以前ほど濃密にヴァイオリンの練習ができていないのですが

ブログ名を変えておいたほうがよいでしょうか(・∀・)


ちょっと間があいてヴァイオリンの練習をすると

右腕の動き変…でも思ったほど下手にはなっていないことにほっとします

もちろん上手にもなっていませんが\(゜□゜)/


暑い日は小さなガーゼハンカチをあごに当ててひいていますが

今日は肩当をするのを忘れてしばらく練習してしまっていました

なんだかG線で楽器が動くなーと思っていたのです

暑さに予想以上に蝕まれているのでしょうか(*゚ー゚)ゞ


去年はあまり冷房を使わなかったのですが今年はヴァイオリンが部屋にあるため

ついかけてしまっています

ケースを開けると松脂のかほりがただよってきますしもわ~ん

何かが溶けそうな感じがして晴れ



更新していなかったこの二ヶ月、色々ありました

例えば、ほかの方のブログで紹介されていたパン屋さんやお菓子屋さんにいってみたり~


適当な更新になると思いますバラ

AD

善光寺参り

テーマ:

駅のポスターがずっと気になっていたので善光寺に行ってみました


今年は7年に一度の御開帳

絶対に公開されない秘仏のご本尊の分身、前立本尊が公開されるのです


とっくに終わってしまったけれど出雲大社の公開も行きたかったなぁー…


善光寺は普段でもお戒壇巡りなど、参加型のお参りが楽しく好きなお寺です



初心者のヴァイオリン日記-DVC00124.jpg

本堂前の巨大な回向柱


本堂内阿弥陀如来様の右手と綱で結ばれていて、この柱に触れると阿弥陀様とご縁が結ばれるとか


何気なく入った資料館で面白い展示がありました

善光寺の霊験にあずかった参拝者達がその霊験の内容を文字や絵で表して奉納した『絵馬』です

『絵馬』といっても現代のものとは違って大きな木の板に絵や字を書いて飾ったものです

これの内容が面白かった!

思わず読みふけってしまいました(善光寺の如来様が姿を現されたーとか、道中なくなった家族が現れて一緒におまいりした、生涯ありえない回数をお参りできた事への感謝など)


お天気は今ひとつでしたが、おやきもおいしかったし楽しい旅でした

AD

久々にブログを書いてみます(*^▽^*)


GW終わってしまいました

GWの2日~6日は旅行に行ったり約束があったりしたのでヴァイオリンに触れませんでした

触れようと思えば触れられたのですが(^▽^;)遅くに帰宅してやる気分になれなかったのですリラックマ


そして今日久々に

おそるおそる(((( ;°Д°))))

A線をひいてみたら


感動キラキラ


久々に聞いた音はなんだか粘りのある響きで、こんな音だったっけー??

と思いつつも楽しく練習を続けました


やっぱりいいですね!ヴァイオリンハート

AD

出来ない日はあったりもしましたが相変わらず練習は続けています

ヴァイオリンの音の響きが少しわかるようになってきた気がします

キラキラ→クリスマス→かすみか雲か を練習しています

アップ→アップの弓戻しがまだまだ難しいです


キャンドル  キャンドル  キャンドル


どうにもいろいろなことが動き出し、パソコンの前でブログに落ち着いて向かえない昨今ですヘ(゚∀゚*)ノ

自分でもどうなるのかわかりませんが


大丈夫、うまくいくさクローバー。

と唱えています(`∀´)

自分は動いていないのに周りが勝手に動いて自分が動かされる…そういうパターンが多いです


天使  天使  天使

人生万事塞翁が馬ひらめき電球

仕事でお世話になった年上の方に言われたこの言葉、当初は信じがたかったこの考え方もありなんだなーと思わされます

薫風の手賀沼

テーマ:

世界の食卓 グルメ探求の旅  kashiwanさまのレンゲ畑の記事を拝見し、機会があったのでいってみました(*^▽^*)

丁度どこか出かける場所を探していたのです


薫風は夏の季語ですがもう初夏の陽気だったのです

風も初夏の風のよう 沼の水面を吹き渡る風に吹かれていると全ての憂さを忘れられます

幸せな気分いっぱいラブラブ



初心者のヴァイオリン日記-090419_112921.jpg

レンゲ畑だー!


