話ではなく、ソニーなどは四半世紀以上前に
学歴不問採用を取り入れています。また、ここで述べている採用手法は
学歴不問とは関係ありません。前者は採用の効率化、後者は絞り込みの
手法についての話をしているだけです。


***************************************************************

たとえば新潟の三幸製菓は「おせんべいが好きか」「新潟で働けるか」
という具体的要件を明示して募集。応募者は個人の特性とスキルを見る
質問による適性検査を受けたあと、複数の選考方法を学生に選択させる
手法をとっている。おせんべい好きをアピールするプレゼンや学生時代の
勉強や研究成果を発表して評価する「ガリ勉採用」などがある。

***************************************************************

このたとえが、まさしく絞り込みの手法について述べている具体例です。


***************************************************************

また大手百貨店のように「ファッションが好きな人」と要件を明確化して
募集した企業もある。かつては東大、京大、慶大など高学歴人材を採用
してきたが、「百貨店不況が続き、単に偏差値の高い大学の学生を採用
しても業績低迷に歯止めはかからない。そうであるなら人材要件を明確に
することで、新たなビジネスの芽を生み出すような人材を採用しようと
決めた」と人事部長は語る。

***************************************************************

ファッションが好きな人に百貨店を入社してもらいたいというのは、至極
当たり前の話です。それと高学歴人材の採用とは、まったく別の話です。
「偏差値の高い大学の学生を採用すれば業績低迷に歯止めがかかる」と
信じているような人事部長がいたとしたら、オメデタすぎます。


***************************************************************

今では有名大学に限らず、それほど名前の知られていない大学の学生でも
ファッション好きな学生を採用している。せんべいが好き、ファッションが
好き、というのはその企業のビジネスモデルに基づいた大事な人材要素
なのだ。

***************************************************************

企業のビジネスモデルに基づいた大事な人材要素?何を言っているのか
まったくわかりません。


***************************************************************

大学の偏差値やコミュニケーション力などから導かれる「優秀な人間」
ではなく、自社にとって本当に優秀な人材とは何かを明確に定義して
選考しようという動きである。

***************************************************************

これこそが前提条件となる部分でしょう。それが結論って、どうなのか?




記事を書かれた方のことを、どうこういうつもりは毛頭ございませんが
学歴はあなたの人生を幸せにするか?というタイトルから、あまりにも
かけ離れすぎています。


今回、この記事を取り上げようと思ったのは、筆者が最後で述べている
自社にとって本当に優秀(必要?)な人材とは何かを明確に定義して
選考している企業が、あまりにも少なすぎると感じたからです。


抽選箱の中に手を入れて、中が見えない状態でクジを引いたところで、
アタリが出る確率は低いです。ましてや自分の欲しいものを入手できる
可能性など皆無に近いです。どうして、そんな簡単なことがわからない
のでしょうね~?

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月14日と15日の両日でセンター試験が行われました。


****************************************************************

日本列島の広い範囲で大雪や猛吹雪となり、試験開始時刻を繰り下げた
試験場は5府県12大学。雪による試験場単位の繰り下げは過去10年で
最も多かった平成22年と23年の7カ所を上回る規模となり、志願者
ベースで約1万2千人に影響が出た。

****************************************************************

人生に運不運は付きものと言ってしまえば、それまでですが、試験日程を
年内中にずらすなどの措置は取れないものなんですかね。気の毒です。



センター試験と言えば、出題ミスが物議を醸し出す代名詞となっています。
明かなミスは問題作成側に責任がありますが、次のようなものに対して
騒ぐのは、どうかのかと感じます。


****************************************************************

センター試験1日目に行われた国語の試験で受験生の心をかき乱すセリフが
登場し、話題を集めている。それは、ズバリ「おっぱい」。


( 中 略 )

前触れもなく現れた「おっぱい」。あまりに予想外のセリフだったためか、
「中高一貫男子校出身者の点数を落とそうとする大学入試センターの陰謀」
といったうがった見方も出た。ちなみに当該部分は特に設問化されていない。

センター試験といえば、ここ数年「ツッコミどころのある」問題が出題され
続けている。

国語に限っても、16年の出題文で「やおい」(ボーイズラブ)が取り上げられ、
15年には「クソリプ」(ナンセンスな返信)「パクツイ」(他人のツイートを
コピーし、自分がツイートしたかのように装う行為)といったツイッター
文化をテーマにした論説文が出題された。

そうした問題が試験後、受験生にSNSで拡散され、ネット上の反応がまとめ
サイトに掲載される、という光景が繰り返されている。

****************************************************************

J-CASTニュースに取り上げられていたのですが、これのどこがニュースなの
と聞きたいです。受験生にしてみれば、それどころじゃないと思うんですよね。


それよりも産経新聞が報じていた、以下のほうが問題です。


****************************************************************

大学入試センターは15日、14、15日の両日で受験生による不正行為は
北海道、千葉、神奈川、富山、石川、愛知の6県の会場で計12件あった
と発表した。受験生12人を全科目無効とした。


同センターによると、不正行為の内訳は、電卓の使用6件▽定規使用2件▽
試験終了後のマークシートの修正2件▽スマートフォン使用(教科書画像の
閲覧)1件▽試験監督者などの指示(受験票を机の上に置く)に従わなかった
こと1件-の計12件。今回の不正行為件数は過去10年で最多という。

****************************************************************

これに対するコメントで、

電卓使用の6人、簿記会計の試験中に使ってたみたいですが、簿記会計の
授業では電卓使うので、普通に使っていいと思ったのでしょうか?
事前に持ち込み禁止の物を確認しないとダメですよね。

というものがありました。さらに、

電卓や定規使ってもたいした影響ないような気もするけど。
スマホで検索は最強の武器かも(笑)

