今までずっと走り続けてきました。
 
一度走り出すと自分で止まることはできず、
「やる気」スイッチが入ってしまうと自分で
消すことができない。
 
 
ずっとそうやって生きてきました。
「人前で泣くのはかっこ悪い」
「弱みを見せるのは負けだ」
 
 だから、
いつもしっかり者でクレバーに見せなければ。
 
 そう思って頑張ってきました。
 
でも、
しんどい
疲れた
もうやめたい
 
○十年生きてきて、
初めて口にしたセリフかもしれません。
 
 
口にしてみたら、
それだけで少しだけ軽くなりました。
 
 
「頑張らなくても、みんな知ってるよ」
こう言ってもらえる幸せ。
 
 
今まで走り続けてきたことは
じゅうぶん私の中に血肉化されて、
肩の力を抜いても大丈夫。
 
 
そう思えたら、
次のステージに向かおうと。
  
 
「もう頑張らなくても大丈夫」
そう言ってくれる人がそばに居てくれる。
 
こんなに幸せなことって、きっとないですよね。

 
 
AD