初心者のヴァイオリン日記-DVC00120.jpg

写真の中心に一輪だけ白いレンゲの花がありました

このレンゲは鑑賞した後は肥料になるそうです

近くにあったお米売り場には『れんげ米』ののぼりがたっていました


手賀沼は平安時代には霞ヶ浦ともつながる大きな海の一部だったとか。近世まで大水に悩まされた土地だったそうで、どんどん干拓されずいぶん小さくなってしまったようです


手賀沼周辺はサイクリングロードもあり、地元の人たちがたくさん集まってくるところのようです












初心者のヴァイオリン日記-DVC00115.jpg
ついでに歴史めぐり

水神様がありました

竜神様の小さな石像があって治水に悩まされた土地柄を感じさせます


東葛飾地区では5世紀以前のものとしては最大の古墳などもありました


















初心者のヴァイオリン日記-090419_113542.jpg
青々とした柳の隙間から見た手賀沼です

風があまりにも気持ちがいいので漢詩を思い出しながら歩きました


渭城朝雨浥軽塵

客舎青青柳色新

勧君更盡一杯酒

西出陽関無故人


漢詩もなかなかいいな!

音階音譜


響きを聞きながら音階で音作り
今回は自分でも手ごたえがあったように前回に比べよい感じになっていました
今日はよく音が響いている、とお褒めの言葉をいただき非常に照れてしまいました

ただ、弓の圧やひく位置についてご指摘があると正反対に行き過ぎてしまうきらいがあります
これについては『音を聞いて判断すること』が重要だそうです
音を聞いて自分でどこに問題があるか判断すること
今の自分には難しいことですが教えていただいた範囲でならできそうです
ちなみに今日は自然に弓を載せて滑らせる程度の圧で充分でした
楽器の響く感覚もわかるようになってきました
先生のお話によると先生の先生がおっしゃるには『弓は無意識に』あれこれ考えてやっているうちはまだまだだめで、それが極意なのだそうです


キラキラ星星

キラキラ星では先生が楽器と弓をお貸しくださり(反応が良い楽器でその変化を見るために)楽器の響きについて自分で色々と試してみるよう計らっていただきました
楽器だけではなく頭のてっぺんに反響する感じで全く音が違いました流れ星

自分の楽器とはまったく別次元の代物でした合格


弓は不思議な感覚がしました
軽いのに重いのです
実際には木の密度のつまった弓で軽めのものだとの事です
でも重心のせいか楽器を弾くのに安定しやすい良いバランスの重みを感じます


クリスマスリースクリスマスのうたツリー

悩んでいたクリスマスのうた、先生の前では4から2へうつる時の音もちゃんと出ます
今後ずっとちゃんと出ればいいんですけど!
弓戻しは無造作にべたっと丁寧過ぎないように、やり方を少し教えていただきました
これでやってみよう!


レッスンはずいぶん長引いてしまいましたヽ(;´Д`)ノすみません
時計見る暇など一瞬も無いので~


ケーキ。  ケーキ。  ケーキ。


実はレッスン前、体も重く気分が悪かったりして『ああ~体の不調がダイレクトに出る楽器だし、今日のレッスンはやめておいた方が良かっただろうか』と少し心配していたのですがレッスン中は体も絶好調、疲れも感じませんでした(^-^)/よかったよかった

ルーヴル美術館展

テーマ:

霧雨の中、上野の国立西洋美術館のルーヴル美術館展に行ってまいりましたアート

ルーヴル…ヴァイオリンと一緒でLOUVREでヴ表記なんですねぇ~日本人はどっちも発音一緒だからあまり関係ないですけど(笑)


阿修羅展は30分待ちでしたがルーヴル美術館展は幸い入場制限は無く入ることが出来ました

ルーヴル美術館展、といっても副題に『17世紀ヨーロッパ絵画』とあるようにかなり焦点が絞られた企画展でした

展示数も71とこぢんまりした感じです。でも入場制限が起きるほど多くの人が詰め掛ける展示ではむしろこのくらいの方が疲れずに良いと思います。少し待てばよい位置にゆくことが出来、じっくり鑑賞できる程度の混雑でほっとしました


椅子 椅子 椅子


展示には誰もが教科書等で見たことのある有名なものもありました

正直、行く前は楽しめるか不安でしたが大満足でした

どんな絵か、覚えようとする必要が無いのです

心に残っていて、帰ってきたあともその絵が思い起こされる、そんな展示でした


そうそう(*^-^)b

『ド・ブロワ嬢と推定される少女の肖像』はヴェルサイユ宮の庭園でオレンジのドレスを着て可愛らしくたたずむ少女の肖像画ですリボン

丁度昨日『まんがオランダ生活』ミッフィーさんのブログの記事に紹介されていたオランダ独立の父オレンジ公ウィリアムと婚約の話があり手にオレンジオレンジの花を持っているとか、タイムリーな絵でした

これは、あんこさんも借りられたという中尾彬さんの音声ガイドでのお話で、わたしも借りてみました(^∇^)音譜

音声ガイドを借りたのは初めてだったのですが、混雑する美術展で絵に集中するには結構良いものだと思いました。まるでテーマパークにいるような感覚です観覧車



図録買えばよかった本

気になる絵がたくさんあったのですが一つあげるとすれば

『プファルツ選帝侯の息子たち』

二人の若者が甲冑を着けてたたずむ肖像なのですが、この明るい目の健やかで凛々しい若者達はこの後どんな運命をたどったんだろうか?と気になりました


ついでに今回の絵の中で一番の美形は…

整った面差し、静謐な表情、発光するような肌の色キラキラ

受胎告知の天使ガブリエルでした(・∀・)天使

ヴァイオリン練習記録

音階のとき、ちゃんとおおざっぱにひけているか注意します
三頭頭と三角筋を意識することで結構キコキコ大きく動かせるようになった気がします


4を押さえたあと2にうつるとき手の位置を少し変えないと正しい音程でひけないのですがこれはまだ指がちゃんと伸びていないせいでしょうか
音もきちんと鳴っていない気がします


このごろ弦の振動が気になります
開放弦ではよく振動していますよね

音が響く、楽器が鳴るというのはまず弦が良く振動していなければならないのだと思います(細い弦では太い弦ほど振幅がありませんが)
先生の振動具合はどうなのかな~今度見せていただくことにします

FIRE FLOWER  FIRE FLOWER  FIRE FLOWER


あまり体は本調子ではないのですが、自分では今週色々変化があった気がします

ので、レッスンを受けたいな~ということで予約してしまいました

まだまだ弓戻しは出来ないし!

昨日は練習が出来ませんでした

そして…一日あくと、次の日練習する前にちょっと怖いのです((゚m゚;)
ヴァイオリンをひくことが楽しく出来るだろうか?とビクビクします

ひいてみると、楽しく安心します
元々熱しやすくさめやすいのでいつかさめてしまうんじゃないか?!と怖くなるのです(笑)


音符  音符  音符


まだ本調子ではないので一通り練習メニューをして終わらせてしまいました
体調が悪いと音に注意することが出来ず、無駄な練習になりそうだったので


ジャックフロストだホ  ジャックフロストだホ  ジャックフロストだホ


さて、…

かわりといってはなんですがレッスン録音を通しで聞いてみました


気付いたこと1
自分の声が変!軽薄な声が~~~~…まあしかたない

レッスンのときは舞い上がってますからね…


気付いたこと2

爆弾テンポがもっさり!

先生がせっかく音階の見本をひいてくださっているのにそれについてひくわたしときたらテンポが重くて音楽に乗れていないダンサーのようです

先生は丁度良い速度でひいてくださっているのでわたしもそれに合わせなくてはー!


最後の15分ほどの曲練習では延々と自分の演奏が入っていて

・・・・。 という感じだったのですが結構頑張ってるジャン!自分!とも思えました


練習時間、本当は50分なのに65分もやってました

ゴメンナサイ汗


カピバラ  カピバラ  カピバラ


わたしはあまりほめられて伸びるタイプではありません(笑)

あまりほめられると自分ではそこまでほめられるものでもないんじゃ?と疑って逆に『気を遣わせて悪いな~』とか思ってしまうのです

かといって怒られるのはもっとダメ!(怒る事と注意は別のものと考えています)人生適正に生きている場合『怒る』ことはあまり必要が無いとすら思います。人間は本当は怒らなくてもわかりあえるんだーーーだーーーーーまあそれはいいとして


適度に注意されるのがよいです

そしてたまに甘いことを言ってくれる


というわけで先生大好きです(`∀´)

胃って重要ね!

テーマ:

昨夜半から体調不良で臥せっていたのですが、いつもの薬がちっとも効かず『まさか効かなくなってしまったの(゚Ω゚;)』とおびえていました…汗

朝、家を出る前に飲んだスープなども消化できていないことに気付きました


胃だ!∑(゚Д゚)

胃薬を飲んだら効かなかった薬もスッと効いてきました


普段胃はあまり不調を感じないので薬を飲むとき胃に配慮する事をしていなかったのですが胃を荒らす可能性のある薬の場合、薬の効きに影響するので気をつけないといけませんね注意


皆様も薬の効きが悪いと思ったら吸収できていないだけなのかもしれませんのでお気をつけください(^-^)/


ラベンダーラベンダーラベンダーラベンダーラベンダー


体調不良になる気配があったのでそのまえにスープを作っていました

スープは大好きなのです


今はまっているスープはポタージュ(ピュレというらしいです)です

好きな野菜+玉葱をよくいためてブイヨンで煮込み、ミキサー(持っていないのでバーミックスというハンディミキサーで鍋のまま)で滑らかにして牛乳(わたしは豆乳を使います)を加えるというだけでとっても簡単です

好きな野菜は何でも使えます

ごぼう ほうれんそう かぼちゃ トマト にんじん りんご(胃が弱っているときにいい感じ!)などなど…昨日はかぼちゃにしてみました


野菜はバリバリ食べることに飽きるけれどスープは飽きませんラブラブ