いよいよ タイムアタックの時間になりました。 








今日の日のために  色んなパーツをつけたり セッティングしてきました・・・








浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





ハチロクには HKS車高調 タイヤホイール ブレンボブレーキ エンドレスブレーキパッド OS技研スーパーロックデフ




S15シルビアには アルトラックレーシングサージタンク ナプレック80φスロットル ロールバー取り外し 東名 260度カム ブラックオルタネーターを 装着し パワーFCで 現車セッティングし  ブースト1.5キロ  450 馬力 55キロ を ブースト1.7キロ  466馬力 トルク61キロに 仕様変更しました。






とりあえず ハチロクで ドリフトしてもらい 軽くアタックしてもらいました








浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





まだ ノーマルのハチロクなので タイムは 34.1秒  (それでも速い)




流石は 谷口信輝選手と言うタイムです






その後で ノーマルのBRZに乗って 35秒前半のタイムを出しましたが 流石は 当店のデモ車 ノーマルよりも 1秒以上はやい ニコニコ






谷口さん 曰く ハチロクは とにかく コーナーが速いんだって。






ブレンボブレーキも バランスは良く 問題ないと言ってもらいました ニコニコ






あとは パワーだけ あれば って 言ってました。 ニコニコ








まぁ パワーってのは あとでも 上がるもんなので それは 後日引きだすとして










問題は S15シルビアのタイムアタックですよ 








当店の持つ  S15シルビア コースレコード 30.911を 塗り替えるために 作り直してきたわけですよ。






これは 谷口さんの 要望で  「俺がいくら このシルビアに乗り慣れてるからと言って いきなりのSタイヤで無理につっこんで あぁ・・・ガーンって なるといけないから 多少安全マージン取って走ってるから 本気でアタックしてほしければ 中古タイヤで練習し感覚をつかんだら 新品タイヤで一発で決めるから2セット用意して。」と言われたんです






おまけに ロールバーは 重たいから 撤去してと。








そして 中古Sタイヤでアタック・・・










結果












31秒1。












厳しい・・・ガーン












そもそも サーキットに ウエットな部分があるのがいかん。 むっ












浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage











これだけ 見直しても 過去に谷口信輝さんの出したウチの記録を超えるのは 容易ではない。














この時点で  「やっぱダメかも・・・」という 凄く 険悪なムードになりました・・・












谷口信輝さんの 中古Sタイヤでのインプレッション










谷「これタイヤサイズいくつ?」










僕 「・・・265です」










谷「ほそっ!ショック!










谷「この位のパワー(466馬力トルク61キロ)があると この265のセミスリでは 細すぎる せめて 295は欲しい。」






※どっかんターボで上だけがあるように思われがちですがノーマルS15シルビアのエンジンパワー何処も劣ることなく製作してあります





谷「フロントも265は ほしいな。」










谷「コーナー中も滑って全然トラクションがかからなく踏めない。」










谷「キャンバーもまだ足りないかな。」








谷「本来アタックってのはテストで俺を呼び 現地で色々調整するものだからな・・・」










僕「ロールバー撤去してパワー引きあげたのに 前よりちょい遅くなってる・・・ガーンまぁ タイヤもど中古だけど・・・」










谷「俺は結構せめてるぜ?」








谷「こりゃ ドア取るしかねーな・・・」








僕「ドア取ったら 谷口さん 寒いですよ?笑」






谷「笑」








谷「まぁ 次の本番のNEWタイヤにかけるしかないな。俺は もってるもの全部だしてるから。」










そして タイヤ交換後










いよいよ マジアタック










浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage






一週目は タイヤを 温め 2周目から 本気アタック








走行中 僕は サーキットの真ん中で 写真撮影していたのですが  お客様が・・・














お客様「Mさんビックリマークレコードでましたよ!!










僕 「えっ








お客さま「しかも ぶっちぎりなタイムです!!










急いで パソコンの画面を確認した










浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





なんと 1周目でYZ東コースレコードを 更新してる!!えっ








そして さらに 2周目で さらに コースレコードを更新してる!!






30秒475






これはFR駆動で このタイムは 驚異的のタイム










これ勘違いしてる人 多いけど  これはクラス3のコースレコードではなく YZ東サーキットすべての車種のコースレコード更新なんです









ランエボやインプレッサ、GT-Rなどの4WDタイムよりも 速く ましては コーナーリングマシンのFDや トラクションがかかる シビックターボよりも 速いすべての車種における コースレコードなんですニコニコ








流石は 谷口信輝さん マジではんぱないって 思いました。










僕「谷口さん コースレコードでました!!ありがとうございます」










谷「良かったね ニコニコ










僕「今まで苦労したけど トップとれて嬉しいです!!










谷「コースレコードはショップの努力のたまものだからなぁニコニコ










僕「谷口さんが 凄いのはわかっていたけど これほどとは・・・」








谷「俺はただ運転しただけで このシルビアが速いんだよ。」










そして 店長も気にしてるだろうなと思い 直ぐに電話








僕「コースレコードでました」








店長「ホントか!よくやった!谷口君にお礼言いたいから電話かわってくれ」








店長「谷口君ありがとうビックリマーク










谷「いやいや 俺はただ運転しただけで。このシルビア速いですね。」










店長「イヤイヤ いい腕がないと そのタイムはでないから。本当にありがとう!」










と 超ご機嫌でした ニコニコ










その後  コースレコード出した谷口信輝さんは お客様から 拍手され 写真撮られまくってました










浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





ミーハーな僕も






浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage



※写真クリックで 拡大出来ます








そして この仕様変更で 谷口さんなら コンマ5秒つめてくれるだろ と信じて 色紙も用意していました ニコニコ




浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





記念に サインしてもりました (タイム付きで)






浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage



そして 終わりの会。






浜松発!チューニングショップのある日常 2nd Stage





谷口さんが 前に 「新品タイヤならコースレコードでたな。」と 言った過去の言葉覚えてますか?










有言実行で ちゃんと 結果出してくれた 谷口信輝さんです   ニコニコ










流石は 現役GTドライバーで  HKS D1 ドライバーだけある。








ほんと 今更ながら 凄いプロドライバーが 走行会にきてくれてるな と思います ニコニコ










しかも このシルビア  タイヤサイズ フロント 265 リア 295 にして キャンバーつければ まだ出るよ!と言ってくれています












僕がさぁ よく ネオバ 265/35R18が 3速でも空転し どっからでも滑るって言うのが解るでしょ??








セミスリの265で タイヤ全然食わないって言うんだもん。ガーン








ラジアルのネオバでくう訳がない!!








イメージで言うと 4500回転にくれば どこでもタイヤは空転(1年おちのネオバですが)








4速で やっと 少しくってる感じ。








ハーフウエットを飛ばす感覚かなぁ・・・








S15 シルビアって どんだけ ポテンシャル高いのよ・・・










谷口さんも うちが 認証工場なの知ってるから  次は エッジだね?みたいな 会話をしました 








言っておくが このシルビアは  街乗り快適仕様のファミリーカー










完全合法仕様です(フル公認)










この軽量化もなしで カーナビ ETC レーダー付きの このタイムは 凄いと思う ニコニコ












谷口さんの 運転技術も ハンパないけど  うちのシルビアチューンの技術が証明されたタイムだと思う。








4WDの車に勝つのは 容易なことではありません。






エンジンのセッティングは もちろん パーツ選び 足回りセッティング すべてにおいて出た結果だと受け止めています








谷口さんも 谷口さんの愛車2.2Lよりも OKのシルビアの方が全然速いよビックリマークって 褒めてくれたからね!!ニコニコ
















今まで やって来たことが 間違ってなかった!!














 


マジで嬉しかったし マジで 最高な一日でした。ニコニコ










OKレーシング
  ホームページは こちらからどうぞ。




当店は国土交通省認証工場です。 (^-^*)

AD

コメント(8)