介護日記~独身男がひとりで認知症介護~

認知症の母親をひとりで面倒見ている悲惨な状況です。



テーマ:

今日は、20km離れたところにある通常型デイサービスの日…


朝8時に家を出る時はまだ曇り空のままだったが、徐々に太陽が復活…



昨晩は、今朝の冷え込みを考慮して、我が家の冬場の定番アイテム、電気敷毛布を母の布団にセット…


いよいよ、寒い季節がやってきたという感じ…




以前は、布団の下に、2畳用の電気カーペットを敷いていた


体を直接温めるよりも、布団を暖めた方がよいと思ったのだが、温まるまでに時間がかかる上、電気代がかかる



それで、昨季より、電気毛布に変更した


電気カーペットは、消費電力300ワット


電気毛布は、消費電力40ワット



同じような暖房アイテムながら、その差は歴然…


40ワットって、ちょっと前の裸電球以下…


これなら、夕方から朝まで点けっぱなしでも、電気代にやさしい




体にはどうなんだろう…


とも思うが、母本人は暖かくて良好らしい…






在宅介護するというと

男 < 女 というようなイメージがあるが、本当にそうだろうか…?


昭和の時代ならまだしも、平成の今は…


子育て経験の優位などは、やったことがあるかどうかだけのこと…

介護者の気持ち 男の介護 介護生活





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、近所にある小規模デイサービスの日…


小規模デイサービスには、朝8時30分に家を出るようにしているが、8時の段階で待ちきれない様子の母…


まぁ、朝6時前から起きて待っているわけで、たしかに長い…




今日も昨日に引き続き、太陽はなく、肌寒い…


今、母は肌着2枚を重ね着している


つまり、パンツ、肌着、肌着、ズボンということ…



トイレに入った時は、当然のことながら、これらを脱いではきを繰り返すことになる


大が出て、手に便が付いた状態でも、基本的にやることは変わらない



便が手に付く →


パンツ、肌着、肌着、ズボンをはく →


手を洗う  …



手を洗う頃には、大部分がパンツや肌着に擦り付けられている…


意味ないじゃん…(笑)




肌着の腰周り付近は、要注意…





もう暖房が必須の季節…


意味のわからない行為で、せっかく部屋を暖めたのに、台無しにされたら気分悪い…

なにより不経済…


しかも、こんなことでもイライラの要因としては十分なので
精神的な苦痛、損失、果ては虐待にもつながるとなれば大問題…


そこで、少しでも、ロスを防ぐための保温対策を「格安」でやってみました


部屋の窓の保温対策~プラダンボードを利用した格安簡単施工




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今日は、20km離れたところにある通常型デイサービスの日…


昨晩の天気予報では、朝からしっかりと雨の予報だったが、ラッキーなことに、家を出る時、デイサービスに着いた時は雨が止んでいた


その後は降ったり止んだりの空模様…



送迎の時の雨降りは嫌になるが、どちらかと言えば、やはり、送っていく時の雨の方が嫌…




昨日の記事の続き…



そう…


母に触られたくないようなものは母の手の届かないところに置いておけばいいだけのこと…



しかし、う●こ付きの母の手で、触られたくないものって、家にあるすべて…


どこを触っても、その後に自分が触れるかもしれない…



台所の布きんは、母の手の届かない、高い位置に置いておくのだが…


1年365日、毎日そうしているかというと、たまには忘れてしまうこともある…


そして、そのわずかな隙?をついて、母が触ってくれる



とは言え、母の手も、常に汚れているわけではないので、悪い条件が重なる確立の問題…




同じ「もの」でも、赤ちゃんの「う●ち」となると、だいぶニュアンスが違ってくる


かわいく思ったりする…?



だったら、なんとか、母の「う●こ」も、赤ちゃんの「う●ち」のように思えないものか…


昔、自分が幼かった頃に、母がそうしていたように…






わかっているけど、感動するけど、実際に行動に結びつくかは微妙なところ…


せめては、気持ちを抑えるための…


介護で心が折れそうになった時、気持ちをリセットするために確認しておく言葉




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード