介護日記~独身男がひとりで認知症介護~

認知症の母親をひとりで面倒見ている悲惨な状況です。


NEW !
テーマ:

今日は、デイサービスを利用しない月曜日…


先週は、祝日ということでパスしたが、今日はいつもの月曜日の定番、日帰り温泉に母を連れて行く…


夏休み期間中とは言え、平日の朝一から温泉に入る人は少ないだろうとは思っていたが、いつもの月曜日と何ら変わらず、人は少なかった


まだまだ、母は大丈夫だろうとは思っていても、人が多いところはやはり気になる…




前記事の続き…



「常食」とは何か…



いつもどおりの時間に母を通常型デイサービスに迎えに行くと母よりも先に相談員さんが出てきた


この相談員さんは、この事業所での勤務が1年ちょっとぐらいの方で、母については、比較的落ち着いてきてからの様子しか知らない


相談員:「常食というのは普通のご飯のことで、お赤飯は「おかゆ」にはできないので、普通のご飯と同じように食べていただきました」


自分:「おかゆって、母はいつも「おかゆ」なんですか?」


相談員:「そうですが… 」


自分:「えっ?何で「おかゆ」なんですが?」


相談員:「 …  」




母の状態は今のところ安定している… ように感じる…



最初に、寝たきり、食事拒否、入浴拒否があり、半年の間に、ガツンと悪化…


そうなる前のいくつかの自分の判断には後悔しかない



しかし、悪化した後の対応についてはまずまずだったのではないかと思っている


なにしろ、今の母の状態は、最悪期を考えたら雲泥の差…


よい結果につながったのは、対応がよかったからだと…



通常型デイサービスは、一番最初に介護サービスを利用した事業所…


一番悪かった時の母の状況から看てもらっている



母のお昼が「おかゆ」なのは、最初の頃からの名残?らしい…



その日以降、母のお昼は「常食」になった…





【世帯分離専門サイト】


世帯分離をすることで負担が増えてしまう部分もあります…























PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、20km離れたところにある通常型デイサービスの日…


一昨日は、通常型デイサービスに行くのを拒否していた母だが、今日は大丈夫…


拒否どころか、自ら進んで行きたいという感じで、ずんずんと車に乗り込む…




今、母はふたつのデイサービスを併用しているが、通常型デイサービスは一番最初に介護サービスを利用した介護事業所ということで、長くお世話になっている


システム的にもしっかりとしているので信頼している



しかし、このあたりは、実は、小規模デイサービスを併用してから実感したこと…


小規模デイサービスを利用するまでは、これが普通だと思っていたことが、実はしっかりしていることだと他社と比較することで評価が変わった



ただ、長く利用している分、意外な見落とし?もあったりする…




先週、通常型デイサービスの連絡帳に


「今日は、お赤飯だったので、ご本人に確認の上、常食で召し上がっていただきました」



どういうこと?


自分には、自分の理解力では意味がわからない…



母は、基本、出されたものはすべて食べるので、いちいち確認する必要はないし、お赤飯だったらまったく問題ないはず…



そもそも「常食」って何なのか…



普通のご飯のこと?


お赤飯だったけど、母だけ、普通のご飯を食べたということ…?



結局、自分では理解できないので、連絡帳に書いてあった「常食」に丸をつけ


「常食ってどういう意味ですか?」 と通信欄に書いた




いつもの時間に母を迎えに行くと、相談員さんが出てきてくれて、常食の意味を教えてくれた



思わぬことを聞かされた…






【世帯分離専門サイト】


非課税世帯になると受けることができる負担軽減措置… 住民税の課税世帯と非課税世帯の差…


















PR
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

今日は、近所にある小規模デイサービスの日…


今朝の母は落ち着いていて、特に問題もなく… はないが


大きな問題はないと言うこと…



最近は、う●こネタなどは、すっかり許容範囲となり、記事にするほどのことではなくなっている




今、母はふたつのデイサービスを併用している


近所にある小規模デイサービスと20km離れたところにある通常型デイサービス


過去に記事にした内容は、通常型デイサービスの方がよいという表現になっていると思う



ただ、細かいところではあるが、小規模デイサービスの方がよいと思うところもある


そのひとつは、連絡帳…



どちらのデイサービスにも「連絡帳」があって、その日、母がどう過ごしたのかなどが書いてある


また、家族から事業者への連絡事項を書く欄もあって、利用している



たくさん書いてあればよいというものでもないが、小規模デイサービスの方が通常型デイサービスよりも文字数が多く、倍以上…



通常型デイサービスは、最後の方にささっと書いたという感じ…


一方の小規模デイサービスの方は、おそらく、随時追記している


途中で字体が変わる時があるのはそのせいだと思う



このあたりは、常時30人近くの利用者がいる事業所と今日の利用者は6人だけの事業所の違いなのかもしれない



そして、なぜか、通常型デイサービスの連絡帳にだけ、何か書けとうるさく言う母…


毎回毎回、こちらから連絡することなどないが、何か書けとしつこい母に、書かなくてもよい理由を説明するより、何か書いた方が早い…



ということで、毎回、通常型デイサービスの連絡帳には、今日もお願いします的な、どうでもいいようなことを書いている






【PR】


プロに任せておけば大丈夫というわけではありません


在宅介護にすぐに役立つ、医療介護プロのための知識、ケア用品

























PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード