大勢の神将、あるいは戟を執り、あるいは剣を提げ、小野の小町の屋根を護っている。そこへ黄泉の使、蹌踉と空へ現れる。
神将 誰だ、貴様は?
使 わたしは黄泉の使です。どうかそこを通して下さい。
神将 通すことはならぬ。
使 わたしは小町をつれに来たのです。
神将 小町を渡すことはなおさらならぬ。
使 なおさらならぬ? あなたがたは一体何ものです?
神将 我々は天が下の陰陽師、安倍の晴明の加持により、小町を守護する三十番神じゃ。
使 三十番神! あなたがたはあの嘘つきを、――あの男たらしを守護するのですか?
神将 黙れ! か弱い女をいじめるばかりか、悪名を着せるとは怪しからぬやつじゃ。
使 何が悪名です? 小町はほんとうに、嘘つきの男たらしではありませんか?
神将 まだ云うな。よしよし、云うならば云って見ろ。その耳を二つとも削いでしまうぞ。
使 しかし小町は現にわたしを……
神将 (憤然と)この戟を食らって往生しろ! (使に飛びかかる)
使 助けてくれえ! (消え失せる)


自動車 買取 中古自動車買取査定情報サイト
AD