中小企業の活性化と若者を支援することで日本をよくしたいと考えています。

その想いから日々の疑問・怒り・生き方のヒントなどをブログに綴っています。


人の痛みに鈍感な人間が増え、日本の個人主義・合理主義が加速化しました。
競争社会の勝者が強者ではなく、弱き者を助けるのが真の強さであり優しさ
です。


真摯かつ誠実に生きている人が今後の日本社会をより賢く幸せに生きるヒント

見つけられる記事を綴っていきます。あなたの毎日に幸せが舞い込みますように。

NEW !
テーマ:
ネット動画の後追い蔓延 年末の風物詩、テレビの「衝撃映像」制作者の苦悩
というタイトルで、以下のようにはじまる記事がありました。


*******************************************************************

2016年も師走になり、今年1年を振り返るニュースやバラエティ番組を見る機会が
増えてくる。いわば1年を締めくくる風物詩とも言えるのが、決定的瞬間をとらえた
衝撃映像番組もその中の一つだ。


予想外のハプニングや恐怖の事件事故、驚異の自然現象、そして感動の生命の
誕生など、カメラがとらえた奇跡的な映像はインパクトがあり人気だ。だがその一方
で、「これどこかで見たことない?」という印象を視聴者が持つものも少なくない。

実際、同じ映像が使い回されているケースも多々ある。

*******************************************************************


これに対して賛否両論のコメントが寄せられていましたが、個人的には

インターネットがここまで普及してくるとテレビのありようにも影響が出てくる
っていうことは先見の明がある人なら気づいていたと思うが…
テレビ局にその能力を求めてもダメってことでしょうね。
面白いものを作る、っていうのは誰にでもできることじゃないもんね。

というコメントに共感。視聴者は、より刺激的で面白いものを求めますが、
常に面白いことが湯水のごとく浮かぶ人って、ほんの一握りですからね~


自分から進んでネットで衝撃映像とか見ない私みたいな人間にとっては、
スタッフが取捨選択してまとめて放送してくれるテレビ番組に価値はある

というコメントもありましたが、受動的人間にとっては不可欠なものですし
ネットを見ないご年配者や主婦などにとってもテレビは貴重な情報源です。



私もスポーツ中継を見たいので、テレビを捨てることはしません。しかし、
テレビ画面ではLIVEとなっているのに、ネット上では結果が報じられている。
これは何とかしてもらいたいと思うのです。





先日行われたM-1グランプリなどは優勝者が先にわかっていたとしても、
果たしてどんなネタで優勝したのだろうと確認のために見ることはあります。

ところがスポーツの場合、どの場面で誰が、どのように得点し、どちらが
勝ったかわかっているのに、改めて確認するようなことはしないでしょう。


となると深夜に放送されるスポーツニュースは、もはや必要ない時代になった
と言えるかもしれません。それを楽しみに家路を急ぐサラリーマンもいない
ように思うからです。

これからの時代、テレビはネットと同じようなことをしていたり、ましてや
後追いをしていたらダメな気がします。テレビならではの特徴やよさを活かし
ネットと共存することで、テレビは生き残っていけるように感じます。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しまぷうさんは、カードマジックをするマジシャンをテレビで見て、
カッコいいな。自分も、あんなふうにできたらいいなと思いました。


そこで手品教室の1日体験に行きました。参加費は2000円です。
今まで1万円ずつ飛んでいったことに比べると、安く感じます。


10人も入ればいっぱいになる狭い部屋には、すでに講師の方と、
受講生が4人いました。内訳は、男性2人に女性2人です。


今回初受講なのは、しまぷうさん1人です。そのため他の方たちは
顔見知りで、アットホームな雰囲気の中で授業が始まります。


まず講師のマジシャンがトランプを取り出し、上手に切りはじめます。


いきなり、しまぷうさんに、「この中から1枚引いてください」
トランプを差し出しますので、しまぷうさんは言うとおりにします。


引いた数字は、スペードの4。この中途半端さが、しまぷうさんです。

   



講師の方には見えないようにして山に戻し、よく切ってから返します。



講師は、いま引いたカードが、山の中から飛び出てきますと言います。

勢いよく飛び出してきたカードは、ハートの9でした。

   



なんだ、当たらないじゃないか
と思っていると、もう1回いいですか?

と聞くので、素直にいいですよ。と答えました。

次に出てきたカードはダイヤのQで、それもハズレです。

   



結局インチキじゃないかと思っていると、講師が声を張り上げます。

しまぷうさんが持っていたんじゃ当たりっこないですよ~~~!!


いや、しまぷうは何も持っていないし、先ほど山の中に返しましたが。

だったら、その胸ポケットの中に入っているのは、何ですか?



言われて、胸ポケットに手を入れると、確かにカードが入っています。

取り出してカードを見ると、先ほど引いたスペードの4でした。

   



えっ?どういうことだ?胸ポケットに入れた覚えなどないのに・・・

しまぷうさんがポカーンとしていると、講師は次の手品に移ります。



しまぷうさんに「1万円札をお持ちじゃありませんか?」と聞きます。



先ほど、銀行で給料を降ろしてきたばかりなので、運よく持っています。


「一瞬お借りできますか?」
と言うので渡すと、細かく折りたたみます。



それを掌に握っておまじないをかけて手を開くと、出てきたのは千円札。



えっ?どうなっているんだ?
と思っていると、その千円札を渡されます。


「本物かどうか、ご確認ください」
と言われるので確認すると本物です。


「もう1枚、1万円札をお借りできますか?」
というので、また渡します。



今度は、それをビリビリに細かく千切っていきます。先ほどと同じように


掌に握っておまじないをかけて手を開くと、また千円札が出てきます。




なんだか、キツネにつままれているような感じです。


しまぷうさんが2千円を手にポカーンとしていると、講師の方が


「本日は、以上で終了です。今日はじめてお越しになられた方は参加費
2000円をお支払いのうえ、気を付けてお帰り下さい」


と言い、その2000円をしまぷうさんから受け取ると笑顔でお見送り。

    




後日、このことを店の怖いお姉さんに報告すると、

「あんた、2万円を騙し取られたのよ」と素っ気ない一言で終了です。



出会いどころか、婚活詐欺より性質が悪いな。これで思わぬ出費が7万円


もう、どんなことがあっても、甘い話には乗らないぞと心に誓ったのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、次のような記事を、至るところで目にしました。

***************************************************************

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗り全国の児童養護施設
などにランドセルなどを寄付する運動のきっかけを作った男性がプロレスの
イベントに参加して、支援活動にかける思いを語りました。



河村正剛さんは7日夜、文京区の後楽園ホールで開かれたイベントに参加し、
初代タイガーマスクの佐山聡さんとリングに上がりました。そして6年前の
クリスマスに群馬県内の児童相談所に漫画「タイガーマスク」の主人公
「伊達直人」を名乗ってランドセル10個を届けたことを明らかにしました。



河村さんは幼いころ、複雑な家庭環境で育ち、ランドセルも持てなかったため、
同じ境遇の子どもたちを支援しようと活動を始めたことを明らかにしたうえで、
「子どもたちは虐待されるためではなく、抱きしめられるために生まれてきた。
涙を流すためでなく、周りを笑顔にするために生まれてきた。その思いを胸に
これからも支援活動を続けていきます」と呼びかけました。




河村さんが「伊達直人」の名前でランドセルをプレゼントした行為は大きな
話題となり、翌年の元日に、神奈川県小田原市の児童相談所に「伊達直人」を
名乗る別の人からランドセル6個が贈られたほか、静岡市には「お年玉」と
称した10万円の現金が届くなど、およそ1か月間に全国各地で1000件を
超える寄付が相次ぎ「タイガーマスク運動」と呼ばれる社会現象になりました。

***************************************************************


これに対し、ヤフーコメントでは、次のようなネガティブ発言がありました。


ランドセル配りを利用した売名行為。伊達直人のままだと単なる世間騒がせに
とどまるが寄付行為は多くの人を味方に付ける。


多くの伊達直人さんが正体を現さないことに意味があると思うのです。


最後まで出て来て欲しくは無かったなぁと言うのが正直なところです。


それに対し、


売名だの偽善者だの言う人は人に対しての思いやりや自分が辛い経験をした
事が無い浅い人生経験の持ち主だとしか思えない。


あなたみたいに悪く悪くとらえる人って日常はストレスだらけなんでしょうね。
素直に受け取れる力がないって気の毒です。


のようにレスをしている人がいました。さらには、


「普通の人にできること」というのを改めて考えさせられました。


彼はそれに対して、普通のどこにでもいるようなあなたでも同じ事ができるよ、
やろうよと伝えたかったんだよ。素晴らしい行いだと思う。みんながそういう
優しい気持ちを持って欲しいと思ってくれてるんだと思う。


個人での活動に限界を感じ、どうすればもっと子どもたちを支援することが
出来るかを考えた答えが、名乗り出た理由でしょう。それ以外に何か理由が
あると思いますか?名乗り出る勇気は大変なものだったと思いますよ。


偽善だ、売名だと言われるのを覚悟で素顔だしたのにはすごく勇気がいること。
私も臆することなく、自分のできる範囲で子供たちに何かしてあげたい。


のように良識あるコメントをしている方も多数いらっしゃいました。


日々の生活に追われていて、寄付やボランティアをしている余裕などない
とおっしゃる方も多いと思います。ランドセルを贈ったり、10万円を送る
ことが「普通の人にできること」なのかという意見もあると感じます。


それならば自分にできる範囲内のことをすればいいのではないでしょうか?


偽善だと言う前に、ランドセルの1つでも贈ってみては、どうでしょうか?



しかし心の中では思っていても、なかなか行動に移す勇気が生まれないもの。
ならば何かにかこつけてでもいいと思います。現に私も東日本大震災直後、
送った義援金が誰のために、どう使われるかわからず、すぐに送ることが
できませんでした。そこで中日優勝祈願と銘打ち、中日が勝った翌日には
1万円を義援金として送ることに決めました。すると2011年は優勝しました。


しばらく優勝どころか、勝ち越しからも遠ざかっています。最近、義援金を
送っていないからなのかもしれませんが、優勝したら大盤振舞しますので、
2017年は義援金を送れるようになってほしいな~と思うのですが(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
**************************************************************

Jリーグの年間王者を決める明治安田生命チャンピオンシップ決勝は3日、
埼玉スタジアムでホーム&アウェー方式の第2戦が行われ第1戦を0―1で
落とした鹿島が2―1で勝利。年間勝ち点15差をひっくり返す大逆転劇で
7年ぶり8度目の年間王者に輝いた。


年間勝ち点74の浦和に対し、3位の鹿島は59と5勝分にあたる15点
もの勝ち点差があったが奇跡の下克上。鹿島は3連覇を達成した2009年
以来7年ぶり8度目となる年間王者の座をもぎ取った。

 【J1リーグ戦年間順位】

1位 鹿島アントラーズ  勝ち点59

2位 浦和レッズ     勝ち点74

3位 川崎フロンターレ  勝ち点72

4位 ガンバ大阪     勝ち点58

5位 大宮アルディージャ 勝ち点56

6位 サンフレッチェ広島 勝ち点55

**************************************************************


今年の開幕カードを見て、2月にJリーグ2016最終順位予想という記事を
書きました。その中で


最後に私の順位予想ですが、

1位 鹿島アントラーズ

2位 浦和レッズ      

3位 ガンバ大阪

4位 サンフレッチェ広島

5位 大宮アルディージャ

6位 川崎フロンターレ

3位以下は混戦のような気がします。よってガンバの3位は期待値込み。


のように書かせていただいたのですが、まさに予想通りの結果になりました。

しかし裏を返せば、これほど面白味のないことはなく、強いチームが順当に
勝ち進んだだけの話です。



鹿島アントラーズの主将・MF小笠原満男選手(37)が試合後のコメントで

**************************************************************

「チャンピオンシップで勝てて非常に嬉しく思いますし、本当は年間1位で
挑めれば良かったですけど、ルールはルールですし、勝ちは勝ちなので
嬉しく思います」

**************************************************************

と語っていましたが、確かにルールはルールですし、勝ちは勝ちなのですが
どうにも釈然としない部分はありますよね。


『サッカーキング』によるJ1ファーストステージ優勝予想アンケート結果は

※カッコ内は得票率

1位 サンフレッチェ広島(23.5%) 
2位 鹿島アントラーズ(17.6%)  
3位 浦和レッズ(17.4%)       
4位 ガンバ大阪(17.1%)      
5位 川崎フロンターレ(4.2%)    
6位 FC東京(3.7%)           
7位 横浜F・マリノス(2.8%)
8位 ジュビロ磐田(2.5%)
9位 名古屋グランパス(2.5%)
10位 柏レイソル(1.5%)
11位 サガン鳥栖(1.1%)
12位 アルビレックス新潟(1.1%)
13位 湘南ベルマーレ(1.0%)
13位 アビスパ福岡(1.0%)
15位 ベガルタ仙台(1.0%)
16位 大宮アルディージャ(0.9%)
17位 ヴィッセル神戸(0.6%)
18位 ヴァンフォーレ甲府(0.4%)

となっていました。この中でヴィッセル神戸が7位と善戦し、9位予想の
名古屋グランパスが16位となりJ2降格になりました。もしかすると、
優勝争いよりも、その下の争いのほうが面白いのかもしれません。


2017年は、どのようになるかわかりませんが、まだ天皇杯が残っています。
準々決勝に駒を進めた8チームには、がんばってもらいたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しまぷうさんは、女性との出会いを求めて、
習い事の1日体験レッスンに参加することにしました。
本日は、その模様をご紹介することにします。



最初に参加したのは「男の料理教室」です。




しまぷうさんがイメージしていたのは、
以下のような感じです。


しかし実際には


そりゃそうです。男性限定の料理教室だったのですから。



次に参加したのは「英会話教室」です。


しまぷうさんは、教室に入ると違和感を覚えます。

そこにいたのは、全員が中国人でした。



なんと「中国人のための英会話教室」でした。


会話の半分は英語で、残りの半分は中国語です。


しまぷうさんが「チンプンカンプンです!」と言うと

珍聞漢文? No! 正確中国語




気を取り直して「カメラ教室」に通います。

みんながデジカメや一眼レフを持参する中、

しまぷうさんだけドライブレコーダーを持ってきました。



趣味のカメラです。犯罪を取り締まるためのものではありません。

講師の先生に叱られてしまいます。


みんなが楽しくスナップ写真を撮り合っている中、

しまぷうさんが撮影したベストショットが、


そりゃ事故も起きますって!



続いて、カラダを動かそうと思い、「テニススクール」に参加。


ボールのスピードが速くて、追いつけません。




止まっているボールならば大丈夫だろうと「ゴルフスクール」に。


結局、素振りの練習で終わってしまいました。





ならば自分が回ろうと「ダンススクール」に行けば目が回り、





ダイビングスクール」に行けば、溺れて死にかけます。




ヨガスクール」ではカラダが硬く、






茶道」では足がしびれ、

   





日本舞踊」では振りつけが覚えられず・・・




結局、女性との出会いは一切得られず、10個の体験レッスンで

財布の中から諭吉さんが3人消えただけでした。



さて、しまぷうさんは今後、どんな行動に出るのでしょう?


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
1988年から1992年にかけて、JR東海はクリスマス・エクスプレスという
CMを流していました。それから4半世紀が経ちますが、覚えている方も
多いのではないでしょうか。2年目からヒロインが深津絵里から牧瀬里穂に
代わってしまったのが残念でした。牧瀬さんは、牧瀬さんで素敵ですが。






ちょうど同じ時代に、いすゞ自動車のジェミニのCMが印象的だったのも
記憶に鮮明に残っています。クルマが遊園地や電車のホームを走ったり、
広い川を飛び越えたりと、テレビドラマ『西部警察』顔負けのシーンの
オンパレードでした。





そのCMの内容を、現実世界で再現しようとした50代の男性がいました。



**********************************************************************

4日午後4時10分ごろ、東京都板橋区板橋の都営地下鉄三田線・板橋区役所前駅で、
出入り口に軽ワゴン車が進入した。警視庁板橋署によると、車は前輪が階段を
5段分(1.7メートル)下りたところで停車。けが人はいなかった。運転していた
50代の男性作業員は「区役所の駐車場と勘違いしてしまった」と話している。

**********************************************************************

CM撮影で通行人がいなければいいですが、さすがに昼下がりはマズいでしょ。

そして、以下のトラックも迷惑でしょうし、第一、CMのようにうまく走れないでしょ。



またクルマをデザインの一部に使用した飲食店を、たまに見かけたりしますが



確かに目は引きますよね。しかし、以下の人たちは、ちょっと残念な気がします。












********************************************************************

3日、福岡市博多区の総合病院にタクシーが突っ込み10人が死傷した事故で、
タクシーは50メートルほど手前から急に速度を上げてそのまま突っ込んだと
みられることがわかりました。

容疑者はタクシーの乗務歴が35年ほどあるベテランで、近所の人の話に
よりますと、こまめに車の点検をしている姿が目撃されていたということです。
そうしたことから捜査関係者は、車の故障、あるいは整備不良が原因だった
可能性は考えにくいとしています。

********************************************************************





乗務歴35年のベテランでもアクセルとブレーキを踏み間違えるわけですから、
いつ、だれが、どのような形で事故を起こしても、おかしくないということでしょう。



ちなみに神奈川県横浜市には、平戸桜木道路を、桜木町方面を背に進んで行き、
日ノ出町を過ぎ、京急の高架線を潜ってさらに進んで行くと、「東小入口」交差点に
以下の写真のような車庫?があります。









実はトリックアートを利用した絵で、平面の壁に描かれています。さぞかし事故が
多いだろうと思いきや、一度もクルマが突っ込んだことはないそうです。




結局、事故が起こるのは、その人の心の緩みで、クルマや道路、建物のつくりの
影響は、ほとんど関係ないんですよね。起こした人は必ず責任転嫁しますけど。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
好きな仕事ならば、どんなに過酷な労働条件下でも働ける。果たして本当にそうでしょうか?

私は必ずしもそうとは思えません。前編と後編に分けてアップされた朝日新聞記者取材の記事は、
これからテレビ業界を中心に就職活動をする学生に是非とも読んでもらいたいと思えるものです。
削除される前に転載し、残しておきます。興味のある方は、時間のあるときにお読みください。


「ADはゴキブリ以下」と言われ、残業は月170時間 28歳女性が語る過酷なテレビ業界(前編)


在京キー局の子会社に就職

 女性は都内の有名私立大学を2012年に卒業。小さい頃から大好きだったテレビの世界で働きたいと、テレビ局を中心に十数社の面接を受けた。


 希望の局からの内定は得られなかったが、在京キー局子会社の番組制作会社から総合職の内定をもらうことができた。「激務だ」とは聞いていたが、テレビ業界で働けることがとにかく嬉しく、就職を決めた。



週に2日は徹夜 寝ずに出勤も

 バラエティーの特別番組のチームにADとして配属されると、出演者の控室の準備、再現ドラマへの出演、食事の手配など様々な仕事を任された。


 数十人いる先輩たちの好みを把握し、毎朝コーヒーを入れるのも女性の仕事。銘柄を間違えるときつく怒られることもあった。一方、同期の男性がお茶くみをさせられることはない。疑問を感じつつも「どんな仕事でも必要なこと。頑張ろう」と言い聞かせた。


 上下関係は絶対。時には理不尽なことでも責められた。コーヒーチェーンで買ったコーヒーを席に置いていたら、女性の先輩に「お金があるのね。私はコンビニのコーヒーなのに生意気」と嫌みを言われた。それからは中に何が入っているか分からない入れ物を用意して飲み物を飲むようにした。


 勤務時間は長時間に及んだ。午前10時~午後10時が平均的な勤務だったが、お昼休憩は15分程度。トイレなどでの離席も5分まで。先輩が目をひからせ、少しでも長く離席すると嫌みを言われ、離席する際はホワイトボードに名前を書くように命じられた。


 複数の番組を任されるようになると、週に2日は徹夜した。先輩の中には後輩に仕事を命じ、夜の街で飲み歩いてから仕事が終わっているか確認しに来る人もいた。


 常に先輩におびえながら、怒られないように仕事を進めた。朝5時まで働き、始発で帰宅。家でシャワーをあびて1時間ほど仮眠をして出社した。起きられずに遅刻してしまい、先輩の叱責を受けてからは、仮眠をやめた。そんなときは、個室トイレに座ったまま寝てしまったこともある。


 一カ月に徹夜明けの1日しか休みがもらえないこともあり、残業時間はひどい時で月に170時間近かった。給与は額面で40万円を超えたこともあったが、時給に計算しなおせば、コンビニのアルバイトより低かった。



体重は9キロ増 全身にじんましん

 ストレスから深夜勤務の合間に夜食を重ね、先輩が離席した隙を見計らって甘い菓子を大量に食べた。気づけば入社から半年もせず体重が9キロも増えていた。朝起きると全身にじんましんが出ていたこともある。


 番組完成後の打ち上げは毎回朝まで。男性社員から、居酒屋で誰も食べたがっていないバニラアイスを注文され「エロっぽくなめて食べろ」と命令されたこともあるが、かたくなに断った。ディレクターから「ADなんてゴキブリ以下だ」と言い放たれたこともある。


 理不尽な言動に接し、余裕を失っていく中、体だけでなく、心にまで変調が出始めた。常に情緒不安定で、道で人とぶつかると怒りがこみ上げた。今では信じられないが、相手を蹴り返したこともある。


 人に会う時間もなく、友達は減っていった。久しぶりに会っても、「人相が変わった」「怖い」と言われたが、「そんなことない」と強く反論した。「今思えば異常な状態だった。当時はそんなことないと思っていましたが、顔つきまで変わっていたのだと思います」



病院に行かせてもらえず後遺症

 体も悲鳴をあげていた。寝不足のまま、ロケ現場で重い荷物を持って走っていた時に道路の段差につまずき、足首をねんざ。痛みに耐えられず会社に戻ったが、先輩に話すと、「歩いたなら大丈夫だろ」と病院には行かせてもらえなかった。


 そのまま3日働いたが、足の腫れはおさまらない。痛みで眠れなかった。部長に直談判して許可をもらい、4日目に病院に行けた。医者からは驚かれ「手遅れだ」と告げられた。痛みは治ったが、足首の下の骨は、治療せず働き続けたせいで変形し、今でも出っ張ったままだ。


 「好きな靴を選べなくなりました。細めだった足首が、自分で言うのもなんですが自慢だった。それが太くなってしまって、今でも悲しいです」。女性は出っ張りにあたらないように選んだスニーカーをはいた足首を記者に見せ、悲しそうに話した。



先輩「忙しくても死なないから大丈夫」

 「これでは健康を害していい番組が作れない」。上司や先輩に職場環境を改善した方がいいと伝えたこが「これがうちの業界。ルールに従え」と口々に言われた。


 あまりの忙しさを先輩に相談しても「どんなに忙しくても死なないから大丈夫。まだ死んでいないから大丈夫」「テレビで生きて行くなら、思いきり染まるしかない。まずは性格から変えないとダメだ」と言われた。


 「ああ、これがここでの普通なんだな」と思う半面、女性には違和感しかなかった。あこがれていた世界とは言え、体も心ももたない。辞めたいと何度も思った。


 それでも、女性を踏みとどまらせたのは、大きな仕事も少しずつ任されるようになっていったからだ。応援してくれる両親にも、いい報告をしたい。頑張り続ければいつか本当に評価してもらえるかもしれない。昔から曲がったことが大嫌いな性格。自分が声を上げ続ければ、職場環境が改善されるかもしれない。そんなことも思った。



評価が裏目 先輩から嫌がらせ

 1年目の冬。初めて撮影現場の責任者を任された。収録後、アナウンサーら出演者からは「あなたのおかげでやりやすくできた」「ありがとう」と評価してもらえた。「会社に入って初めて、ほんとに嬉しくて、泣きました。今まで色々あったけど、やっと認めてもらえるんだって」。


 ところが、そのことが気にくわなかったのか、女性の先輩社員からの嫌がらせが始まった。休日に呼び出され、週明けでも間に合う仕事を命令され、編集室にカギをかけられ閉じ込められた。


 「枕営業している」「どうせコネがあるんだ」。こんな根も葉もないうわさをされたこともあった。「頑張ってやっと評価してもらったのになんでこんな仕打ちを」。あまりにも理不尽だと感じ、いつかは辞めようと決心した。


 それでも、春前には新しい職場への異動が決まり、「まだもう少し頑張れる。きっと本当に認められるはず」と自分に言い聞かせた。




「元の自分に戻れなくなる」 28歳女性がテレビ業界を辞めるまで(後編)


 職場での嫌がらせや異常な長時間勤務。テレビ番組制作会社に2年半前まで勤めていた女性(28)は、体も心も限界に近づく中、退社することを決めた。せっかく入れた憧れの業界。正社員の職を3年も待たずに辞めることに抵抗がなかったわけではない。電通新入社員の過労自殺が「他人事ではない」と語る女性は「仕事は続けることが大事なんじゃない」「辞める選択肢もある。命を絶たないでほしい」と強く訴える。



異動しても、劣悪な環境は変わらず

 新人時代は、午前10時から午後10時、昼休みは15分という過酷な環境だった。番組を担当すれば週に2日は徹夜した。それでも「まだもう少しがんばれる」と耐えた。


 入社から1年後の2013年春には、撮影用カメラなどを扱う技術系の部署に異動。新たな人間関係ができ、何かが変わるかも知れない。わずかな希望を胸に、働き続けたが、状況は変わらなかった。


 女性の訴えに耳を貸さない上司。職場での嫌がらせを見て見ぬふりする同僚たち。パワハラやセクハラを訴える窓口は会社になかった。就職面接でお世話になった総務部の社員に相談したり、上司に直談判したりしたこともある。話を親身に聞いてくれる人はいたが、何も変わらなかった。


「愚痴とか言われると迷惑」

 悩みを共有できる同期もいなかった。同期も過酷な勤務状況だったはずだが、会社での雰囲気は「同期は競争相手」。別々の部署に配属後は激務の中で接する機会もなかった。


 その上、ある同期から呼び出しを受け「おまえが愚痴とかネガティブなことを言うと同期全体の印象が悪くなるから迷惑。同期のためにも絶対に言うな」と言われたことがあり、なおさら相談はできなかった。


 ただ、いくら追い詰められても自殺を考えたことはなかった。心身ともに弱る中でも先輩たちへの怒りや哀れみのほうが大きかった。「自分が死ぬなら、先輩たちに死んでもらいたい。あの人たちは手のかかる子ども。愛情不足な子が、いびつな表現をしてしまうように、この仕打ちも自分への愛なんだろう」。そんな風に思うと、理不尽な言動に触れても少しは心が落ち着いた。


 テレビ業界へのあこがれは強かったが、自分への仕打ちはどう考えても理不尽だと思った。母親から「他の人たちががんばれているなら、もしかしたらあなたにも問題があるかも」とアドバイスされたこともあったが、「自分はこの業界のルールには染まれない」。だんだんと、仕事を辞めることに心が傾いていった。



会社、辞めます

 「俺の時はもっとひどかった」で済ませる上司では話にならない。会社の幹部に直接相談すると、真剣に話を聞いてくれ、「考え直してみて」と引き留められた。


 会社自体が嫌いなわけでも、仕事が嫌いなわけでもない。よくしてくれた先輩たちもいる。それでも「このままだと失うもののほうが大きい」と、13年末に退社を決め、幹部に伝えた。それから3カ月は、撮影現場の仕事も続けながら本社で退社への事務手続きや幹部との話し合いを重ねた。



退社 開放感しかなかった

 14年春。手続きを終え、ついに退社の日を迎えた。送別会はなかった。「お疲れ様。これからも頑張って」。幹部にねぎらわれ、本社の建物から出ると、開放感が胸にわき上がった。「ここから人生が始まるんだ」。


 その日は実家で家族とともに食事した。移動中やトイレの個室で食事をかきこんだ日を思い出すと、家族とのんびりすごす時間がうれしくてしかたなかった。「こんなに早い時間に夕食が食べられるなんて」。


 今は親からの支援と貯金で学費を払い、大学院で学び直しながら、就職先を探している。勤めていた会社のそばを通ることもあるが、窓からもれる明かりを見ると「もうあそこに戻らなくていいんだ」と嬉しくなるという。



選択肢ある 人生絶たないで

 30歳も近づき、この先の不安がないわけではないが、「悔いはない。辞めることは逃げることじゃないと思う」。大学時代は、「お金も稼ぎたい。すごい仕事をしていると思われたい」という気持ちもあったが、今は違う。企業の知名度や給与にとらわれず、自分らしく働ける新しい職場を見つけたいと思っている。


 もしも、あのままだったら限界を迎えていた。がんばり続けて心を病んでしまった同業者も見てきた。テレビ業界全体が悪いとも、会社が悪いとも思わないが、過酷な職場があるのも現実。他人事と思わず、もし自分だったらと置き換えて、周囲への優しさを持ってほしいと願い、今回は取材に応じてくれた。


 友人に会うと、顔つきが前のように戻ったと言われるといい、「今は本当に幸せ。自分を取り戻せた気がする」と晴れ晴れとした表情で話す。だからこそ、電通の新入社員の過労自殺のニュースを見た時は胸が痛んだという。


 「私は自分を責めすぎずに、相手がおかしいのではと思えたけど、真面目な人ほど自分を責めてしまうんだと思う。会社のためになんか死なないで。仕事は続けることが大事なんじゃない。自分らしく生き生きと働けないと、大切なものを失う。お願いだから、人生を絶たないで、別の選択肢があることも、考えてほしい」



1人で悩まず相談を

 新入社員や若手社員などは社内での立場も弱く、悩みを一人で抱え込んでしまうことも多い。過労死等防止対策推進法が2014年に施行されたことなどを受け、仕事上での人間関係や長時間労働の悩みなどの相談に、社会保険労務士や保健師、臨床心理士らが対応する電話窓口を厚生労働省が設けている。


 同省によると、2015年9月の開設から半年で約3千件の相談が寄せられたという。

 「こころの耳電話相談」(0120・565・455)で、受付日時は月・火曜日の午後5時~午後10時と、土・日曜日の午前10時~午後4時(祝日、年末年始のぞく)。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
12月1日のねとらぼ配信記事に、次のようなものがありました。

*****************************************************************

電通が、NHKの取材に「自浄能力がない会社だなと思う」と話した内部社員に
戒告処分を下したと報じられ、「やはり自浄能力がないじゃないか」とネットで
炎上しています。編集部の取材に対し広報は「社内の懲戒処分については
開示していない」としました。

懲戒処分のあったとされる社員は、11月7日に行われた電通石井直社長が
出席した説明会の終了後、NHKの取材に対し「捜査が入って急に騒ぎだす
のは自浄能力のない会社だなと思う」などと発言。同内容は「NHKニュース7」
などで放送されました。これに対し電通は同社員に始末書を書かせ、「戒告」
の懲戒処分を下したとMy News Japanが報じています。これに対してネットでは
同社員への同情の声が多く寄せられているほか、同社の体質に対し「なるほど
ピュアブラックへの自浄作用があるんだなあ」など、批判的な意見が目立って
います。

*****************************************************************


取材に答えた社員が懲戒処分になったのって、どう考えてもNHKの責任
ですよね。電通の体質が、どんなことをしても変わらないことぐらいは、
社内で働いている社員が一番よく知っています。



さらに12月2日は時事通信が、次のように報じていました。


*****************************************************************

電通は2日、長時間労働の解消に向けて、全社員の約1割にあたる650人規模を
配置換えするとともに、中途採用枠を約60人に倍増すると発表した。忙しい職場に
人員を増やし、労働時間の短縮と業務の平準化を目指す。

配置換えは来年1月をめどに実施。中途採用は今月下旬に募集を開始する。

社員のキャリア開発や健康維持などを支援する管理職約70人を各局に新たに
配置。個々の社員にきめ細かく対応できる体制を整える。

電通は女性新入社員が過労で自殺した問題を受け、石井直社長をトップとする
労働環境改革本部を設置。労働環境の改善に向けた取り組みを進めている。

*****************************************************************


一時的な配置換えをしてみたところで何も変わりませんし、問題があっても
志望者が減ることはありません。電通の上層部も、そのことをわかっている
からこそ、社内の大幅改革をしているかのように見せメディアを使って報じ
1年前の新入社員過労自殺報道のほとぼりが覚めるまで待っているのです。


常識的に考えると、自分の健康や家族の幸せ>仕事の成果 なのでしょうが
電通に、それは当てはまりません。電通のような会社は、ほかにもあります。
そこで働く人にとっては、自分の命以上に、大金を稼ぐことや動かすことが
価値のあることだと思っているのです。




そんなバカなと思われるかもしれませんが、世の中にはそういう人もいます。
様々な考え方がありますから、そういう人がいてもいいと思うのですが、
自分の考えを他人に押し付けるのは間違っています。採用する側の人間も
わが社は、そういう体質の会社だが、それでもいいかと確認してから採用
すべきです。そこに合意して入社したのであれば問題ないわけですから。


キレイ事を並べて入社を促し、社員になってから、話が違うということが、
次々と明るみに出てくる。それは詐欺です。入社時に、わが社は残業代は
1円も払いません。給料も一切上がりません。ボーナスも払いません。
それでもよければ入社してください。と、すべてを包み隠さず話しておけば
入社後に揉めることもないのです。


自分(たち)にとって都合の悪い話を隠すのではなく、先に述べる。

それが一般的になってくるだけで、かなり生きやすい社会になると思います。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
しまぷうさんは、1週間で2万円を無駄遣いしてしまいました。



そこで堅実な出会いを求めることに、頭を切り替えました。



■次のうち出会いを求めてしたことがあるのは?(複数回答可)


1位 友達に紹介してもらう(53%)
2位 合コンに参加(29%)
3位 街コン・趣味コンに参加(24%)
3位 相席居酒屋に行った(24%)
3位 お客さんに声を掛けた(24%)
6位 店員さんに声を掛けた(18%)
7位 お見合いパーティーに参加(12%)
7位 習い事に通った(12%)
9位 SNSのオフ会に参加(6%)
※「その他」は29%でした。



■次のうち一番失敗した出会い、または一番期待できないと思う出会いは?


1位 SNSのオフ会(22%)
2位 友達の紹介(18%)
2位 街コン・趣味コン(18%)
2位 相席居酒屋(18%)
5位 店員さんに声を掛ける(12%)
6位 合コン(6%)
6位 お見合いパーティー(6%)



■次のうち一番良い出会いがあった、または一番期待できそうな出会いは?


1位 友達の紹介(22%)
2位 合コン(18%)
2位 習い事に通う(18%)
4位 街コン・趣味コン(12%)
4位 SNSのオフ会(12%)



これらのアンケート結果から、習い事をはじめることにしました。

とは言え、これから仕事も忙しくなっていく一方ですし、
どんな習い事がいいのかもわかりません。



あまりお金がかからず、女性との出会いもある習い事って何だろう?


1.料理教室


2.英会話教室


3.カメラ教室


4.テニススクール


5.ゴルフスクール


6.ダンススクール


7.ダイビングスクール




8.ヨガスクール


9.茶道・華道


10.日本舞踊


しまぷうさんが思いついたのは、この10個でした。


果たして、この中に、しまぷうさんにあった習い事はあるのか。

皆さんの意見を参考にして、しまぷうさんは動き出すつもりです。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年も残すところ1ヶ月を切り、今年もあっと言う間だったよな~なんて
ことを思っている方も多いでしょう。そこで2016年をザッと振り返ります。

年明け早々の1月13日SMAP解散が報じられ18日の「SMAP×SMAP」で、
生謝罪。しかし8ヶ月後に年内解散を正式発表し、所詮アイドルは事務所の
金儲けに使われているにすぎないと興醒めした人も多いことでしょう。


1月29日には日本銀行が追加金融緩和策としてマイナス金利政策を導入
することを決定。民間銀行が日本銀行にお金を預けると損をするという、
実におかしな話ですが思ったほど騒がれず。それよりも3月9日の書き込み
「保育園落ちた日本死ね!!!」のほうが話題になり、2万7千件の署名が
集まりました。それにアタフタする政治家も地に落ちたなと思いました。


4月14日午後9時26分に、熊本県益城町にて震度7の地震が発生しました。
2ちゃんねるに、2062年の未来からやってきた人が現れ熊本地震を予言して
いたとネットで大きな話題を呼びました。


また、東日本大震災の発生を的中させた松原照子さんという方が予言した
南海トラフ大地震のXデーは、2016年11月23日とのことでしたが、すでに
1週間以上過ぎてしまいました。もしかして2016年11月22日の6時10分頃に
福島沖で発生した地震のことを言っていたのですかね?


5月2日
にはイングランドのプレミアリーグで、岡崎慎司選手が所属する
レスターが1884年の創設以来初優勝6月15日にはマーリンズのイチロー
外野手が、大リーグ記録ピート・ローズの通算記録4256安打を超えました。


6月19日から18歳選挙権が施行され、初の国政選挙となった参議院議員選挙
自民党56議席、公明党14議席を獲得し連立与党が勝利。7月31日に行われた
東京都知事選挙では小池百合子氏が増田寛也氏に100万票以上の大差で圧勝。


8月2日、7月に配信開始したポケモンGOの世界ダウンロード数が1億を突破。
9月2日には『シン・ゴジラ』が公開から40日時点で観客動員数420万を記録。
さらに新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』の累計興行収入が
9月22日で100億円を突破。年内には200億円に迫り『千と千尋の神隠し』に
次ぐ、国内2位の興行収入となるでしょう。


8月25日に、シンガーソングライターのピコ太郎がYou Tubeに動画『PPAP
(ペンパイナッポーアッポーペン)』を投稿し、ジャスティン・ビーバーが
「お気に入りの動画」と紹介したことで10月7日には世界134ヵ国に同時配信。


11月に入ると韓国で、朴槿恵大統領の友人による国政介入疑惑で、大統領の
退陣を求めるデモがソウルで大規模に行われ、結果的に辞任を発表しました。


米国では共和党のドナルド・トランプ氏が民主党のヒラリー・クリントン氏を
破り勝利。英国ではEU離脱をめぐる国民投票を主導した責任をとって、
デーヴィッド・キャメロン首相は政界を引退すると発表していますし、
タイではプミポン国王キューバではフィデル・カストロ元議長が亡くなり
国内が慌ただしくなっています。


まだ2016年は1ヵ月残っていますが、どのようなことが起こるでしょうか?

NHK紅白歌合戦に和田アキ子さんが飛び入り参入し勝手に歌ったりして。


あの頃は ふたりとも 他人など信じない 

自分たちだけだった あとはどうでも構わない Ha!


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。