というコメントもありましたが、小学生でも区別がつくことを、18歳に
なってもわからないというのは、センター試験の受験以前の問題です。

さらに入学金・授業料ほしさに、こういう生徒を合格させてしまう大学は
言語道断です。何よりも就職活動で苦労するのが目に見えています。



そして私が、最も共感したコメントは、

スマホで検索して答えがみつかる問題なら、そもそも試験の意味ないでしょ。
記憶力のテストじゃあるまいし。入学試験の内容や制度そのものを変える
べきだよ。

というものです。本当に、その通りだと思います。


しかし大学の入試問題って、記憶力の確認テストが大半なんですよね。
だから就職試験の筆記テストに考える問題が出題されると解けないのです。


18年間、暗記が全てだと思って生きてきた人間に、大学側が考えることの
大切さを教えない。それゆえ、いつまで経っても気づかない。考える癖が
身に付いていないため、いざ考えよと言われても、どうしていいかわからない。


毎年100万円も払って、何のために大学に行くのかが、わかりません。

大学の数を現在の半分以下に減らし、残りは職業訓練校にしたほうがいと
本気で思います。でないと大学を卒業しても社会に出られないネオニートが
雨後の竹の子のように大発生し、日本が大変なことになってしまいます。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は、しまぷうさんに対する「お願い」記事です。と同時に、
しまぷうさんを、その気にさせられる方は力をお貸しください。
夢が叶った際には、同乗できる権利を付与いたしますので。


*******************************************************

映画「007は二度死ぬ」のボンドカーとしても知られる伝説の名車
トヨタ2000GT。改造車の祭典「東京オートサロン」に希少な
オープン仕様がお目見え……と思ってよく見ると、本物と見まごう
完成度のレプリカだった。


制作したのは、絶版車の販売・カスタマイズを手がけるショップ
「ロッキーオート」。ショップ名の頭文字を冠したR「3000GT」
として、新規に設計・製造している。


(中略)

価格は2380万円。オリジナルの2000GTに数千万円の
プレミアム価格が付く中で、「それでも安い」と注文が多く、
数十台のバックオーダーを抱えているという。

*******************************************************


このような記事があったのですが、小学生時代にt社会科見学の授業で
トヨタ工場を訪れた際に、2000GTのおもちゃをいただいて帰りました。


そのときに、丸みを帯びたフォルムに、なんてカッコいいクルマなんだ!
と惚れ惚れしました。この記事を出したのは、しまぷうさんがマイカーを
買い換えるというような話をウログで書かれていましたので、それならば
このクルマに買い換えてもらえないかな~と思いまして、ご紹介しました。


もちろん一括で購入してくれなんて無茶は申しません。月々10万円の
240回払い(20年間)ローンで、いかがかな~と思うのですが。


定年を迎えるころには支払いも終わり、クルマ自体が自分のものになり
一石二鳥、いや、それ以上ではないかと思うのですが・・・



高校時代の友人で、父親がスカイラインケンメリGT-Rに乗っていた
から、その娘と付き合ったなんて不届き者がいましたが、2000GTに
乗っていたら、間違いなくモテると思うんですよね~。



本当はオリジナルがいいのでしょうが、どう考えても手が届きません。
そこでレプリカならばと思うのですが、考えてみていただけませんか?


購入された暁には、私のブログ内でのしまぷうさんの扱いは激変します。
無理強いはいたしませんが、よろしければ真剣にご検討くださいませ。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
福島県にある磐梯山は宮城県にある仙台の10倍も高い。


なぜならば千台×10=万台だから・・・

って、そんなくだらない話は、どうでもいいのですが(笑)


****************************************************************

仙台文学館ロビーで1月11日、新春ロビー展「100万人の年賀状展」が始まった。
参加型の企画を通して同館に足を運ぶきっかけをつくろうと、2003年から毎年
同時期に開いている同展。一般から広く年賀状を募集し、寄せられた作品を
展示する。今年は市内を中心に県内外から約600点の応募があった。

****************************************************************

このニュースを目にして、

****************************************************************


衛星第2テレビは、1989年6月『ボリショイバレエの精髄』の集中放送から
はじまった。8月には「倉本聰スペシャル」、10月から『衛星映画劇場』を
はじめた。ここでは民放衛星放送局WOWOWと「衛星映画マラソン365」の
共同イベントを開始して、100万人の映画投票を行った。

****************************************************************

というニュースを思い出しました。


当時、私は大学生で、某テレビ局でアルバイトをしていました。それゆえ、
上記の企画に携わらせていただいていたのですが、まだメールもFAXも
ない時代です。視聴者は、自分が見たい映画のタイトルをハガキに書いて
ポストに投函します。


普通に考えてみてください。100万通も届ハガキがくと思いますか?


まず無理ですよね。実際に届いたのは6万通強でした。仙台文学館にしても
100万人の年賀状展と言いながら、実際の応募は600点ほどです。
それに比べたら100倍の6万通も届いているわけですから十分ですよね。


しかし根が真面目な正職員の担当者が「それじゃあ、意味がないんだ」と
訳の分からないことを言うため、渋谷郵便局までハガキを買いに行きました。
局内の一室に積み上げ、同じタイトルを腕が痛くなるまで書き続けます。


ポストに投函しても、また配達されて戻ってくるわけですから、いちいち
投函しなくてもいいでしょ!とは口が裂けても言えません。
カッタルイナ~と思いながら、ひたすら手を動かし続けます。


結局、締め切りまでに書けたのは2万通強(もちろん私ひとりじゃないです)
100万人ではなく6万人だけと8万通の映画マラソンになりました(笑)


こんな話を暴露していいんですかね?28年前のことですから時効ですよね。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。